乳液タイプの白髪染め

市販の白髪染めには、クリームタイプやジェルタイプなど様々なタイプの物があります。
それぞれにメリット・デメリットがあるでしょう。

中でも今回は、乳液タイプの白髪染めについて詳しくお話したいと思います。
どんな場合に向いているのか知る事で、白髪染め選びの参考にしてみて下さい。

乳液タイプの白髪染めにはどんな商品がある?

乳液タイプの白髪染めは、様々な種類の物があります。
例えば、簡単で塗りやすいブラシタイプ。

ボタンを押すだけでシュッとブラシ部分に薬液が出てくるので、あとはブラッシングするだけです。
人気の高いビゲンやサロンドプロの白髪乳液も、このタイプでした。

また、従来のカラーリング剤のようなチューブタイプもあります。
そして、1液と2液を混ぜる必要が無く、そのまますぐに使えるのがポンプ式のタイプ。

本当に様々なタイプの商品がありますから、自分に合ったタイプ物を見つけられるように、色々と試してみると良いでしょう。

乳液タイプの白髪染めのメリット

乳液タイプの白髪染めのメリット

大手メーカーからも多く市販されており、人気も高い乳液タイプの白髪染め。
実際にはどんなメリットがあるのでしょうか。

乳液タイプの白髪染めは手軽でスピーディー

乳液タイプの白髪染めの1番のメリットと言えば、簡単でスピーディーに染められるという事でしょう。
軽いテクスチャーで髪全体への馴染みが良く、セルフカラーに向いています。

放置時間は10分~15分で、簡単に染まる商品が多いので、忙しい人やすぐに染めたい人にオススメの白髪染めです。

乳液タイプの白髪染めは塗りやすくしっかり染まる

乳液タイプの白髪染めのもう一つのメリットは、塗りやすく綺麗に染まりやすいという点です。
例えば、クリームタイプの白髪染めなどの場合は、後頭部など見えない部分が綺麗に染まりにくいというデメリットがあります。

しかし、乳液タイプの白髪染めは髪に馴染みやすく見えない部分も比較的綺麗に染まるのです。
自宅で白髪を染めるのが初心者という人は、乳液タイプの白髪染めから始めると失敗しにくいでしょう。

乳液タイプの白髪染めのデメリット

乳液タイプの白髪染めのデメリット

簡単でスピーディーに仕上がるのが特徴の乳液タイプの白髪染めですが、デメリットもいくつかあります。
中には向いていない人もいますので、しっかりと確認していきましょう。

乳液タイプの白髪染めは塗り過ぎて頭皮や髪に負担をかける

乳液タイプの白髪染めは、塗りやすいのが利点です。
しかし、それゆえに塗り過ぎてしまう事も多いでしょう。

乳液タイプとは言え白髪染めですから、頭皮にべったりとついてしまえば髪や皮膚に負担がかかってしまいます。
匂いが抑えられている商品も多く、薬液の刺激の強さにも鈍感になりがちですから、肌トラブルを引き起こしやすいのです。

乳液タイプと言っても、白髪染めだという事をしっかりと意識して使用しましょう。

乳液タイプの白髪染めは商品によっては飛び散りやすい

乳液タイプの白髪染めは、とにかくサラッとしています。
ですから、タイプによって、また髪の長さなどによっては飛び散りやすいでしょう。

ブラシタイプの物を使用する際は特に飛び散りやすいので、慎重に行う必要があります。
また、しっかりと服をケープ等でカバーしたり、周りに物がない場所で行いましょう。

乳液タイプの白髪染めは部分染めには向いていない

乳液タイプの白髪染めは、全体を素早くスピーディーに染めるのに向いています。
しかし一方で、部分的な白髪を染めるのには向いていません。

乳液と言うだけあってサラリとしています。
ですから、一部分にしっかりと留まってくれる訳ではなく液だれしやすいのです。

乳液タイプの白髪染めは、全体をムラ無く染めたい時には向いていますが、部分染めには向いていません。

乳液タイプの白髪染めはクリームタイプとの併用がオススメ

部分染めには向いていない乳液タイプの白髪染め。
逆に部分染めに向いているのが、クリームタイプの白髪染めです。

ねっとりとしたテクスチャーで一部分にしっかりと留まり、少しの白髪でも綺麗に染めてくれます。
乳液タイプとクリームタイプ、それぞれに良い部分があるのです。

ですから、この2つのタイプの白髪染めを場面によって使い分けるのがオススメ。
乳液タイプとクリームタイプを併用する事で、白髪のない綺麗な髪を保つ事が出来るでしょう。

乳液の白髪染めよりもオススメなのはトリートメントタイプ

乳液の白髪染めよりもオススメなのはトリートメントタイプ

乳液タイプの白髪染めよりも刺激や副作用が少なく、綺麗に染まるのがトリートメントタイプの白髪染めです。
毎日のシャンプーの後にトリートメントとして使用するだけで、段々と白髪が染まっていきます。

毎日使うトリートメントですからムラ無く染まり、プリンにならないのも嬉しいポイント。
髪や頭皮に良い成分がたっぷりと入っています。

美容室に行くよりコストも押さえられるでしょう。
敏感肌、アレルギーのある方は特にオススメとなっています。

乳液タイプの白髪染めのまとめ

乳液タイプの白髪染めのまとめ

乳液タイプの白髪染めは、簡単でスピーディーに全体を染めたい時に向いています。
見えない部分も塗りやすく、セルフカラー初心者でも比較的綺麗に染まりやすいでしょう。

しかし、サラッとしているため知らず知らず余分に塗ってしまい、頭皮や髪を傷める事も。
また、部分染めには向かない、飛び散りやすい、といったデメリットもあります。

頭皮や髪に負担をかけず、簡単に綺麗に白髪を染めたい人にはトリートメントタイプの白髪染めがオススメです。
肌が弱いという人や、アレルギー体質の人は是非一度、試してみて下さいね。


【白髪染めのオススメ2選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。