白髪の対応

鏡を見ると年齢と共に、白髪を数本見つける事が多くなります。
加齢やストレスなどが原因で頭皮の血行が悪くなると、栄養不足になり、白髪になっていくのです。

しかし、数本の白髪だけならば、抜いてしまっても大丈夫なのでしょうか?
また、数本の白髪を見つけた時の正しい対応はどうすれば良いのでしょう?

今回は、数本の白髪をが見つけた時の対応の仕方をご紹介します。

白髪が数本だけある時は抜いて対応しても大丈夫?

鏡を見て白髪を数本だけ見つけた場合は、つい抜きたくなってしまいます。
しかし、髪の毛が生える毛根には、たったひとつの髪の毛ではなく2~3本が生えているのです。

ですから、白髪を見つけたからと言って無理に引き抜いてしまうと、毛根が破壊されてしまいます。
健康的な黒い髪が生える髪の毛根が弱まってしまうため、ダメージを受けてしまう事になるのです。

ですから、たった数本だからと言って、白髪を抜いてしまう事はよくありません。
もし白髪を見つけた場合には、抜いてしまうのではなく、根本からカットして対応してあげると良いでしょう。

少しでも白髪を増やさないために出来る事は、髪を染めて隠すか、これ以上増やさないように対応しましょう。

数本の白髪を抜き続けると白髪は増える?

白髪を抜き続けても、白髪が急激に増える事はありません。
しかし、通常はひとつの毛穴から、3本の髪の毛が生えてきます。

白髪を抜き続けると、同じ毛穴から2本の白髪しか伸びなくなります。
また、一度メラノサイトの色素がなくなると、再び黒髪が生える事はないのです。

よって、数本の白髪を抜くという対応を続けると、メラノサイトと毛母細胞に順調に栄養が行き渡らずに、白髪の原因となります。

白髪は抜くよりカットして対応しよう

数本の白髪は抜いてしまえば確かに目立たなくはなりますが、毛根を傷付ける事になるので決して良くありません。
長期的に見ると、いずれ薄毛のトラブルの原因にもなります。

もし数本の白髪を見つけた場合は、ハサミを使って根元からカットしてあげると良いでしょう。
数えられるぐらいの白髪であれば、根元からカットするのは一番良い対応になります。

しかし、カットしても髪の毛が伸びれば当然白髪が生えてきますし、短くカットした部分がピンと生えて目立ってしまうのです。
ですから、白髪の量が増えてきましたら、カットではなく白髪染めを使った方が良いでしょう。

白髪は白髪染めで対応すべき?

白髪の量が増えてきたらカットする対応だけでは大変になるので、白髪染めトリートメントを使う方が良いでしょう。
毎日のシャンプーの時に、白髪染めトリートメントを使うだけで少しずつ白髪を染める事が出来ます。

白髪染めトリートメントは脱色せずに髪の表面を色づけるため、何度使っても髪が痛む事がなく、髪に優しい白髪染めです。
頭皮が痛みやすい方、敏感肌の方は白髪染めトリートメントを使う事で、髪を傷める事なく白髪を染める事が出来ます。

しかし、白髪めトリートメントは、髪の表面を色づけするので色落ちは早くなります。
全体的に素早く染めて色落ちを防ぐなら、ヘアカラーを使うと良いでしょう。

そして、髪全体の量が黒髪よりも白髪の方が多くなってきた場合は、美容院で全体染めの白髪染めをしてもらうと良いでしょう。
白髪が増えてきたら、セルフ染めではなく美容室で染めてもらう事で、頭皮への刺激を最小限に抑える事が出来ます。

数本の白髪はヘアカラートリートメントで対応

白髪が数本ある時はヘアカラートリートメントで対応しよう

数本の白髪だけ見つかった場合は、ヘアカラートリートメントと一緒にヘアマスカラを併用してあげると良いでしょう。
ヘアマスカラは数本の白髪を塗るだけでカバーしてくれるというものです。

急な外出や数本の白髪の隠しために、とても便利なアイテムと言えます。
シャンプーすると簡単に取れてしまうので、頭皮と髪にダメージを与える事がないので重宝します。

マスカラタイプの他にタッチペン筆ペンタイプのものなど色々あります。
そのため、好みに合わせて色々使って対応してみると良いでしょう。

ただし、数百本単位の白髪となると、ヘアカラートリートメントを使って染めましょう。
髪全体的に白髪の量が増えてきた場合は、白髪染めで全体染めをする方が良いのです。

ただし、市販の白髪染めは、化学物質や添加物が多く含まれています。
そのため、長く使えば使うほど痛みが感じられます。

人気のヘアカラートリートメントルプルプや利尻トリートメントは化学物質が一切入っておらず、天然由来で作られている白髪染めです。
頭皮がかぶれやすい方や、敏感肌の方も安心して使う事が出来ます。

白髪の対応のまとめ

白髪の対応のまとめ

白髪の対策で一番簡単な方法は、白髪を根本でカットする事です。
毛根を傷める事なく、白髪を隠す事が出来ますので、数本の白髪はカットして対応しましょう。

数本の白髪は抜きたくなりますが、カットしながら、根本的な白髪の改善に繋がる生活習慣を見直しましょう。
睡眠不足や栄養不足、そしてストレスは白髪の大きな原因です。

これ以上白髪を増やさないためにも、生活習慣を見直す事も大切です。

当サイトでは、管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを紹介しています。
白髪で悩んでいる方は、ぜひ試してみてください。


【白髪染めのオススメ2選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。