白髪の対処

初めて白髪が生えてきた時のショックは大きいものです。
自分が老い始めているという実感を覚えるだけでなく、急に他の人から見た印象が気になってくる人も多いでしょう。

しかし、白髪が生えたからと言って、その場の思いつきで対処をしてはいけません。
誤った白髪の対処法を実行してしまうと事態をさらに悪化させたり、別の問題が生じたりする可能性があるからです。

白髪はどんな原因で生えてくるのか、白髪が生えた時にどんな対処をするべきなのか、注意すべきポイントをチェックしていきましょう。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

対処が必要となる白髪の原因は?

対処が必要となる白髪は、髪を黒くする役割を持つメラニン色素が足りなくなる事で生えてきます。
つまり、メラニン色素不足が白髪の原因と言えますが、そのメラニン色素不足が起きる理由は人によって様々です。

主な原因は下記が挙げられます。

  • 加齢によるメラニン色素を作るメラノサイトの衰え
  • ストレスによるホルモンバランの崩れ
  • 睡眠不足、ダイエットなどによる頭皮の血行不良
  • バランスの悪い生活による栄養不足

白髪の生え始めにやってはいけない対処法

白髪の生え始めにやってはいけない対処法

白髪が生え始めるとどうしても焦ってしまうものですが、やってはいけない対処法が存在します。
間違った対処法は、一時的に白髪の外見上の問題を解決出来たように見えても、その場しのぎにしかなりません。

時間が経過すると、また対処する必要が出てきます。
また、対処しなければならない白髪の本数を増やしてしまうリスクもあります。

白髪が生えてくる状況を改善する事を視野に入れているなら、避けておいた方が無難です。
白髪の生え始めにやってはいけない対処法としては、以下のような方法が挙げられます。

白髪を抜く事は間違った対処法

生えてきた白髪を抜く事は間違った対処法です。
白髪を抜くときには強い力が加わるため、毛根部分にダメージを与えたり、頭皮の毛細血管を傷つけたりしてしまう事があります。

毛根部分へのダメージは、薄毛や抜け毛など白髪以外の髪の毛の問題が生じる原因にもなります。
また、頭皮が傷つくと炎症などの健康トラブルに繋がる事もあるため、注意が必要です。

白髪を抜く事は手軽で対処の結果も目に見えて分かりやすいものではあります。
しかし、健康な髪の毛・頭皮を維持したいのであれば、やってはいけない対処法と言えます。

急いでヘアカラーで白髪を染める事も対処法としては誤り

白髪の対処法として最初に白髪染めを思い浮かべる人は多いと思います。
しかし、急いでヘアカラーで白髪を染める事も対処法としては誤りです。

ヘアカラーは染める際に、キューティクルを開く事もあって髪の毛や頭皮に掛かる負担が大きく、白髪が生えやすい頭皮環境を作る原因となります。
特に白髪を見つけた事に焦っていると、染め方がおざなりになりダメージが大きくなってしまいがちです。

白髪染めをする場合には、深く考えずにヘアカラーを使うのではなく、将来的な頭皮環境の事をしっかり考えて商品を選ぶようにしてください。

白髪が生えた時の正しい対処法

白髪が生えた時の正しい対処法

白髪が生えた時に大切なのは、正しい対処法を選ぶ事です。
適切な対処法を選ぶ事が出来れば、効率的に白髪を隠す事が出来ます。

また、対処法が健康トラブルの原因となる事も避けられます。
白髪の改善や白髪の増加防止を意識するのであれば、実践するべき対処法をきちんと把握しておきましょう。

白髪が生えた時の正しい対処法としては、以下のようなものが挙げられます。
状況に応じて、ベストな対処法は変わってくるので注意してください。

生活環境を見直して白髪を改善する対処法

生活環境を見直して白髪の改善を目指す事は、最初に行っておきたい対処法です。
加齢による白髪を防ぐ事は難しいですが、ストレスや食生活が原因なら十分に対処出来る余地があります。

  • 過度なストレスを受ける環境を避ける
  • 睡眠時間をしっかりと確保する
  • 白髪に効果的な食事を意識する

上記など、現在の生活環境における問題点を1つずつクリアして白髪に対処していきましょう。
ただし、生活環境の見直しによる白髪への対処は、即効性のあるものではありません。

そのため、既に生えている白髪をすぐに隠したいなら、別の対処法と組み合わせると良いでしょう。

白髪を根元から切って対処する

白髪を根元から切って対処する方法は、抜く場合と違って毛根部分を傷めません。
白髪の周囲の黒い髪を切ってしまわないように注意する必要はあります。

しかし、薄毛や炎症といったリスクを避けながら、白髪を隠す事が出来るでしょう。
ただし、根元から切る場合、白髪が伸びる事でピンと立ち、逆に目立ってしまう事があります。

こまめなケアが必要となるので、面倒に感じるのであれば、他の対処法を検討した方が良いかもしれません。
また、対処すべき白髪の本数が多い場合、かなりの手間が掛かるのでオススメ出来ない対処法です。

髪型やコンシーラーで白髪を隠す対処法

白髪を隠したい場合、髪型やコンシーラーを利用する対処法もあります。
白髪の本数がまだ少ない段階であれば、黒い髪で白髪を隠す事は難しくありません。

ヘアバンドやシュシュを使って髪の毛を固定すれば、外見上は白髪がないように見せる事が出来るでしょう。
コンシーラーは白髪を本格的に染めるのではなく、一時的に色を着けて隠すためのアイテムです。

シャンプーで洗えばすぐ落とせるので、髪の毛への負担を気にする人にもオススメ出来る対処法と言えます。
毎日白髪を隠すには、ちょっと手間に感じるかもしれません。

しかし、白髪を隠す必要のある状況が少ない人であれば、髪型やコンシーラーは手軽で便利な対処法です。

白髪染めトリートメントを使って対処する

白髪染めを使って対処する場合、トリートメントタイプの製品を使う事をオススメします。
ヘアカラーと違って、白髪染めトリートメントは頭皮や髪の毛に負担を掛けづらいので、白髪が増えるリスクを負う事なく白髪を染める事が可能です。

ただ、白髪染めトリートメントは少しずつ染めていく製品。
そのため、白髪が目立たなくなるまでに時間が掛かってしまう事もあります(2日〜3日程度)。

見た目がガラリと変わって不自然に感じさせる事がないという利点にもなりえます。
しかし、どうしても染まるまでの期間が気になるなら、先に述べた髪型やコンシーラーを使った対処法を組み合わせてください。

美容室で可能な白髪の対処法

白髪が生えてきた時、美容室で相談して適切な対処をしてもらうという方法もあります。
ハイライトを入れて明るい印象にしたり、ウィービングで部分的に染めて白髪を隠したりと、様々な染め方を提案してもらう事が可能です。

また、染めた後に伸びた部分だけを染めるリタッチカラーというメニューも存在します。
プロのスタッフの手で染めてもらう事が出来るので、仕上がりを自然で美しいものに出来るという点もメリットです。

ただし、美容院に足を運ぶ必要がありますし、他の対処法と比べると費用もかさみます。
その点を理解した上で活用するかどうかを決めてください。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪の対処法まとめ

白髪の対処法まとめ

白髪が生え始めてきた時に重要となるのが対処法です。
白髪を抜く、ヘアカラーで急いで染めるなどの方法は、デメリットが大きいため止めておきましょう。

白髪を隠すための正しい対処法としては、根元から切る、髪型やコンシーラーを活用する、白髪染めトリートメントを使う、美容院で相談するなど様々な方法があります。
白髪の原因となるストレスや栄養不足に対応するため、生活環境を見直す事も重要な対処法です。

白髪の本数や白髪を隠す必要性に応じて、適切なケア方法は変わってきます。
そのため、それぞれの特徴を理解して正しい対処法を選択出来るようにしてください。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。