白髪染めのランキング

せっかくおしゃれをしてヘアスタイルも決めたのに、鏡の中の自分の髪にちらつく白髪を見つけてがっかり。
30代半ばを過ぎると、お肌の悩みだけでなく、白髪にお困りの方が増えてきます。

綺麗に染めても、髪が伸びるにしたがってアッという間に根元に白髪がちらちら。
この悪目立ちする白髪は、カバー力のあるファンデーションでお顔のくすみやしわを隠すように、簡単に目立たなくする事が出来ないのが厄介なところ。

以前は、白髪染めというと美容室でというイメージがありました。
しかし、ここ数年、市販品やネット通販で購入できるカラートリートメントによる白髪染めを利用する方が増えています。
自宅で手軽に白髪染めが出来る上に比較的安価なため、とても人気があり多くの商品が販売されています。

そんな中、「あまりに沢山の白髪染めがあって、どれが良いのかよくわからない。」ですとか、「自分に合った白髪染めトリートメントの種類はどれだろう?」という声も聞かれます。
当ページでは、市販・通販で購入できる白髪染めの人気総合ランキングと共に、白髪染めの種類や選び方のポイント、自宅で綺麗に白髪を染める方法などについてお話したいと思います。

管理人も利用したおすすめランキングTOP5はこちら

自宅で白髪染め、選び方や綺麗に染めるコツとは?

大まかに言うと、ヘアカラーにはいわゆる「おしゃれ染め」と「白髪染め」の二つがあります。
白髪をよりしっかり染めたい方には白髪染めが適していますが、その白髪染めにも様々な種類があり特徴などが異なります。

自宅で白髪染めをする場合、ご自分に合ったタイプの白髪染めを使うという事が最も大切です。

また、白髪染めはちょっとしたコツ・テクニックで、仕上がりにぐっと差がつくものです。
白髪染め選びのキーポイント、白髪を自宅で綺麗に染めるコツ、いつでも髪を美しい状態に保つための工夫をご紹介していきます。

口コミで高評価を得ている、市販・通販の白髪染めおすすめランキングTOP5も掲載していますので、参考にしてください。

白髪染めは美容院?それとも自宅?

白髪染めは美容院か自宅か

通常、白髪染めは美容室あるいは自宅のどちらかで行います。

美容室で白髪を染める場合、プロによる施術という事もあり、失敗なく綺麗に染まります。
しかし、予約を取る手間が必要であったり、時間が長く掛かる、費用が高いという点がデメリットと言えるでしょう。

これに対して、自宅で白髪毛染めを行う場合は、思い立った時にいつでもできて、費用が比較的安く済みます。
ただし、染めムラや思ったより染まらないなど、仕上がりに関するリスクがないとは言えません。

自宅でこまめに白髪染めをする方が良いという方もいらっしゃれば、プロに相談しながら任せたいので私はサロン派!という方もいらっしゃる事でしょう。
また、美容室で染めた後、目立ち始めた白髪部分を自宅で染めることで、美容室へ行く間隔を長くするというのも一つの方法です。

美容院かそれとも自宅で白髪染めをするのか、白髪の量やライフスタイルなどから、ご自分に合った方法を選ばれると良いでしょう。

白髪染めの種類とメリット・デメリット

白髪染めの種類とメリット、デメリット

白髪染めには、様々な種類のものがあります。
白髪の染まる仕組み、使い方、色持ち、髪へのダメージの大小など、それぞれに特徴があります。
主な白髪染めのタイプと、メリットやデメリットは次の通りです。

ヘアカラー

白髪染めと聞くと、まずヘアカラーを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

美容室でも使われている、一度でしっかり白髪が染まるタイプです。
液状・乳液状の他、塗りやすく液だれしにくいクリーム状、ムースタイプなどの種類があります。

メラニン色素を分解して、髪を脱色させてから染めるため、一回の施術で綺麗に白髪を染める事が可能です。
キューティクルを開き、染料を内部までしっかり浸透させる事で白髪がしっかり染まるのですが、こうした化学変化によって髪にダメージを与えます。

また、薬剤によって顔や頭皮に肌荒れや炎症、アレルギー反応などが起こる場合があります。
皮膚の弱い方はもちろん、そうでない方も白髪染め前のパッチテストが必須です。

メリット

・一度でしっかり白髪が染まる
・色落ちしにくく持ちが良い(2〜3ヶ月)
・液状やクリーム、泡など用途に合わせて様々なタイプがある

デメリット

・髪や頭皮へのダメージが大きい
・髪のダメージを考えると続けて使用できない(染め直しなどの際には期間を空けなければならない) 
・敏感肌、アレルギー体質の方は使えないことがある

ヘアマニュキュア

髪や頭皮に対する刺激の少ない白髪染めです。
ヘアカラーのように髪を脱色するのではなく、表面に付着させた染料をキューティクルの隙間から徐々に内側へ浸透させていくタイプです。

髪に対する負担が少なく、ダメージの心配はありません。
また、ツヤのある美しい仕上がりになりますが、色持ちが良くないのが難点でしょう。
汗をかいたり、シャンプーなどで髪が濡れていると、色落ちしやすくタオルや寝具・洋服などに色移りをすることがあります。

白髪を完全に黒く染めることは難しいですが、いかにも染めました!ではなく、ナチュラルな仕上がりで白髪を自然な感じで目立たなくする事が出来ます。
また、低刺激の白髪染めであるヘアマニキュアは、アレルギー体質や皮膚が弱いため、ヘアカラーが使用できない方に適した方法と言えるでしょう。

メリット

・髪や頭皮に優しくダメージがほとんどなく染め直し、重ね染めも可能
・パッチテストの必要がない
・一度で白髪が染まる
・自宅の風呂場で使用でき準備も簡単

デメリット

・色持ちが良くない(約2〜3週間)
・皮膚に付くと落ちにくい
・シャンプーの度に少しずつ色が落ちていく
・白髪は染められても、黒い髪を明るくすることはできない

白髪染めシャンプー

シャンプーに色素が入ったタイプの白髪染めです。

普段お使いのシャンプーをこちらタイプに替えていただき、いつものようにシャンプーするだけで徐々に白髪が染まっていきます。
髪や頭皮に対するダメージの心配はありませんが、使うたび少しずつ色素が入っていくため、即効性を求める方には不向きと言えるでしょう。

しかし、その他の白髪染めと違ってムラになる心配もなく、白髪の分量が多い方でも全体を短時間で染めることが可能です。
こうしたことから、白髪染めシャンプーはショートカットの女性やメンズ、頭髪の全体に白髪がある方にオススメの方法です。

シャンプーをすることで、髪全体が徐々に染まっていくため、違和感なく自然に白髪を目立たなくする事が出来ます。
また、白髪染めトリートメントと併用するとより効果的です。

メリット

・髪や頭皮へのダメージが少ない
・白髪の多い方もムラにならず簡単で綺麗に染める事ができる
・お風呂で使用でき、放置時間も不要
・徐々に染まるため仕上がりが自然

デメリット

・しっかり染まるまでに少し時間が掛かる
・毎日使うためコストが高め
・ロングヘアの女性には向いていない

カラートリートメント

カラートリートメントは、お風呂で使用するタイプの白髪染めです。
ヘアマニキュアや白髪染めシャンプーと同じく、使うたびに髪の表面やキューティクルの隙間から、少しずつ色素が浸透していくことで白髪が染まっていきます。

髪や地肌に優しくダメージの心配はありません。
むしろ、トリートメント成分によって髪にツヤやハリを与えるなど、髪が美しくなるとあって今、一番人気のある白髪染めです。

繰り返し使用することでゆっくり染まっていくため、今すぐ完全に白髪を隠したいという方には不向きです。
しかし、徐々に白髪が目立たなくなるので、白髪を染めていることを周囲に気付かれず、自然に白髪をカバーすることができます。
カラートリートメントは、白髪染め後の退色や伸びてきた根元の白髪のケアにも有効です。

メリット

・トリートメント成分によって髪が美しくなる
・パッチテストが不要、手袋が不要なものも多い
・髪や地肌を痛めない
・徐々に染まるためナチュラルな仕上がり
・お風呂で簡単に白髪染めができる

デメリット

・一度でしっかり染まらず繰り返し使用する必要がある
・色持ちが良くない
・黒い髪を明るいトーンにしたり、明るいカラーの白髪染めをすることはできない

管理人も実際に利用したオススメのカラートリートメントはこちら

あなたに合う白髪染めのタイプは?選び方

あなたに合う白髪染めのタイプ、選び方

自分に合った白髪染めを選ぶためのポイントは次の5つです。

体質

敏感肌やアレルギー体質の方は、ヘアカラー以外の白髪染めを選びます。

髪質やダメージ

ヘアカラーで早くしっかり染めたい方は、髪への負担を軽減する毛髪保護成分などが配合されている商品を選ぶと良いでしょう。
ダメージやパサつきの気になる髪質の方は、カラートリートメントがおススメです。

色選び

黒色の白髪染めを使用すると、思ったよりも暗いトーンに仕上がり不自然な印象になりがちです。
自分の髪色より少し明るめのカラーを選ぶとナチュラルになります。

白髪の量

白髪の割合が多く広範囲を染める場合、白髪染めの量は多く必要になるため、髪と地肌に優しくしっかり染まるタイプが適しています。
白髪が少ない方には、カラートリートメントやマニキュアがおすすめです。

コスト

ヘアカラー以外の白髪染めは、繰り返し使用する必要があります。
特に髪の長い方は一回当たりの使用量も多くなりますから、コストも重要です。
白髪が少ない、あるいは部分的という方は、残った白髪染めを保存できるタイプを選ぶと経済的でしょう。

この他、メーカーの公式サイトや使用者の口コミなども参考になるはずです。

通販・市販の白髪染めで上手に染めるコツ

自宅で白髪染めをするとどうも綺麗に染まらない、そんな悩みをお持ちの方に通販・市販の白髪染めで上手に染めるコツをお教えします。
簡単な方法ばかりですので、ぜひお試し下さい。

  1. 水分はしっかり拭き取る
  2. 白髪染めを行う時は髪の水分をしっかり拭き取るのがポイントです。
    髪に残った水分は、白髪染め剤の浸透の妨げとなるため染めムラが起きやすくなります。

  3. お風呂で染める
  4. しっかり染めるためには湿度と温度が必要です。
    どちらの条件もクリアするお風呂場が、白髪染めにベストな場所と言えます。

  5. 根元への塗布は最後
  6. 頭皮に近い根元は、体温の関係で温度が高くなり、最も染まりやすい場所と言えます。
    毛染め剤は最後に塗りましょう。

  7. たっぷり使用する
  8. ヘアカラー剤はケチケチせず、たっぷり使いましょう。
    髪全体にしっかりと行き渡らないと色ムラの原因となります。

  9. 髪質と放置時間の調整
  10. 硬い髪質やダメージのない健康毛、真っ黒の髪は染まりにくいため、所定の時間より少し長めに放置しましょう。

  11. サランラップの活用
  12. 白髪染め剤を塗布したら、全体をラップでぴっちり包み密着させると色ムラを防止できる上、保温効果によってしっかり白髪が染まります。

白髪染め人気ランキングTOP5

白髪染め人気ランキング

どの白髪染めが口コミで評価が高い?どこがオススメなの?特長は?
通販・市販の白髪染め人気ランキングTOP5を紹介します。

ランキング1位:ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント

ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント

ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメントは、髪や頭皮に優しいのにしっかり染まるカラートリートメントです。

「ダメージ0!の白髪ケア」の言葉通り、白髪染めでありながら同時に頭皮のケアもできる商品となっています。
天然染料で白髪を優しく染め、ガゴメ昆布に含まれる貴重な成分「フコイダン」のW処方による超保湿・自己修復力、94%も配合されている美容成分によって、染め上がりの髪はきしみなどもなくしっとりまとまります。

一般的に、カラートリートメントは染まりにくいというイメージですが、こちらは弱アルカリ性でしっかり染まります。
きちんと染まるのに、手が汚れないという点も口コミで好評のようです。
手や洗面台についたカラートリートメントも、さっと流すだけOK。すぐにきれいに落ちます。

ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメントは、髪や頭皮をケアしながら白髪を目立たなくしたい方、白髪はカバーしつつ髪を美しく保ちたい方に特にオススメです。
また、トリートメント効果が高いのでロングヘアの女性にとても人気があります。
長い髪をしっとりツヤツヤにしつつ、白髪が目立たなくなるという点が支持されているようです。

⇒「ルプルプの公式サイトはこちら
⇒「ルプルプはフォームもあります

ランキング2位:利尻ヘアカラートリートメント

利尻のランキング

髪や頭皮を傷めることなく白髪染めの出来るカラートリートメントです。
無添加・無香料・ノンシリコンで髪と地肌に優しく、アレルギー体質の方も安心して使用する事が出来ます。

ノンシリコンなので、毛が細い方がこちらを使うと、髪に適度なコシが出てふんわりボリュームアップ。
こうした点が、白髪の量が多めの年配の女性や、年齢を重ねて髪がやせてしまったのがお悩みという方に好評です。

もちろん、しっかりした髪質の方もトリートメント効果によって白髪を染めつつ、潤いとまとまりのある美しい仕上がりになります。
太くて硬い白髪もしっかり染められるため、男性の愛用者も多くなっています。

利尻ヘアカラートリートメントは、天然色素で髪に優しいのに、根元からしっかり染めることができるトリートメントです。
濡れた髪にも乾いた髪にも使用可能で使い勝手がよく、シャンプー後にトリートメントをつけて10分待つだけ。
簡単なのに、初回から白髪にきちんと色が入るのも人気の理由です。

利尻昆布エキスを始めとする天然由来の美髪成分や、保護成分によって白髪染めをするたびに、潤いとツヤを実感。
繰り返し使うことで髪が、どんどん綺麗になる白髪染めです。

⇒「利尻の公式サイトはこちら

ランキング3位:レフィーネ白髪染めヘアートリートメント

レフィーネ白髪染めヘアートリートメントは、白髪を染めながら頭皮ケアが出来るヘッドスパタイプのトリートメントです。

髪や地肌に刺激がないため安心して使えるだけでなく、頭皮をマッサージしながら白髪染めをする事が出来ます。
素手で塗って、約10分でしっかり染まる早染めタイプです。

年齢を重ねると白髪以外にも、薄毛や抜け毛などに悩まれる方が増えてきます。
こちらのヘアートリートメントは、育毛成分(パンテノール)をはじめ、13種類もの頭皮ケア成分が配合されており、髪や地肌を健やかに整えてくれます。

レフィーネ白髪染めヘアートリートメントは、白髪だけでなく、薄毛や抜け毛も気になる方に特にオススメの白髪染めです。
また、地肌が乾燥気味、あるいはべたつきが気になる方にもぜひお試しいただきたい商品です。

白髪染めというと、特有のつんとした匂いが気になるものです。
しかし、こちらの商品は天然アロマのみを調合した優しいフローラル系の香りが特長で、癒される!リラックスできるなどの口コミが多く見られます。

ランキング4位:資生堂プリオール カラーコンディショナー

待ち時間が短く、ナチュラルな仕上がりが特長の資生堂のカラーコンディショナーです。

天然海藻エキスの保湿成分、ミネラル、コラーゲンなどの補修成分が配合されているため、白髪を染めながらダメージケアも同時に出来ます。
毛先までなめらかな指通りで、つやつやの美しい髪に仕上がります。

さらりと軽い仕上がりで、根元にふんわり自然なボリュームがでるため、カラートリートメントを試してみて髪が重く感じてしまった方や、細い髪質の女性に人気です。
また、待ち時間が5分と短いにも関わらず、しっかり色が入るところがとても良い!という声が多く聞かれます。

繰り返し使用することで、生え際の白髪も自然にカバー出来る上、手頃な価格であることも人気の理由でしょう。
なお、色あせを防止する効果のある同じシリーズのシャンプーと併用すると、美しい状態を長くキープできるのでオススメです。

ランキング5位:POLAグローイングショット カラートリートメント

POLAグローイングショット

ポーラのグローイングショット・カラートリートメントは、Wピグメント処方により、髪の内側と外側から染料が素早く浸透する特長があります。
そのため、短時間(5分)でしっかり発色。
1回目から白髪に色が入り、繰り返し使用することで深い色合いになっていきます。

化粧品メーカーならではの研究開発力を活かし、オリジナル成分(毛髪補修成分・頭皮の健康を守る成分など)が配合されています。
高いトリートメント効果で、しっとりと潤いのある髪に仕上がるため、ロングヘアの女性や、太い髪でボリュームの出やすい髪質の方にオススメの商品です。

早くしっかり白髪を染めたい方にぴったりのグローイングショット・カラートリートメントは、赤みが少なく発色するというのもポイントと言えるでしょう。
白髪染めにありがちな、髪の赤みが気になる方に、お試し頂きたいカラートリートメントです。

また、シトラスの混じった優しいスパイスフローラルの香りも癒されると好評です。

⇒「POLAグローイングショットの公式サイトはこちら

白髪染めランキングのまとめ

白髪染めランキングのまとめ

このように、白髪染めには色々な方法があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。
ご自分に合った白髪染めを選び、いつまでも美しく健康な髪でおしゃれを楽しみましょう。

ランクインした商品の中に、気になる白髪染めはありましたか?
商品のより詳しい情報や、初回限定のお試し価格・お得なまとめ買い・送料無料キャンペーンなど様々な特典については、メーカーの公式サイトで確認する事が出来ます。

市販・通販の白髪染めのランキングを参考に、ぜひ自分に合った白髪染めを見つけてみて下さい。