グラデーションの白髪染め

白髪染めは、暗く仕上がるという印象が強いため、おしゃれを楽しめないと思っている人が多いと思います。
しかし、白髪を単色で染めるのではなく、グラデーションに染める事でおしゃれも楽しむ事が出来るのです。

おしゃれも楽しみながら、白髪も目立たなくなるグラデーションの白髪染めについて説明していきます。

白髪染めにおすすめのグラデーションとは?

通常であれば、白髪染めは1種類のみを使用しますが、グラデーションは何種類かのヘアカラーを使って髪を染めていきます。
色を使い分ける事で、髪色をグラデーションにする事が出来ます。

単色のヘアカラーで染めるよりも、よりおしゃれで明るい印象にする事が可能です。
髪の根元部分は暗めにして、そこから毛先部分に向かって少しずつ色を明るく変化させていくグラデーションでは、外国人風のおしゃれを取り入れれます。

また、メッシュやウィービングという方法を取り入れる事でもグラデーションを作る事が出来ます。
グラデーションは自然な印象に仕上がるのが特徴なので、目立たないように白髪を隠したいという人にもおすすめです。

ヘアカラーを何種類か使い分けますが、施術は一度で終わるため忙しくい人にもおすすめの染め方と言えます。

メッシュとウィービングとの違い

メッシュやウィービングでもグラデーションを作る事が出来るとお伝えしました。
このメッシュとウィービングとの違いについて説明します。

メッシュとは部分的に筋を入れるように染めていく方法で、好きな部分を染めるため規則性のないラインが入ります。
一方のウィービングは、コームなどを使って等間隔で細い毛束を取り筋状に染めていく方法です。

細かい間隔のウィービングで白髪染めをする事で、より自然に見えて白髪をぼかす効果も期待出来ます。
メッシュやウィービングで染める部分を、明るい色にする事をハイライト、暗い色にする事をローライトと言い、これらを使い分ける事で立体感も出て白髪も髪となじみやすくなるのです。

白髪染めでグラデーションがおすすめの理由

白髪染めでグラデーションがおすすめの理由

グラデーションにすると、本当に白髪が目立たないようになるのか疑問に思う人もいると思います。
普通に白髪染めをした方が手間も掛からず楽なのは事実です。

そこで、グラデーションに白髪染めする事がおすすめの理由を説明します。
グラデーションがおすすめの理由としては、大きく分けると次の2つ挙げられます。

根元が伸びてきても白髪が目立たない

白髪は白髪染めで染める事が出来ますが、黒髪は白髪染めでは染める事が出来ません。
そのため、黒髪の割合が多い人は、どうしても単色で染めると暗くなります。

染めてしばらくは良いのですが、全体の髪色が暗いため、根元が伸びてくるとどうしても白髪が目立ってしまいます。
伸びてきた白髪が目立つため、短い頻度で白髪染めを繰り返していると、髪や頭皮にもダメージを与えてしまうのです。

白髪染めでウィービングなどを入れてグラデーションにすると、白髪が伸びてきても髪全体と馴染み、白髪が目立ちにくくなるという効果が期待出来ます。
また、白髪が目立たないため白髪染めをする頻度も長くなり、髪や頭皮のダメージも少なくする事が出来るのです。

自然な明るさをキープ出来る

全体を白髪染めで染めた方が確かに確実に白髪も染まりますが、単色で染めているため、おしゃれ感はあまり得る事が出来ません。
また、黒髪は髪染まらないため、ベッタリとした重い印象になりがちです。

ハイライトを細かく入れてグラデーションにする事で、髪全体を明るくする事が出来、若々しさを出す事が出来ます。
万が一、明るく染まり過ぎたという場合でも、暗く染め直し髪色を戻す事も可能です。

髪全体が明るくなるので、白髪が伸びてきても黒髪に比べると目立ちにくくなります。

白髪染めでグラデーションに染めるのはセルフでは難しい

白髪染めでグラデーションに染めるのはセルフでは難しい

市販の白髪染めなどは、単色のためセルフで染める事も簡単に出来ます。
しかし、グラデーションの場合は、何種類かのヘアカラーを使ったり、ウィービングのように等間隔に毛束を取るなどの細かな技術が必要となります。

そのため、同じ白髪染めでもグラデーションに染める場合はセルフでは難しいと言えます。
グラデーションにしたい場合は、美容院で染めてもらう事をおすすめします。

白髪染めなので、髪や頭皮のダメージも気になるとは思います。
ただ、根元が白髪の場合は、根元からしっかりとブリーチする必要がないため、全体をブリーチするよりも髪への負担は少なくなります。

また、ウィービングも頭皮に薬剤が付かないようにする事で、ダメージを最小限に抑える事が出来ます。

美容院でグラデーションにする時間と料金の相場

美容院でグラデーションにすると、どのくらいの時間と料金が掛かるのか気になる人もいるでしょう。
元の髪色があまり暗過ぎる場合はブリーチが必要になり、またハイライトなどをどのくらいの間隔で入れるのか、何種類のヘアカラーを使用するのかなどによっても時間と料金が異なります。

ブリーチしてから染めていく方法をダブルカラーと言いますが、ダブルカラーをしてグラデーションを入れると時間的には最低でも3時間以上、料金は12,000円~20,000円程度は掛かるでしょう。
ただ、美容師の腕によって掛かる時間には差があります。

また、各美容院によって設定料金なども異なるため、時間と料金は予約時に確認しておく事をおすすめします。

白髪染めとグラデーションのまとめ

白髪染めとグラデーションのまとめ

暗くて重いという印象がある白髪染めですが、グラデーションに染める事で髪全体に明るさを出し白髪が目立ちにくいという効果が期待出来ます。
ハイライトなどを細かく入れるウィービングをする事で、根元が伸びて目立つ白髪も髪に馴染み白髪染めとは思えないおしゃれ感も楽しめます。

ただ、技術が必要となりセルフで染めるのは難しいため、美容院で染めてもらう事をおすすめします。
通常の白髪染めよりも時間と料金は掛かりますが、白髪染めでグラデーション染めると外国人風のおしゃれも楽しめます。

白髪を染めながら、おしゃれももっと楽しみたいという人におすすめです。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。