白髪染めでかぶれない

白髪染めをしている最中や使用後に、頭皮にかゆみなどのかぶれの症状が現れることがあります。
地肌にピリピリとした刺激を感じたり、赤くなってかぶれてしまった経験があるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

こうした白髪染めアレルギーは、そのうち治まるだろうなどと、放置すると危険な場合もあり注意が必要です。
かゆみがなかなか治らないな、おかしいな?と思っているうちに、湿疹ができたり患部から汁が出てくる、顔の腫れ、脱毛などの症状が現れる場合もあります。

また、白髪染めによるかぶれは最悪の場合、アナフィラキシーと呼ばれる重篤な症状に陥る可能性があるのです。
こちらでは、白髪染めによるかぶれの原因や症状、白髪染めでかぶれない方法、市販・通販のかぶれない白髪染めの種類と選び方についてお話したいと思います。

かぶれない白髪染(ノンジアミンカラー)のススメ

白髪染めによるかぶれは、元々の体質で起こることもあれば、今まで何ともなかったのに、いつもの白髪染めで急にかぶれやアレルギー症状が現れる事もあります。

多くの場合、こうした症状は白髪染めに含まれているジアミンに対するアレルギー反応です。
よって、いずれのケースも、この先はジアミンを含む白髪染めやヘアカラーを使用する事が出来ません。

白髪染めで一度でもかぶれなどの症状が出た場合、生涯ジアミンに対するアレルギー反応が消えないと言われています。
そのため、ジアミンアレルギーの方は、ジアミン系の薬剤を含んだ白髪染めの使用は厳禁となります。

しかしながら、美容室で行われる白髪染めや市販の白髪染めの大半にはジアミン系の薬剤が使用されています。
白髪染めでかぶれてしまうという方は、アレルギー体質でも使用が可能な肌・頭皮に優しいノンジアミンの白髪染めがオススメです。

白髪染めでかぶれるのはジアミンが原因?

白髪染めでかぶれるのはジアミンが原因

では、白髪染めによるかぶれやアレルギーはなぜ起こるのでしょうか?

多くの場合、白髪染めやヘアカラーによるかぶれの原因は、毛染め剤に含まれる酸化染料という化学物質と考えられています。
中でも、パラフェニレンジアミン(PPDA)、パラトルエンジアミン(PTDA)などのジアミン系の酸化染料はアレルギーが起こしやすい物質です。

ジアミン系の薬剤は、髪を脱色させて毛髪の内部まで染めることが出来るため発色が良く、一度でしっかり白髪が染まります。
また、染めた部分の色持ちが半永久的と非常に良いことから、白髪染めやヘアカラー剤には欠かせない物質と言えるでしょう。

しかしながら、単体で劇物の指定を受けるほど強い薬剤でもあるため、頭皮の痒みやかぶれといったトラブルを生じる原因ともなります。
白髪染めを繰り返すうち、身体の中にジアミン系の染料に対する抗体が増えていき、抗体が一定量を超えるとかぶれなどのアレルギー反応が起こるのです。

白髪染めかぶれの症状とは

白髪染めによるかぶれ・アレルギーの主な症状には、次のようなものがあります。

  • 頭皮にピリピリした刺激や痛みを感じる
  • 頭皮などにかゆみや赤みが現れる
  • 頭皮やその周囲の皮膚の皮がむける
  • 湿疹、抜け毛の量が増える
  • 頭痛、めまい、吐き気などの全身症状

白髪染め中や使用後にこうした症状が現れた時は、速やかに皮膚科を受診するようにして下さい。

毛染め中の場合は、丁寧に染料を洗い流します。
なお、その際は皮膚に刺激を与えないためにも、シャンプーや石鹸などの使用は避けましょう。

また、白髪染めによるかぶれ症状は、体質の変化や体調不良時などによっても誘発されやすくなると言われています。
妊娠中や病後、ストレスを感じている時などは、白髪染めの使用をなるべく控えるようにしましょう。

顔が腫れたり脱毛の恐れも?白髪染めでかぶれ、ここが危ない

白髪染めによるかぶれは、繰り返し起こす事で重症化する傾向にあります。

最初は、軽いかゆみだけだったとしても、次回、あるいは白髪染めを重ねるうち、突然、激しい症状が起こることがある点に注意が必要です。
呼吸困難や全身のじんましん、時には意識障害が生じ命に関わる可能性さえもあります。

こうしたアナフィラキシー症状を起こさないためには、白髪染め前のパッチテストが有効です。
日本ヘアカラー工業会も、公式サイトのTOPページで「大切なお知らせとお願い」として、次のような呼びかけを行っています。

  • ヘアカラーでかぶれたことのある方は絶対に使用しないでください
  • ヘアカラーはアレルギー反応をおこすことがあります
  • 皮膚アレルギー試験(パッチテスト)を毎回必ず行ってください

先ほどもお話しましたが、白髪染めでかぶれた場合には、なるべく早く皮膚科を受診するようにしましょう。

また、かぶれ以外にも少し時間を置いて(数時間〜48時間程度)顔が腫れたり、脱毛などの症状が見られた時は、アナフィラキシーの可能性があります。
専門医の紹介を受けるなどし、速やかに適切な治療を受ける必要があります。

市販・通販のかぶれない白髪染め、種類や選び方

市販・通販のかぶれない白髪染め、種類や選び方

白髪染めでかぶれてしまった方は、次回からジアミンを含む毛染めを使用する事が出来ません。
かぶれやアレルギーは一時的な症状ではなく、その後も治ることはありません。

しかし、かぶれ等を繰り返す事で、症状が悪化する恐れもあります。
特に市販の一般的な白髪染めは、誰でもしっかり染めることが出来るように、成分が濃いめに作られており、刺激が強いため注意が必要です。

では、毛染めでかぶれた場合、今後は白髪染めを諦めなければならないのでしょうか?
決してそのような事はありません。

ジアミンを含まない染料や、酸化染料などの化学物質ではなく天然成分を使用した毛染め剤など、頭皮に優しいかぶれない白髪染めもあります。
市販・通販されているこうした白髪染めを利用する事で、かぶれの心配なく毛染めを行うことが出来ます。

かぶれない白髪染めの選び方としては、かぶれの主な原因であるジアミン系の成分や、脱色を伴う化学反応を起こす毛染め剤を避けるのがポイントとなります。
使用にあたっては、パッケージの表示を事前によく確認するようにしましょう。

かぶれない白髪染めには次の4種類があります。
メリットやデメリットなど、それぞれの特徴をご紹介します。

ヘナの白髪染めはかぶれない?

ヘナカラーは、頭皮や髪に優しい白髪染めとして知られています。
天然成分100%のヘナは、確かに肌に優しい染料でかぶれの心配がありません。
しかし、ヘナで染めると黒髪は、ほぼそのまま白髪は明るいオレンジや赤色になってします。

そのため、市販品には色味を濃く調整する目的で、ジアミン系の染料が添加されているケースが大半です。
こうした白髪染め剤は、しっかり染まる反面、ジアミンによるかぶれ・アレルギーの危険がある点に注意が必要です。

その他、白髪を暗いトーンで染めるために、ヘナとインディゴ(木藍)を混合した毛染め剤が市販されています。
また、ヘナで染めた後にインディゴで重ね染めをする方法も行われています。

インディゴそのものは植物由来の成分となっています。
しかし、肌に対する刺激が強く、インディゴによって頭皮などのかぶれを起こす場合があるのでパッチテストは必須です。

また、植物由来成分のため、髪質などによって仕上がりに個人差がある、塗布してから60分程度の放置時間が必要など、ヘナによる白髪染めは少々手間が掛かり、コツも要る方法と言えるかもしれません。

オハグロ式はかぶれない白髪染め?

オハグロ式白髪染めは、ジアミンを含まずポリフェノールと鉄による化学反応を利用した毛染め剤です。
1剤(ポリフェノール)がキューティクルを開き、髪の内部でポリフェノールと2剤(鉄塩)が反応する事で白髪が黒く染まります。

ジアミンアレルギーによるかぶれの心配はありません。
しかし、こうした化学反応による刺激で、頭皮がかぶれる可能性は否定出来ません。

相性や個人差が大きいため、オハグロ式の白髪染めを行う場合は、自分がかぶれを起こさないかどうかパッチテストで事前に確認をしましょう。

オハグロ式は、その名の通り真っ黒に髪が染まります。
そのため、かぶれにくくてしっかり染まるものをお探しの方にはぴったりの白髪染めです。

しかし、その仕上がりを、黒すぎて少し不自然に感じるとおっしゃる方もいらっしゃいます。
また、1剤と2剤を塗布する必要があり時間と手間が掛かる、パーマが掛かりにくくなる点がデメリットと言えるでしょう。

非ジアミンでかぶれない?ヘアマニキュアで白髪染め

ヘアマニキュアは、非ジアミンのかぶれない白髪染めです。

キューティクルを開き、髪の表面近くに色素をコーティングする事で白髪を染める仕組みです。
ジアミンを含まず化学反応も起こさないため、髪を傷める事なく美しい染め上がりが期待出来ます。

しかし、髪の内部までしっかり染める一般の白髪染めと比べると、色持ちの点では約2週間から1ヶ月とやや物足りなさを感じる方がいるかもしれません。
また、ヘアマニキュアの染料であるタール色素は、手や頭皮についてしまうと非常に落ちにくいので、白髪染めを行う際は注意が必要です。

人気のかぶれない白髪染め・カラートリートメント

かぶれない白髪染めの中でも、今一番人気なのがルプルプや利尻などのカラートリートメントです。
ジアミンを含む毛染め剤でかぶれてしまった方や、ヘナとインディゴの組み合わせが肌に合わなかったという方でも、安心して使う事が出来ます。

ヘアマニキュアと同じく、髪の表面に色を付着させる方法で白髪を染めます。
しかし、小さな染料を使用するため、キューティクルを開く必要がありません。

また、ごく弱い化学反応である塩基性染料のイオン結合を利用して染めます。
そのため、肌に対する刺激が少ない白髪染めと言えるでしょう。

塩基性染料は、手触りを良くする働きをするため、美しい仕上がりになるというメリットもあります。
染まり具合については、ヘアマニキュアよりやや弱い発色と言えます。
しかし、繰り返し使うことで自然な感じで白髪が染まっていきます。

肌に優しい成分で作られた白髪染めのため、毎日の入浴中に素手で使用出来ます。
また、頭皮についてしまった場合も、水で流せば簡単に落ちる点も好評です。

カラートリートメントは、特別な準備が必要なくお風呂で気軽に白髪染めが出来ます。
また、ジアミン無添加でかぶれない、髪を傷めず美しい染め上がりになるという事で大変人気があります。

かぶれない白髪染めのまとめ

かぶれない白髪染めのまとめ

白髪染めでかぶれないためには、ジアミンを含まない髪と地肌に優しい毛染め剤を使用することが大切になります。

市販・通販で人気があるのは、手軽に美しく白髪を染める事の出来るルプルプや利尻などのカラートリートメントとなっています。
ただし、全部で4種類あるかぶれない白髪染めには、それぞれメリット・デメリットがあります。

発色や色持ち・毛染めの手間など、様々な違いがあります。
そのため、ライフスタイルや、肌との相性、好みの染め上がりなどを考慮して、ご自分にピッタリのかぶれない白髪染めを選ぶようにしましょう。

なお、白髪染めでかぶれの症状が見られた場合は、速やかに使用を中止して皮膚科を受診するようにして下さい。


【白髪染めのオススメ2選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。