若白髪を染める

いわゆる若白髪は、人から「実年齢よりも老けてみえる」「苦労していそう」といった見た目のネガティブイメージを生み出します。
そのため、まだまだ白髪が生える年齢ではないはずなのに、気付いたら髪にギラリと光る白い髪が増えていたらショックですよね。

今回は、そんな若白髪の対応に悩んでいる人のために、男女別のヘアカラーの選別法をまとめてみました。
この記事を参考にして、おじいちゃんおばあちゃんになっても、しっかりと染め続けられるように、自分に合ったヘアカラーを今から勉強しておきましょう。

10代の中学性・高校生は若白髪をいつから染める?

まだ10代のうちに白髪が増えてしまうと、金銭的な理由や今後の髪や頭皮への負担を考えて、白髪染めをしても良いのか迷ってしまいますよね。
しかし、もし白髪の影響で見た目への自信がなくなり、周りの目が気になるようであれば、染めた方が良いでしょう。

なぜなら、自分の髪を気にするあまり「ストレス」が増加してしまうと、それがさらに白髪を増やす原因になってしまう可能性があるからです。

また若い人は白髪が気になっていると、白髪を抜くクセがついてしまう事があります。
しかし、長期的に見て頭皮の環境を悪化させてしまうので注意をしてください。

若白髪を染める頻度が多いとはげる原因に?部分染めで対応!

結果からお伝えすると、白髪染めによって直接的に禿げる事はありません。
しかし、10代・20代の頃から白髪を染め続ける事で、以下のデメリットが生じます。

  • 頭皮のかぶれや炎症などのアレルギー症状(個人差あり)
  • 髪へのダメージの蓄積

これらの影響は、髪の乾燥やパサツキを発生させてしまう原因になってしまいます。
そのため、白髪染めは出来るだけダメージレスなものがオススメです。

特に市販の白髪染めは、薬剤が必要以上に強いものが多いので、長期的に使用することを考えて控えるようにしましょう。
さらに、白髪が目立つ場所のみ部分染めをする事で、頭皮や髪全体へのダメージを減少させられます。

男の若白髪を染めるのにおすすめのヘアカラー

男の若白髪を染めるのにおすすめのヘアカラー

男の人が、若白髪を染めるにあたって一番壁になるのが「染める手間」です。
女性のように、美容院に何時間も拘束されたり、市販の白髪染めを使って自分で髪の手入れをしなくてはならない事に苦痛を感じる男性は多くいます。

ですから、男性が白髪染めを選ぶ時には、手入れの楽さやをメインに考えて選ぶと良いでしょう。
最初から無理をしないヘアカラー方法を選んでおく事で、継続して白髪を染め続けられるようになります。

白髪染めシャンプーで手軽に若白髪を染める

そんな男性に特にオススメのヘアカラーが「白髪染めシャンプー」です。
白髪染めシャンプーは、今まで使っていたシャンプーと同じように髪を洗うだけで染め残し無く白髪が染まります。
美容院や市販の白髪染めに比べてダメージも少ないので長期的に使いやすいと言えます。

中でも利尻カラーシャンプーは、色も4種類から選べて染まり具合も良く、安全性が高いため人気があります。
ただし、以下の4つのデメリットもあるので。使用前に確認しておきましょう。

  • 普通のシャンプーに比べるとコストがかかる
  • しっかり髪を乾かさないと、色落ちしてタオルや枕に色がつく可能性がある
  • 染まりきるまでに10日ほど時間がかかる
  • 真っ黒に染めるには物足りない可能性がある(ヘアカラートリートメントのほうが染毛力が強い)

女の若白髪を染めるのにおすすめのヘアカラー

女の若白髪を染めるのにおすすめのヘアカラー

女性の場合の白髪染めをする理由は、「おしゃれを楽しみたい」「変な目で見られたくない」といった見た目の印象を重視したものです。
そのため、手間や染める苦労よりも、染まりの良さや美髪を保てるかに重点を置いてヘアカラーを選んだ方が満足度が高くなるでしょう。

ただし、若い人はコストの問題で市販のクリームや泡タイプの白髪染めを選んでしまいがちです。
カラーバリエーションも多く、若い人には魅力的なCMが流れていますが、長期的に染め続けると薬剤の強さで髪を痛めてしまうので注意をしましょう。

おしゃれを楽しみたいなら美容院で若白髪を染める

「若いうちはおしゃれを楽しみたい!」というのは、誰でも女の子であれば自然に強くなる感情です。
ですので、多少費用は掛かってしまいますが、自分の思う髪色やデザインを実現させたいのであれば、美容院で白髪を染めるようにしましょう。

髪質や白髪の量などを計算しながら、あなたに合った白髪染めを用意してくれます。
また、市販の一般的な白髪染めに比べて最小限の薬剤を配合してくれるため、長期的にみてもダメージを抑えられるのでオススメです。

若白髪を染めるなら黒髪、茶髪?明るい色に染められるの!?

周りの子が明るい髪色を楽しんでいるのをみると、自分も明るく染めてみたい!と感じますよね。
白髪染め自体は、元々白い髪を染めるために暗い色が入りやすい特性があります。

以下の点に注意するだけでも明るい色がキレイに染まりやすくなります。

  • 8~9トーン以上は色持ちが悪くなるので挑戦しない
  • 明るい色で染める前に暗い色で染めない(色が明るくならないリスクを回避)
  • 色の調整ができる美容師の元で染める

最近は、白髪染め用のカラー剤も豊富な種類があります。
「白髪は明るく染められないんだ・・・」決めつけずに、美容師に明るい髪色の相談をしてみてください。

若白髪を自然に染められる市販のヘアカラートリートメント

若白髪を自然に染められる市販のヘアカラートリートメント

先程まで、クリームや泡タイプの市販の白髪染めは薬剤が強いので、長期的に考えてオススメしないとご説明してきました。
しかし、ヘアカラートリートメントはダメージも少なく染毛力も強いので、長く使用する場合には市販であっても推奨したい商品です。

一般的な使用方法の中でもしっかり染めたい時には、以下の手順をふみましょう。

1.ヘアカラートリートメント剤を手に出して、シャンプー前の乾いた髪になじませる
2.コームを使ってムラが無くなるようにとかして、さらになじませる
3.シャワーキャップやラップを使って髪を包み、20分~30分放置したらよく洗い流す
4.染まり具合をみながら週に1~2回使用する

ちなみにしっかり染める必要性がなければ、濡れた髪に使用しても大丈夫です。

男女共にレフィーネ、ルプルプ、利尻は若白髪がよく染まる

ヘアカラートリートメントは、自宅で週に1~2回の頻度で染めるだけで良い手軽さから、男女ともに愛用している人が多いと言えます。
その中でも特に人気のあるヘアカラートリートメントが以下の3つの商品です。
※割引を適用していない通常価格で統一しています。

1.レフィーネナチュラルカラートリートメント(2,880円/300g)

ヘアカラーは7色から選べます。
色を混ぜて好みの髪色を作り出す事も可能なため、色々な髪色に挑戦したい人にはピッタリの白髪染めです。

2.ルプルプヘアカラートリートメント(3,240円/200g)

ヘアカラーは4色から選べます。
美髪を期待できる「カゴメ昆布」などが配合されており、ダメージをかなり抑えられるのに染まりが良いのが特徴です。

3.利尻ヘアカラートリートメント(3,240円/200g)

ヘアカラーは4色から選べます。
保湿が期待出来る「利尻昆布」などの天然成分が28種類配合されており、高い染毛力から多くの人に愛されているトップブランドです。

若白髪を染めるまとめ

若白髪を染めるまとめ

若白髪になってしまうと、周りの目が気になって自信が持てなくなってしまう人も多くいます。
さらに、頭皮や髪へのダメージの負担やヘアカラーの種類の少なさを考えて、白髪染めを使うのを躊躇している人もいるでしょう。

しかし、現在は数多くのカラー剤が開発されています。
自分にあった白髪染めを選び取る事で、白髪が生えていてもオシャレなカラーリングしたり、髪や頭皮へのダメージを抑えられるです。

染めることに抵抗がある人も、「長期的に継続して染められる方法は何か?」ということを考えながら、白髪とうまく付き合ってみてくださいね。


【白髪染めのオススメ2選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。