白髪染めと生理

「生理中は髪がキレイに染まらない」「カラーリングをしない方が良い」

このような話を耳にした事があるという人も多いかと思います。
市販のヘアカラー剤の注意書きにあったり、美容院でカラーや白髪染め前に聞かれる事もありますよね。

しかし、これは何故なのでしょうか。
本当に生理中はカラーリングや白髪染めをしない方が良いのか気になります。

そこで今回は、生理中は白髪染めを使わない方が良いと言われる3つの理由と対処法をお話したいと思います。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

生理の時に白髪染めがダメな3つの理由は?

生理の時には、白髪染めを行わない方が良いと記載されている情報を多く見かけます。
予定が急に入って、白髪染めをしなければならない事もあるでしょう。

生理中に白髪染めを行わない理由は下記の通りです。
対処法もありますので、合わせて参照してください。

生理中に白髪染めを使うと頭皮がかぶれる可能性がある

生理中は、ホルモンバランスなどの影響で普段よりも肌が敏感になっています。
白髪染めやカラーリング剤の成分に反応しやすく、頭皮がかぶれや湿疹、アレルギー反応を起こしやすいのです。

また、痛みにも敏感になるため、いつもよりもヒリヒリ、チクチクというのを感じやすいと言えます。
ですから、出来れば生理中は白髪染めを使うのは避けた方が良いでしょう。

生理中に白髪染めの臭いと刺激で気持ち悪くなるかも

生理中は肌が敏感になるというお話をさせていただきましたが、臭いにも敏感になる人がいます。
白髪染めには様々な刺激成分が配合されていますから、独特の「ツン」とした臭いかあります。

普段は気にならないような臭いでも、生理中で鼻が敏感になっている時は吐き気や頭痛を感じる事もあるのです。
ですから、生理中に鼻が敏感になる人は、はなるべく白髪染めは避ける事をオススメします。

もしも美容院での毛染め中に気分が悪くなった時は、我慢せずに美容師さんに伝えましょう。

生理中の白髪染めは綺麗に染まりにくい

また、生理中に白髪染めを使う事は、仕上がりの良し悪しにも影響します。
基本的に生理中は低温期に入るため、ホルモンバランスの変化が非常に大きい時期です。

ですから、頭皮へ栄養素が運ばれて行き届くのに時間が掛かります。
通常の時よりも生理中に肌トラブルが起きやすいのはそのためです。

生理中に白髪染めを使うと思った通りに仕上がらない可能性も出てくるでしょう。
髪の状態が悪いと白髪染めの色付けに影響が出てきます。

白髪染めをきっちり綺麗に仕上げるためには、頭皮に栄養素が十分に行き渡っている生理期間以外に染めると良いでしょう。
また、白髪染めのパッケージが見ると、生理中や妊娠中の使用はお控えくださいと記載がされている事が多いのです。

生理中や妊娠中は、ホルモンバランスが崩れるために、全身の栄養素に行き渡るのに時間が掛かります。
そのため、白髪染めが綺麗に染まらないので控えるようにしてください。

白髪染めは生理後2週間以内がベスト

白髪染めは生理後2週間以内がベスト

では、生理以外であれば、白髪染めを使ってもいつ使っても大丈夫なのか?と言うと最適な期間というものがあります。
白髪染めに最適なのは、生理後10日~14日(2週間)以内です。

白髪染めは、アルカリ性成分が色を脱色して、その後に酸性の液剤が色を付けていくわけです。
生理では低温期に入るため、その脱色作用や染色作用が上手く働きません。

そのため、仕上がりも良くない可能性が出てきます。
女性ホルモンには卵胞ホルモンと黄体ホルモンがあり、生理後10日から2週間以内にかけてはそのバランスが整い、高温期に入ります。

もし白髪染めを使う場合は、この期間にすると良いでしょう。

生理中に白髪染めを使うならトリートメントタイプがオススメ

生理中に白髪染めを使うならトリートメントタイプがオススメ

生理中に白髪が気になってストレスになる事は逆効果です。
どうしても白髪染めをしたいという事であれば、トリートメントタイプがオススメとなっています。

または、100%天然のヘナの白髪染めも良いでしょう。
市販の白髪染めにある1剤と2剤を混ぜ合わせて使うタイプのものは、化学物質のジアミンという物質が入っています。

こういった化学物質によって、生理中に気分が悪くなったり、吐き気を催したりしてしまうかもしれないのです。
体調が良くない時や生理中に刺激の強い白髪染めを使うと、頭皮にかゆみやかぶれを引き起こして、アレルギーになる可能性があります。

そこでオススメなのは、日頃のシャンプーやトリートメントの時に使う事が出来る白髪染めです。
人気の利尻トリートメントは、生理中や妊娠中でも使う事が出来ますし、頭皮の弱いかたでも安心して使えます。

もちろん、化学物質ジアミンが入っておらず、天然由来の白髪染めなので、使えば使うほど髪が良くなる肌に優しい白髪染めです。
また、無添加でアレルギーテスト済みなので、安心で初めての方でも安心ですね。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

生理と白髪染めのまとめ

生理と白髪染めのまとめ

生理にどうしても白髪染めをしたいという事があるかと思います。
しかし、頭皮の事を考えると生理の時にはホルモンバランスの変化により、刺激の強い白髪染めはオススメ出来ません。

また、生理中の白髪染めは仕上がりが綺麗にならないという可能性が出てきます。
女性ホルモンの影響は思ったよりも大きく、肌荒れや頭皮のかゆみが蕁麻疹やアレルギーに繋がる可能性もあるのです。

そのため、生理中に頭皮に刺激の強いタイプの白髪染めは避けましょう。
どうしても生理中に染めたい場合は、肌に優しいトリートメントタイプの白髪染めをオススメします。

生理中や敏感肌の方も安心して使えるでしょう。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。