市販の白髪染めには、ヘアダイ、ヘアカラー、ヘアマニキュアなど多くの種類があり、迷ってしまいます。
基本的には、ヘアダイは白髪染めの事です。

一方で、アマニキュアは白髪染めもおしゃれ染めも出来るヘアカラーに分類されているのです。
そこで今回は、ヘアダイ(白髪染め)、ヘアカラー、ヘアマニキュアの違いについてご説明しましょう。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

ヘアダイ(白髪染め)の意味は?

ヘアダイ(白髪染め)とは、ドラッグストアや薬局に一般的に白髪染めとして売られているものです。
ヘアダイ(白髪染め)は、白髪になった髪を黒く染めるためのものですから、おしゃれ染めのヘアカラと違って、基本的に白髪を黒く染めるというものです。

そして、ほとんどの白髪染めには、強力な化学物質の染色成分が入っています。
そのため、長く使い続けると頭皮や髪にダメージを受けます。

ヘアダイ(白髪染め)とヘアカラーの違いは?

一般的にヘアダイ(白髪染め)と呼ばれているものは、白髪を黒く染める染料です。
こちらは化学物質が多く含まれているため、とても強力な染色染料になります。

髪全体に白髪が多いと、ヘアダイ(白髪染め)を使う事によって、強い染料によって髪をしっかり黒くする事が出来るでしょう。
しかし、そこに入っている化学物質は大変強力なので、長い間使い続けていると、頭皮がかぶれてしまったり、吐き気、頭痛、アレルギー反応を引き起こす場合があります。

ヘアダイは色持ちが良く、1回の使用でバッチリと染まるため、セルフで白髪染めをするの人に向いています。
一方で、ヘアカラーとは元々の黒い髪をブリーチ(脱色)して、好みの色に変える事が出来ます。

基本的に黒い髪を脱色して色を入れ込むため、脱色作用、つまりブリーチの作用がとても強いのです。
このブリーチ作用はジアミンという化学物質によって行われ、とても強い作用があります。

白髪が多い方がヘアカラーを使うと染色力が弱いため、綺麗に染める事が出来ません。

ヘアダイ(白髪染め)とヘアマニキュアの違いは?

ヘアダイは、髪の毛のメラニン色素を分解し脱色をします。
脱色と同時に染料が髪の毛の中に入り、しっかりと染まる仕組みです。

ヘアダイは白髪がしっかり染まり、髪の毛の色が明るくなるとされています。
ヘアダイによるカラーの持ちは、約2か月程。

一方で、酸性染毛料であるヘアマニキュアは、髪の毛の脱色をしません。
染料が優しく髪の毛に浸透して、髪の表面に色が付きます。

ヘアマニキュアは脱色をしませんので、地毛の色より明る過ぎる事はありません。
色落ちしやすいタイプなので、2~3週間程度で元に戻っていきます。

ヘアダイ(白髪染め)を使う理想的な間隔は?

ヘアダイを使う理想的な間隔

白髪染めを使う理想的な間隔ですが、先ほども述べたように白髪染めに含まれる化学物質は非常に強い染色作用があります。
ですから、一か月に何度も使うと頭皮や髪が確実に傷んでしまいます。 

どんなに白髪が気になっても、1ヶ月に1回に抑えると良いでしょう。
どうしても根本や生え際といった部分が目立ってしまう事があります。

そういった場合は、白髪専用のマスカラを使ったり、白髪染めートリートメントを使うと良いでしょう。
白髪染めを長年使っていると、頭皮がかなりかぶれてしまい、アレルギーを引き起こすリスクも出てくるのです。

白髪染めを使って毎週のようにリタッチをしていると、肌が確実にかぶれやすいので気を付けましょう。

ヘアダイ(白髪染め)でオススメの色は?

ヘアダイでおすすめの色

白髪染めは大きく分けて、ブラック系、グレー系、ブラウン系と言ったかなり暗めの色になっています。
初めてヘアダイ(白髪染め)をする人が気を付けたいのは、仕上がりの髪の色が暗くなりやすい事です。

おしゃれ染めは様々なカラーバリエーションがあります。
ですから、全体の髪の毛の量に対して白髪が少ない場合は、白髪染めを使ってしまうとかなり暗い感じの仕上がりになってしまうのです。

少しの白髪染には、部分染めや白髪染めトリートメントの方が良いでしょう。
髪全体が白髪の方が多い場合は、ヘアダイ(白髪染め)を使う事をオススメします。

白髪染めのカラーに関しては、美容院に行くとアッシュ系の落ち着いたトーンの髪色もあります。
グレイッシュなブルー系にすると、白髪が新しい白髪が生えてきても目立たなくオススメです。

ヘアダイは専用ブラシ等でムラなく染まる

ヘアダイはヘアダイブラシやコームでムラなく染まる

ヘアダイ(白髪染め)を使う時は、専用のブラシを使うとムラなく綺麗に染める事が出来ます。
生え際生え際やこめかみ辺り、見えない所は細かいブラシを使っていくと綺麗に染める事が出来るでしょう。

白髪染めにはパッケージの中に、ヘアダイブラシが入っているものもあります。
もし入っていない場合は、毛の量や毛質に合わせて好みのものを選ぶと良いでしょう。

ブラシを使った方が細かい所まで行き届くようになり、時間も短縮できるので 一本あると便利です。

ヘアダイは専用タオルで色移り防止

ヘアダイタオルで色移り防止

白髪が気になってきた人は、白髪染めを使い始めると同時にヘアダイタオルも購入しておくと良いでしょう。
ヘアダイタオルとは、ヘアカラーが終わった時に使う拭き取るタオルになります。

一般的なタオルよりも薄めに出来ていて、色移りがしにくく便利です。
特にセルフでリタッチをしたり、白髪染めをする人はヘアダイタオルがあると便利ですね。

通販でも販売されているヘアダイタオルは吸水性が良く、髪の水分をしっかり吸い取ってくれるので、自宅でよく白髪染めをする方にオススメ出来ます。

ヘアダイ(白髪染め)はヘアダイクロスで服に付かない

そして、セルフで白髪染めをする方に便利なアイテムは、ヘアダイクロスです。
ヘアダイクロスがあれば、白髪染めをしている時に服につかずに安心して白髪染めをする事が出来ます。

白髪染めは約30分から1時間ほど放置しなければなりません。
そのため、薬剤が飛び散らないように、ヘアダイクロスでしっかり服を守ってあげると良いでしょう。

通販でも販売されているヘアダイクロスは、マジックテープになっていて、どんな服の上でも付けるだけで、すぐに白髪染めをスタートさせる事が出来ます。
ヘアダイクロスがあれば、液体が服に飛び散る事なく大変便利です。

ヘアダイ(白髪染め)はアレルギーに注意

ヘアダイはアレルギーに注意

ヘアダイ(白髪染め)は大変強力な化学物質が入っているため、どんな方もアレルギーになる可能性は否定出来ません。
特に体調が悪い時、風邪をひいている時、生理中、妊娠中に使うと頭皮がかぶれたり、吐き気、痒みといった症状が引き起こされる可能性があります。

しかも、一度ヘアダイ(白髪染め)でアレルギー反応を起こすと、2回目以降にまた同じような症状を起こしてしまう可能性が高いです。
ですから、体調が悪い時、生理中、にはなるべく白髪染めを使わない方が良いでしょう。

一般的な白髪染めには、有害物質ジアミンという発がん性物質が配合されています。
大変刺激の強いですが、一回使っただけで肌がかぶれたり、アレルギー反応を引き起こす事はほとんどありません。

長い間使い続けていくと、皮膚を通して体内に溜まってしまうので、長年使うには気を付けなければなりません。
白髪染めを使っている時にかゆみ、発疹、また肌荒れといった症状が現れた場合は、使用を停止して直ちに医師に相談しましょう。

ヘアダイ(白髪染め)でかぶれた時の治療法

ヘアダイ(白髪染め)を使ってる時に痒くなったり、吐き気を催したり、頭痛が起きた場合は、すぐに使用を停止してください。
ひどい場合は顔が腫れてしまったり 、全身に湿疹が出来てしまう場合もあります。

こういった場合は、確実にアレルギー反応が出たと判断して、重いアレルギーに発展する可能性があるので、早めに病院に行く必要があるのです。
比較的身体が元気な内はアレルギー反応は出にくいとされています。

しかし、体調が悪い時、風邪を引いた時に白髪染めを使うと、普段には出ないアレルギー反応を引き起こす可能性があるのです。
重いアレルギーに発展してしまう可能性があるので、いつも気を付けなければなりません。

重いアレルギー反応が出た場合は、皮膚科や内科で抗アレルギー物質の内服液とステロイド剤の軟膏クリームといった薬が処方されますので、徐々に治ってくるでしょう。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

ヘアダイとヘアカラーのまとめ

まとめ

ヘアダイは、ヘアカラーと同様に頭皮や髪の毛にも負担を掛けてしまうものです。
一時中断が出来る黒髪用のヘアカラーと違って、ヘアダイの場合使い続ける分だけ傷みやすいと言えるかもしれません。

美容院での白髪染めに関しては、頭皮・髪に出来るだけ負担を掛けずに行います。
ただし、生理中・敏感肌の方のヘアダイは避けた方が良いでしょう。

アレルギー反応が出なくても、ジアミン系薬剤は避けて髪にも頭皮にも体にも優しいカラーリングを使いましょう。
ヘアダイで何か気になる症状が出たなら、一度皮膚科を受診する事をオススメします。

当サイトでは、管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを紹介しています。
白髪に悩んでいる方は、参考にしてください。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. マイナチュレのヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。