家庭での白髪染め

わざわざ美容院へ行かなくても、自宅で白髪染めが出来るセルフカラー。
簡単に白髪をカバー出来るだけでなく、時間と費用の節約にもなるとあって、多くの方が利用されています。

店頭や通販では様々なタイプの白髪染めが販売され、気軽に試せるのも人気の理由でしょう。
ただ、中には上手く染めらなかった!という悲しい経験をされた方もいます。

また、なんだか難しそうだし失敗が怖くて、セルフカラーを敬遠している方も少なくないようです。
こちらでは、失敗しない家庭での白髪染めのポイントについて話ししたいと思います。

白髪染めの種類や選び方、家庭で上手に染めるコツを解説。
おすすめの市販の白髪染め3選もご紹介しますので、参考になさって下さい。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

家庭で白髪染めのカラーリング剤の種類

家庭用の白髪染めには、タイプや色、男性用や女性用など多くの種類があります。
もちろん、白髪の染まる仕組みや発色・色持ち、ダメージの大きさなどがそれぞれ異なります。

まずは、どんなタイプのカラーリング剤があるのかご紹介しましょう。
種類別の特徴やメリット・デメリットを知る事は、ご自分にピッタリの白髪染めを選ぶ手掛かりになるはずです。

ヘアカラータイプのメリット・デメリット

ヘアカラータイプは、2剤式のいわゆる一般的な白髪染め剤です。
髪の内部までしっかり染料が浸透するため、発色が良く染めた髪色も長持ちします。

全体染めにも部分染めにも使用でき、カラーも豊富です。
ただし、家庭で誰が染めてもキレイに染まるように刺激が強い処方のため、髪は大きなダメージを受けます。

また、アレルギーのリスクがあるため、使用前のパッチテストは必須です。

メリット

  • 1回でしっかり白髪が染まる
  • シャンプーによる色落ちナシ!2~3ヶ月と色持ちがいい
  • クリーム、乳液、ムースタイプなど種類が多く、色々な使い方が出来る
  • 価格が安い
  • カラーが豊富

デメリット

  • 刺激が強く髪や頭皮が傷む
  • アレルギー体質や敏感肌の方は使えない
  • ヘアダメージを考えると染め直し・重ね染め厳禁、短い間隔での使用もおすすめ出来ない
  • 準備と後片付けが大変
  • 毎回パッチテストが必要

ヘアマニキュアのメリット・デメリット

ヘアマニキュアは、髪の表面に付着させた染料で髪をコーティングするようにして白髪を染めます。
ダメージは少なめですが、発色が良く即効性がある白髪染めです。

ただし、徐々に色落ちするため、色持ちはあまり良くないでしょう。
皮膚につくと非常に落としにくいのが特徴で、根元の白髪は染める事は出来ません。

メリット

  • 低刺激で髪や頭皮のダメージが少ない
  • 1回目でしっかり白髪が染まる
  • 染め直し、重ね染めも問題ない
  • パッチテスト不要
  • アレルギーの方も使用可

デメリット

  • 2~3週間程度しか色持ちしない
  • 家庭でシャンプーするたびに色落ちする
  • 黒髪を明るく染められない
  • 皮膚につくと落ちないので手袋必須
  • 頭皮ギリギリまで塗布出来ないためリタッチには不向き

カラートリートメントのメリット・デメリット

カラートリートメントは、マニキュアタイプの髪や頭皮に優しい白髪染めです。
トリートメント効果が高く、使う度に髪が美しくなります。

皮膚についても水で流せばOK。
お風呂で気軽に白髪ケアが出来るため、家庭で使いやすいのが特徴です。

発色は穏やかでシャンプーで徐々に色落ちしますが、その分、仕上がりはナチュラル。

メリット

  • 白髪染めとトリートメントが同時に出来る
  • ヘアダメージの心配がない
  • 低刺激で素手での使用OK!手袋も不要
  • お風呂で白髪が染められる
  • 準備と後片付けが簡単
  • パッチテストの必要がない
  • 違和感のない自然な仕上がり

デメリット

  • 少しずつ色が入るため繰り返し使う必要がある
  • 色持ちは2~3週間
  • シャンプーのたびに色落ちする

ヘナカラーのメリット・デメリット

ヘナカラーは植物性の白髪染めです。
天然のヘナパウダーによる毛染めのため、髪や頭皮のダメージが少なく、白髪染めアレルギーの方も使用出来ます。

ただ、安全性は高いのですが、ナチュラルヘナでは白髪はオレンジにしか染まりません。
そのため、インディゴで重ね染めをする必要があり、家庭用の白髪染めの中では一番、時間と手間が掛かります。

メリット

  • 天然成分で髪や頭皮に優しい
  • 発色が良く、退色しにくい
  • ダメージ補修、頭皮環境を整える効果が期待出来る
  • デットクス作用があるとされている
  • 髪にハリやコシを与える

デメリット

  • 準備から仕上りまで3時間以上掛かる
  • 独特のニオイがあり好みが別れる
  • 植物アレルギーのリスクがあるため、パッチテストが必要

マスカラタイプのメリット・デメリット

マスカラタイプの白髪染めは、白髪隠しとも呼ばれています。
気付いた時にいつでも、ピンポイントで白髪をカバー出来るのがメリットでしょう。

染め残しや生え際の白髪を見つけたら、家庭でも外出時にも使えて非常に便利です。
とは言え、あくまでもマスカラなので、色素が定着するわけではありません。

シャンプーや汗など、水に濡れると落ちてしまうのがデメリット。
日常的に全体の白髪を染める目的での使用には向いていないでしょう。

白髪染めとおしゃれ染めはどう違うの?

白髪が気になりだしたけれど、これまで通りおしゃれ染めを使いたい!と思われる方も多いようです。
では、白髪染めとおしゃれ染めはどう違うのでしょうか。

白髪染めは、白髪を目立たなくさせるのが目的です。
白髪に濃い色を入れる事で黒髪部分と馴染ませます。

そのため、ブラウンの色素が強い処方になっており、全体は暗いトーンに仕上がりになるのです。
一方、おしゃれ染めは髪色を明るくする、あるいは好みのカラーに染めるのが目的の毛染め剤。

髪を強めにブリーチしますが、染毛力は弱いのが特徴です。
これにより、髪全体が明るいトーンに仕上がります。

黒髪部分は明るくなりますが、白髪にはほんのり色が入る程度。
キラキラした白髪がかえって目立ってしまうのです。

家庭で白髪をしっかりカバーしたいのなら、おしゃれ染めではなく白髪染めを使うべきでしょう。

家庭で簡単セルフカラー!白髪染めの選び方

家庭で簡単セルフカラーする際の白髪染めの選び方

各カラーリング剤の特徴や違いはお分かり頂けたと思います。
それを踏まえ、家庭でセルフカラーをする時の白髪染めの選び方についてお話しします。

家庭で簡単&キレイに白髪を染めるためには、いくつかある白髪剤の中から目的にあった商品を選ぶ事が大切。
白髪の量やどんな風に白髪をカバーしたいのか、元々の髪質、ダメージレベルなどによって適したカラーリング剤が違ってきます。

タイプ別の白髪染め選びのポイントは次の通りです。

一度でしっかり染めたいなら何タイプ?

白髪を一度でしっかり染めたいなら、2剤式のヘアカラータイプを選びましょう。
家庭用のヘアカラータイプの白髪染めにはいくつかの種類があります。

目的に合ったタイプを選ぶ事で、失敗なく白髪を染められるでしょう。
液状タイプは全体染めに最適。

ゆるめのテクスチャーで、髪全体にむらなく伸ばしやすいのが特徴です。
部分染めに向いてるのはクリームタイプ。

適度なとろみがあり液だれしにくいため、気になる白髪にピンポイントで塗布しやすいでしょう。
白髪染め初心者や、あまり器用でない方にオススメしたいのがムース(泡)タイプです。

ワンプッシュで出てくる泡は、狙った場所にしっかり密着してキレイに染まります。
根元や後頭部など、自分では見えにくく塗りづらい場所の白髪もケアしやすいでしょう。

ヘアカラータイプの多くは、余った分を保存しておく事が出来るため使い勝手が良いと言えます。
ただし、ヘアダメージが大きい点には注意が必要です。

ダメージは嫌!髪に優しい白髪染めは?

髪や頭皮に優しい白髪染めをお探しなら、カラートリートメントがおすすめです。
ヘアカラータイプのように髪をブリーチしないで、色素で表面をコーティングする事で白髪を目立たなくします。

しかも、たっぷり配合されたトリートメント成分で、使うたびに髪が美しくなります。
白髪は染めたいけれどダメージは嫌!という方にピッタリの白髪ケアアイテムと言えるでしょう。

また、基本的にジアミン系の薬剤をはじめとする刺激の強い成分は配合されていません。
アレルギー体質の方や、肌の弱い方でも安心して使う事が出来ます。

発色が穏やかなため、繰り返し使う必要があるわけですが、毎日でも使えるほど髪に優しい成分で作られているので問題がありません。
白髪染め特有のツンとしたニオイもなく、家庭で快適に白髪染めが出来るでしょう。

見つけた白髪を今すぐケアするなら?

ふと鏡を見てびっくり!染め残しや、目立つ位置にぴょんと飛び出した白髪が…。
そんな、見つけた白髪を今すぐケアするなら、マスカラタイプの白髪染めが便利です。

マスカラタイプは、気が付いた時にさっと白髪を隠す事が出来る、大変ありがたいアイテムと言えるでしょう。
短いブラシの付いたマスカラタイプの他、スティック型もあります。

生え際やもみあげなど、やや広いスペースをカバーするなら、ファンデーションタイプが簡単。
家庭での使用はもちろん、コンパクトなのでバッグに入れておけば外出中も安心です。

白髪染めの色の選び方

家庭の白髪染めは色の選び方も大きなポイントになります。
白髪の量やご自分の髪質に合わせた色を選ぶ事で、よりキレイに白髪を染める事が出来るのです。

一般的に、髪質が柔らかい方やネコっ毛の方は発色が良くなります。
そのため、明るいトーンに染めたいなら好みの色を選ぶと良いでしょう。

逆に、暗いトーンに仕上げたい場合は、暗くなり過ぎるおそれがあるため、ワントーン明るめを選ぶのが無難。
一方、太くてしっかりした髪質の場合は、染まりが悪くなりがちです。

暗いトーンが希望なら好みの色、明るくしたい時はワントーン明るい色を選ぶ事をおすすめします。
なお、白髪の量が多い場合は白髪が沈んで見えるような色は避け、やや明るめを選ぶと良いでしょう。

部分白髪を染める時は、そこだけが浮かないように、やや暗めのカラーを選ぶのがポイントです。

男性用と女性用の白髪染めの違いは?

家庭用の市販の白髪染めには男性用と女性用がありますが、厳密な違いがあるわけではありません。
実は、配合成分や染め方に大きな差はなく、どちらを選んで使用してもOKなのです。

もちろん、夫婦やご家族で共用する事が出来ます。
男性用女性用の主な違いは、香りとカラーナインナップでしょう。

レディース用は、アロマやハーブ系の優しい香り付きの商品が多く、カラーも豊富に揃います。
これに対して、メンズ用は無香料タイプが多く、カラーバリエーションは少な目です。

また、髪の短い男性用は液だれしにくいクリームタイプが中心。
早染め商品も充実しているのが特徴です。

こうした違いを知り、お好みや使い勝手に合わせて選ばれると良いでしょう。

家庭でキレイに染まる!おすすめの白髪染め3選

家庭でキレイに染まるおすすめの白髪染め3選

髪は毎日少しずつ伸びてくるため、白髪染めは繰り返し使い続ける必要があります。
しかも、長い方なら使用期間は30年以上にもなります。

そう考えると、出来るかぎり髪や頭皮への負担・ダメージが少ないカラーリング剤を選びたいものです。
「でも市販品は種類が多すぎてどれが良いのかわからない!」という方のために、おすすめの白髪染め3選をご紹介します。

どれも、髪に優しく家庭で簡単&キレイに染まる商品ばかりです。

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

白髪染めカラートリートメントと言えば「利尻ヘアカラートリートメント」が、まず思い浮かぶという方が多いかもしれません。
2009年の販売開始以来、変わらぬ人気商品です。

長きに渡って愛される理由は、発色と色持ちの良さでしょう。
1回目からしっかり色が入るのが、利尻ヘアカラートリートメントの特徴です。

乾いた髪にも濡れた髪にも使用可。
家庭で染めても失敗なく、キレイに白髪が染まります。

また、利尻昆布エキスと植物由来のトリートメント成分が優しくケア。
しっとりツヤツヤ、まとまりのある美しい仕上がりになると評判です。

無香料のため、女性だけでなく男性の愛用者も多く人気があります。

マイナチュレ

マイナチュレ白髪用カラートリートメント

2018年3月に発売されたばかりの新しいカラートリートメント、マイナチュレ。
一時は品薄になるほどの人気ぶりでした。

マイナチュレはこれまでにない「オールインワンタイプの白髪染め」です。
エイジングケア・スカルプヘア・ ヘアケアが一度に出来るというコンセプトが新しい!

まるで、家庭で白髪染めと同時にヘアエステが受けられるようなものですね。
他の2商品と比べるとやや価格が高めですが、1本で3役の働きをする事を思えば、かえってお得感があるかもしれません。

マイナチュレには、44種の植物由来の美髪成分がたっぷり94%も配合されています。
しかも、髪や頭皮に優しいのに白髪が染まりやすい処方になっているのも、ポイントが高いと評判です。

ルプルプ ヘアカラートリートメント

ルプルプ ヘアカラートリートメント

最後にご紹介するのがガゴメ昆布エキス配合のカラートリートメント、ルプルプです。
昆布に含まれる成分であるフコダインを2種類使った「wフコダイン処方」が特徴。

フコダインは、強力な保湿力と優れた自己修復作用を持っています。
これによって髪や頭皮がしっかり潤い、頭皮環境が整うのです。

また、フコダインは毛母細胞に働きかけ、育毛効作用がある事がともわかっています。
つまり、ルプルプは白髪ケアだけでなく、美髪効果+育毛効果も期待できる家庭用の白髪染めと言えるでしょう。

リニューアルして染まる力が20%アップして、よりキレイに白髪が染まるようになりました。
もちろん安心の無添加処方。

オレンジやラベンダーオイルのアロマの香りも好評です。

家庭で白髪染め!染め方とコツ

家庭で白髪染めする際の染め方とコツ

さて、家庭で白髪染めを成功させるためには、白髪染め選びの他にもちょっとしたコツがあります。
上手に白髪を染める3つのポイント、染めた髪をキレイな状態でキープする方法をお教えしましょう。

上手に白髪を染める方法とは?

せっかく染めるなら、上手に白髪を染めたいものです。
市販の白髪染めは、基本的にどなたが使ってもしっかり染まり、失敗が少ないように作られています。

とは言え、白髪染めの特性を知り、効果を高めるような使い方をすれば、よりキレイに染める事が出来ます。
家庭で上手に白髪を染める方法のポイントは次の3つです。

1.適温で使用する

白髪染めは温度が高いほど染まりが良くなります。(基準室温は20~30℃)
寒い季節など、室温が低い時はお風呂場を適温に温める工夫をしましょう。
シャワーキャップの利用も良い方法です。

2.量はたっぷり

染料はケチらずたっぷり使用しましょう。
生え際や分け目など白髪が目立ちやすい場所から塗り始め、量を多く使用するのがポイントです。

3.放置時間

髪質や染まり具合によって放置時間を調整しましょう。
染まりにくい髪質や白髪が多い方はやや長め、染まりやすい方は5分ほど短めに放置して、一度様子を見ます。

白髪染めした髪をキレイに保つコツ

白髪染め後の色落ちを防ぎ、色持ちを良くするにはどうしたら良いのでしょうか。
白髪染めをした髪をキレイに保つコツも3つあります。

家庭で簡単に出来る事ばかりですので、ぜひお試し下さい。

1.pHのコントロール

髪がアルカリ性に傾くとキューティクルが開き、隙間から染料が流出してしまいます。
これにより色落ちしやすくなるため、弱酸性のシャンプーやリンスで髪のpHをコントロールしましょう。

2.キューティクルのケア

キューティクルが剥がれやダメージも染料の流出の原因となります。
髪が濡れた状態のキューティクルはデリケート。
ゴシゴシとタオルドライする・乱暴なブラッシング・濡れたまま寝てしまうのは厳禁!
髪はドライヤーの温度に気を付けながら、速やかに乾かしましょう。
アフターバストリートメントもおすすめ。

3.色素ケア

染料の変色や破壊は髪の退色を招きます。
色素を守るために、帽子や日傘で紫外線対策をしっかりして下さい。
また、プールの塩素も色落ちを早めるので、泳いだ後は丁寧に髪を洗います。
パーマと白髪染めの相性が悪いので注意、なるべく間隔を開けるようにしましょう。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪染めと家庭のまとめ

白髪染めと家庭のまとめ

家庭で行うセルフカラーは、時間とお金の節約に繋がります。
失敗しないでキレイに染めるポイントは、白髪の量や髪質に合った白髪染めを選ぶ事です。

おすすめは、髪や頭皮に優しく安心して使えるトリートメントタイプの白髪染め。
全体染めもリタッチもOK!色々な使い方が出来て非常に便利です。

白髪染めとヘアケアが同時に行えて、使うたびに美髪効果が期待出来るのも魅力的。
中でも、当サイトおすすめの利尻ヘアカラートリートメント、マイナチュレ、ルプルプの3つはバランスも良い商品となっています。

これまでお使いの白髪染めがちょっと不満だった方はもちろん、どれが良いのか迷っていたり、失敗が怖くてためらっていた方にもオススメです。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。