白髪染めの頻度

30代半ばを過ぎる頃から白髪を気にされる方が増えてきます。

白髪があると老けて見えたり、だらしない印象を与えてしまう事も少なくありません。
そのため、30代後半になると白髪染めなどでお手入れをする方が多くなってきます。

しかし、綺麗に染めてもすぐにまた根元や生え際の白髪が目立ち始めるのが困りものです。
こうした理由から、短い間隔で繰り返し白髪を染めていらっしゃる方も多いようです。

では、白髪染めをかなりの頻度で使用する事に問題はないのでしょうか?

こちらでは、白髪染めが髪や頭皮に与える影響や、年代別の最適な使用頻度についてお話したいと思います。
また、白髪を綺麗に染める方法・長持ちさせるコツについてもご紹介します。

白髪染めの頻度でお困りの方へ

いつまでも若々しくありたい!そう思う方にとって、白髪は大いに気になる問題です。
見た目が全てではないとはいえ、やはり白髪が目立つかどうかは、見た目年齢を大きく左右してしまいます。

そんな白髪をしっかりカバーしてくれる、白髪染め剤は頼もしい存在と言えるでしょう。
しかし、伸びてくる根元の白髪をケアしようと思うと、頻繁に毛染めを行う必要があります。

一般的に、白髪染めなどのヘアカラーは刺激が強く、髪や頭皮を傷めやすいと言われています。

髪や頭皮のダメージは心配だけど、伸びてくる白髪は気になる。
どのくらいの頻度で白髪染めを使うのが理想的なの?

こんなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

そこで、白髪染めを行うベストな頻度、髪や頭皮を傷めずに白髪を目立たなくする方法についてまとめました。
白髪染めの頻度でお困りの方はぜひ参考になさって下さい。

白髪染めの頻度が髪と頭皮に与える影響

白髪染めの頻度が髪と頭皮に与える影響

白髪染め剤は、キューティクルを開いて髪の内部に染料を浸透させるため、一度でしっかり白髪が染まります。
しかし、こうした化学反応による刺激で、髪や頭皮は大きなダメージを受ける事になるのです。

また、キューティクルが開いた状態では、髪の水分やタンパク質など内部の成分が失われやすくなります。
髪がパサついたり、切れ毛・枝毛などの原因となるだけでなく、次第に髪が細く痩せてしまう恐れもあります。

白髪染めによる強い刺激が、薄毛や抜け毛・白髪の増加など髪の老化を招くとも言われており、その影響は深刻です。

つまり、白髪が気になるあまり、高い頻度で白髪染めを繰り返す事は、髪や頭皮を傷める事に繋がります。
実際、一般の白髪染め剤のパッケージには、「再び使用する場合は1週間以上経ってから毛染めを行って下さい」というような記載があります。

白髪染めの頻度、みんなの平均はどのくらい?

では、周りの皆は、どの位の頻度で白髪染めを行っているのでしょうか?
白髪の量や使用する白髪染め剤の種類によって違いがありますが、平均すると2ヶ月に1度程度白髪を染める方が多いようです。

全体染め、部分染め、美容室、セルフケア、いくつかの方法の併用など、白髪染めにも色々な方法があります。
しかし、どの方法で白髪を染めても、約3週間で生え際や根元の白髪が目につき始めるのではないでしょうか?

個人差はありますが、人の髪は1月に1cm程度伸びると言われています。
よって、根元の白髪が目立ち始める頃を目安に、白髪染めを行うという方が大半なのでしょう。

なお、髪の表面のみを染めるヘアマニキュアタイプの白髪染めは、一般の白髪染め剤と比べると色落ちが早いため、使用頻度はもう少し高くなります。

髪や頭皮を傷めない!年代別・ベストな白髪染めの頻度・間隔とは?

年代別・ベストな白髪染めの頻度・間隔

このように、白髪染め剤は髪や頭皮にダメージを与えます。
伸びてきた白髪をこまめに染めたい所ですが、高い頻度で繰り返し使用する事はオススメ出来ません。

では、髪や頭皮を傷めないで白髪を染めるには、どのくらいの間隔を空ければ良いのでしょうか?
一般的に、髪と地肌の健康を損なわないためには、「2ヶ月に1度の全体染め、3週に1度の部分染め」が理想的な頻度と言われています。

とはいえ、白髪の量や地毛の色合い、髪の伸びるスピードなどは個人差があり、白髪が目立ち始めるタイミングも異なります。
また、年代によっても白髪染めを行う頻度に違いがあるでしょう。

髪や頭皮のダメージと染まり具合のバランスが良い、ご自分にとってベストな頻度で白髪染めを行う事が一番大切です。

50代以上の方の白髪染め頻度

白髪の割合は多くなりますが、髪の伸びるスピードが穏やかになってくる50代。
これまでと比べると、根元や生え際の白髪が目立ちにくくなってきます。

そのため、部分染めの頻度は減る傾向にあるでしょう。
また、年齢を重ねていくことでしっかり染めるというより、白髪を活かしたヘアースタイルや髪色を楽しまれる方も増えてきます。

よって、50代以上の方でしたら「2~3ヶ月に1度の全体染め、1ヶ月に1度程度の部分染め」で、美しい状態をキープ出来るのではないでしょうか。

40代・アラフォー女性の白髪染の頻度とは

白髪に関するお悩みが最も多いのが40代の方かもしれません。

一般的に、30代半ば過ぎから白髪が気になりだすと言われています。
その白髪が徐々に増えてきて、頭頂部やもみあげ、うなじなどの白髪が目立ち始めるのがこの世代です。

年齢的にお若いこともあり、生え際の白髪やかたまってある白髪が気になって仕方がない!という方も多いようです。
しかし、髪や頭皮のダメージを考えると、伸びてくる白髪を毎月のように染めるというのはいただけません。

40代の方には「2ヶ月の全体染め」がオススメの頻度です。
気になる生え際や根元は、美容室または自宅でのリタッチ・部分染めで対応するのがベストでしょう。

30代に最適な白髪染め頻度

体質や遺伝によって、30代でも白髪が気になるという方もいらっしゃいます。
早くから白髪が目立ち始めるため、つい高い頻度で白髪染めを行いがちですが、気を付けるべき事があります。

白髪は自然になくなる、あるいは黒髪に戻るという事はないと考えられています。
若いうちから白髪を染める方は、この先、非常に長い期間に渡って白髪染めを使用し続ける事になるでしょう。

先程もお話した通り、白髪染めには髪や頭皮を傷める成分が含まれています。
よって、短い間隔で繰り返し使用する事は避けるべきでしょう。

また、髪や地肌に優しい白髪染め剤を選ぶ事が重要になります。
一般の白髪染め剤だけでなく、髪を傷めないカラートリートメントの利用も選択肢の一つと言えます。

白髪染めは美容院?自宅?頻度とメリット・デメリット

白髪染めは美容院か自宅、頻度とメリット、デメリット

白髪染めを行うのに、美容院と自宅のセルフケアのどちらが良いのか迷われた事はありませんか?
最適な頻度は?髪や頭皮に優しいのはどっち?
コストの面ではどうなの?など、それぞれのメリットとデメリットについて考えてみましょう。

美容室・サロンで白髪染め、全体染め・リタッチの頻度は?

美容室で白髪染めを行うメリット・デメリットは次の通りです。

メリット

  • セルフケアでは難しい部分(後頭部やうなじなど)まで染め残しがない
  • ムラ染めの心配がなく美しい仕上がり
  • 髪質や髪色に合わせた薬剤を使用するためダメージが少ない
  • 準備と後片付けの手間が省ける
  • リタッチ、部分染めもOK

デメリット

  • 費用が割高(1万円前後)
  • 予約する手間が必要
  • 施術に時間が掛かる

美容室で白髪染めをした場合、費用は高くなりますがダメージも少なく綺麗に染め上がります。

反面、予約を取りサロンまで出かける手間と、数時間の施術時間が必要となります。
白髪が気になって今すぐ染めたい!と思ったとしても、実際には難しい場合も多いのではないでしょうか?

また、いくらプロが適切に選んだ白髪染め剤を使用するとはいえ、ノーダメージというわけにはいきません。
よって、全体染めは2ヶ月に1回程度にとどめるのが良いでしょう。

伸びてきた根元の白髪についてはリタッチで対応するのがオススメです。
全体染めと比べて、髪や地肌の負担が少ない部分染めですが1ヶ月に1回の頻度が理想と言えます。

市販・通販の白髪染めできれいに染める!理想的な頻度とは

市販・通販の白髪染めを使用して、自宅で毛染めを行うメリット・デメリットは次の通りです。

メリット

  • 毛染め剤を購入するだけなので費用が安い
  • 自宅で好きな時に白髪染めができる
  • 美容室に行くためのコストや時間が節約できる

デメリット

  • ムラや染め残しが起こりやすい
  • 髪や頭皮にダメージを与える可能性がある
  • 毛染めの準備と後片付けなどに手間がかかる

ドラッグストアや通販などで市販されている毛染め剤を購入するだけで、気になった時にいつでも白髪染めが出来るのがセルフケアの利点でしょう。
理想的な頻度である「2ヶ月に1度の全体染め、3週間に1度の部分染め」を行った場合、美容室で白髪を染めるより、格段にコストが抑えられます。

しかし、仕上がりの満足度についてはやはりプロにはかないません。

また、誰でも失敗なく染められるように、市販の白髪染めの成分は強めに作られている事がほとんどです。
このため、高い頻度で使用すると、髪や頭皮にダメージを与える恐れがある点にも注意が必要でしょう。

現在、様々なタイプの白髪染めが販売されています。
自宅で白髪染めを行う場合は、髪や地肌に優しい染料を選ぶようにしましょう。

白髪染めを長持ちさせる方法

白髪染めを長持ちさせる方法

毛染め後に綺麗な状態を保つ事は大きな意味を持ちます。
白髪染め後、白髪が目立たない状態をなるべく長くキープすることで、高い頻度で毛染めを行う必要がなくなるのです。

白髪染めを長持ちさせる方法・コツには次のようなものがあります。

染め時間を守る

ダメージを最低限にするためにも放置時間は守りましょう。

専用シャンプー

白髪染め用のシャンプーを使用することでキューティクルを引き締め、色落ちしにくくなります。

洗い流さないトリートメントがオススメ

補修効果の高い洗い流さないトリートメントでダメージをケアしましょう。

ドライヤーの温度

毛染め後の髪はデリケートなためドライヤーは低温で髪から離す。

退色や変色の防止

紫外線やパーマ液、プールの水に含まれる塩素などは色落ちの原因となります。
帽子や日傘を利用したり、泳いだ後は髪をしっかり洗います。

また、根元の白髪を目立たせない工夫をする事も良い方法です。
例えば、白髪に近い明るい色を選ぶ、生え際や分け目が隠れるような髪型にすると、毛染めの頻度を減らす事が出来ます。

カラートリートメントで白髪染めの頻度を減らせる?

もう一つ、白髪染めを長持ちさせるオススメの方法があります。
それは、カラートリートメントを一般の白髪染め剤と併用する事です。

ルプルプや利尻などのカラートリートメントは、白髪染め剤で染めた後の退色や、伸びてきた白髪を自然にカバーしてくれます。
白髪染め剤でダメージを受けた髪をケアしながら、白髪を目立たなくする点も優秀と言えるでしょう。

また、新しく伸びてきた白髪に徐々に色が入るため、違和感なく美しい状態をキープする事が出来ます。
つまり、カラートリートメントの使用によって、全体染めや部分染めの頻度を減らす事が出来るのです。

カラートリートメントは、美容室や自宅で白髪染めを行った後のつなぎ・リタッチとしても利用が可能です。
もちろん、気になった時にすぐに染められる白髪染めとしても使用でき、使い勝手が良いのも特徴と言えます。

白髪染めの頻度のまとめ

白髪染めの頻度のまとめ

白髪染めは少なからず髪や頭皮にダメージを与えます。

個人差はありますが、「全体染めは2ヶ月に1度、部分染めは3週間に1度」が理想的な白髪染めの頻度とされています。
しかしながら、髪質や傷みぐあい、ライフスタイルなどを考慮する必要もあります。

髪のダメージを最小限に抑えながら、白髪を綺麗に染める事が出来る間隔。
それがあなたにとっての最適な白髪染めの頻度と言えます。

見た目年齢を大きく左右しかねない白髪。
リタッチや、髪をいたわりながら白髪を染めるカラートリートメントなどを上手に利用して、ダメージのない美しい髪を保ちましょう。


【白髪染めのオススメ2選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。