白髪染めと茶色

「白髪が気になり始めたし、白髪染めを使った方が良いのかな?」
「白髪染めだと明るい茶色にはならないと聞いたことがある」
「おしゃれ染め(黒髪用ヘアカラー)では、白髪は染まりにくくて困ってしまう」

こうしたお悩みをお持ちの方が多いようです。

では、本当に白髪染めでは白髪を茶色・茶髪に染められないのでしょうか?
こちらでは、白髪染めで明るい茶色に染まらないと言われる原因や、その対処法についてお話したいと思います。

白髪染めで明るく染めるために出来る事や、しっかり染めるコツもご紹介しますので参考にして下さい。

白髪染めで綺麗な茶色にしたい!無理なの?

白髪をカバーするために、白髪染めや根元のリタッチを繰り返していると、髪色は暗くなりがちです。

白髪染め剤を使用すれば、もちろん白髪は目立たなくなります。
しかし、これまでおしゃれ染めで明るい髪色を楽しんでいた方にとっては、暗い色が物足りなく感じる事もあるのではないでしょうか?

また、暗いトーンの髪に飽きてしまったので、茶髪にしてイメージチェンジしたい!と思われる方もいらっしゃる事でしょう。

白髪染め剤は染める力が強いため、一度しっかり染まると色落ちしづらい性質を持っています。
そのため、白髪染めで暗いトーンに染まった白髪を、茶色の白髪染めで明るく染め直すのは難しいと言えます。

白髪はしっかり染めたい。
でも、髪全体は綺麗な茶色にしたい!というのは無理な話なのでしょうか?

白髪染めで黒髪を茶色にする事は出来る?

白髪染めで黒髪を茶色にする事は出来る

髪色を明るくするために、白髪染めで黒髪を茶色く染める事は出来るのでしょうか?
結論から言うと、そのままでは難しくなります。

一般的なオシャレ染めカラーと同じく、白髪染めにも脱色作用があります。
しかし、どちらかと言うと、白髪に色を入れる事が重視されています。

そのため、茶色の白髪染めを使ったとしても、黒髪はうっすら明るく見える程度で大きな変化はありません。
白髪染めで黒髪部分を茶色く染めたい場合は、一旦おしゃれ染めで明るい色に染めるか、ブリーチをする必要があるでしょう。

一方、個人差はありますが、白髪は白髪染め剤で茶色・茶髪に染める事が出来ます。
ではなぜ、白髪は茶色など、明るい色に染まりにくいと言われるのでしょうか?

白髪染めで白髪が茶色く染まらない原因は?

白髪染めは、白髪を暗いトーンに染める事で、黒髪(あるいは地毛)の色になじませます。
つまり、白髪を染めれば、ある程度、髪色が暗くなる事は避けられないのです。

全ての髪が白髪であれば問題ありません。
しかし、多くの方は黒髪と白髪が混在している状態で白髪染めを行うはずです。

そのため、白髪染めで茶色に染めようとすれば、次のような矛盾が生じてしまいます。
「白髪を暗くする」と「黒髪を明るくする」この2つを両立させる必要が出てくるのです。

白髪をしっかり染めれば、黒髪は明るく仕上がりません。
反対に、黒髪を茶色に染めようとすれば、白髪は染まりにくくなります。

こうした事が、白髪染めで白髪が茶色く染まらないと言われる原因と考えられます。

美容院で白髪染めで明るい茶色は難しい?

美容院で白髪染めで明るい茶色は難しい

美容院で白髪染めをする際に、茶髪・明るい茶色を希望しても「難しい」と断られる事が多いようです。

ただし、白髪が少なく部分的にかたまってあるような場合は、対応が可能かもしれません。
カットで白髪を上手にカバーした上で、ヘアカラーで明るい色に染める事が出来ます。

しかしながら、そのようなケースは稀で、実際は白髪も黒髪もある状態の事がほとんどでしょう。
よって、白髪を染めるためには、どうしても暗いトーンで染めざるを得ないのです。

それでも明るい色に染めたい場合は、黒髪(地毛)を脱色してから白髪染めをするしかありません。
こうした施術は髪に大きなダメージを与える事から、美容室ではあまり積極的に行われないのです。

白髪染めと黒髪用カラーで白髪が茶色く染まる?

こうした脱色・ブリーチによるリスクを軽減する方法として挙げられるのが、白髪染めとおしゃれ染めのダブルカラーです。

白髪部分には白髪染め剤を、黒髪にはおしゃれ染めを用いる事で、全体を明るめの茶色に染める事が出来ます。
ただし、元々同時に使うように作られているわけではない2種類の毛染め剤を扱うのは、非常に難しい作業です。

白髪染めで染めた部分とおしゃれ染めで明るいトーンにした部分が、自然なグラデーションになるように仕上げる必要があります。
染め上がりをイメージしながら、白髪染めとおしゃれ染めを丁寧に塗り分けるテクニックはプロならではと言えるでしょう。

知識と経験のない一般の方が、安易にセルフで行う事はオススメ出来ません。

白髪染めはどのくらいで色落ちするの?防ぐ方法は?

白髪染めの染毛力は強力なため、一度染まった白髪は色落ちしにくいとされています。
もちろん、全く色落ちしないというわけではありません。

一般的に、暗いトーンで染めると比較的長持ちすると言われています。
それに対して、明るい色で白髪染めをすると、早ければ2週間で色落ちしてしまう場合があります。

明るい茶色に染めた場合、個人差はありますが、1ヶ月から1月半で完全に色落ちすると言われています。

特に色落ちしやすいのが、ブリーチ後に白髪を染めたケースです。
きれいな状態を長く保つためには、極力地毛に近いトーンで白髪を染めると良いでしょう。

ただ、美容院で白髪染めしても色落ちは避けられません。
最近は、しっかり染まる白髪染めが市販されています。

そのため、上手に利用して費用と時間を節約するのも一つの方法です。

市販・通販の白髪染めで茶色に染められる?

市販・通販の白髪染めで茶色に染められる

「白髪染めを繰り返すと髪が黒くなって重い印象になる」
以前から、いかにも真実のようにこう言われ続けていますが、本当にそうなのでしょうか?

確かに昔はそうした側面がありました。
しかし、現在は研究開発が進み、白髪を茶色に染められる白髪毛染め剤が市販されています。

とは言え、明るいトーンになればなるほど、白髪にしっかり色を入れるのが難しくなるのも事実です。
白髪をきちんとカバーしたければ、やや低めのトーンの白髪染め剤を選ぶようにしましょう。

では、白髪を茶色に染めたい場合は、どのようなタイプの市販・通販の白髪染め剤を使うのが良いのでしょうか?

白髪染めカラーで茶色・茶髪はブリーチが必須?

白髪染めカラーは、おしゃれカラーと比べると脱色力が弱く、染める力は強く作られています。
このため、ブラウン系の白髪染めを使っても、黒髪は思ったほど明るく染まらないという事態が起こりがちです。

ただし、仕上がりは白髪の量や髪質によって左右されます。
白髪の量が多めであったり、染まりやすい髪質の方は、白髪染め剤でも明るい茶髪に仕上げる事が可能です。

一方、白髪が少ない方の場合は、黒髪が明るいトーンになりにくいため、どうしても暗めの染め上りになってしまうでしょう。
また、白髪染めで一度暗く染めた髪も、同じ理由から茶色に染め直す事が難しくなります。

それでも明るい茶色に!という方は、髪をブリーチする必要があります。
しかし、髪のダメージは避けられません。

白髪染め・ヘアマニキュアで茶色に染まる?

ヘアマニキュアは、髪の表面をコーティングするように色素を付着させる毛染め剤です。

白髪染めカラーやおしゃれ染めと違い、髪の内部に染料を浸透させるわけではありません。
つまり、黒髪をしっかり明るい色に染める事は出来ず、白髪部分にのみ色が入ります。

そのため、白髪と黒髪が混在している状態では、ヘアマニキュアのみで茶色に染め上げる事は難しいでしょう。

おしゃれ染めで髪全体を明るいトーンに染めた後で、ブラウンのマニキュアを使用すれば、茶色に染める事が出来ます。
しかし、ヘアマニキュアは色落ちしやすく、シャンプーの度に少しずつ退色していく点に注意が必要です。

白髪染め・ヘナで茶髪になる?

ヘナは髪や頭皮に優しい、植物由来の毛染め剤です。

化学物質など刺激の強い成分を含まないため、髪にダメージを与える事はありません。
しかし、髪質や髪色によって、染め上がりには個人差があります。

発色には個人差がありますが、へナで染めると白髪は明るいオレンジ色になる事がほとんどです。
茶髪にしたい場合は、インディゴを重ね染めする事でブラウンに近づけていきます。

ただ、天然の物だけに細かな色味の調整は難しいでしょう。
そのため、好みの茶髪になるかどうかは、試してみないと分からないのが難点です。

白髪染め・カラートリートメントで茶色に染まるの?

カラートリートメントには、脱色作用がありません。
髪の表面やキューティクルに色素を付着させる事で、少しずつ色が入っていくタイプの白髪染め剤です。

一度でしっかり茶色に染まるとは言えません。
しかし、ゆっくり染まっていくので、セルフで行っても失敗しにくいメリットがあります。
また、髪色を確認しながら好みの茶髪に仕上げる事が出来ます。

特に、白髪が多めの方はカラートリートメントを使用する事で、綺麗な茶色に染まりやすいと言えます。
ルプルプや利尻など市販・通販のカラートリートメントは、色も豊富に揃っているので、お好きなカラーを選びやすいでしょう。

カラートリートメントは、低刺激で髪や頭皮を傷めません。
そのため、髪のダメージを心配する事なく毎日使う事が可能です。

白髪染めで綺麗な茶色に染める方法

白髪染めで綺麗な茶色に染める方法

では、白髪染めで綺麗な茶色に染めるには、どうしたら良いのでしょうか?

色の選び方やオススメの白髪染め、気を付ける点などについてお話します。
また、明るい色でもしっかり染めるコツ・長持ちさせる工夫についてもご紹介したいと思います。

白髪染めで白髪を茶色に!色の選び方は?

一口にブラウン系と言っても、様々な色味の白髪染めが販売されています。

初めて茶色に染める方にオススメなのは、自然で違和感のない仕上がりのナチュラルブラウンです。
また、イエロー系ブラウン(ゴールドイエロー、ハニーブラウンなど)も、日本人の肌に良く映えます。

この他にも、顔を明るく見せたい方には、赤みのあるオレンジ系やピンク系ブラウンをオススメします。
お洒落なイメージで人気のアッシュ系ブラウンは、場合によっては顔がくすんで見えてしまう事があり、やや難しいカラーです。

なお、白髪が多い方は、思った以上に明るい茶色に仕上がるため、ワントーン暗い色を選ぶと良いでしょう。
反対に、染まりにくい髪質(太くて硬い、健康毛)の方は、希望の色より明るめのカラーを選びましょう。

白髪を茶色に染めたい男性(メンズ)にオススメの白髪染めは?

白髪を茶色く染めたい男性にオススメしたい白髪染めは、ダークブラウンのカラートリートメントです。

白髪染めと聞くと、真っ先に浮かぶのはブラックと言う方が多いかもしれません。
しかし、髪の短い男性がブラックの白髪染め剤を使うと、黒すぎて不自然な仕上がりになりがちです。

その点、ダークブラウンでしたら地毛に近い色味で、ナチュラルな染め上がりが期待出来ます。
少し冒険して、もうワントーン明るい茶色に染めるなら、ライトブラウンがピッタリでしょう。

利尻やルプルプなどのカラートリートメントは、特別な準備が必要ありません。
お風呂場で気軽に白髪染めが行えるため、面倒なことが苦手という男性の愛用者も多いようです。

明るい茶色の白髪染め・しっかり染めるコツは?

明るい茶色の白髪染めの中で、最初から一番色が入るのは白髪染めカラーです。
ただし、刺激が強いため、短期間に繰り返し使用すると髪や頭皮にダメージを与えます。

そこでオススメなのが、髪を傷めないカラートリートメントです。
最近は、黒以外にも明るい茶系のカラーが充実しています。

カラートリートメントは、ゆっくり色が入ると言われています。
しかし、次のような工夫をする事で、綺麗な茶色に染める事が可能です。

  • 乾いた髪に使用する
  • しっかり染めたい場所を中心にたっぷり塗布する
  • ラップや蒸しタオルで保温と保湿をする
  • 放置時間を長めに取る
  • 洗い流す際にシャンプーを使用しない

また、普段からノンシリコンのシャンプーを使ったり、髪を傷めない事で色持ちを良くする事が出来るでしょう。

白髪染めと茶色・茶髪のまとめ

白髪染めと茶色・茶髪のまとめ

白髪の量や髪質によって違いはありますが、白髪染めで茶色・茶髪に染める事が出来ます。

美容室で染める他、市販・通販の白髪染め剤でセルフカラーも可能です。
なお、明るい茶髪にしたい場合や、白髪染めで暗いトーンに染めた髪の場合は、ブリーチが必要なケースもあります。

ブリーチによるダメージはもちろん、白髪染め剤にも刺激の強い成分が含まれています。
よって、こうした白髪染めを度々使用すると、髪をひどく傷めてしまうでしょう。

その点、ルプルプや利尻などのカラートリートメントは、安心安全に白髪を茶色く染める事が出来ます。

染まり方は穏やかですが、低刺激のため毎日使えます。
色味を確認しながら、好みの茶髪に染め上げる事が出来るのもメリットです。


【白髪染めのオススメ2選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。