白髪や若白髪を予防するための方法とは!?

白髪の予防

見た目の印象を大きく左右する白髪。
人は白髪の量によっては、実年齢よりも5歳~10歳は老けて見えると言われています。

ですから、若々しくいつまでも輝きたいと考えている人は、白髪の予防を早いうちから始める事が重要です!
今回は、これから生えてくる白髪を少しでも予防したいと考えている人のために、白髪や若白髪を予防するための方法をまとめてみました。

白髪に負けない頭皮や毛髪を作るための食材やオススメの商品なども紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

白髪は予防できる?白髪が生える原因やメカニズム

白髪は、髪の色に関係するメラニン色素を生成している色素細胞(メラノサイト)の衰えや損傷が原因となって発生します。
では、なぜ色素細胞は衰えたり損傷を起こしてしまうのでしょうか?

その原因は加齢や遺伝、栄養や睡眠の不足、ストレスや紫外線によるダメージなど他にも複数あります。
ですから、白髪を予防するためには、自分の生活習慣や現在の体調面、年齢などを考慮した上で足りない、もしくは改善すべきと思われる部分を判断して対策していく必要があります。

20代の若白髪の原因や予防と対策の方法

20代の若白髪の原因は、ストレスやダイエットによる栄養不足なども挙げられます。
しかし、1番大きい原因と言われているのは、白髪になりやすい体質の遺伝です。

残念ながら、この場合は白髪を予防するのは難しいと言えます。
そのため、白髪になってしまった髪の毛への対処法を優先して考えた方が良いでしょう。

1番の対策としては、気になっても絶対に抜かない!ということ。
なぜなら、白髪を抜いてしまうと頭皮トラブルを起こして、白髪以外の薄毛や抜け毛の原因を作ってしまう事があるからです。

若白髪になってしまった人は、白髪を見つけた時に抜くのではなく、切るか染めるかして対策をしていきましょう。

30代~40代の白髪の原因や予防と対策の方法

30代~40代の白髪の原因は、加齢によるものが大きいのです。
加齢も遺伝と同じように予防する方法が現在の科学では解明されていません。
そのため、やはり切るか染めるかを選んで対策する必要があります。

ただし、生活習慣の乱れや出産や授乳、アルコールの摂り過ぎなどによる一時的な白髪は、原因が無くなる事で改善・予防に繋がる場合もあります。

また、普段から帽子や日傘などで紫外線による頭皮へのダメージを防ぐ事で白髪の予防も出来ます。
そのため、諦めずに対策を打っていきましょう。

白髪と薄毛の原因は違う!予防法に違いはあるの?

よく、薄毛を軽減するために育毛剤を使ったら、白髪が減ったという話を聞くことがあります。
この現象は、白髪と薄毛の原因が同じだから、育毛剤で対策出来たということなのでしょうか?

答えはNOです。
なぜなら、白髪は冒頭でもお伝えした通り、色素細胞の機能の低下によって引き起こされると言われています。
しかし、薄毛は男性ホルモンや頭皮環境の悪化が関係していると言われているからです。

しかし、白髪も薄毛も頭皮の血行不良が原因で発生してしまう場合もあります。
そのため、結果的に血行不良の改善を促す育毛剤や頭皮マッサージによって、白髪も薄毛も予防出来る事があるようです。

頭皮の白髪予防はアンダーヘア(陰毛)の白髪予防にも役立つ

頭皮環境の悪化によって出来る白髪と、アンダーヘアーに出来る白髪の原因は、基本的に同じです。
ですから、頭皮ケアを目的とした生活習慣の改善や血行促進による白髪の予防法は、アンダーヘアの白髪予防にも応用出来ます。

ただし、アンダーヘアの生えている場所は、デリケートゾーンとも言われています。
頭皮と同じように育毛剤などを使ってしまうと、刺激が強過ぎる場合もあります。
そのため、使用前には必ず注意事項をよく読み、違和感を感じた時にはすぐに使用を中止しましょう。

白髪の予防・改善に役立つ食べ物や食材には黒ゴマや昆布が良い!?

白髪の予防・改善に役立つ食べ物や食材には黒ゴマや昆布が良い

昔から、黒ゴマや昆布は黒髪を保つのに良いと言われています。
実際に2つの食材について調べてみたところ、以下のように白髪と関係している栄養素が含まれていました。

食品 栄養素
黒ゴマ ビタミンE、セサミン(ゴマリグナン)、たんぱく質、食物繊維など
昆布 ヨード、ミネラルなど

黒ゴマは、老化防止に役立つ栄養素が多く含まれています。
そのため、頭皮のアンチエイジングができ、加齢による老化を予防・対策できる可能性があります。

また、昆布には色素細胞を活性化させてくれるヨードや、メラニン色素の原料になるミネラルも含まれています。
そのため、白髪の予防には役立つ食材だと言えるでしょう。

白髪の予防には亜鉛・ビタミン(ビオチン)の栄養素を摂取しよう

白髪や毛髪に関係している栄養素は数多くあります。
しかし、中でも亜鉛・ビタミン(ビオチン)の働きは知っておいた方が良いでしょう。

栄養素 概要
亜鉛 生牡蠣や豚肉のレバーに多く含まれています。

亜鉛と白髪のメカニズムはハッキリ解明されてはいません。
しかし、白髪は亜鉛の量が少なく、黒髪は亜鉛の量が多い傾向があります。

また、亜鉛の抗酸化作用は、白髪の原因の1つである過酸化水素を除去するのにも役立つと言われています。

栄養素 概要
ビタミン(ビオチン) 牛レバーやピーナッツに多く含まれています。

ビタミンの中でも、特にビオチンは皮膚や髪の健康と深く関係するため、白髪の改善に役立つとも言われています。
白髪対策のサプリメントには、ビオチンが含まれていることも多いようです。

白髪の予防に役立つ17型コラーゲンは食事からとっても増えない!?

アメリカの科学誌サイエンスで、17型コラーゲンが不足すると、抜け毛や白髪が増加するという研究結果が発表されました。
17型コラーゲンは、毛を作るために必要な毛包幹細胞内にあります。
すぐ隣に存在する髪の色を作り出す色素細胞にも影響を与えるため、白髪を予防するためには必要なタンパク質だと言えます。

しかし、現段階では17型コラーゲンを食事から摂取しても、体内では増加しないと言われています。
人工的に摂る方法も見つかっていないので、17型コラーゲンを意図的に増やすのは難しいようです。

ですから、今後の白髪予防のためにも、17型コラーゲンについての研究の動向は、しっかりとチェックをしておいた方が良いでしょう。

白髪予防を目的としたサプリメントの選び方とは?

先述した通り、白髪に関係する栄養素は数多く存在するため、食事だけから白髪を予防する栄養素を全て摂取するのは難しいでしょう。
ですから、白髪用のサプリメントを取り入れると、食事では足りない栄養素を効率よく補給できます。

サプリメントを選ぶポイントは、以下のとおりです。

  • 白髪に関係する栄養素を複合的に配合してくれている
  • 添加物が少ない
  • 信頼度の高いメーカー(お客様サポートの対応や歴史)

ちなみにブラックサプリEXや黒ツヤソフトなどは、白髪に良かったという口コミが目立っているようでした。

白髪予防・改善に繋がるシャンプーの選び方

白髪予防・改善に繋がるシャンプーの選び方

白髪を予防するためには、頭皮のケアをしながら優しく洗い流してくれるタイプのシャンプーを選ぶのがオススメです。
具体的には、髪を痛めたり洗浄力が強すぎる危険のあるシリコンや石油系のシャンプーをやめて、ノンシリコンやアミノ酸(弱酸性)のシャンプーを選ぶと良いでしょう。

中でも、haru黒髪スカルプ・プロやルプルプの薬用シャンプー、白髪を染めながらシャンプーができる利尻のヘアカラーシャンプーなどは白髪予防に最適です。
ちなみに、既に白髪が気になっている人は、シャンプー以外にもルプルプや利尻のヘアカラートリートメントを併用する事で、頭皮や毛髪に負担をかけずに、染めながら白髪の予防や改善が出来ます。

ケラスターゼDSアドジュネスのトリートメントは白髪予防に定評あり!?

ケラスターゼの洗い流さないトリートメントは有名です。
そのシリーズの中に、白髪が気になる人向けの商品があるのを知っていますか?

公式サイトによる販売名は、ケラスターゼDSアドジュネスとされており、頭皮や毛髪のためのトリートメントになっています。
主な成分としては、頭皮をすこやかに保つステモキシジンや、髪の美しさを引き出すAOXセリュラなどが配合されています。
白髪以外にも、育毛効果を期待できるようです。

ただし、ネット上の口コミを見てみると、効果には個人差があります。
白髪が減ったという人も多くいる一方で、抜け毛には効果を感じたけど白髪は変わらなかったという人もいるので、使って様子を見る必要はありそうです。

白髪予防の業界初頭皮クリームは頭皮ケアにオススメ

白髪予防のためには、頭皮のケアも重要なキーワードになってきます。
しかし、化粧水をしたり美容液を付けたり、どこまで頭皮をケアしたら良いのか分からないですよね?

そんな時は、白髪予防の業界初頭皮クリームのDr.TOUHIがオススメです。
なぜなら、Dr.TOUHIは化粧水・乳液・美容液・クリームの成分を凝縮したオールインワンクリームのため、1本あれば頭皮ケアが出来るからです。

さらに、成分も無香料・無着色料・ノンパラベンと、余計な添加物が入っていないので安心して使用出来ます。

白髪を予防してくれる正しいブラッシングケアの方法とは

白髪は頭皮の血行不良によって発生する場合があります。
そのため、正しいブラッシングで頭皮の血行を促進すれば、白髪を予防できる可能性があります。

正しいブラッシングケアの方法は、以下の通りです。

1.ヘアブラシをブラッシング専用のものに変える。※1
2.髪のパサツキをヘアートリートメントやクリームなどで軽減して、静電気や髪の絡まりを軽減する。
3.毛先が絡まっている場所を優しくほぐして、徐々に根元に向かってとかす

※1.ちなみに豚毛・猪毛などは、静電気を起こさず頭皮を傷めにくいのでオススメです。

全体的なポイントは、1日に1~2回ほど毛根や頭皮に負担が掛からないように気を付けながら、力任せにとかさないようにする事です!

アロマ香る精油で頭皮マッサージ(ヘッドスパ)をして白髪を予防しよう

アロマ香る精油で頭皮マッサージ(ヘッドスパ)をして白髪を予防

白髪予防に良いとされる香りを持つ精油は沢山あります。
しかし、頭皮マッサージ(ヘッドスパ)の時に使うキャリアオイルと精油を組み合わせる事で、香りと共に頭皮の血行促進作用を高める事が出来ます。

オススメの精油は以下の通りです。

血行促進 ローズマリー、ゼラニウム、オレンジ・スイート、レモングラスなど
保湿作用 ローズウッド、カモミール、ネロリ、ジャスミン、マンダリンなど
紫外線のダメージ補修 ラベンダー、ローズなど

キャリアオイル(約10ml)と精油(約2滴)を混ぜて、気持ち良いなと感じるくらいの強さで頭皮全体を揉みほぐしてみて下さいね。

体質改善をしてくれる漢方薬と白髪の予防の関係

体質改善をしてくれる漢方薬と白髪の予防の関係

東洋医学(漢方の世界)では、白髪の原因の一つに血液の不足「血虚(けっきょ)」が挙げられます。
血液は体全体に栄養や酸素を運んでくれるので、頭皮に必要な栄養を送るためにも、十分な量を生成出来るようにしておく必要があります。

ちなみに、血虚の人は、髪や爪、肌が荒れやすいや月経量が少ないなどの特徴があるようです。
血虚による体質を改善のためには、漢方薬の当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)や温経湯(うんけいとう)、温清飲(うんせんいん)などがオススメです。

白髪や若白髪を予防する方法のまとめ

白髪や若白髪を予防する方法のまとめ

白髪の原因になり得る要素は沢山あります。
ですから、白髪を予防するためには、生活習慣の改善や必要な栄養素の摂取、頭皮マッサージや体質改善など、多方面から出来るだけ早くアプローチをしていく必要があるのです。

ただし、老化や遺伝が原因の白髪を完全に食い止める方法は見つかっていません。
そのため、気になる白髪は利尻やルプルプなどのヘアーカラートリートメントなどで、上手くダメージを軽減しつつ、目立たないようにすると良いでしょう。

【白髪染めのオススメ2選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。

  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

ページの先頭へ