白髪と中学生

白髪は老化現象なので、40歳を過ぎてから生えてくるというイメージが強いと言えます。
しかし、実は中学生など子供でも白髪が生える事があります。

中学生は思春期の多感な時期になるので、この時期のストレスは白髪の原因にもなりかねません。
中学生の白髪の原因となるストレスや病気について、さらにその改善策についても詳しくみていきましょう。

⇒中学生にも安全な白髪染めトリートメントを見てみる。

中学生の白髪はストレスや病気などが原因の場合も

白髪は大人だけのものというイメージがありますが、中学生で白髪がある子もいます。
大人の場合はカラーリングで髪の色を茶色や金髪に染めている人もいるため、白髪があってもあまり目立ちません。

しかし、中学生の場合は周りがほとんど黒髪のため、白髪が1本でもあると思った以上に目立ってしまいます。
中学生の白髪の原因としては、ストレスや病気が考えられています。

中学生の白髪の原因となるストレスとは?

中学生の白髪の原因となるストレス

現代はストレス社会とも言われています。
精神的なストレスだけではなく、騒音・気温などの環境もストレスの原因となります。

これは大人だけではなく子供も同じで、親のしつけなど家族間、学校や友達・習い事など周囲には沢山のストレス要因があります。
特に中学生は受験を控えている方もいるため、勉強に対するストレスは小学生よりも強く感じていると言えるでしょう。

なぜストレスで白髪が生えるのかと言うと、ストレスは血管を収縮させて血流を悪くしてしまうため、髪の毛に栄養が行き渡らなくなるというのが理由です。
女子の場合は、白髪がある事で男子の目を気にしてしまったり、彼氏に嫌われるのではないかという不安から白髪を1本ずつ抜いている人が多いようです。

しかし、髪の毛を抜くと頭皮の皮膚の炎症などを引き起こしやすくなります。
また、何度も抜く事を繰り返していると、細胞がダメージを受け髪の毛が生えてこなくなるという危険性もあるという事を覚えておきましょう。

中学生の白髪の原因となる病気とは?

中学生の白髪の原因となる病気

中学生や子供の白髪の原因は、ストレスだけではなく、実は病気が原因の場合もあります。
その代表的なものとして、次のような病気が挙げられます。

甲状腺疾患

甲状腺ホルモンは生命維持のために欠かせないものです。
この甲状腺ホルモンが不足し、甲状腺機能低下症になると新陳代謝が遅くなり、体に様々な影響を及ぼします。
白髪が多いのも甲状腺機能低下症の症状の一つになります。

鉄欠乏性貧血

赤血球の中のヘモグロビンは、酸素とくっついて全身に酸素を運びます。
そのため、ヘモグロビンが少ないと酸素を十分に運ぶ事が出来ず酸素不足になり貧血が起こります。

また栄養も行き渡らなくなるため、髪の毛も栄養不足となり白髪が増えます。

巨赤芽球性貧血

ビタミンB12や葉酸など、赤血球に必要な造血ビタミンが不足し、赤血球になる前段階で細胞が大きくなり壊れてしまうため、赤血球自体が少なくなり貧血が起こります。
悪性貧血とも呼ばれており、栄養の不足が白髪の原因と言われています。

この他胃腸疾患などでも白髪は増えると言われています。
中学生で急激に白髪が増えたという場合は、病気の可能性も考えて医師に相談してみましょう。

中学生の白髪は改善できる

中学生の白髪は改善できる

白髪だと思っていたら、根元の色は黒かったという経験をした事がある人は多いと思います。
白髪の治し方はないと諦めているかもしれません。

しかし、中学生に多いストレスや栄養不足などが原因で白髪が生えた時は、ストレス解消や生活習慣の見直しで白髪が改善する可能性があります。
ストレスで円形脱毛症になっても、原因が改善されれば髪の毛がまた生えてくるのと同じです。

子供でも白髪染めはできるの?

生活習慣の見直しを行っても、すぐに白髪がなくなるわけではありません。
すぐにでも白髪を治したいという場合は、美容院でのヘアマニキュアや市販の白髪染めが効果的です。

前や横の部分の白髪は鏡を見て気づきますが、後頭部などの白髪は自分ではなかなか気づきにくい部分です。
中学生で白髪がある場合は、親が後頭部なども見て白髪の確認をしてあげて下さい。

中学生でも白髪染めはできます。
しかし、市販の白髪染めでは仕上がりにムラができたり、上手に染まらないという場合もあります。

綺麗に仕上げるならば、やはり美容院で染めてもらう事をオススメします。
また、白髪染めは髪が傷みやすいので、染めた後もトリートメントなどでしっかりとダメージケアを行う事が大切です。

美容院では高い費用が掛かります。
また、1ヶ月に1センチ髪の毛が伸びるため、毎月美容院に行く必要があるのです。

そのため、白髪染めトリートメントをオススメしています。
毎日のトリートメントの代わりに使用する事が出来る上、アレルギー成分がないため、頭皮・髪の健康にも良いのもメリットです。

抜くのはダメ?中学生の白髪の治し方

中学生の白髪の治し方

中学生の白髪の改善・治し方としては、健康的な生活を送る事でホルモンバランスも整い、白髪にも良い影響を与えてくれるでしょう。
下記の項目が特に重要となります。

  • 適度にストレスを解消
  • 規則正しい生活
  • 栄養バランスのとれた食事
  • 適度な睡眠

白髪を抜くと確かに白髪はなくなります。
しかし、頭皮へのダメージが大きくなり、炎症など他のトラブルの原因になりかねません。

髪の毛が長いと白髪の面積が増え余計に目立ってしまいます。
そのため、どうしても気になる場合は、抜くのではなく根元近くで切ってしまうと目立たなくなります。

⇒中学生にも安全な白髪染めトリートメントを見てみる。

中学生と白髪のまとめ

中学生と白髪のまとめ

白髪は加齢が原因だけではなく、中学生など10代の子供達にも生えてきます。
最近では白髪に悩む若者も増えており、中学生の白髪も決して珍しい事ではありません。

1人で悩むとそれがストレスとなり白髪がさらに増えてしまう事もあります。
そのため、気になるようならば周りに相談して、適切な白髪対策を行いましょう。

先ほども記載しましたが、中学生の白髪対策には、美容院などで染めるのではなく、白髪染めトリートメントをオススメしています。
当サイトでオススメの白髪染めトリートメントを紹介していますので、参考にしてください。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレのヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。