白髪染めで痛む

白髪染めをしたばかりの時は、黒髪が蘇って綺麗に仕上がります。
しかし、長い間白髪染めを使い続けていると、頭皮が痒くなったり、髪が
傷んだりゴワゴワ、パサついたりするといったダメージが出てきます。

そこで今回は、白髪染めで髪が痛む原因とそうなった時の対処法をご紹介していきましょう。

⇒痛む髪に有効な白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪染めで髪が痛む原因

白髪染めを長い間使い続けると、髪が痛むのは周知の通りです。
白髪染めには、白い髪を黒くするという染色剤が強く多く含まれています。 

そのため、染色作用が非常に強いため、使い続けていると髪がきしんだり、頭皮がかぶれたりといったトラブルが起きるのです。
そして、一般的に白髪というのは黒髪よりも太くそしてコシがあるので、しっかり染色しないと染まりにくいと言う特徴があります。

ですから、白髪染めに含まれている染色剤は、非常に強い薬剤になっています。
新しく生えた白髪をカバーするために何度もリタッチしていると、頭皮や髪の毛がどんどん傷んでしまうという事になります。

市販の白髪染めに入っている成分によって髪が痛む

白髪染めには様々な薬剤が入っており、髪の毛が一番痛む原因となってるのは有害物質であるジアミンです。
ジアミンは非常に強い染色剤で、長い間白髪染めを使っていると頭皮や髪が痛む原因に繋がります。

そして、ジアミンは発がん性物質と認定されているので、長い間使い続けると皮膚から毛細血管を通して、体の中にその有害物質が溜まってしまいます。 
市販の白髪染めに入っている強い化学物質は長期的に使い続けると、頭皮と髪へのダメージとなるのです。

泡タイプの白髪染めは髪が痛む

薬局やドラッグストアに売っている白髪染めでメジャーなものは泡タイプです。
とても簡単で初心者でも簡単に使う事が出来るので人気があります。

しかし、泡タイプの白髪染めを使い続けると、頭皮や髪が痛むので気を付けなければなりません。
泡タイプの白髪染めは、液状タイプのものよりもかなり浸透力が強いのです。

泡タイプの白髪染めは、とても簡単で使いやすいというメリットがある反面、頭皮と髪が傷みやすいというデメリットもあります。
ですから、泡タイプの白髪染めは長期間使うには、あまりオススメではありません。

白髪染めを繰り返すと髪が痛む

では、なぜ白髪染めは髪が痛むと言われているのでしょうか?
それは白髪染めは、おしゃれ染めよりも頻繁に染めるからです。

カラーが長持ちしない人だと、1か月に1回は髪を染める事になります。
そして、繰り返し染める事で、頭皮やキューティクルがダメージを受けます。

ダメージを受け続けると、頭皮がかゆくなったり赤くなったりして、最終的には毛が細くなって髪のボリュームが減ってしまう事もあるのです。

ヘアカラーと白髪染めはどちらの方が髪が痛む?

ヘアカラーと白髪染めはどちらの方が髪が痛む

ヘアカラーは黒い髪をおしゃれな色に染めるという作用があるため、黒い髪を脱色する力が強くなります。
ですから、ヘアカラーには脱色剤と染色剤の両方が多く含まれているわけです。

一方で、白髪染めの場合は白い髪に色を付けるという作業なので、脱色剤はあまり多く配合されておらず、染色剤が多く含まれています。
どちらも化学物質が多く含まれているので、長い間使い続けると頭皮や髪のダメージになるでしょう。

どちらにしても髪の毛に色を入れ込むという作用があるので、使い続けると髪は痛むのです。
それを予防するためには、自然派由来の白髪染めトリートメントを使うと、髪が痛まずに綺麗に白髪染めをする事が出来ます。

白髪染めで髪が痛む時の対処法

白髪染めで髪が痛む時の対処法

白髪染めを繰り返す事で髪の毛が傷んでキシみ、手触りが悪くなっていきますよね。
ダメージがひどいと感じた場合の対処法として、回数を減らすというのも良いでしょう。

白髪染めをする方は、染めるサイクルが早く回数が多いため、髪の毛が痛む事になります。
髪の毛と地肌のために、2ヶ月は間隔をあけるようにしてください。

白髪染めの間を2ヶ月開ける事で、髪の毛へのダメージは減らす事が出来るでしょう。
しかし、根元の白髪が目立って耐えられない場合は、マスカラタイプやスプレータイプなどの落とせるタイプのものを使用すると良いでしょう。

そして、ヘアマニキュアは、髪の毛の構造をいじらずにカラーを付けてくれます。
そのため、髪の毛や地肌へのダメージは少なくオススメです。

色を抜いて入れるわけではなく、髪の毛をコーティングし色を付けてくれます。
約3週間程度で落ちてしまいます。

しかし、傷んだ髪の毛がコーティングされるので、手触りもとても良くツヤも出ます。

美容室で白髪染めをすると髪が痛むのを和らげる

白髪染めをする際に、市販のカラー剤を使用して自宅で行っているという方も多くいます。
しかし、やはり美容室で白髪染めをしてもらう方が、髪の毛が痛むのを抑えられます。

また、ヘナも髪に優しい白髪染めとなっています。
オレンジ系の色になりますので、サンプルなどは美容院で見せてもらうと良いでしょう。

そのため、美容院でも人気の白髪染めとなっています。
また、染めた部分の色は落ちてしまう事がなく、ずっとそのままなので、色持ちが良いのも人気があります。

植物由来の染料なので、髪の毛や地肌にも優しいのが特徴です。
ただし、ヘナカラーを実施している美容院が少なかったり、施術に長い時間が掛かる事も考えなくてはなりません。

また、一度ヘナをしてしまうと、カラーリング剤が効かなくなります。
そのため、利用前には美容師さんに相談する事をオススメします。

ヘナで白髪染めをすると髪が痛むのを防ぐ

市販で販売されている一般的な白髪染めは、化学物質が多く含まれているため、長く使い続けると頭皮や髪が痛む原因になります。
そこでオススメなのが天然100%天然素材のヘナです。  

白髪染めトリートメントは化学物質が入っていないため、アレルギー体質の方や敏感肌の方でも安心して使う事が出来ます。
ヘナは根元にたっぷりペーストを使って染めていき、デトックス効果や栄養補給という効果もあります。

そのため、長い間使い続けても頭皮に優しいというメリットもあるのです。
市販の白髪染めは体調が悪い時に使うと、アレルギー反応の引き起こしたりします。

しかし、ヘナに関しては、頭皮・髪が痛むなどのリスクも少ないのでオススメ出来ます。
ただし、ヘナでも100%アレルギー反応が出ないというわけではありません。

そのため、念のためパッチテストをして、肌に合うかどうか確かめてみると良いでしょう。

白髪染めで急に痛む時の対処法

白髪染めでは急に痛むという事の他にも、腫れやかゆみと言った症状が出る場合もあります。
主な原因としては、有害成分であるジアミンが含まれているからです。

このジアミンですが、アナフィラキシーショックになる場合もありますので、十分に注意しなければなりません。
しっかりと成分表をチェックして、避けるようにしてください。

また、一番オススメの対処法としては、ジアミンなどが含まれていない「ヘアカラートリートメントを使用する事です。
しっかりと染まりますし、痛むという事もありません。

毎日のトリートメントの代わりに使用できるため、染め忘れ・プリンになるという心配もないのです。

白髪染めで髪が痛む時はトリートメントタイプを選ぶ

白髪染めで髪が痛む場合は、トリートメントタイプがオススメとなっています。
水肌や髪に優しい白髪染めは、利尻トリートメントタイプがオススメです。

毎日のお風呂で使う事が出来て、男女どちらも使う事も出来ます。
そして、利尻トリートメントは無香料・無着色/化学物質が一切含まれていないので、毎日使い続けても安心です。

そして、天然由来の白髪染めなので、使い続ければ使うほど髪に強いコシが戻ってくるというメリットもあります。
頭皮へのリスクを避けて白髪染めをするならば、利尻トリートメントなら安心してお使い頂けます。

⇒痛む髪に有効な白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪染めで痛む際のまとめ

白髪染めで痛む際のまとめ

市販で販売されてる一般的な白髪染めは、頭皮に強い刺激を与える化学物質や添加物が多く含まれています。
そのため、長く使い続けているとダメージやアレルギー反応を引き起こす事があります。

また、ヘアカラーも脱色するという作用が強いので、頭皮や髪の毛が痛むのです。
そこでオススメなのが、天然素材で作られた白髪染めトリートメント。

ルプルプや利尻トリートメントは、素手で使う事も出来ます。
また、無香料・無着色、そして気になる添加物も入っていないため、長い間使っても安心です。

当サイトでは、管理人も実際に利用した白髪染めのトリートメントを紹介しています。
白髪染めを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. マイナチュレのヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。