白髪染めで痛む

白髪染めを使い続けていると、「何だか髪がパサパサしてきた」と髪のダメージを感じる事があると思います。
一般的に、おしゃれ染めよりも白髪染めの方がダメージが大きいと言われますが、実際はどうなのでしょうか?

そこで今回は、白髪染めをすると髪が痛む原因と、その対処法についてご説明していきましょう。

白髪染めで髪が痛む原因

白髪染めやおしゃれ染めは、髪の毛は傷みます。
どちらも薬剤には、元々の髪の毛の色を抜くブリーチとも呼ばれる脱色剤と色を入れるための染色剤が含まれているのです。

おしゃれ染めは明るい色を入れるので脱色剤が多めで、白髪染めは白髪に色を入れるために染色剤が多く含まれています。
白髪は地毛よりもしっかりとしていて、伸びてくると白髪だけピョンと立ってしまうほど強い毛です。

しっかりとしていて丈夫な白髪はとても染まりにくいので、白髪染めの薬剤はアルカリが強めに出来ています。
そのアルカリが扱い方によっては、髪の毛を傷みやすい状態にしてしまう原因になるのです。

また、白髪染めをする方は染めるサイクルもとても早く、3週間程度で白髪染めをしているという方もいます。
白髪染めは染めるサイクルが多い事でも、髪の毛や地肌にダメージを与えてしまうのです。

市販の白髪染めに入っている成分によって髪が痛む

白髪染めには、髪の毛のキューティクルを開いて元の髪を脱色するアルカリ剤を始め、科学染料や過酸化水素水などの薬剤が入っています。
白髪染めを使い続ける事で、髪の毛はキューティクルが開いた状態になります。

そして、髪の毛は伸びた部分は既に死んだ細胞なので、キューティクルが開いても自力で修復する事は出来ません。
よって、白髪染めを繰り返す事で、髪が段々と痛んでいくというわけです。

泡タイプの白髪染めは髪が痛む

白髪染めが出来る泡タイプは、お風呂で手軽に髪をしっかり染める事が出来る点が、白髪に悩む女性たちに人気となっています。
しかし、泡タイプの白髪染めは、使っている内に髪が傷むのでしょうか?

ヘアカラーをするにあたって、傷みは避けられません。
しかし、泡タイプの白髪染めは、毛先までカラー剤が行き渡るので傷みます。

また、液状のカラー剤よりもきしむので、使い続けると傷みはひどくなるのです。
泡タイプの白髪染めは、髪が傷むと中の成分が抜け落ちるため、当然色持ちも悪くなります。

毎回髪全体を染める事になるので、悪循環となり痛みが進んでしまうのです。
泡タイプの白髪染めヘアカラーは、使い方を間違えると髪が痛むので注意しましょう。

白髪染めを繰り返すと髪が痛む

では、なぜ白髪染めは髪が痛むと言われているのでしょうか?
それは白髪染めは、おしゃれ染めよりも頻繁に染めるからです。

カラーが長持ちしない人だと、1か月に1回は髪を染める事になります。
そして、繰り返し染める事で、頭皮やキューティクルがダメージを受けます。

ダメージを受け続けると、頭皮がかゆくなったり赤くなったりして、最終的には毛が細くなって髪のボリュームが減ってしまう事もあるのです。

ヘアカラーと白髪染めはどちらの方が髪が痛む?

ヘアカラーと白髪染めはどちらの方が髪が痛む

美容室でプロにやってもらう白髪染めもおしゃれ染めも、ダメージ量はほとんど大差ありません。
白髪染めとおしゃれ染めは薬剤の配合量などが異なってくるだけで、カラーリングの仕組みは同じです。

ヘアカラーの2剤式と言われるように、どちらにも元の色を抜くための脱色剤(ブリーチ剤)と、新たな色を付けるための染毛剤が含まれています。
比率で見ると、おしゃれ染めは脱色剤の量が多く、染毛剤は少なめです。

白髪染めは、脱色剤の量が少なく、染毛剤は多めと言えます。
髪を傷める最大の原因は、髪表面のキューティクルをこじ開ける脱色剤にあります。

そのため、脱色剤の量が多いおしゃれ染めの方が傷むのでは?と思われますよね。
しかし、脱色剤は明るい髪色にする時ほど量が必要になります。

そのため、おしゃれ染めでも暗めの色なら脱色剤は少量になっています。
つまり、明るい色に染めるほど脱色剤の量が必要になり、髪へのダメージが大きくなるのです。

髪へのダメージは白髪染めかおしゃれ染めかというより、どの程度明るい色にしたいのかによって変わってきます。

白髪染めで髪が傷む時の対処法

白髪染めで髪が傷む時の対処法

白髪染めを繰り返す事で髪の毛が傷んでキシみ、手触りが悪くなっていきますよね。
ダメージを減らすためには、思い切って回数を減らす事も大切です。

白髪染めをする方は、染めるサイクルが早く回数が多いため、髪の毛にダメージを与えてしまいます。
髪の毛と地肌のために理想的なサイクルは2ヶ月です。

白髪染めの間を2ヶ月開ける事で、髪の毛へのダメージは減らす事が出来るでしょう。
しかし、根元の白髪が目立って耐えられない場合は、マスカラタイプやスプレータイプなどの落とせるタイプのものを使用すると良いでしょう。

そして、ヘアマニキュアは、髪の毛の構造をいじらずにカラーを付けてくれます。
そのため、髪の毛や地肌へのダメージは少なくオススメです。

色を抜いて入れるわけではなく、髪の毛をコーティングし色を付けてくれます。
約3週間程度で落ちてしまいます。

しかし、傷んだ髪の毛がコーティングされるので、手触りもとても良くツヤも出ます。

美容室で白髪染めをすると髪が痛むのを和らげる

白髪染めをする際に、市販のカラー剤を使用して自宅で行っているという方も多くいます。
しかし、やはり美容室で白髪染めをしてもらう方が、髪の毛へのダメージは抑えられます。

また、ヘナはインドなどで取れる薬草の一つで、染料としても使用する事が出来ます。
ヘナにはオレンジ系の色素があり、その色素が髪の毛に浸透する事で髪の毛を染める事が可能です。

そのため、美容院でも人気の白髪染めとなっています。
また、染めた部分の色は落ちてしまう事がなく、ずっとそのままなので、色持ちが良いのも人気があります。

植物由来の染料なので、髪の毛や地肌にも優しいのが特徴です。
ただし、ヘナカラーを実施している美容院が少なかったり、施術に長い時間が掛かる事も考えなくてはなりません。

また、一度ヘナをしてしまうと、カラーリング剤が効かなくなります。
そのため、利用前には美容師さんに相談する事をオススメします。

ヘナで白髪染めをすると髪が痛むのを防ぐ

美容室での白髪染めは、その人の髪の毛の状態に合わせて置く時間や前処理、後処理などをしてくれます。
例えば、髪の毛の傷みの強い方は、毛先に保護剤やトリートメント剤などを塗布してから毛染めをしたりします。

また、根元から白髪染めを始めて、毛先は最後に少し塗る程度だったり、細かく作業してくれるので痛みが少ないのです。
そして、かぶれない染毛剤と言えば、天然の染料であるヘナが挙げられます。

これは100%ヘナを使用している場合は、天然素材なので安心です。
ただし、美容室でやる場合でも、ご自分でやる場合でも、腕の内側でパッチテストは必須になります。

色はだいたいオレンジで、黒くはならないので、黒くしたい場合はインディゴを使います。
もちろん、美容室での施術も多ければ髪の毛は傷んでしまいますので、頻度には気を付けましょう。

白髪染めで急に痛む時の対処法

何年も同じもので白髪染めをやっているのに、ある日突然頭に痛みが出たり、腫れたり、かゆくなったりする事があります。
それは、染毛剤に含まれるジアミン系の薬剤に反応してしまうからです。

ひどい人になるとアナフィラキシーショックになってしまうので、軽くみていると大変危険です。
ジアミン系の薬剤が入っているものは、成分にジアミンと記載があるので確認してください。

美容室でも、ジアミンアレルギーがある事を伝えましょう。

白髪染めで髪が痛む時はトリートメントタイプを選ぶ

誰でも髪を傷める事なく自分で白髪染めをするなら、トリートメントタイプの白髪染めがオススメとなっています。
簡単で失敗もなく、もし染め残しがあっても何度でも染めてもダメージがないからです。

人気のルプルプは、ガゴメ昆布のフコダインが含まれていて、その保湿力が注目されています。
白髪染めというと、毛髪だけではなく頭皮に与えるダメージに悩んでいる人が多くいます。

しかし、ルプルプはトリートメントとしての保湿力もかなり高めです。
ガゴメ昆布のフコダインが含まれているます。

そのため、白髪染めの効果だけではなく、髪の毛にツヤを与え保湿されるとして評判なのがルプルプです。
他の白髪染めで肌が荒れてしまった人や、白髪染めに手間を出来るだけかけたくない人に向いています。

繰り返しの白髪染めでダメージを作らないためには、やはり無香料で無着色の安心なトリートメントタイプが最適です。

白髪染めで痛む際のまとめ

白髪染めで痛む際のまとめ

今回は、白髪染めと髪の傷みについて見ていきました。
白髪染めはおしゃれ染めと違って、少し髪が伸びれば、伸びた部分がとても気になります。

そのため、即効性と仕上がりを重視してしまいがちです。
しかし、使い続けると、髪や頭皮の健康を損なってしまう事になります。

黒々した髪はもちろん大切ですが、若々しさを保つにはコシやボリュームのある髪を保つのも大切と言えます。
白髪をカバーする時には、出来るだけダメージが少ないものを選ぶ事が大切です。

また、染める期間を空けたりなど出来るだけ配慮して、ずっとキレイな髪を保ちましょう。

当サイトでは、管理人も実際に利用した白髪染めのトリートメントを紹介しています。
白髪染めを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。


【白髪染めのオススメ2選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。