白髪と銀髪

白髪が出来たときは白髪染めで染めたり、短めにカットしたりする事で隠すのが一般的です。
しかし、白髪の本数が増えてくると、その1つ1つに対処するのはなかなか大変な作業となります。

白髪を隠す事に疲れ果て、嫌気が差すという事もあるかもしれません。
頻繁にカラーリングをする事で頭皮に負担が掛かる可能性もあります。

そんな時は、白髪を活かした銀髪にしてみるという方法を検討してみましょう。
上手く染める事が出来れば、白髪をカバーするだけでなく、お洒落なヘアスタイルを演出する事も出来ます。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪と銀髪の違い

白髪と銀髪は見た目には似ている部分がありますが、全く別のものです。
白髪は毛根部分のメラニンが不足する事で起きます。

メラニンは髪を黒くする働きを持つ色素です。
髪の毛は色のない状態で生えてくるため、メラニン不足だと黒く色づかず白髪になってしまいます。

一方、銀髪はシルバーアッシュやプラチナブロンドなどグレー系のカラーリングで染めた状態です。
生まれながらに銀髪が生えてくる日本人はほぼいないので、基本的には染めた色と言えます。

つまり、銀髪に見せるためには、髪の毛に手を加えてやる必要があるという事です。

白髪を銀髪に見せる染め方

白髪を銀髪に見せる染め方

白髪を銀髪に見せる染め方には、複数の選択肢があります。
黒髪の中に数本白髪が混じっているだけの場合、白髪の本数が増えて目立っている場合、それぞれに適した白髪の染め方は異なるので注意が必要です。

白髪染めを使う点は同じでも、その前段階の処理に差があります。
不自然な仕上がりにしないためにも、自分の髪の毛の状態に合った方法を選びましょう。

また、白髪に色を定着させるのではなく、一時的に白髪を銀髪に見せるためのアイテムも存在します。
状況に応じてスタイルを変えたいのであれば、そういったアイテムを使う事も検討してください。

白髪より黒髪が多い場合は銀髪にする前にブリーチ

白髪の本数がまだ少なく黒髪の割合が多い場合、プラチナブロンドやブルーグレーで染めたとしても銀髪に見せる事は難しいでしょう。
髪の毛本来の黒色の方がカラーリングの色よりも濃いためです。

そのため、白髪より黒髪が多い場合には、前処理としてブリーチをする事になります。
ブリーチは黒髪のメラニン色素を破壊して色をなくす作業で、白髪を無理やり作るというイメージをすると分かりやすいかもしれません。

ブリーチをして髪の毛の色を抜いた後、銀髪に染めていくという手順が基本です。
ただし、ブリーチは行う際にキューティクルを剥がす事で髪の毛が痛みやすいですし、きちんと色を抜くには回数を重ねる必要もあります。

頭皮への負担が掛かり、将来の頭皮・毛髪トラブルの原因となる事もあるので、あまりオススメは出来ません。
白髪の本数が少ないうちは普通に白髪染めを使った方が無難です。

黒髪より白髪が多い場合は白髪ぼかしで銀髪に

黒髪より白髪が多い場合、白髪ぼかしという手法で銀髪に見せる事をオススメします。
白髪ぼかしはグレー系のカラーで白髪を染めて、周囲の髪の毛との境界をぼかすという染め方です。

残っている黒髪と馴染ませる形なので不自然な感じが減りますし、年配の方であれば大人の雰囲気を出す事も出来ます。
色落ちが若干早いというデメリットはあります。

しかし、染めた色が抜けていく過程でも白髪が目立ちにくいというメリットがあるのでそれほど気にはならないでしょう。

スプレーやワックスで白髪を銀髪に見せる

白髪を染めるのではなく、カラースプレーやヘアワックスを活用して白髪を銀髪に見せる事も出来ます。
使う商品にもよりますが、カラーリングする場合よりもキラキラと輝いた色合いにする事が可能です。

カラースプレーやヘアワックスでついた色は比較的簡単に落とせるので、特定のタイミングだけ銀髪にしたいという人にオススメ出来ます。
また、銀髪にした時の自分のイメージを掴むために使ってみるのも良いでしょう。

ただし、毎回銀髪にするための手間がかかるというデメリットがあります。

白髪を銀髪にしている芸能人は?

白髪を銀髪にしている芸能人

白髪を銀髪にしている芸能人は結構多くいます。
例えば、吉川晃司さんはブルー系のヘアワックスを使って銀髪をセットしているそうです。

年齢を感じさせない格好良い雰囲気は、まさに銀髪の理想系の1つですよね。
銀髪に染めた後のヘアスタイルに迷っているなら、吉川晃司さんの髪型をチェックしてみるのも良いでしょう。

また、現在はお笑い芸人の松本人志さんや歌手の玉置浩二さんも、白髪を銀髪に染めていた時期があります。
探してみると意外と銀髪にしている有名人は見つかるので、染め方の参考にしてみてください。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪と銀髪まとめ

白髪と銀髪まとめ

白髪と銀髪は似ているように思えますが、メラニン不足と染めた状態という大きな違いがあります。
銀髪に見せる染め方は複数ありますが、白髪の本数が少ない場合は負担の大きいブリーチが必要なのでやめておいた方が無難です。

逆に、白髪の本数が多い場合には、白髪ぼかしで自然な仕上がりを目指す事が出来ます。
また、カラースプレーやヘアワックスを使えば、白髪を染め上げなくても銀髪に見せる事は可能です。

白髪を銀髪にしている芸能人は多くいるので、自分自身のスタイルを見つける助けにすると良いでしょう。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。