白髪染めと炎症

頭皮の湿疹や汗によるかぶれなど、頭にかゆみや痛みが起こる原因はいろいろ考えられます。
もし白髪染め後にかゆみや痛みが起こる場合は、白髪染めが原因で頭皮に炎症が起こっている可能性もあります。

白髪染めで炎症が起こる理由や症状・対処法などについて詳しくみていきましょう。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪染めで頭皮が炎症!それはアレルギーかも

美容院で白髪を染める時に「痛くないですか?」と聞かれた事があると思います。
市販の白髪染めでも、使用前に必ずパッチテストを行って下さいと説明書に記載してあります。

白髪染めはそれだけ髪や頭皮にとって刺激が強いという事になります。
もともと肌の弱い人は薬剤でかぶれてしまったり、また頭皮に傷などがあると白髪染めの薬剤で炎症が強くなってしまう事があります。

これらは一過性のものなので、適切な治療を行えばほとんどは綺麗に治ります。
しかし、白髪染めの薬剤にアレルギー反応を起こして炎症が起きている場合は、治療で治っても白髪染めの度に症状があらわれ、さらに何度も白髪染めを繰り返す事で症状がどんどんひどくなっていきます。

白髪染めの度に頭皮にかゆみや痛みが起こるという場合は、薬剤による一過性の刺激が原因なのではなく、白髪染めのアレルギーによる炎症の可能性が高いと言えるでしょう。

白髪染めでアレルギーの炎症が起こる理由

白髪染めでアレルギーの炎症が起こる理由

白髪染めのアレルギーによる炎症を起こす人は、体質が関係していると言われています。
つまり、花粉症になる人とならない人がいるように、白髪染めでも炎症を起こしやすい人と起こしにくい人がいるのです。

アレルギーと聞くと花粉を思い浮かべる人が多いと思います。
しかし、アレルギーの原因となるのは花粉だけではなく、ほこりやダニ・ペットの毛・紫外線・薬剤など実に様々です。

白髪染めの場合は、白髪染めに使われている薬剤に対してアレルギー反応を起こし頭皮の炎症が起こります。
白髪染めだけではなく、髪を染めるカラーリング剤としてよく使用されている酸化染毛料がアレルギーの原因となります。

特にパラフェニレンジアミン(PPDA)に代表されるようなジアミン系はアレルギーが起こりやすく、白髪染めによる炎症などはこのジアミン系のアレルギーが大半と言われています。
また、植物のヘナを使用した白髪染めも髪や頭皮に優しいと話題になっていますが、ヘナのみだと本来ならばオレンジ色にしか染まりません。

ヘナで黒やブラウンなどオレンジ以外の色になる場合は、ヘナ以外のものが含まれているという事になります。
実際に安全だと思って使用したヘナの毛染めで頭皮に炎症が起きたというトラブルも増えているようです。

そのため、使用されている原材料などは、しっかりと確認するよう事をオススメします。

バリア機能低下も白髪染めの炎症の原因に

頭皮が汚れているとフケやかゆみの原因になります。
しかし、頭皮を清潔にするために何度も髪を洗う・ゴシゴシ力を入れて洗う・洗浄力の強いシャンプーを使うなどを毎日行っていると、頭皮の乾燥の原因となりバリア機能が低下してしまいます。

頭皮の乾燥は少しの刺激で炎症を起こしやすくなり、かゆみなどの頭皮トラブルや血行不良などから白髪の原因になってしまう事もあります。
髪や頭皮の健康のためにと思って行っていた事が、実は髪や頭皮を傷める結果になってしまっているのです。

髪の洗い方など正しい方法を知っておく事は頭皮を守り、白髪染めの炎症から守る事にも繋がっていくという事を覚えておきましょう。

白髪染めで炎症が起きた時の症状

白髪染めで炎症が起きた時の症状

白髪染めで炎症が起きた時は、かゆい・痛い・ヒリヒリする・頭皮が赤いなどの症状が起こります。
これらの症状は一過性のもの、薬剤によるアレルギーによるものどちらにも共通して起こります。

しかし、一過性かアレルギーかどちらかをその場で判断するのは難しいのです。
どちらにしても頭皮が炎症を起こしているのには変わりありません。

花粉症もそうですが、アレルギーは一度発症すると基本的には治りません。
アレルギー物質がどんどん蓄積されていきアレルギー物質に触れるたびに症状がどんどんひどくなるという傾向があります。

そのため、白髪染めの度に同じような症状が起こる・白髪染めの度に症状がひどくなるという場合は、アレルギーによる可能性が非常に高くなります。
白髪染め後に頭皮に炎症が起きたという場合は、その後の症状はどうかなど経過もしっかりと観察していきましょう。

白髪染めで炎症が起きた時の対処法

白髪染めで炎症が起きた時の対処法

白髪染めでかゆみなどの炎症が起きてしまった時は自己判断はせず、医師の診察を受けるようにして下さい。
頭皮の炎症なので皮膚科が専門になります。

かゆみがあってもすぐに治るだろうと放置したままにしておくと症状が悪化したり、白髪染めの度に炎症がひどくなってしまう可能性もあります。
アレルギーが原因という事が分かれば、炎症を抑える塗り薬やアレルギーに対する飲み薬などで症状を改善させる事が出来ます。

そのため、何度も繰り返したり症状がなかなか治らないという場合は、皮膚科でアレルギーの検査をしてもらいましょう。
もちろん、症状がある間は白髪染めは控えて、医師の許可が下りてから白髪染めを行うようにして下さい。

アレルギー症状は重篤になると呼吸困難などを引き起こしてしまう危険性もあるため、自分の体質を知っておく事も大切です。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪染めと炎症のまとめ

白髪染めと炎症のまとめ

白髪染めは自宅で手軽に出来ますが、人によってはアレルギーを起こしてしまう可能性もあります。
自分は関係ないと思っていても、白髪染めの際に痛みやかゆみがあるという場合は頭皮に何らかのトラブルが起こっている証拠です。

白髪染めを使用する際の注意点などは説明書などにも必ず記載してあります。
しっかりと読み理解・納得した上で行うようにしましょう。

そして、万が一トラブルが起こった時は、放置せず医師の診察を受け適切な治療を行って下さい。

また、炎症を起こさない白髪染めとして、トリートメントタイプはオススメです。
当サイトの管理人も利用した白髪染めも紹介していますので、参考にしてください。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。