白髪とアッシュ

白髪染めを使って白髪を目立たなくする場合、使うヘアカラーの色を多様なラインナップの中から選ぶ事が出来ます。
マット感を出したい人や、落ち着いた雰囲気を出したい人の間で注目を集めているのが、アッシュ系の白髪染めです。

以前と比べてアッシュカラーの白髪染めの種類は増えてきているため、自分に合った商品を選びやすくなっています。
しかし、アッシュ系で染める事に慣れていない人が多いため、想像していたような仕上がりにならないケースも出てくるはずです。

どんな人が白髪をアッシュ系で染める事に向いているのか、アッシュ系で白髪を染める時のコツにはどんなものがあるのかなど、気になる点をチェックしていきましょう。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪染めで人気のアッシュ系とはどんな色なのか

アッシュ系の白髪染めについて詳しく見ていく前に、アッシュ系とはそもそもどんな色なのか把握しておきましょう。
メーカーによって細かい色の名称は異なります。

しかし、アッシュ系は灰色がかった色の白髪染めだと考えておけば大丈夫です。
アッシュブラウンやシルバーアッシュなど、組み合わせる色によって名前が変わってきます。

本来であれば赤みがかった色の髪の毛が多い日本人には向かない色なのですが、色が無い白髪であれば問題ありません。

アッシュ系の白髪染めはグレー系とは違う

灰色に近い仕上がりになりやすいという事で、アッシュ系をグレー系と同じものだと認識している方もいますが、両者は違うものです。
グレー系の白髪染めは無彩色で色味が少ないのに対して、アッシュカラーは寒色の薄い青を含んだ色味になっています。

アッシュ系は寒色の要素を含んでいるため、赤みやオレンジみを中和して髪の毛の色をグレー系に仕上げる事が可能です。
そのため、仕上がりを見るとグレー系と勘違いしてしまいがちですが、白髪染め自体の色は完全なグレー系というわけではありません。

市販されている製品でもアッシュ系とグレー系は明確に区別されています。

アッシュ系の白髪染めが向いている人

アッシュ系の白髪染めが向いている人

白髪を染める人全員に、アッシュ系の白髪染めが向いているというわけではありません。
確かに最近注目を集めている色ではありますが、ただ人気だからという理由で漠然と選ぶ事はやめておいた方が無難でしょう。

アッシュ系の白髪染めには、他の系統の色の白髪染めにはない特徴があり、目的に適した使い方をする事でその特徴を最大限に活かす事が出来るからです。
アッシュ系の白髪染めが向いている人としては、以下のような具体例が挙げられます。

白髪染めが不自然に仕上がる人もアッシュ系なら大丈夫

白髪を染めると、いかにも染めている感じの不自然な仕上がりになってしまう人に、アッシュ系の白髪染めはオススメ出来ます。
アッシュ系の白髪染めは、染めた後の色が真っ黒になって人工的で不自然な印象を与えてしまう事が少ないです。

また、寒色系を含んでいる事によって赤みも抑えられるので、イメージ通りに白髪を染めやすくなります。
これまで白髪染めを使って失敗した経験のある人でも、アッシュ系の製品は十分に試してみる価値があるでしょう。

染めてからすぐに白髪が目立つ人はアッシュ系

白髪を染めてからすぐに白髪が目立ってしまう人にも、アッシュ系の白髪染めはオススメです。
ブラウンなどの一般的な色の白髪染めの場合、色落ちしてくると白髪がすぐ目立ってしまうケースが多く見られます。

アッシュ系の白髪染めなら、色落ちしても他の髪の毛との色の差が出にくいので、白髪をぼかす形でカバーする事が可能です。
特に染めた後で色落ちしやすいという自覚のある人は、アッシュ系を使う事で染める頻度を少なくする事が出来るかもしれません。

染める回数が少なくなれば、その分毛髪や頭皮へのダメージが少なくなるので、白髪改善という意味でもメリットがあります。

白髪をお洒落な雰囲気で染めたい人もアッシュ系

白髪をお洒落な雰囲気で染めて普段のファッションに活かしたいという人にも、アッシュ系の白髪染めはオススメ出来ます。
アッシュ系で染めた髪の毛は比較的落ち着いた印象を与えやすいので、30~40代の女性が大人の雰囲気を出すにはピッタリです。

キュートというよりもクールなイメージで決めたいなら、アッシュ系の白髪染めを使ってみると良いでしょう。
また、外国人風の染め方をしたいという人もアッシュ系の白髪染めを試してみる価値があります。

白髪をアッシュ系に染めるコツ

白髪をアッシュ系に染めるコツ

白髪をアッシュ系の色で染める際には、いくつか注意すべきポイントがあります。
ブラウンやブラックと言ったお馴染みの色と同じ感覚で白髪染めを使うと、見た目の仕上がりに問題が出てくるケースがあるからです。

また、アッシュ系の白髪染めを使う際、どんなタイプの製品を選んで購入すればよいのかを知っておく事も大切になります。
白髪をこれ以上増やさずに染める事を目指すなら、ぜひ意識しておくべき点です。

白髪をアッシュ系に染める時のコツとしては、以下のような事が挙げられます。

アッシュ系の前に赤みのある白髪染めを使ってはいけない

アッシュ系で白髪を染めたい時は、その前に赤みのある白髪染めを使ってはいけません。
赤みは寒色系であるアッシュの反対色なので、色味同士が打ち消しあって黒に近い仕上がりになってしまうからです。

髪の毛の自然な赤みであれば、適度に調和させる事も出来ます。
しかし、色味の強い白髪染めの赤みと組み合わせると、あまりにも暗い髪色になってしまいます。

そのため、赤みのある白髪染めを使った後に、どうしてもアッシュ系で染めたい場合、髪の毛の脱色が必要になるでしょう。
脱色は頭皮・毛髪への負担が大きい行為ですから、白髪の生えやすい環境を招いてしまう可能性が高いのです。

白髪がどんどん生えてくる状況を避けるためにも、アッシュ系の前に赤みのある白髪染めを使う事は避けましょう。

アッシュ系の白髪染めはトリートメントタイプがオススメ

ヘアカラータイプの白髪染めを使った場合、髪の毛や頭皮へ与えるダメージが大きく、白髪が増える原因になりかねません。
しかも、アッシュ系のヘアカラーで染めた白髪は色落ちしやすいので、かなり入念なケアを行わないとすぐ色が抜けてしまいます。

そのため、アッシュ系の白髪染めを使うなら、トリートメントタイプを選ぶ事がオススメです。
トリートメントタイプなら髪の毛や頭皮への影響を最小限に抑えながら優しくアッシュカラーに染める事が出来ます。

また、一定のペースで使えば色も定着させやすいです。
以前と違ってトリートメントタイプでもアッシュ系のものは増えてきているので、選択肢は豊富と言えます。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

アッシュ系の白髪染めまとめ

アッシュ系の白髪染めまとめ

アッシュ系の白髪染めは灰色がかったカラーですが、グレー系と同じというわけではありません。
寒色系の要素があるので、髪の毛の赤みを抑えて落ち着いた雰囲気を出す事が出来ます。

アッシュ系は、白髪染めで不自然な仕上がりになる人や白髪がすぐ目立ってしまう人、お洒落な雰囲気で染めたい人に向いている色です。
ただし、赤みの強い白髪染めを使った後に使うと髪色が暗くなってしまうので注意しましょう。

また、アッシュ系の白髪染めを使う時は、頭皮や髪の毛に優しいトリートメントタイプを使う事をオススメします。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。