白髪と保湿

白髪は老化現象だからと諦めている人もいるかもしれませんが、実は白髪の原因は加齢だけではありません。
白髪の原因の一つとして、頭皮の乾燥があげられます。

頭皮の保湿の必要性と保湿ケアなど、白髪と頭皮の乾燥について詳しくみていきたいと思います。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪の原因にも!頭皮も保湿が必要

顔の乾燥はシワの原因になるため、化粧水・乳液などのスキンケアは欠かせません。
また、肌の乾燥はかゆみの原因になります。

このように、顔・体と乾燥対策を行っている人も多いと思いますが、頭皮の乾燥についてはあまり気にしていないという人が多いのではないでしょうか。
しかし、頭皮も乾燥する事があり、この乾燥が実は白髪の原因となる事もあるのです。

乾燥は、髪に色を付けているメラニン細胞の働きを低下させてしまいます。
そのため、頭皮が乾燥している状態が長く続くと、メラニン細胞は機能しなくなり白髪になってしまいます。

そのため、脂っぽいイメージがある頭皮も顔と同じく乾燥をした時には、保湿をして乾燥対策を行う必要があるのです。
皮脂量の分泌は、ホルモンによってコントロールされているため、加齢によってホルモンの分泌が減ると必然的に皮脂量の分泌も減っていきます。

年齢を重ねる毎に皮膚は乾燥しやすい状態となっていくため、白髪が気になりだした年齢になったら、頭皮の乾燥も気にする必要があるのです。

頭皮が乾燥する原因

白髪の原因ともなる頭皮の乾燥の原因は、頭皮の水分量が低い・皮脂の分泌量が少ないという2つの原因が考えられます。
頭皮が乾燥する一番の要因は、ドライヤーの熱による乾燥です。

濡れた髪を乾かそうと、高温の風を当て続ける事で髪は乾きますが、同時に頭皮の水分も蒸発し乾燥してしまいます。
頭皮を乾燥させないためには、ドライヤーを使用する前にタオルドライをしっかりと行い、極力ドライヤーを使用する時間を少なくする事がポイントです。

皮脂の分泌量が少なくなる要因は、髪の洗い過ぎが考えられます。
身体もそうですが、綺麗にしようと洗い過ぎると身体に必要な皮脂までも洗い流してしまう事になります。

頭皮は皮脂を出す皮脂腺が一番多い場所のため、皮脂分泌が多くなるとすぐにベタツキなどが気になるようになります。
しかし、皮脂は頭皮の水分蒸発を防ぐなど重要な役割もしています。

そのため、必要以上に皮脂を取り過ぎてしまうのも問題で、これらの2つの原因を対策するためには頭皮を保湿をするという事が効果的なのです。

白髪が目立たなくなる!髪の保湿も大切

白髪は髪の保湿も大切

頭皮の乾燥は同時に髪の乾燥も招きます。
髪が乾燥してパサついていると白っぽく見えますが、逆に潤っていると艶があり黒っぽく見えます。

白髪も同じで、髪が乾燥していると余計に目立ってしまいます。
そのため、髪に潤いと艶がある状態を作る事で、白髪も多少目立たなくなります。

頭皮の乾燥対策と同時に髪の保湿対策を行う事が、白髪対策にも繋がっていくのです。

白髪対策に知っておきたい保湿ケア

白髪対策に知っておきたい保湿ケア

頭皮の乾燥は、かゆみやフケなどを引き起こします。
しかし、上記のように白髪など髪にも影響を与えてしまい、また髪の乾燥も白髪を目立たせてしまう原因になります。

つまり、頭皮や髪の乾燥は白髪の悩みにも繋がっていくという事になるのです。
このように、白髪対策のためにも、頭皮と髪との両方の保湿ケアはとても大切だという事が分かると思います。

それぞれの保湿ケアについて詳しくみていきましょう。

頭皮の保湿ケア

健康な髪のためには、頭皮の健康が大事という事が知られるようになり、髪だけではなく頭皮ケアも注目され始められています。
そてい、今では頭皮用美容液やローションなども販売されています。

これらは頭皮の保湿ケアだけではなく、頭皮の血行促進にも繋がりメラニン細胞を活性化させるため、白髪対策としても効果的です。
また、髪の洗い過ぎは頭皮の乾燥の原因となりますが、同時に刺激の強いシャンプーや洗浄力の強いシャンプーも頭皮を傷め乾燥の原因になってしまいます。

頭皮の乾燥を防ぐためには、使用しているシャンプーにも気を使い、頭皮に優しいものを選ぶようにすると良いでしょう。

髪の保湿ケア

洗浄力の強いシャンプーは、頭皮だけでなく髪の乾燥の原因となる事があります。
そのため、保湿成分が配合され、保湿効果が高いシャンプーを選ぶ事も髪の保湿ケアの一つの方法です。

また、頭皮や髪の乾燥の大きな原因となるドライヤーの熱対策も重要です。
ドライヤーの熱から髪を守るトリートメントやオイルを毛先中心に付けてからドライヤーを使用するようにし、髪から20㎝ほど離して根元から乾かしていくのがポイント。

トリートメントには、洗い流すタイプと洗い流さないタイプがあります。
洗い流すタイプは洗い流さないタイプよりも手間は掛かります。

しかし、髪の内部までしっかりと成分が浸透するため、トリートメント効果は高いと言われています。
髪の潤いを閉じ込めるためには、オイルの方が効果的です。

ただ、頭頂部など頭皮に付けてしまうと、ベタつきやボリュームダウンの原因にもなってしまいます。
そのため、髪の乾燥が気になる毛先を中心に使用すると良いでしょう。

白髪と保湿のまとめ

白髪と保湿のまとめ

白髪は加齢だけではなく、頭皮の乾燥などが原因となっている場合もあります。
頭皮が乾燥する原因をしっかりと理解し、頭皮の保湿を行う事がとても大切になってきます。

頭皮ケアは美髪だけではなく、頭皮の健康、白髪対策にも繋がっていくという事を覚えておきましょう。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。