白髪染めと薄毛

白髪染めをすると若々しさが戻るために自信がついてきますよね。 
しかし、何度も白髪染めを使っていると頭皮や髪にダメージを受けます。

実は、使う白髪染めで薄毛にもなってしまうというリスクがあるのです。
そこで今回は、白髪染めを使い続けると薄毛になってしまうのか?について検証していきたいと思います。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪染めで薄毛になる原因は?

男性でも女性でも、白髪染めをすると薄毛になってしまう可能性は十分あります。
一般的に販売されている白髪染めは。化学物質が多く含まれています。

そのため、長く使い続けると頭皮や髪に大きなダメージを与えてしまうのです。
例えば、有害物質のジアミンは、長期的に使い続けていると頭皮がかぶれたり、かゆみやアレルギー反応を引き起こすことがあります。

初めは大丈夫でも、体調が悪い時や生理中、妊娠中に使うとアレルギー反応を引き起こす事があるので、気をつけなければなりません。
白髪染めは刺激が強いので、頭皮へのダメージが強くなり、薄毛の原因になってしまいます。

白髪染めを使いながら薄毛を予防するから、白髪染め優しい自然由来の白髪染めトリートメントを選ぶ事をオススメします。
自然派由来の低刺激の白髪染めならアレルギーになるリスクも抑えられて、頭皮にダメージを与える事がないので薄毛になる事もないのです。

女性用の白髪染めで薄毛になる原因

多くの女性が薄毛を気にし出すのは40代以降です。
そして、白髪染めをする時期は、女性ホルモンが減少し始めている時期と重なります。

また、その時期は、子供の教育問題や親の介護などが出てくるため、ストレスが溜まりがちです。
ストレスで血管を収縮させて頭皮に栄養が届かなくなるために、髪が細くなったり白髪になったりする事があるのです。

白髪染めと薄毛に因果関係がある事は、医学的にはハッキリしていません。
しかし、白髪染めが薄毛の原因の一つである可能性は高いでしょう。

頭髪が細く弱まり、全体的に薄くなるのです。

男性用の白髪染めで薄毛になる原因

男性用の白髪染めも刺激が強い化学物質が多く含まれています。
長い間続けていると、有害物質が頭皮や髪に大きなダメージを与えるので、薄毛の原因になってしまうのです。

また、年齢的に白髪が気になり始める時期と、薄毛が気になる始める時期はほぼ重なっています。
そのため、白髪がひどくなっていくと、薄毛も同時に進行する事があります。

年齢や生活習慣の乱れ、遺伝によってメラノサイトの働きが低下すると、髪の毛を黒くするメラニン色素が生成されなくなってしまうのです。
すると、毛根細胞の働きが弱まってしまうため、新しい髪の毛が生えてこなくなってしまいます。

ですから、白髪染めを長い間続けているとメラノサイトの機能が低下してしまうため、薄毛も増えてしまう原因に繋がります。

白髪染めで薄毛にならないための対処法

白髪染めで薄毛にならないための対処法

白髪染めが良くないと言われるのは、特に頭皮に刺激を与え、薄毛やアレルギーを起こしやすいからと言えます。
ジアミンという有害成分が入っている白髪染めによって、頭皮に物凄いダメージ・負担を掛けています。

白髪染めを利用する前には、必ず毎回パッチテストを行なうようにしましょう。
白髪染めの場合、30分後と48時間後の2回チェックすると安心です。

酸化染料のパラフェニレンジアミンなどが遅延型アレルギーを引き起こしやすく、48時間前後が一番発症しやすいとされています。

美容院の白髪染めは薄毛になりにくい

白髪染めをセルフでやっていると、根元の白髪が気になった時にリタッチをして、白髪染めを使う回数が増えてしまいます。
しかし、美容院で白髪染めをすると一か月に一回、伸びた時にどのようなヘアスタイルになるかを総合的に考えて施術してくれます。

そのため、頭皮のへのダメージのリスクになる事が少なくなるのです。
頭皮や髪が傷みやすくアレルギー性質を持っている方、敏感肌な方は、セルフで白髪染めするよりも美容院でしてもらう方が良いでしょう。

美容院での手術は料金が掛かります。
しかし、リタッチする回数を少なくする事が出来るので、頭皮と髪へのダメージを考えると経済的になる事もあります。

ヘナの女性用白髪染めは薄毛になりにくい

通常の白髪染めには有害成分が含まれており、頭皮にダメージが掛かります。
ヘアカラートリートメントやヘナに関しては、頭皮のダメージも少ないため、薄毛になりにくいと言えます。

現在では、綺麗に染まる白髪染めのトリートメントなども販売されています。
特にヘアカラートリートメントに関しては、髪・頭皮に安全性の高い成分が多く含まれているのです。

このような刺激が少ないヘアカラートリートメントは、薄毛の原因となる事がありません。
ヘナは天然の植物色素ですが、HC染料や塩基性染料よりしっかり染まります。

しかし、オレンジ色の色素なので、インディゴなどを加えて茶系にしなくてはいけません。
インディゴはアレルゲンになる事があります。

そのため、皮膚が敏感な方は、天然の染料でも気を付けましょう。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪染めと薄毛のまとめ

白髪染めと薄毛のまとめ

白髪染めによって薄毛も予防するためには、頭皮にしっかり栄養素が行き渡り、メラノサイトの活動を活発化させなければなりません。
メラノサイトを活発化させるためには、海藻類に含まれるヨードが効果的です。

ワカメや昆布ひじきとといった海藻類、メラニン色素生成に必要なチロシンを多く含むチーズや牛乳と言った乳製品を多く摂取すると良いでしょう。
また、健康的な黒髪が生える時は、私たちが睡眠中に成長ホルモンが分泌されている時に行われます。

つまり、慢性的な睡眠不足が続いていると、健康的な黒髪が生える事なく白髪や薄毛の原因になってしまうのです。
ですから、健康的な黒髪を回復させるためには、睡眠不足を解消して白髪と薄毛予防していきましょう。

そして、全身の血行が悪くなっていると、必要な栄養素が行き渡りません。
そのため、血行良くするために適度な運動ストレス解消する事が大切です。

当サイトでは、管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを紹介しています。
白髪染めを検討している方は、参考にしてください。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. マイナチュレのヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。