ピンクベージュの白髪染め

白髪染めは暗く染まるため、おしゃれを楽しめないというイメージを持っている人も多いと思います。
白髪染めでもカラーを楽しむ事はでき、ピンク系のピンクベージュは特に人気のカラーです。

白髪染めでこの人気のピンクベージュにする時のコツや注意点などについて説明していきます。

ピンクベージュの白髪染めをおすすめ出来る方

市販の白髪染めのカラーは、ブラックやブラウン系など暗いカラーが多いと言えます。
そのため、ピンクベージュの白髪染めと聞いても、どんなイメージか想像出来ないという人もいるでしょう。

ピンクベージュと言っても奇抜なピンク色になるのではありません。
ブラウンメインのほんのりピンクな仕上がりになるので、染めても違和感のない自然な感じです。

そんなピンクベージュの白髪染めは、特に次のような方におすすめです。

柔らかな印象になりたい方

ベージュは、日本人の肌と近い色でもあるので、ピンクを合わせても浮いて見えず自然な印象になります。
そのため、ピンクベージュは日本人にも合い、明る過ぎず暗過ぎず、どんな方でも合わせやすいカラーと言えます。

白髪染めで黒髪は嫌だけど、明るい茶髪も嫌だという人は一度ピンクベージュを試してみると良いでしょう。
ピンクベージュは、白髪を染めてふんわりとした柔らかな印象になりたいという方におすすめのカラーです。

可愛く見せたい方

ピンクベージュは肌色に近い暖色系のため、柔らかさと温かみを感じさせるカラーです。
ブラック系は凛とした印象を与えますが、逆にピンクベージュは可愛い印象を与えてくれます。

また、同じピンクベージュでも、染め方を変えるだけで印象は変わってくるのです。
全体をしっかりとピンクベージュに染めれば、若々しく可愛い印象を与えます。

グラデーションをかけ、毛先だけピンクベージュが目立つように染めれば控えめな印象になります。

白髪染めでピンクベージュにする事は出来る?

白髪染めでピンクベージュにする事は出来る

白髪染めでピンクベージュにする事はもちろん出来ます。
ヘアカラーの白髪染めとヘアカラートリートメントの白髪染めを使うとよいでしょう。

ヘアカラー

ドラッグストアなどでヘアカラーコーナーにずらりと並んでいる白髪染めが、このヘアカラータイプの白髪染めです。
2剤と1剤を混ぜて使うタイプで、一度髪を脱色させて髪の内部まで色を浸透させるため、しっかりと染まり値段も安いのが特徴。

脱色させる事で明るめのカラーにも染められるので、ピンクベージュにする事も出来ます。
カラーバリエーションが豊富という所も、ヘアカラーの白髪染めが人気の理由です。

ただ、脱色させてキューティクルを無理矢理開くため、髪のダメージが大きいというデメリットもあります。

ヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメントタイプの白髪染めは、ヘアカラーのような脱色はせず、髪の表面のみに色を付けて染めていきます。
そのため、髪のダメージが少なく、さらにトリートメント成分も配合されているので、髪をケアしながら白髪を染める事が出来ます。

ヘアカラーと比べると色持ちは悪いのですが、白髪染めと美髪ケアが同時に出来るというのが特徴で人気を集めています。
白髪染めと言えば、以前はほとんどがヘアカラーでした。

しかし、髪ヘのダメージなどを気にする人も増えてきて、最近ではヘアカラートリートメントタイプが人気となっています。
カラーバリエーションも豊富になってきているので、商品によってはピンクベージュのような明るめのカラーも販売されています。

白髪染めでピンクベージュに染める時のコツ

白髪染めでピンクベージュに染める時のコツ

白髪染めでよくある失敗がムラや染め残しです。
白髪を綺麗なピンクベージュに染める時のコツについてみていきましょう。

色が落ちつくまで継続して使用する

ヘアカラーは一度でしっかりと染まりますが、ヘアカラートリートメントは一度使用しただけでは髪に色が付きません。
全く色が付かないという訳ではありませんが、何回も繰り返して使用する事で少しずつ色がついてきます。

そのため、ピンクベージュの色が落ちつくまでは、継続して使用し続ける事が大切です。
1、2回使用したけれど、染まらないからと諦めてしまう人も中にはいます。

しかし、染まるまで時間が掛かるという事を理解し、色が落ち着くまでは継続して使用するようにしましょう。

ヘアカラートリートメントを使用する

白髪染めで白髪が綺麗に染まっても、残念ながら髪を洗う度に色は少しずつ落ちていってしまいます。
そこで、少しでも色持ちをよくするために、ヘアカラートリートメントを使用して色落ちしてきた上から色を重ねるという方法があります。

色落ちの程度や髪の傷み具合などから、色落ちして髪が黄色っぽくなる・赤みが強くなる・ピンク色が目立ってくるなど、色落ちや色あせの状態は人によって違います。
色落ちしたからと言って同じピンクベージュを重ねるのではなく、色落ちした状態を見ながらヘアカラートリートメントの色を変えていきます。

黄色が強い場合はブルー系、赤みが強い場合はグリーン系、ピンクが強い場合はブラウン系などの白髪染めヘアカラートリートメントを使用すると、気になる色を抑える事が出来ます。

白髪染めでピンクベージュにする時の注意点

白髪染めでピンクベージュにする時の注意点

白髪染めで髪をピンクページュに染めた仕上がりを見てガッカリする事がないように、ピンクベージュにする時に覚えておきたい注意点について見ていきましょう。

黒髪は染まらない

ピンクベージュだけではなく、他の明るめの色についても言える事なのですが、黒髪を明るい色で染めても綺麗には染まりません。
例えば、黒い絵の具の上から赤い絵の具を重ね塗りしても、黒色が勝ってしまうため赤色は目立ちません。

これと同じで、黒髪を明るい色で染めても黒髪の色が勝ってしまいます。
白髪など色がない毛は、明るい色に染まっても黒髪は黒いままなので、全体的に見ても黒髪の印象が強くなってしまうのです。

そのため、綺麗なピンクベージュに染めるためには、一度ブリーチなどで全体を明るめに染めてからピンクベージュの白髪染めを使用する事をおすすめします。
ただ、ブリーチをすると髪が傷んでしまいますので、ケアも非常に重要になっていきます。

少し明るめに染める

髪を染める時、染まり過ぎて明るくなるのを防ぐために、ちょっと暗めに染めるという人もいると思います。
もちろん、暗めが好きな人はそれでも大丈夫なのですが、明るい色にしたい人は暗めにしてしまうと、その後明るく染めるのが難しくなります。

上記で説明したように、暗い色が明るい色に勝ってしまうからです。
そのため、ピンクベージュなど明るめの色に染めたい場合は、最初は思っているよりも少し明るめに染める事をおすすめします。

仕上がりを見て明るくなり過ぎてしまったとしても、ヘアカラートリートメントの重ね塗りなどで色を暗くする事が出来るからです。
このように、暗い場合は修正が難しいのですが、明るい場合は修正も簡単だという事を覚えておきましょう。

白髪染めとピンクベージュのまとめ

白髪染めとピンクベージュのまとめ

柔らかで可愛い雰囲気に見えるピンクベージュは、年齢問わず女性に人気のカラーです。
白髪染めでもこのピンクベージュのカラーを使用する事で、若々しさを取り戻す事が出来ます。

ピンクベージュをおすすめ出来る方は下記の通りです。

  • ふんわりと柔らかな印象になりたい方
  • 可愛らしい印象を与えたい方

ピンクベージュは、ヘアカラーやヘアカラートリートメントで染める事が出来ますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。
商品も限られて来ますので、自分に合った商品を選択するようにしましょう。

染めるコツとしては、下記の2つが挙げられます。

・継続して染め続ける
・ヘアカラートリートメントなどで重ね染めをする

また、注意点としては、黒髪は染まりにくいという事が挙げられます。
綺麗に染めるためにはブリーチをする必要がありますが、髪が傷んでしまいますので、ケアも怠らないようにしましょう。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。