白髪とトリートメント

30代から40代になると、白髪が気になる方が増えてくると言われています。

白髪のお悩みを解決してくれる白髪染め。
美容院で行う白髪染めはもちろん、様々な種類の白髪染め剤が市販されています。

中でも大人気なのが白髪トリートメントです。
簡単で髪に優しいカラートリートメントは、口コミや白髪染めランキングでも好評です。

こちらでは、そんな白髪トリートメントについて詳しくお話したいと思います。

  • カラートリートメントで本当に白髪が染まるの?
  • その他の白髪染めとの違いは?
  • 安全性やコスパはどうなの?

気になるポイントを分かりやすく解説していきます。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪が気になる人にオススメ!カラートリートメントは綺麗に染まる?

カラートリートメントは、白髪染めカラーのように髪や地肌を傷める事なく、白髪を目立たなくする事が出来ます。

シャンプーの後、髪になじませて少し置くだけと使い方はとても簡単。
その上、白髪を染めるだけでなく、トリートメント効果でツヤのある美しい仕上がりが期待出来ます。

面倒な準備や後片付けの必要もありません。
また、アレルギーや敏感肌の方も使用が可能という事もあり、使う方が増えている白髪染めです。

しかし、しっかり染まらなかったという声もないわけではありません。

白髪トリートメントで白髪が綺麗に染まる?それとも染まらない?
本当のところはどうなのでしょうか?

市販で買える白髪染めの比較メリット・デメリット

市販で買える白髪染めの比較メリット・デメリット

一口に白髪染めといっても、いくつかのタイプに分かれています。

  • 沢山あって、どれを使ったら良いのかわからない。
  • 自分に合うのはどんな白髪染めなの?

こういったお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

そんな方のために、市販されている白髪染め剤を種類別に比較しました。
カラートリートメントやその他の白髪染めのメリット・デメリットをご紹介しますので参考にしてください。

白髪染めヘアカラー

白髪染めヘアカラーは、1剤と2剤を混ぜて使う白髪染めです。
一般的に「白髪染め」と言うとヘアカラーをさす事が多く、美容室で行われる白髪染めもこのタイプになります。

化学反応によって髪を一度脱色してから色を入れるため、一度でしっかり白髪を染める事が出来ます。
この他、比較的安価、約2ヶ月と色持ちが良い、明るい色にも染める事が出来るなどのメリットがあります。

しかし、一般的なヘアカラーは髪や頭皮の負担が大きく、髪のダメージは避けられません。
また、多くの白髪染めヘアカラーには、ジアミン系の薬剤が含まれています。

アレルギーを発症する恐れがある点にも注意が必要です。

男性用(メンズ)ヘアカラー

市販の白髪染め剤には男性用もあります。

白髪は気になるけれど、自分で白髪染めをするのが面倒に感じたり、不器用で自信がないという男性も少なくないと思います。
そうした場合は、メンズ用ヘアカラーを使うと簡単に白髪染めが行えます。

ワンプッシュで1剤と2剤が一緒になって泡で出て来るタイプや、短髪の男性が使いやすいコーム付きの物など、様々な男性用白髪めが販売されています。
こちらも一度でしっかり発色しますが、女性用と同じく髪や地肌にダメージを与える点には注意が必要でしょう。

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアは、イオンの原理を利用して白髪を染め上げます。

髪の表面やキューティクルを、コーティングするように色を入れていくタイプの毛染め剤です。
髪に大きなダメージを与える事なく、ツヤのある綺麗な仕上がりになるのがヘアマニキュアのメリットとなっています。

しかし、発色が良い反面、約3週間で色落ちし色持ちは良くありません。
また、ブリーチを伴ない毛染め剤のため、明るい髪色に染める事は難しくなります。

ヘアマニキュアは、頭皮や手に付くと非常に取れにくい特徴を持っています。
よって、生え際ぎりぎりまで塗布する事が出来ません。

使用時は皮膚に付着しないように注意を払いましょう。

ヘナで白髪が目立たなくなる?

ヘナカラーの仕組みは、いわゆる草木染と同じです。

ヘナによる白髪染めは髪や頭皮に優しく、ヘアダメージやアレルギーの心配がありません。
また、トリートメント効果も期待出来ると言われています。

ナチュラル志向の方を中心に、じわじわ人気の出てきたヘナカラー。
しかし、扱いが少々難しいというデメリットもあります。

天然のヘナで染めると白髪は明るいオレンジ色に染まり、黒などの濃い色になるわけではありません。
そのため、白髪の量によっては、不自然な仕上がりになる可能性があるのです。

それを補う目的で、ジアミンなどの化学物質が添加されたヘナが販売されています。

ケミカルヘナを使用すれば1回で白髪が暗いトーンに染まります。
しかしながら、髪はダメージを受けますし、アレルギー体質の方は使う事が出来ません。

一番簡単?白髪染めシャンプー

白髪染めシャンプーは、一番簡単な白髪染めと言われています。

シャンプーを買い替えて、お風呂でいつも通りに髪を洗うだけ。
たったこれだけで毎日少しずつ、白髪が染まっていきます。

髪や地肌のダメージも心配ないですし、仕上がりも自然です。

ただし、白髪が目立たなくなるまでに時間が掛かります。
そのため、すぐに白髪を染めたい!という方には不向きと言えるでしょう。

なお、白髪染めシャンプーは色落ちしやすいため、毎日使い続ける必要があります。
髪の長い女性が使用する場合、コストが割高になるでしょう。

白髪トリートメントはジアミン無添加で髪を傷めない?

白髪トリートメント(ヘアカラートリートメント)は、今一番注目されている白髪染めです。
カラートリートメントは、髪の表面に色が入るマニキュアタイプの毛染め剤になります。

ジアミンなどの刺激が強い成分が無添加のため、髪や地肌を傷める心配がありません。
そればかりか、高いトリートメント効果によって、使うたびに髪が美しくなったという評判・口コミが多く見られます。

また、アレルギーや肌が敏感な方も、安心して使う事が出来る点もメリットと言えるでしょう。

シャンプー後の髪、あるいは乾いた髪に付けた後、洗い流すだけでゆっくり白髪が染まっていきます。
ヘアカラーと比べるとやや物足りないかもしれません。

しかし、発色や色持ちは、カラーシャンプーより白髪トリートメントの方が優秀です。

カラートリートメントはどんな白髪染め?

カラートリートメントはどんな白髪染め

ルプルプや利尻などのカラートリートメントは、髪や頭皮をいたわりながら白髪を染めたい方にピッタリの白髪染めです。
天然・植物由来の美髪成分が豊富に含まれており、ヘアカラー特有のツンと来る臭いもありません。

素手で触れるほど肌に優しいため、生え際の白髪までしっかり染める事が出来ます。
放置時間も30分以内と短い場合が多く、自宅のお風呂で気軽に白髪染めが行えます。

ただし、髪の表面に色をつけるタイプの白髪染めのため、色落ちは避けられません。
しかしながら、毎日使えるほど刺激が少ないので、使用方法を工夫する事でデメリットをカバーする事が可能です。

白髪染めトリートメントは染まらない?

「白髪染めトリートメントは染まらないんじゃないのか?」と疑問に思う方もいると思います。
通常の白髪染めに比べて、染まらないという意見もあります。

実際に管理人も利用しましたが、白髪が染まらないという事もありません。
また、頭皮などにも優しいため、アレルギーなどがある方でも安心して利用する事が出来ます。

白髪染めトリートメントの中でも、ルプルプや利尻は非常に人気がありオススメです。
優しくてもきちんと染まる白髪染めとして、多くの方に利用されています。

安全・コスパ良し?白髪トリートメント

白髪トリートメントには、ジアミンや過酸化水素など刺激の強い成分は使用されていません。
昆布や植物エキスといった天然由来の成分で優しく髪を染めるため、安全性は非常に高いと言えるでしょう。

また、カラートリートメントは、アレルギーの原因物質についても無添加です。
毛染めを行うと頭皮にかゆみや刺激を感じてしまう、敏感肌や白髪染めアレルギーの方も安心して使う事が出来ます。

白髪トリートメントの平均価格は3〜4千円程度です。
一般的なトリートメントと比べると、高価という印象を受ける方が多いかもしれません。

しかし、多くの場合1本で全体染め数回分、リタッチなら10回以上使う事が出来るでしょう。
もちろん、髪の長さや白髪の量によって個人差がありますが、コスパはかなり良いと言えます。

白髪トリートメントとヘアカラーの違いは?

美容院で行う白髪染めやドラッグストアなどで販売されている白髪染めへアカラーは、化学反応によって髪の内部に色素を入れていきます。

そのため、一度でしっかり白髪が染まりますが、髪のダメージも大きくなります。
無理にキューティクルを開く事で髪の水分やタンパク質が流出してしまい、ぱさつきや髪を傷める原因となってしまうのです。

よって、使用間隔をある程度空ける必要があります。
これに対して白髪トリートメントは、天然成分で作られており髪や頭皮にダメージを与えません。

負担を掛けないので、毎日使う事も可能です。
使う度に少しずつ白髪が染まっていくため、染め上がりはナチュラルで違和感がありません。

即効性という点ではヘアカラーに劣ります。
しかし、優れた毛髪補修作用によって、ツヤのある美しい仕上がりが期待出来ます。

白髪トリートメントとカラーシャンプーどう違う?

白髪染めシャンプーと白髪トリートメントとは、どちらも徐々に白髪が目立たなくなっていくタイプの白髪染めです。
この二つの主な違いは、染まり始めるまでに掛かる時間です。

髪質にもよりますが、白髪染めシャンプーの場合、白髪に色が入り始めるまでに、数日〜数週間程度必要と言われています。

一方、カラートリートメントは、早ければ数日で白髪が目立たなくなってきます。
中には1回目から色が入り始める商品もあり、白髪トリートメントの方がより早く白髪をカバーする事が出来ます。

また、色持ちの点でも違いがあります。

基本的にカラーシャンプーは、毎日使用しなければなりません。
これに対して白髪トリートメントは、色が入り始めた後は使用間隔を少し空けるなど調整が可能です。

カラートリートメントで黒髪は明い色に染まる?

カラートリートメントには、黒から明るいブラウンまで数種類の色がある事が多く好みのカラーを選べます。
では、明るい色の白髪染めカラーを使えば、地毛も明るく染まるのでしょうか?

カラートリートメントは、白髪染めカラーとは髪が染まる仕組みが違います。
一度髪を脱色させてから染めるわけではなく、髪の表面やキューティクルをコーティングするように色素が付く事で白髪が染まります。

そのため、カラートリートメントでは、地毛の黒髪を明るい色に染める事は出来ません。
あくまでも色が入るのは白髪の部分のみという事になります。

素手OK!白髪トリートメントの効果的な使い方

白髪トリートメントの効果的な使い方

白髪トリートメントは肌に優しい成分で作られているため、素手で使う事が出来ます。

どなたでも、自宅で簡単に白髪染めが行えるカラートリートメントを、より効果的に使う方法をご紹介しましょう。
ひと手間かけるだけで、ムラや染め残しが防げますのでぜひお試し下さい。

たっぷり使う

薄付きのため、量を多めに使うのがキレイに染めるコツです。
特に、白髪が気になる部分ほどたっぷり塗りましょう。

その後、クシや手で髪にしっかりなじませると、染め残しを防ぐ音が出来ます。

髪を温める

白髪トリートメントを丁寧になじませた後、髪を温める事でキューティクルが開き発色が良くなります。
塗布後はタオルやシャワーキャップで髪を包んで温めましょう。

シャワーキャップ+ホットタオルのダブル使いも効果的です。

乾いた髪?濡れた髪?キレイに染まる塗り方

白髪染めトリートメントを使う際、乾いた髪に塗るのか、濡れた状態の方が良いのか迷われた事はありませんか?
どちらでもOKな商品が多いのですが、乾いた髪と濡れた髪では仕上がりに違いがあります。

よりしっかり色が入るのは、乾いた髪に塗布する方法だと言われています。
これは、濡れた状態で塗ると髪の水分で色素が薄められてしまうためです。

シャンプーは前日に済ませ、乾いた状態の髪にカラートリートメントを塗るとキレイに染まります。
シャンプー後すぐ染めたい場合は、一度髪を乾かすか、タオルドライで水分を丁寧に拭きましょう。

また、髪が濡れていると白髪が見え辛くなります。
髪が乾いている方が、気になる生え際や分け目の白髪を確認しやすく、細かい部分を塗るのが楽だというメリットもあります。

グレー?ブラウン?白髪トリートメントの色の選び方

塗り方以外にも、色の選び方で白髪トリートメントの染め上がりに違いが出る事をご存じでしょうか?
せっかく染めるなら、白髪がより目立ちにくい色を選びたいものです。

染めてもすぐに根元や生え際の白髪が気になる!という方で、明るい色のカラートリートメントを選ぶ方もいると思います。
白髪染めトリートメントで白髪が目立たない色は、赤みのない黒やグレーといった無彩色(モノトーン系)、アッシュカラーです。

カラートリートメントは、一般のヘアカラーと違い髪を脱色しません。
そのため、地毛に近い色を選ぶ事でムラ染めや、伸びてきた根元の白髪を自然にカバーする事が出来ます。

もちろん、地毛が明るめの方の場合は、ブラウンやライトブラウンなどを選ぶと良いでしょう。

カラートリートメントで部分染め?

カラートリートメントと言うと、髪全体に塗るというイメージが強いかもしれません。
しかし、市販の白髪トリートメントは、部分染めにも使う事が出来ます。

根元や生え際、分け目などに伸びてきてすぐに目立ちた始める白髪。
そんな気になる場所に、クシを使って少し多めにカラートリートメントを塗ります。

この時、根元までしっかり塗布するのがコツです。
低刺激で地肌についても大丈夫なカラートリートメントの良さを活かして、思い切って生え際まで塗りましょう。

リタッチを繰り返す事で、前回染めた部分と伸びてきた白髪の境目を目立ちにくくする事が出来ます。

白髪トリートメントの頻度はどのくらい?

一般的なヘアカラーは、刺激の強い成分が含まれています。
そのため、高い頻度で使用すると髪に大きなダメージを与えます。

場合によっては、薄毛や抜け毛の原因ともなりますので注意が必要です。
その点、白髪トリートメントはそうした成分が無添加ですから、毎日でも使う事が出来ます。

ただ、白髪の量やその他の白髪染めとの併用の有無などによって、使用頻度に次のような違いがあります。

白髪染めカラーと併用

美容室やセルフカラーでの白髪染めがメインの方は、週に3日カラートリートメントを使用することで毛先の退色を防止できます。

白髪が多い

染めてもすぐに根元の白髪が目立つという方も、週3日の頻度で使うと生え際の白髪をカバーする事が出来ます。

カラートリートメントのみ使用

その他の白髪染めを使わない場合は、毎日の使用をオススメします。
色が入り始めたら、様子を見ながら少し頻度を落としても良いでしょう。

カラートリートメント白髪染めを長持ちさせるコツは?

カラートリートメントは、髪の表面に色を付けるタイプの白髪染めです。
そのため、髪の内部まで色素を入れるヘアカラーに比べると、色持ちは良くないと言えるでしょう。

しかし、次のような工夫によって、綺麗な状態を長持ちさせる事が出来ます。

シャンプー選びに注意

シャンプーに含まれるアルコールやシリコンは色落ちを早めます。
アミノ酸シャンプーやノンシリコンのシャンプーを選びましょう。

しっかり乾かす

トリートメントを流した後は、濡れたままにするのではなくドライヤーで髪を乾かします。
最後に冷風を当てるとキューティクルが引き締まり、より色落ちしにくくなります。

髪を傷めない

髪にダメージがあると、色素が流れ出しやすくなり色落ちが進みます。
パーマや紫外線など髪を傷める原因になる事は避け、髪のケアに気を配りましょう。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪トリートメントのまとめ

白髪トリートメントのまとめ

白髪トリートメントはその名の通り、髪をケアしながら白髪を染められるアイテムです。

以前は、白髪染めをすればするほど髪が傷むとされていました。
しかし、カラートリートメントは違います。
使えば使うほど髪がキレイになっていく白髪染めです。

特に、ルプルプや利尻など通販限定で販売されている白髪トリートメントは、配合成分にこだわって作られています。
そのため、早いうちからしっかり白髪が染まり、高い美髪効果も期待出来るでしょう。

また、1回あたりの費用が安い上に全体染めにもリタッチにも使用する事が出来るため、経済性にも優れていると言えます。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. マイナチュレのヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。