白髪と金髪

一般的に金髪は、目立ち過ぎるヘアカラーと認識されている傾向にあり、あまりポジティブなイメージは持たれていません。
しかし、金髪には白髪を隠す効果が期待出来るというメリットがあります。

また、金髪は学生さんなど若い人にしか馴染まないと思われがちです。
しかし、年齢を重ねた人でも金髪にする事で、より若々しく見える事もあります。

今回は、髪を金髪にするまでの具体的なカラーリング方法や、金髪で白髪を隠す事のメリットについて解説します。

白髪はカラーリングで金髪になる

白髪を染めて金髪にする事は非常に難しくはありますが、染め方次第では金髪を実現出来る事があります。
髪のキューティクルを開く作用のある2剤式の白髪染めであれば、白髪に色が入る事が多いのです。

カラーは、かなり明るい色を選ぶと白髪を金髪に出来る可能性があります。
しかし、実際染めようとすると、赤毛や茶髪になる事が多いのです。

どうしても金髪にしたいのであれば、ヘナカラーを試すのをおすすめします。
ヘナカラーは、使い続ける内に徐々に色が入っていきます。

そのため、ダークカラーに染めるためのヘナカラーを1度だけ使うと、うっすら白髪に色が入り金髪になる可能性があるのです。

白髪をいかして金髪にすると自然に見える

白髪をいかして金髪にすると自然に見える

頭髪の全てが白髪である場合、白髪に色を入れる方法で金髪になる事があります。
しかし、白髪より黒髪の割合が多い場合、白髪の色を活かす事を考えてみましょう。

どういう事かと言うと、黒髪をブリーチして金髪にする事で、白髪が目立たなくなる効果が期待出来るのです。
一方、「ただの金髪では物足りない」という人には、グレイの混ざったカラーに仕上げるのがおすすめ出来ます。

金髪に見えるグレイヘアにすると、若々しく自然な雰囲気が出る事が期待できます。
また、白髪もカラーリングした周りの毛に馴染んで、目立たなくなる可能性があるのです。

金髪風グレイヘアの色の調整の方法

白髪の周りの地毛が暗い色の場合、金髪に近い色になるまでにはカラーリングを重ねる必要があります。
いきなり金髪にするのはハードルが高いので、まずはアッシュ系になるようカラーリングを重ねましょう。

市販のヘアカラー剤の多くはアッシュ系のカラーがあります。
髪がアッシュ系になってきたら、次は明るい色のヘアカラー剤を使ってカラーリングを重ねましょう。

そうすると、色の変化に個人差はあるものの、金髪風のグレイヘアになる可能性が高いのです。

お金をあまり掛けずに金髪風グレイヘアにする

金髪でなく。金髪風グレイヘアを目指すとカラーリングを何度もし続ける事になるので、その分ヘアカラー剤の購入数が多くなります。
白髪を隠すためのカラーリングであまりお金を掛けたくないという場合は、このような方法でカラーリングするのがおすすめです。

  • 美容院でプロ向けのヘアカラー剤を購入し自宅でカラーをする
  • 市販のヘアカラー剤でより安いものを探す

美容院によっては、美容師さんが施術に使うヘアカラー剤を購入させてもらえる事があります。
こうしたプロ向けのヘアカラー剤を使うと、市販のヘアカラー剤を使う場合、より少ないカラーリング回数で金髪風グレイヘアが実現出来る可能性があるのです。

しかし、プロ向けのヘアカラー剤は市販のものとは性質が異なります。
そのため、美容師さんの説明をしっかり聞いて、使い方に注意してください。

白髪を金髪にすればダークカラーより手間が掛からない

白髪を金髪にすればダークカラーより手間が掛からない

白髪が気になり始めた場合、白髪染めで黒や茶色に染めるのが白髪を目立たなくする一般的な方法です。
しかし、白髪をダークカラーに染めると、色落ちの心配から多くの場合、白髪染めをハイペースで重ねたり、ヘアマスカラなどで白髪隠しをしたりする必要があります。

白髪染めを何度もしていくと出費も多くなります。
また、薬剤によって髪や頭皮にダメージが蓄積されるリスクも高いのです。

一方で、地毛を金髪にすれば、今ある白髪が目立たなくなるだけでなく、新しく生えてくる白髪も目立たなくなる効果も期待出来ます。
なぜなら、白髪の割合が多い人の場合、新しく生える毛が見える頭頂部が白っぽく見えるので、金髪である周りの毛と馴染みやすいからです。

こうしたメリットにより、金髪にする事は白髪をダークカラーに染めた場合と比べ、重ねてカラーリングする必要がない傾向があります。

白髪を金髪で隠す事のメリット

白髪を金髪で隠す事のメリット

金髪に染める事で、白髪を隠せる事に加えこのようなメリットも得られる事があります。

  • 目立つ服を着なくてもおしゃれに見える
  • 排水溝掃除で黒い毛を目にしなくなるので不快感が軽減される

金髪はインパクトのあるヘアカラーなので、服装が多少シンプルでもおしゃれな雰囲気が出る可能性があるのです。
髪全体をブリーチせず、部分的に金髪にした場合もこうした効果が得られる事があります。

また、排水溝掃除に関しては、髪を金髪にする事で黒い毛が排水溝にたまっているさまを見なくて済みます。
そのため、不快感が軽減される事が期待出来るのです。

排水溝に黒い毛がたまっているのは、決して気持ちの良い光景ではありません。
しかし、落ちている毛が金髪であれば、黒い毛を見る時ほど不快感が生じない可能性があります。

白髪と金髪のまとめ

白髪と金髪のまとめ

白髪そのものを金髪に染めるのは、ある程度の技術が必要です。
しかし、カラーリングやブリーチによって、地毛を金髪、あるいは金髪に近いカラーにする事は出来ます。

金髪にする事で若々しい雰囲気に繋がると同時に、白髪が目立たない状態になります。
そのため、白髪染めをする事なく、自然に白髪を隠せる効果が期待出来るのです。

白髪染めで白髪をダークカラーに染めると、色落ちのリスクや染め直しに伴う髪、頭皮のダメージの心配が生じる傾向にあります。
しかし、金髪で白髪を隠す場合は、染め直しの必要性が低い、ヘアカラーそのものにインパクトが出るなどのメリットが得られる可能性が高いのです。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。