白髪と放置

白髪は加齢現象の一つとも言え、誰もが避ける事が出来ない必ずなるものです。
分け目を変える・白髪染めを使用する・ヘアカラーで髪の色を変えるなど白髪を隠す方法には色々ありますが、キリがないからと中には白髪を放置している人もいます。

白髪があるとどうしても見た目年齢が老けて見えます。
その他に白髪を放置する事のメリットとデメリットには、どのような事が考えられるのか見ていきたいと思います。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪の放置は実年齢よりも老けて見える

白髪はストレスや病気などでも起こりますが、やはり一番多いのは加齢によるメラニン色素の減少により白髪です。
髪は少しずつ伸び続け最終的に抜け落ちるまでの一定の期間「ヘアサイクル」があります。

このヘアサイクルは4~6年と言われています。
そのため、白髪に対して抜く・染めるなどの対策を行っても、結局はまた生えてくるので同じ事の繰り返しになります。

どうにもならないからと白髪を放置する人もいますが、白髪があると実年齢よりも見た目年齢が平均して5才以上は上がると言われています。
アンチエイジングや美魔女という言葉が女性の間で注目されているように、女性ならば誰もがいくつになっても周りから若く見られたいという願望があります。

老けて見える白髪は、そんな女性にとっては悩みの種の一つとも言えるでしょう。

白髪は染めるのと放置どちらがいいの?

白髪は染めるのと放置どちらがいいのか

白髪が気になるようになった時、白髪を1本ずつ抜くという人もいると思いますが、抜くと頭皮や毛根を傷め炎症の原因になるためオススメはしません。
白髪対策として一番多いのが白髪染めになります。

トリートメントやシャンプータイプの白髪染めなどもありますが、これらは効果があらわれるまでに時間が掛かります。
そのため、すぐに白髪が目立たなくなる美容院や市販の白髪染めで行うヘアカラーが人気で白髪対策として一般的です。

しかし、白髪染めは白髪が伸びてくる度に行わないといけない、お金が掛かる、髪へのダメージが大きいなどのデメリットもあります。
ずっと染め続けなければなないという煩わしさから白髪対策は行わず放置している人もいます。

白髪を放置すれば、当然ながら白髪が伸び目立つようになってきます。
しかし、自分自身が白髪が目立っても構わないという事であれば、放置しても問題は特にありません。

見た目を重視するか、染める煩わしさから解放されるかどちらを優先するかの違いになります。

白髪放置のメリット

白髪があっても髪や体に悪影響を及ぼす訳ではないので、白髪を抜いたり染めたりせずに放置しても特に問題はありません。
白髪を放置した場合のメリットをあげるとすると、染める手場が省けるためその時間を節約出来る・髪をダメージから守る事が出来るという事です。

白髪が目立ち始める30代後半~40代はまだまだ働き盛りの時期なので、白髪を染める時間がなくなるだけでもメリットはあると言えます。
また、白髪染めで髪がダメージを受けると、頭皮も少なからずダメージを受けていきます。

頭皮がダメージを受け続けると抜け毛や薄毛の原因になるとも言われています。
他にも皮膚の弱い人やアレルギーのある人は、白髪染めで頭皮に炎症が起こってしまう頭皮トラブルを起こす可能性があります。

このように髪や頭皮の健康だけを考えるならば、白髪を染めたり抜くよりは放置した方が良いといえます。

白髪放置のデメリット

白髪を放置した場合、実年齢よりも老けて見えるというのが一番のデメリットになります。
平均して5歳ほど年齢が老けて見られがちですが、根元だけの白髪なのか髪全体に白髪が入り混じっているのかにもよっても見た目年齢は変わります。

中には白髪があるだけで7歳以上も老けて見えられるという例もあるようです。
その他、60代などある程度の年齢になれば、周囲も白髪があるのがあたり前という認識になります。

そのため、白髪に対しても抵抗がなくなる人が多いと言えるでしょう。
しかし、40代の白髪はまだまばらなため、放置する事で清潔感に欠ける・ヘアケアを怠っているという印象を与えかねません。

特に営業や接客などの仕事をしている人は、清潔感などの見た目のイメージが仕事に影響を与える可能性があるため注意が必要です。
働き盛りの30代・40代の白髪は、周囲にマイナスイメージを与えないためにも放置はせずに白髪染めなどの白髪対策をした方が良いと言えます。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪と放置のまとめ

白髪と放置のまとめ

白髪は加齢現象とも言えるのであっても全く問題はありません。
しかし、その人の年齢によっては白髪がある事で、マイナスイメージを与えてしま事もあります。

人前に出る仕事をしているような人は、白髪ケアを行った方が好印象を与える事が出来るでしょう。
白髪染めなどで白髪ケアを行う場合は、髪をダメージから守るようにトリートメントなどダメージ対策も必ず行うようにしましょう。

また、白髪を放置する場合はただ放置するのではなく、美容院などで白髪が似合う髪形にカットしてもらうだけでも与える印象は変わります。
白髪を放置するのであれば、おしゃれの一環として周りから捉えられるような努力が大切になります。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。