白髪のごまかし方

30代半ばを過ぎると徐々に白髪が増えてきます。
たった数本でも老けて見えてしまうため、ごまかし方に悩まれる方も多いようです。

さらに、年齢を重ねるにしたがって、そのお悩みも深刻なものとなっていく事でしょう。
こちらでは、白髪のごまかし方について考えてみたいと思います。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪が目立たない!上手いごまかし方とは?

見た目年齢を大きく左右する白髪。
キレイに染めても半月もすれば、また根元の白髪が目立ち始めてしまいます。

それが「いかにも白髪染めをしています!」風に見えるのも困りもの。
とは言え、白髪が目立たないように常に帽子を被っているわけにもいきません。

また、白髪のせいで自分に自信が持てなかったり、オシャレを楽しめないという声も聞かれます。
これは非常にもったいない話です。

いつまでも若々しく過ごすためにも、白髪の上手いごまかし方を知り、仲良く付き合っていくのが賢い方法と言えるでしょう。
白髪が目立たないようにするためには、染める以外にも様々な方法があるのです。

白髪の量に応じた、最適なごまかし方を解説します。

少ない白髪のごまかし方

少ない白髪のごまかし方

ダメージなど白髪染めによるリスクを考えると、あまり早くから染めるのも…
白髪がちらほらある程度の方は、染めるかどうか迷われる事でしょう。

また、若い世代の方は「白髪染め」を使う事に抵抗感がある方も少なくないようです。
しかし、白髪が少ないうちは染めなくてもある程度、白髪をごまかせます。

髪型やアレンジの工夫・グッズの活用で、白髪が目立たないようなごまかし方が出来るのです。
そのためには、白髪の目立つ位置をよく確認する事が大切と言えます。

まず鏡などでよく確認して、気になる場所の白髪を上手に隠すようにすると良いでしょう。

白髪が目立たない!最適な髪型とは

白髪が一番目立つのがストレートのロングヘアです。
サラサラのストレートヘアの場合、髪がよく動くため内側の白髪が表に出てきやすくなります。

また、髪の毛の重さによって引っ張られる事で、分け目がぱっくり開きがちです。
すると、ほんの少しの白髪であっても、とても目に付きます。

では、白髪が目立たない最適な髪型とは何なのでしょうか。
答えは、ほどほどの長さのパーマヘアです。

まず、パーマを掛ける事で奥に隠れている白髪が出てきにくくなります。
髪がふんわりと立ち上がるので、分け目の白髪も悪目立ちしません。

さらに、直線的なストレートヘアとパーマヘアでは、反射の仕方も違います。
ウェーブのかかった髪は上手い具合に乱反射し、白髪をごまかすのに一役買ってくれます。

生え際・頭頂部の白髪のごまかし方

量が少なくても目に付きやすい生え際の白髪対策には、ふわりと前髪をかぶせるスタイルがオススメです。
サイドの髪は、耳からアゴのラインにかけて少しカットしておくと、顔まわりの白髪を自然にカバーする事が出来ます。

まとめ髪の場合も、フェイスラインの髪は軽く下すのがコツです。
分け目はあえて作らない、あるいはジグザグにする事で白髪が目立ちにくくなります。

また、頭頂部にボリュームを持たせるようにブローするのも効果的です。
つむじや分け目の白髪のごまかし方で簡単なのは、ヘアバンドやターバンを使う事。

視線が集中するとかえって白髪が目立つので、髪に馴染む色のヘアアクセを選ぶのがポイントです。
また、前髪のみのウィッグを利用すれば、生え際も頭頂部の白髪も一度に隠せます。

増えてきた白髪のごまかし方

増えてきた白髪のごまかし方

様々な工夫をしても白髪が増えてくると、次第にごまかしきれなくなってきます。
白髪の量が3割以上になると、ヘアスタイルやアレンジだけで白髪をカバーするのは難しいでしょう。

かと言って、白髪を放置しておくわけにもいきません。
では、どうすれば良いのでしょうか。

増えてきた白髪のごまかし方としては、やはり染めて隠してしまうのが一番確実な方法です。

白髪をごまかせるのはおしゃれ染め?白髪染め?

白髪をしっかりごまかしたいなら、おしゃれ染めではなく白髪染めを使いましょう。
おしゃれ染めでは、白髪部分にほんのり色が入る程度の仕上がりになります。

もちろん、全く染まらないわけではありません。
しかし、本来、黒髪を明るく染めるヘアカラーであるため、白髪染めと比べると染毛力が弱いのです。

黒髪との境目を多少ぼかす事はできても、白髪をしっかりごまかせるとは言えません。
一方、白髪染め剤を使えば、白髪も黒髪もキレイに染める事が出来ます。

ただ、一般的な白髪染め剤には、ジアミン系の薬剤や過酸化水素など、刺激の強い成分が配合されています。
髪や頭皮がダメージを受けるだけでなく、アレルギーの発症リスクがある点にも注意が必要です。

ごまかし方・生え際の白髪には白髪隠し?

生え際など、一か所に固まって多くある場合には白髪隠しが便利です。
マスカラタイプやパウダータイプがあり、お出かけ前など気づいた時にいつでも使えます。

白髪が目立つ場所にさっと付けるだけで大丈夫です。
もみ上げや分け目に伸びてきた、根元の白髪の応急処置的なごまかし方も出来ます。

一時的に白髪をごまかすには、ぴったりのアイテムと言えるでしょう。
中には少しずつ染まっていくタイプもありますが、基本的に持続性は期待できません。

白髪隠しの染料はシャンプーすれば落ちてしまいます。
そのため、水や汗による色落ち、衣類などへの色移りには要注意。

また、白髪が髪全体にある場合には手間が掛かり過ぎますし、コスパも悪くなるでしょう。

ごまかし方・ヘアマニキュアで白髪染め?

ヘアマニキュアは、髪の表面を染料でコーティングする半永久染毛剤です。
髪はサラサラでツヤのある仕上がりになります。

黒髪部分の変化はわかりづらいですが、白髪には色が入るので白髪を目立たなくする事ができます。
脱色を伴う一般の白髪染め剤と違い、髪のダメージはそれほど心配しなくても良いでしょう。

ただ、ヘアマニキュアは、皮膚に付くと非常に落としにくいのが難点です。
そのため、根元ギリギリまで染料を付ける事が出来ません。

伸びてきた白髪のケアには不向きなため、白髪のごまかし方としては今一つと言えるでしょう。
また、ヘアマニキュアに含まれるタール色素は、発ガン性やアレルギーの発症リスクがあると言われている成分です。

カラートリートメントは伸びかけ期間の白髪もOK?

白髪を目立たなくする方法で一番オススメなのがカラートリートメントです。
トリートメントタイプには、白髪染めカラーに配合されている刺激の強い成分や、タール色素は含まれていません。

ルプルプや利尻カラートリートメントは、髪と頭皮に優しく、安心安全に白髪を染められます。
一般の白髪染めと比べると染まり方はややゆっくりです。

しかし、自然な感じで白髪をカバー出来るというのはメリットでもあります。
繰り返し使う事で、白髪と黒髪の境目が目立たずナチュラルに白髪を隠す事が出来るでしょう。

白髪染めトリートメントは、毎日使えるほど穏やかな成分で作られているため素手での使用も問題ありません。
地肌までしっかり塗り込めるので、全体染めだけでなくリタッチや、伸びかけの期間の白髪をごまかすのにもピッタリです。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪のごまかし方のまとめ

白髪のごまかし方のまとめ

量が少ないうちは、ヘアスタイル等の工夫である程度、白髪をごまかす事も可能です。
しかし、白髪が増えてくるとそうもいかなくなってくるでしょう。

発色と色持ちだけを考えれば、白髪染めカラーを使うのが簡単な方法です。
ただ、白髪染めが髪や頭皮に与える影響は大きく、使い続ける事で頭皮環境の悪化を招きます。

最悪の場合、毛母細胞へのダメージで白髪が増えてしまう事も考えられるのです。
長期間に渡って繰り返し行う必要があるからこそ、安全性の高い白髪のごまかし方を選びたいもの。

ルプルプや利尻カラートリートメントは、大切な髪をいたわりながら白髪が染められます。
髪や頭皮の健康を損なわず、上手に白髪を隠す事ができる優れたアイテムと言えるでしょう。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. マイナチュレのヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。