まだらな白髪

白髪は生きていく上で避けられないものです。
生え方には個人差がありますが、40代以降になると白髪がどんどんと目立ち始めます。

最初はあまり気にならなくても、黒髪の中の白髪が増え始めると、まるでまだらのような見た目になり目立つようになってきます。
このまだら白髪はどのような原因で起こるのか、また、まだら白髪の綺麗な染め方などについて詳しくみていきましょう。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

まだらな白髪の原因は?放置よりも染めた方が良い?

白髪は髪が死んでしまっていると思っている人も多くいるようですが、白髪になった毛は決して死んでいる訳ではありません。
髪に黒色が付いているのは、メラニン色素の働きによるものなので、髪にメラニン色素がしっかりと含まれていれば必ず黒髪になります。

しかし、加齢やストレス・栄養不足など様々な事が原因となり、髪のメラニン色素を作るメラノサイト(色素細胞)の機能が低下してしまう事があります。
メラノサイトの機能が低下してしまうと、メラニン色素が上手く作れなくなり髪に色を付けれなくなってしまいます。

これが白髪のメカニズムです。
白髪の生え方としては全体的にまだらに白髪になる人もいれば、部分的に集中して白髪になる人など個人差が大きいと言えます。

まだらな白髪は老けて見られたり清潔感に欠ける印象を与えてしまう事もあるため、放置するよりも染めた方が良いでしょう。

黒髪と白髪が髪の途中でまだらになっている原因とは?

黒髪と白髪が髪の途中でまだらになっている原因

白髪だと思って抜いてみると根元の部分は黒かった、毛先は黒で中間は白だが根元はまた黒かったなどという事がよくあり、特に若い世代に多く見られます。
このような一本の髪の毛で黒髪と白髪がまだらになっている原因として、ストレスや栄養不足・睡眠不足など何らかの不調により、白髪になっている部分の時にメラノサイトの機能が低下していたと考えられます。

髪は毛母細胞の働きによって伸びていくため、毛先は古く根元に行くほど新しい髪となります。
白髪になっていても根元部分が黒くなっているのであれば、メラノサイトの機能が元に戻っているという事になるので特に問題はありません。

しかし、毛先は黒で根元が白いという場合は、メラノサイト機能が低下している状態になるので、ストレス解消をはかったり生活習慣を見直してみましょう。

髪全体が白髪と黒髪でまだらになっている原因とは?

髪全体が白髪と黒髪でまだらになっている原因

一本の髪が黒髪と白髪でまだらになっているのではなく、髪全体が黒髪と白髪でまだらになっている場合は、加齢による白髪の増加がまず考えられます。
白髪が増え始める年齢には遺伝などの要素も大きく個人差があるため、30代前半でも白髪で悩んでいる人は多くいます。

急激に白髪の量が増えて、まだらが目立つようになってきたなどという場合は、ストレスなど精神的な影響・栄養や睡眠不足だけではありません。
尋常性白斑や甲状腺機能低下症など、代謝分泌異常などの病気が原因となっている可能性も考えられます。

病気がまだら白髪や白髪が急激に増える原因となっている場合は、病気に対する治療を行う事でまだら白髪が改善する事もあるため、まず病気の治療が優先です。
急激に白髪が増えた、白髪の他に体調不良などの症状もあるという場合は、たかが白髪とは思わず念のため一度医師の診察を受ける事をオススメします。

まだらになっている白髪は染めるのがベスト

まだらになっている白髪は染めるのがベスト

まだらな白髪は、もちろん放置していても全く問題はありません。
実際にストレス・生活習慣などが原因でまだらになっている場合は、ストレスの解消や生活習慣の見直しを行う事で自然と黒髪に戻る事も少なくないのです。

白髪がまだ少ない場合は、髪のアレンジや分け目を変える事でまだら白髪が目立たなくなります。
しかし、白髪の量が増えてくると、髪のアレンジや分け目を変えてもどうしてもまだらが目立ってしまいます。

黒髪の中にあるまだら白髪は見た目年齢を老けさせ、髪の手入れをしていないという印象から清潔感にも欠けてしまいます。
そのため、思い切って染めてしまった方が良いでしょう。

目立たないように根元から切るという方法もありますが、切ってしまうと伸びてきた時にピンと立ってしまい余計に目立ってしまいます。

まだら白髪の綺麗な染め方

髪全体的に白髪が目立ってまだらになっているようであれば、白髪染めを使用した方が早く綺麗に染まります。
しかし、髪へのダメージが大きいというデメリットがあります。

髪の途中から白髪になっているような場合は、黒髪に戻る可能性も十分に考えられるので、白髪染めではなくヘアマニキュアをオススメします。
ヘアマニキュアは髪の表面にのみ色を付けるため、シャンプーで少しずつ色が落ちてきます。

しかし、髪の健康状態が戻れば黒髪が復活するので、その間のまだら白髪の応急処置としては十分でしょう。
ただ、薬剤を塗布してからの放置時間などを守らないと、まだらが綺麗に染まらない事もあるため、必ず説明書通りに使用して下さい。

一度全体を染めて再度白髪が伸びてきた時は、また全体を染めるのではなく、伸びてきた部分だけを染めるリタッチなどで極力髪をダメージから守るようにします。
市販品でもリタッチ用などが販売されているので、状況に合わせて使い分けしていくと良いでしょう。

ただ、後頭部などは自分では見えにくい部分になります。
そのため、後頭部のまだらが多い場合は、市販品ではなく美容院で染めてもらう方が綺麗にまだらが染まります。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

まだらな白髪のまとめ

まだらな白髪のまとめ

白髪は誰にでも必ず生えてくるものですが、黒髪と白髪でまだらになっている状態は決して綺麗だとはいえません。
白髪が生えているのが当たり前だと思える年齢になってしまえば、黒髪と白髪でまだらになっていても周りもあまり気にならないかもしれません。

しかし、30代・40代でまだらになっている場合は、放置せず染めた方が周りの印象も良くなります。
全体的に白髪が多い場合は白髪染めで解決しますが、まだらな白髪はヘアマニキュア・トリートメントや白髪染め・部分染めなど染め方にも選択肢があります。

ストレスや栄養不足など、加齢以外がまだら白髪の原因となっている場合もあります。
そのため、まだら白髪を見つけた時は、自分自身の環境や食生活・生活習慣などを見直してみる事も大切です。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。