白髪のメカニズム

初めて白髪を発見した時は、一気に老けたような気がしてショックになりますよね。
多くの白髪はごく自然な加齢によるものなので、100%防ぐ事は困難です。

しかし、近年は生活習慣の乱れや無理なダイエットにより、白髪になる人が増えています。
白髪は正しい対策を行う事で、進行を予防・改善する事が出来ます。
 
白髪対策のためには、まずは白髪のメカニズムを理解する事が大切です。
では、詳しく見ていきましょう。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪のメカニズムは解明されている

なぜ白髪になってしまうか?という明確な原因は、まだ医学的には明らかにされていません。
しかし、白髪になるメカニズムは徐々に分かってきています。

健康的な体であれば全身に栄養素が行き渡り、健康的な髪が作られるメラノサイトが活発化されます。
そして、生まれたての真っ白い産毛に、生まれつき遺伝子に組み込まれている髪の毛の色(日本人の場合は黒)がメラニン色素の場合によって付着されるのです。

しかし、何らかの原因によってメラノサイトの働きが十分に機能していないと、メラニン色素が生まれなくなってしまいます。
すると、生まれたての産毛は黒に着色されず、そのまま白い髪の毛となって生まれてきてしまうわけです。

これが白髪のになるメカニズムになります。
つまり、白髪とは年を取ったから黒い髪の毛が白髪になってしまうというわけではなく、元々は産毛の真っ白い状態で生まれてくるのです。

そして、メラニン色素が発生するには、チロシンというアミノ酸が必要になります。
チロシンが発生するためにはカルシウムも必要なので、メラニン色素を生成するには多くの栄養素が必要となるのです。

白髪のメカニズムの論文

玉川大学の研究レポートによると、髪の毛の色はメラニン色素が決定すると記載されています。
つまり、人間はみな髪の毛も体毛も真っ白い状態で生まれて、メラニン色素によって黒髪や赤毛、金髪になったりするという事が分かっているのです。

髪の毛の色はメラニン色素が決定するという事は、100年以上も前から研究データによって分かっていたと言えます。
つまり、白髪になるメカニズムは、このメラニン色素が十分に生成されないからです。

しっかり健康的な黒髪を発生させるためには、ミラノメラニン色素を生成するメラノサイトの働きをしっかり起動させなければなりません。

白髪になる原因とメカニズム

白髪になる原因とメカニズム

白髪になるを最も大きな原因・メカニズムは、加齢による老化が大きいとされています。
年齢と共に毛根によるチロシンの量が減るため、メラニンの量が劇的に減ってしまうからです。

しかし、遺伝的にメラニンの分泌量が元々少ない人は、20代や30代でも白髪が多くなってしまう場合もあります。
そして、メラニンの分泌量が活発化していてメラノサイトの活動が正常に働いていれば、40代や50台で代あっても綺麗な黒髪をキープする事が出来ると言えるのです。

そして、そのメラノサイトが正常に働くためには、健康的な黒髪に必要な栄養素をしっかり取る事が重要になってきます。
つまり、栄養バランスのとれた食生活をしっかりすること、適度な運動をして全身の血行良くする事が大切です。

そうすれば、メラノサイトの活動が活発化されて、メラニン色素がしっかり生成されるため白髪予防となるでしょう。

白髪の原因のメカニズムは色素幹細胞

白髪の原因のメカニズムの一つは、色素幹細胞の機能不全となっています。
白髪の原因は、色素肝細胞の機能は不全になっているため、メラニン色素が十分に生成されない事が分かっています。

色素幹細胞は髪の毛のルーツであり、ここから健康的な髪が生まれるのです。
しかし、大きなストレスを受けたり生活習慣が乱れていると、色素幹細胞の機能が低下してしまうため、健康的な髪が生えてこないというわけです。

色素幹細胞がしっかり働いていれば、生まれたての髪の毛にしっかり黒い髪を色付けしてくれて、綺麗な健康的な黒髪が生えてきます。
健康的な髪を作るメラノサイトが正常に働いても、色素幹細胞でメラニン色素が生成されないと黒い髪は生えてこないというわけです。

白髪研究が進んで、色素幹細胞を復活させる育毛トニックが出来れば、健康的な髪が生える手助けとなるでしょう。

白髪の原因のメカニズムは栄養不足

色素幹細胞の機能不全の他の白髪の原因のメカニズムは、健康的な黒髪が育つために必要な栄養が不足しているという事です。
我々が食べた食品から栄養素を摂取して全身に栄養素が行き渡れば、頭皮にも血液を通してメラノサイトまで必要な栄養素が運ばれます。
  
しかし、乱れた食生活をしていると栄養不足になり、健康的な髪に必要な栄養素がしっかり毛細血管まで行き渡らないのです。
ですから、日頃から栄養バランスの良い食生活をして、全身の血行を良くして頭皮までしっかり栄養素を行き届かせる必要があります。

例えば、海藻類に含まれるヨードは、メラノサイトを活発化させるのに必要な栄養素です。
ですから、わかめ、昆布、ひじきと言った海藻類は多く摂取すると良いでしょう。

メラノサイト内のメラニン色素を生成するためには、乳製品に多く含まれるチロシンが必要なので、チーズや牛乳を多く摂ると効果的です。
また、体内に活性酸素が多くあるとメラニンの生成を妨害してしまうため、活性酸素を除去するビタミンCも多く摂取すると良いでしょう。

髪の毛は健康的な良質なタンパク質を摂る事も大切なので、豆腐、大豆、納豆と言った大豆製品を多く摂取するのも効果的と言えます。

毛先の髪の毛だけ白髪になるメカニズム

毛先の髪の毛だけ白髪になるメカニズム

黒髪として生えてきたのに毛先だけ白くなってしまうメカニズムは、メラノサイトの機能が低下が考えられます。
メラノサイト内で健康的な髪が生まれるための栄養素がしっかり行き届けば、メラニン色素が作られて健康的な黒髪になるのです。

しかし、その栄養が不十分であれば、メラニン色素が十分に生成されずに毛先が白髪になってしまうでしょう。
そして、日頃からストレスが多い生活をしていると、交感神経が活発化して緊張状態となり、血管が収縮しメラノサイトの機能が低下してしまうのです。

メラノサイト内で十分なメラニン色素が生成されるためには、ストレスを解消して心身ともにリラックス状態をする必要があります。
そうすれば、交感神経が働き血管がスムーズになるため代謝が良くなり 、健康的な黒髪が十分に生成されるでしょう。

ストレスを多く感じていると、体に必要な栄養素が十分に行き渡らずに、メラニンメラノサイトの機能が低下して毛先だけ白髪となってしまうのです。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪のメカニズムのまとめ

白髪のメカニズムのまとめ

今回は、白髪のメカニズムについて記載していきました。
髪のカラーリングを繰り返すと、白髪になりやすいという事実があります。

永久染毛剤と呼ばれる白髪染めやおしゃれ染めには、薬剤浸透のために髪のキューティクルを開くアルカリ剤が配合されているからです。
半永久染毛料と呼ばれるヘアカラートリートメントやヘアマニキュアには、髪にも頭皮にもより優しくなっていますのでオススメ。

特にヘアカラートリートメントは白髪を染めるだけでなく、髪や頭皮に栄養を与えてくれるのです。
人気の利尻ヘアカラートリートやルプルプは、白髪が増えることを予防・対策してくれます。

白髪が増えるのを防ぎたい方や髪の毛を傷ませたくない方は、白髪染めトリートメントを使用するのがオススメです

特にストレスによって毛先が白髪になる事は誰にでもあるので、珍しい事ではありません。
毎日の食事、ストレス解消、睡眠、運動など、自分の出来る事から見直していきましょう。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. マイナチュレのヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。