白髪とポニーテール

加齢と共に白髪が生えてきてしまう。
身体の細胞は加齢と共に衰えていくため、避けようのない事実かもしれません。

しかし、白髪の原因にポニーテールが関係していると知っている方は少ないのではないでしょうか。
実は、髪型1つで白髪が増えてしまう原因になるのです。

  • ポニーテールが白髪の原因になる理由3選!
  • ポニーテール以外に白髪の原因になる髪型
  • 低めにつくったポニーテールは白髪隠しに最適
  • 白髪の原因である血行不良には頭皮マッサージがオススメ

本記事では、上記の4点について主にまとめています。
「どうしてポニーテールが白髪の原因になるのよ!」と思われた方は、ぜひ記事を読み進めてください。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

ポニーテールが白髪の原因になる理由3選!

ポニーテールと言えば、簡単にヘアアレンジが出来て、男性受けが良い髪型。
横・後ろから見えるうなじや首筋に、好感触を抱かない男性はほとんどいないでしょう。

しかし、そんなポニーテールは少し間違えてしまうだけで、白髪や薄毛の原因になってしまう事があります。
例えば、ポニーテールで頭をひとまとめにした際に、頭痛を感じた事があるという方。

そんな方は、特に注意が必要。
下記では、その理由についてもう少し詳しくご紹介していきます。

血行不良

まずは結論から。
白髪の原因になってしまう髪型の共通点は、「血行不良を引き起こす」という事です。

ポニーテールのように毛髪ごと頭皮を後ろにひっぱる髪型は、軽度とはいえ血行障害を引き起こしています。
そのため、頭痛が引き起こされてしまうのです。

この血行障害によって、頭皮に必要な栄養素が流れてこなくなります。
その結果が白髪や薄毛です。

もちろん、ポニーテールと言っても種類は多くあり、全て禁止!というわけではありません。
「きつく髪の毛を縛るポニーテール」は、頭皮のために絶対にしないようにしましょう。

生え際への紫外線ダメージ

ポニーテールが白髪に繋がる原因の2つ目。
それは、「紫外線が与える生え際へのダメージ」です。

紫外線は、メラニン色素の生成に必要不可欠な色素幹細胞を損傷させる原因だと言われています。
外出時に常に同じ分け目をしていると、頭皮にダメージが蓄積されてしまうという事です。

  • 紫外線
  • カラーやパーマ
  • 洗浄力の強いシャンプーや使用方法の誤ったドライヤー

上記の3点が、頭皮への強いダメージを与える原因です。
また、当たり前ですが、頭皮のダメージは薄毛の原因にもなります。

・隔週ごとに分け目を変える
・日焼け止めスプレーを頭皮にもかけて外出する

上記の2点を行なう事で、紫外線からのダメージは軽減する事が出来ます。
髪用の日焼け止めスプレーも、各メーカーから多数販売されていますのでチェックしてみてくださいね。

きつい締め付けによるダメージの蓄積

ポニーテールが白髪に繋がる原因の3つ目。
それは、「きつい締め付けによるダメージの蓄積」です。

髪の毛を縛ってまとめている髪型は、時間がたつにつれて頭皮にダメージが蓄積。
その結果、毛根の細胞が傷ついてしまいます。

髪の毛に色を付けるメラノサイト細胞に傷が付くと、白髪として生えてきてしまうのです。
そのため、上記の「血行不良」でも言った通り、「きつく髪の毛を縛るポニーテール」は会社のルールでもない限りしないようにしてください。

ポニーテール以外に白髪の原因になる髪型

ポニーテール以外に白髪の原因になる髪型

ポニーテール以外にも、白髪の原因になる髪型はいくつかあります。
その髪型は以下の通りです。

  • 帽子
  • カチューシャの使用
  • ヘッドバンドの使用

上記の3つは、頭の形にあっているものかどうかで、白髪の発生リスクを大きく左右します。
オシャレや日焼け止めのために帽子を使用していたという方も多いはず。

しかし、それが白髪の原因にも繋がってしまうのです。
下記では、この3つがどうして白髪の原因になるのか、詳しくご説明していきます。

帽子

ハットやキャップ、ベレー帽など帽子はオシャレに必要不可欠なアイテムです。
紫外線対策としても有効ですしね。

しかし、毎日長時間かぶっていると、それが白髪の原因になってしまいます。
その理由は、ポニーテールでも説明した「血行不良」です。

強い風や走った際に落ちないように、帽子はある程度フィットしたものを使用しますよね。
しかし、それが頭を締め付けて軽い血行障害を引き起こしているのです。

  • 長時間かぶらない
  • 使用頻度を減らす

この2点に気を付けながら、使用するようにしてください。

サイズのあっていないカチューシャやヘッドバンド

カチューシャやヘッドバンドも、長い髪の毛をまとめるのに便利なアイテムです。
寝る前に使用して、まったりとした時間を過ごすという方も多いのではないでしょうか。

ただ、カチューシャやヘッドバンドも上記の帽子やポニーテール同様に、頭皮を圧迫して血行障害を引き起こす原因になります。
カチューシャをしていて、こめかみが痛くなったという方もいるはずです。

基本的に、買ったばかりのカチューシャやヘッドバンドは特に締め付けが強いため注意が必要。
また、頭皮の締め付けは気づかぬうちにストレスに繋がっている事も多いのです。

ストレスは白髪になる原因になるため、サイズのあっていないカチューシャやヘッドバンドは、出来るだけ使用しないようにしましょう。

低めに作ったポニーテールは白髪隠しに最適

低めにつくったポニーテールは白髪隠しに最適

上記では、ポニーテールが白髪の原因になる事を説明してきました。
しかし、ポニーテールは白髪を目立たせない髪型としてオススメ出来ます。

大事なポイントは、あくまで「きつく髪の毛を縛らない」。
そうする事で、血行障害になるリスクや締め付けによる頭皮のダメージを防ぐ事が出来ます。

白髪を隠す方法として、低めにつくったポニーテールはアレンジもしやすいです。
そのため、少し変えるだけで簡単に印象を変える事が出来ます。

他にも白髪隠しのヘアスタイルは沢山ありますので、是非チェックしてみてくださいね。

白髪の原因である血行不良には頭皮マッサージがオススメ

白髪の原因である血行不良には頭皮マッサージがオススメ

ポニーテールによる頭皮の血行不良には、血流を促す効果がある頭皮マッサージがオススメです。
血行不良で現れる症状は以下の通り。

  • 白髪
  • 顔のたるみ
  • 抜け毛
  • 肩コリ
  • 首コリ

顔のたるみに驚いた方もいると思います。
血行不良によって頭皮が固まり、弾力は損なわれてしまうのです。

顔の皮膚と頭皮は繋がっているため、頭皮が固まると顔を支える筋肉が衰えて顔はたるんでしまいます。
白髪だけではなく、顔のたるみの原因にもなる血行不良。

それを改善するために、お風呂あがりに指の腹でやさしく揉み込むように頭皮マッサージをしてください。
育毛剤には血行促進効果があるものが多いため、併用して行なう事をオススメします。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

ポニーテールと白髪のまとめ

ポニーテールと白髪のまとめ

ポニーテールが白髪の原因になる理由を本記事では説明してきました。

  • 血行不良
  • 生え際への紫外線ダメージ
  • きつい締め付けによるダメージの蓄積

この3つが主なポニーテールによる白髪の原因でしたね。
そして、その改善方法としてご紹介したのが、頭皮マッサージ。

強く押し過ぎると毛細血管を傷つけて、逆に硬化させてしまうリスクがあるため注意が必要です。
また、育毛剤には血行促進効果が期待出来る商品があります。

・ミノキシジル
・M-034
・センブリエキス
・ニンジンエキス
・塩化カルプロニウム
・ニコチン酸アミド
・ジフェンヒドラミンHCI

上記の7つの成分が配合されている育毛剤には、血行促進効果が期待出来ます。
是非、育毛剤を選ぶ際には、これらの成分が配合されているものを選んでみると良いでしょう。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。