白髪染めを長持ち

髪の毛に白髪が増えてきた時、白髪染めを使って目立たない状態にするという人は多いでしょう。
しかし、同じように白髪染めを使って対策したとしても、使うアイテムや使用後のケア方法によって色落ちするまでの期間は変わってきます。

白髪染めを使用すると、どうしても頭皮や毛髪に負担がかかってしまいますから、出来るだけ長持ちさせてカラーリングの回数を減らしたい所です。
白髪染めを長持ちさせるために重要なポイントを項目別にチェックしていきましょう。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

長持ちしやすい白髪染め選び

白髪染めを長持ちさせるため、白髪染め選びにこだわりましょう。
使う白髪染めの種類によって色落ちのしやすさは異なり、染める頻度も変わってくるからです。

市販されている白髪染めは大きく分けて、ヘアカラーとヘアマニキュアの2種類があります。
ヘアカラーは脱色した後で毛髪の中まで染めるので、1~2ヶ月程度は色が持つ白髪染めです。

単純に長持ちしやすいのはヘアカラーですが、頭皮への負担が大きくなりがちなので肌荒れのリスクがあります。
敏感肌の人は、かゆみが生じる事もあるので注意しましょう。

ヘアマニキュアは脱色をせず髪の毛の外側から色を着ける形なので、持続期間は1~3週間程度です。
その代わりに頭皮への負担は軽減出来るので、白髪だけでなく髪の毛の細さ・本数も気になる人にオススメの白髪染めと言えます。

自分の髪質に合った色の白髪染めを選んで長持ちさせる

自分の髪質に合った色の白髪染めを使う事も、長持ちさせるためには重要です。
例えば、髪の毛が細い・柔らかい人は染まりやすく、髪の毛が太い・固い人は染まりづらいという傾向があります。

髪の毛が細い・柔らかい人はイメージより明るい色を、髪の毛が太い・固い人はイメージより暗い色を選ぶと適切な染まり方となり、長持ちしやすくなるでしょう。
また、白髪が生えている本数でも、白髪染めの色選びの基準は変わってきます。

白髪が少ないと色が出にくく、多いと色が出やすくなるものです。
そのため、白髪が少ない人は若干明るめ、白髪が多い人は若干暗めのカラーを選択すると良いでしょう。

白髪染めを長持ちさせるシャンプー選び

白髪染めを長持ちさせるシャンプー選び

白髪染めを長持ちさせるには、シャンプー選びも大切になります。
市販されているシャンプーは、洗浄成分として石油系界面活性剤が使われている事が多いのです。

石油系界面活性剤は洗浄力が高い傾向にあるので、白髪染めも色落ちしやすくなります。
白髪染めを使った直後はシャンプーが髪の中まで浸透しやすいので、特に色落ちのリスクが高まるでしょう。

そのため、何も考えずに市販のシャンプーで髪を洗う事はオススメ出来ません。
白髪染めの色が落ちにくいシャンプーをしっかり選んで使う事を心がけましょう。

アミノ酸系のシャンプーで白髪染めを長持ちさせる

洗浄成分がアミノ酸系のシャンプーを使う事で、白髪染めを長持ちさせやすくなります。
アミノ酸系洗浄成分は石油系界面活性剤より洗浄力が控えめな事が多く、白髪染めが色落ちしにくいからです。

また、アミノ酸系洗浄成分を採用したシャンプーは、髪を洗う際に髪の毛や頭皮へ与えるダメージも少なくなります。
必要以上に皮脂を落としてしまう心配がないので、白髪を悪化させるような頭皮環境になる事も防げるシャンプーです。

白髪を目立たせたくない人だけでなく、抜け毛・薄毛などを予防したい人にもオススメ出来ます。

カラーシャンプーで白髪染めを長持ちさせる

白髪染めを長持ちさせたいなら、カラーシャンプーを使う事もオススメです。
カラーシャンプーはただ汚れを落とすだけでなく、白髪を染める効果も持っています。

髪を洗う際、少しずつ白髪を染める事で色落ちのスピードを遅く出来るわけです。
カラーシャンプーは髪全体を洗うので、白髪染めの染め忘れや生え際の白髪などをカバー出来るメリットもあります。

ただし、カラーシャンプーの成分が髪の毛を覆っていると、白髪染めの効果が薄くなる場合もあるので注意が必要です。
ヘアカラーを用いて白髪染めをする直前の期間は、カラーシャンプーでの洗髪を控える事も考えましょう。

白髪染めを長持ちさせるテクニック

白髪染めを長持ちさせるテクニック

白髪染めを長持ちさせるコツは、何も白髪染めやシャンプーの種類にこだわる事だけではありません。
白髪染めを使う時、あるいは白髪染めを使った後のケアの仕方でも色の持続期間は変わってきます。

せっかく白髪染めやシャンプーの種類にこだわるのであれば、白髪染めの効果を長持ちさせるテクニックも覚えておきたい所です。
実践しやすくリターンも大きいテクニックとしては、白髪染めの後に温める事とトリートメントで保護する事が挙げられます。

白髪染めを使った後に温めて長持ちさせる

白髪染めを使った後に温める事で長持ちさせるというテクニックがあります。
温度が高くなると、白髪染めの成分が髪の毛に浸透しやすくなるからです。

一番手軽な方法は、ドライヤーを使って髪の毛を温める事でしょう。
髪を傷めないように使う時間を調整する必要はありますが、直接温度を上げる事が出来ます。

また、室温が高くなっているバスルームで染めるのもオススメです。
30℃程度のバスルームで染めると白髪染めの仕上がりが良くなり、長持ちしやすくなります。

バスルームで染める場合、飛び散ったヘアカラーを処理しやすい事もメリットの1つですね。

トリートメントで保護して白髪染めを長持ちさせる

トリートメントで保護する事も、白髪染めを長持ちさせる秘訣の1つです。
白髪染めを使う際、染料を髪の毛の内部に入れるためにキューティクルを開く事になります。

白髪染めをした後のキューティクルが開いた状態のままで放置すると色落ちしやすくなるので、トリートメントで保護してあげる必要があるのです。
また、キューティクルが開いた状態が続くと、髪の毛がどんどん乾いていってしまいます。

髪の毛の傷みを防ぐためにも、トリートメントを使うようにしてください。
白髪染めを使った後の髪の毛を保護するなら、アウトバストリートメントがオススメです。

アウトバストリートメント

アウトバストリートメントは、入浴した後で使う洗い流さないタイプのトリートメントです。
髪の毛をしっかりコーティングして、外部の刺激から守ってくれます。

白髪染めを使った後の髪の毛はどうしても刺激に弱くなりますから、保護する事が大切です。
アウトバストリートメントには、ドライヤーをかける際に髪の毛の傷みを防ぐという効果も期待出来ます。

髪の毛が濡れた状態のままだと色落ちしやすくなります。
白髪染めを長持ちさせるためにも、アウトバストリートメントを使ってからドライヤーでしっかりと乾燥させましょう。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪染めを長持ちさせる方法まとめ

白髪染めを長持ちさせる方法まとめ

白髪染めを長持ちさせるためには、アイテムにこだわったりテクニックを駆使したりする必要があります。
白髪染めの種類によって持続期間が異なる事を理解して、自分の頭皮・髪質に合った製品を選びましょう。

色落ちしにくいシャンプーで髪の毛を洗う事も、白髪染めを長持ちさせるために大切です。
また、白髪染めを使った後のケア次第で、色落ちのしやすさは変わってきます。

使用後に温めたり、トリートメントを使ったりして、出来るだけ白髪染めが長持ちしやすい環境を整えてください。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。