白髪の脱毛

白髪とムダ毛は、女性のお悩みのNo.1、2と言えるかもしれません。
お手入れしてもすぐに生えてきてウンザリ!という方も多い事でしょう。

いっその事脱毛してしまえば、面倒なお手入れから解放されるのでは?
一度はそう思った事がある、そんな大人の女性が少なくない事と思います。

そこで生まれる疑問が、白髪は脱毛出来るの?という事です。

こちらでは白髪の脱毛についてお話ししたいと思います。
現在、白髪の脱毛に効果があるのは、ニードル脱毛だけとされています。

それはなぜなのか、メリットやデメリット、キレイ脱毛にするための注意点などもご紹介しますので参考にして下さい。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

レーザー脱毛は白髪に効かないって本当?

薄着の季節が本当に憂鬱になるムダ毛。

自己流のお手入れを繰り返すうち、以前より太く濃い毛が生えてきたり、ムダ毛がさらに増えてしまう事もあります。
しかし、そうしたムダ毛については、エステやクリニックでレーザー脱毛をする事が出来ます。

一方、年齢を重ねるうちに、白髪になってしまったムダ毛は厄介です。
よく「白髪は脱毛出来ない」と言われますが、実際はそのような事はありません。

ただし、一般的なレーザー脱毛は白髪に効かないのです。
そのため、白髪になったムダ毛をキレイにしたいのであれば、レーザー以外の脱毛方法を選ぶ必要があります。

エステや医療レーザーで白髪が脱毛出来ない理由とは

エステやクリニックで行われているのは、光・レーザー脱毛が主流です。
安全性が高い上に低コスト、痛みも少ないので人気があります。

しかし、光(フラッシュ)脱毛やレーザー脱毛では白髪をキレイにする事は出来ません。
白髪が脱毛出来ない理由は、そのメカニズムに関連があります。

レーザーが黒色と反応する原理を利用して、ムダ毛の処理を行うのがレーザー脱毛です。
レーザーを照射すると、メラニン色素にピンポイントで熱が加わります。

これにより、毛根にダメージを与え、ムダ毛を処理する事が出来るのです。
しかし、メラニン色素を失った白髪にはレーザーが反応しません。

つまり、一般的な光脱毛はもちろん、より強力な医療レーザでも、白髪に対しては効果を発揮出来ないのです。

白髪を染めれば光脱毛出来る?

白髪がダメなら、黒く染めればレーザーや光脱毛出来るのでは?
このように思われる方もいるかもしれませんが、そうもいきません。

というのも、白髪染め剤で黒く染まるのは、あくまでも毛髪部分だけです。
地肌の奥の毛根まで色素が入るわけではないため、レーザーを照射しても白髪の毛根には効果がありません。

また、施術時にはレーザーによる皮膚の火傷を防止する目的で、ムダ毛を剃る前処置が行われます。
このため、脱毛前の黒染めは無意味であると言えるでしょう。

VIOの白髪って脱毛出来るの?

VIOの白髪って脱毛出来るのか

白髪になるのは頭髪だけではありません。
眉毛やひげ・鼻毛、腕や脚、背中、VIO(デリケートゾーン)のムダ毛も白髪になります。

そんな中、VIOの白髪にお悩みの方は多いようです。
実は、髪の毛を除けば、鼻毛と並んで白髪が生えやすいのがデリケートゾーンだと言われています。

そのため、比較的若い年齢の方でも、VIOに白髪が見られるのは珍しい事ではないのです。
周囲の人にも相談しにくいVIOの白髪。

その原因や対処法について考えてみたいと思います。
なお、安全上の問題で髪の毛(白髪)を脱毛する事は出来ません。

しかし、その他のムダ毛は脱毛が可能です。
もちろん、VIOの白髪も脱毛出来るのでご安心下さい。

デリケートゾーンの白髪の原因

デリケートゾーンの白髪と、その他の場所に生える白髪の原因に違いはありません。
白髪とは、メラニン色素の機能が衰えて黒い色を付けられなくなった髪の事です。

そのメラニン色素を作り出す役目をする細胞が「メラノサイト」。
また、メラニン色素を生成を助けるのは「チロシナーゼ」と呼ばれる酵素です。

つまり、この二つの機能が低下する事が白髪の原因と言えるでしょう。
メラノサイトとチロシナーゼに悪影響を与える要因はいくつか考えられます。

主なものは老化、遺伝、栄養の不足や片寄り、ストレス、生活習慣の乱れ、病気や薬の副作用などです。
中には、比較的若い方や、髪は黒くてもVIOに白髪が目立つ方がいらっしゃいます。

こうしたケースでは、生活習慣の乱れによる影響が大きいと考えられています。

デリケートゾーンの白髪の処理方法や対策は?

「抜く」というのは、デリケートゾーンの白髪の正しい処理方法とは言えません。
一般的にVIOの毛は太くてしっかりしています。

それを無理に抜くと肌のダメージが大きいのです。
そのため、皮膚が炎症を起こしたり、埋没毛の原因にもなりかねません。

なお、色素沈着を起こしやすいため、髪の毛用の白髪染めをVIOに使用する事は止めましょう。
デリケートゾーンの白髪が気になる時は、すぐに伸びてはきますが根元でカットするのがオススメです。

また、メラノサイトの働きが一時的に弱っている場合には、食事や生活習慣の見直しで改善に期待が持てます。
とはいえ、結果がすぐに出るとは限らないのがネックでしょう。

VIOの白髪対策としては、やはり脱毛が確実です。

蓄熱式脱毛は白髪にも効果がある?

蓄熱式脱毛は白髪にも効果があるのか

先ほどもお話しした通り、レーザー脱毛は白髪には不向きです。
これまで、白髪の脱毛にも効果があるのは、蓄熱式脱毛とニードル脱毛の二種類と言われてきました。

蓄熱式脱毛(別名ハイパースキン脱毛)は、光脱毛とは違う仕組みでムダ毛にアプローチします。
ターゲットとするのは毛根ではなく、皮膚に近い場所にある「バルジ領域」です。

新しい毛を生やせ!という命令を出す、バルジ領域を熱で処理するによって、その毛穴からは二度と毛が生えなくなります。
蓄熱式脱毛は、毛根が白いか黒いかに影響を受けません。

そのため、白髪であっても、脱毛効果が期待出来ると考えられてきました。

蓄熱式脱毛のメリット・デメリット

蓄熱式脱毛のメリットは、なんと言っても痛みの少なさでしょう。
また、36~39℃程度の低温処理のため火傷のリスクもありません。

痛みや肌への刺激が少ないので、約2週間と短い間隔で脱毛を行う事が可能です。
費用面もレーザー脱毛と大きな違いはなくリーズナブル。

蓄熱式脱毛は、痛くなくて肌とお財布に優しい脱毛と言えるでしょう。
ただし、今生えている毛がすぐに抜けるわけではない点に注意が必要です。

あくまでも、今後生えてくるはずの白髪を生えなくする事が目的。
そのため、目に見えた効果が現れるまでに時間が掛かる、というデメリットがあります。

なお、実証が得られていない事から、現在では蓄熱式脱毛が白髪に有効という見解は誤りとされるのが一般的です。

VIOやひげ・鼻毛の白髪に有効?ニードル脱毛とは

VIOやひげ・鼻毛の白髪に有効なニードル脱毛

ニードル脱毛は、毛穴にごく細い針を差し込み、電気を流す事で毛根にダメージを与える方法です。
別名、電気脱毛とも呼ばれています。

レーザー脱毛より歴史は古く、ムダ毛の色素が薄い方が多い欧米諸国などでは、以前からこちらがメインで行われてきました。
1本ずつ電流を流して処理するため、白髪も黒い毛も確実に脱毛する事が出来ます。

痛みはありますが、施術は1本あたり10秒程度と短時間です。
毛根の発毛組織を直接焼くので、同じ毛穴から再びムダ毛が生えてくる事はほぼないでしょう。

現時点で白髪に有効な脱毛方法は、このニードル脱毛のみです。
もちろん、VIOやひげ・鼻毛などの気になる白髪のケアにも有効です。

白髪をニードル脱毛するメリットとデメリット

ニードル脱毛はどんなムダ毛でも脱毛出来ます。
太くて硬い白髪でも、柔らかい産毛のような白髪でもムダ毛のタイプを選ばないのが特徴です。

また、他の脱毛法と比べて効果が高い点もメリットと言えるでしょう。
一度処理すれば、通常はその毛穴からムダ毛が生えてくる事はなく、効果はほぼ永久です。

一方、白髪をニードル脱毛する最大のデメリットは強い痛みでしょう。
ごく細いとは言え、毛穴に針を刺す事に変わりはなく、痛みは避けられません。

施術者のスキルによっては皮膚の炎症やカサブタ、内出血などのトラブルが起こるケースもあるようです。
また、1本ずつの処理のため時間が掛かり、コストがかさむのもネックでしょう。

ニードル脱毛で白髪をキレイに!注意点は?

ニードル脱毛の効果は強力ですが、かなりの痛みを伴います。
痛みのあまり処理を続けるのが難しくなる事もあるようです。

ニードル脱毛で多くの白髪をキレイにする事は、苦痛や時間・費用などすべての面で大変になります。
そのため、ニードル脱毛だけで何とかしようと思わず、光やレーザー脱毛との併用がオススメです。

注意点としては、脱毛するつもりがあるなら、少しでも早くはじめる事。
白髪が増えてしまってからではなく、ムダ毛が黒いうちに脱毛をはじめるのがポイントです。

一番賢い脱毛方法としては、まずレーザー脱毛などで一通りムダ毛(黒い毛)を処理。
残った白髪をピンポイントでニードル脱毛するという流れです。

この方法なら楽に早く、そしてキレイに白髪を脱毛する事が出来ます。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪脱毛のまとめ

白髪脱毛のまとめ

白髪脱毛が出来るのは、現時点でニードル脱毛だけです。
しかし、ニードル脱毛は痛みが強いため、白髪のみを処理する方法が望ましいでしょう。

一方、レーザーによる脱毛は痛みやダメージが少なく、コストも安く済みますが白髪には効果がありません。
このため、早い段階で処理をはじめ、二つの脱毛方法を併用するのが理想的です。

食事や生活習慣が原因で一時的に白髪になった時は、原因を取り除く事で再び黒髪を取り戻せます。
しかしながら、老化が原因の白髪の場合はそれが難しくなります。

また、年を重ねるごとに白髪は増えていくのが普通です。
こうした事から、白髪の脱毛のポイントは「いかに早く対処をはじめるか」に尽きると言えるでしょう。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. マイナチュレのヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。