白髪染めの臭い

昔と比べると、白髪染めは豊富な種類が販売されており、自宅などでも気軽に白髪染めが簡単に出来るようになりました。
しかし、白髪染めに関して昔から変わらない悩みがあります。

それは、白髪染めをした後に強い臭いが残ってしまうというもの。
今回は、白髪染めをすると臭いが残ってしまう原因や臭いを効果的に消すための方法について解説していきます。

また、白髪染めでなるべく臭いを残さないために出来る対策方法もご紹介するので、チェックしてみてください。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪染めの後に臭いがする原因

まず初めに、白髪染めをした後に臭いがする原因について解説していきましょう。
白髪染めをした後に臭いがする原因は、主に以下の2つに分ける事が出来ます。

  • 白髪染めに含まれている化学成分が強い臭いを発している
  • カラーなどとは違って白髪染めでは液剤を直接頭皮に塗っている

では早速、これからこれらの2つ原因について、1つ1つ詳しく解説していきます。
白髪染めの臭いを消す方法のヒントにもなる情報なので、ここで一通り目を通しておいてください。

臭いが強い化学成分が含まれている

白髪というのは、通常の黒い毛と比べて、染まりにくい性質を持っています。
そのため、しっかりと黒く染めるためにも、白髪染めには通常のヘアカラー剤よりも染める力が強い化学成分が含まれているのです。

具体的には、過酸化水素やジアミン、アルカリ剤といった成分が含まれています。
そして、これらの染める力が強い化学成分は、染める力だけでなく臭いも強いのです。

特に、アルカリ剤は悪臭防止法の対象として指定されるほどの強い臭いを持っています。
白髪染めには、このような強い臭いを持つ化学成分が含まれているため、白髪染めの使用後には臭いが強く残ってしまうのです。

頭皮に直接白髪染めを塗る

白髪染めをした後に強い臭いが残ってしまう原因は、含まれている成分だけではなく液剤の塗り方にもあるのです。
通常、黒い髪を他の色へ染める場合には、頭皮にヘアカラー剤が付かないように髪の毛に塗っていきます。

しかし、白髪染めの場合は液剤を髪の毛だけでなく、頭皮にもしっかりと塗りつけて染めるのです。
また、染める時間も通常より長い傾向にあります。

そのため、先程ご紹介したような臭いが強い化学成分が髪の毛だけでなく、頭皮にもしっかりと染み付いてしまうのです。
このように、白髪染めの後に臭いが残る原因というのは、液剤の塗り方にもあると考えられています。

白髪染めの臭いを効率よく消す方法

白髪染めの臭いを効率よく消す方法

ここまでは、白髪染めの原因について解説してきましたので、次にその臭いを効率よく消すための方法をご紹介していきます。
今回ご紹介する臭いを消す方法は以下の2つです。

  • 白髪染めの臭いを消す効果があるシャンプーを使用する
  • 正しい方法・手順によるシャンプーを行う

白髪染めの臭いが長く残ってしまうと、自分はもちろん周りの人にも嫌な思いをさせてしまう可能性があります。
また、近くに赤ちゃんなどがいると臭いによる悪影響も心配です。

これらの不安をなるべく早く無くすためにも、ぜひこれから解説する臭いを消す方法を試してみてください。

臭いを消す効果の高いシャンプーを使用する

先程解説したように、白髪染めの臭いは髪の毛や頭皮に臭いの強い化学成分が染み付いてします事が原因としてあります。
そのため、臭いを早く消したいのであれば、その染み付いた化学成分をなるべく早く落とす事が重要なポイントだと言えるのです。

では、どうすれば化学成分を効率よく落とせるのかと言うと、汚れを落とし臭いを消す効果が高いシャンプーを使うのが有効だとされています。
例えば、頭皮の中の汚れなどもしっかりと落とす事が出来る炭酸シャンプーや、頭皮の状態を整えるエイジングシャンプーなどです。

こういった小さな汚れや化学成分を落とす力があるシャンプーを選ぶだけでも、早く臭いを消す事が出来ます。
そのため、余裕があれば、こういったシャンプーを取り入れてみると良いでしょう。

正しい方法でシャンプーを行う

化学成分を効果的に落とす事が出来るシャンプーを使うだけでは、最大の効果を得る事は出来ません。
シャンプーによる臭いを消す効果を最大限に高めるためには、正しい方法・手順によるシャンプーを行う必要があります。

なぜなら、間違ったシャンプーの方法では、正しい方法よりも化学成分などの汚れをしっかりと落とす事が出来ないからです。
では、正しいシャンプーの方法とはどのようなものかと言うと、基本的には以下の4つのステップに分ける事が出来ます。

ステップ1.髪の毛を濡らす前にブラッシングを行う
ステップ2.まずはお湯だけで頭皮や髪の毛をしっかりと洗う
ステップ3.シャンプーを手の上で泡立て、頭皮に泡を乗せて指先でマッサージするように洗う
ステップ4.シャンプーが頭皮などに残らないようにしっかりとお湯ですすぐ

多少の時間が掛かりますが、正しい方法のシャンプーを行う事でも臭いが落ちるまでの期間を短くする事が出来ます。
そのため、臭いが落ちる間だけでも、上記の方法を参考に正しいシャンプーを行うように心がけてみてください。

白髪染めの後の臭いを少なくするための対策方法

白髪染めの後の臭いを少なくするための対策方法

それでは次に、白髪染めの後の臭いをなるべく少なくするために効果的な対策方法についてご紹介します。
今回ご紹介するのは、以下の2つの対策方法です。

  • 天然由来の成分などが含まれている臭いの少ない白髪染めを選ぶ
  • カラートリートメントやヘアマニキュアで白髪を染めるようにする

では早速、それぞれの対策方法について、より詳しく解説をしていきます。
これらの対策を実行すると、先ほど紹介した臭いを消す方法がより効きやすくになるので、ぜひ参考にしてみてください。

臭いが少ない白髪染めを選ぶ

白髪染めの後の臭いを少なくするために有効な1つ目の対策方法は、臭いが比較的少ないとされる白髪染めを選ぶ事です。
例えば、アルカリ剤などの強い成分の代わりに、天然成分由来の白髪染めや臭いが少ないように設計された美容院専用の白髪染めなどが該当します。

また、化学成分の強い臭いを抑えるために香料が配合された白髪染めも、同じように染めた後の臭いを減らすためには効果的です。
ただし、化学成分が入っていない白髪染めの場合、通常の白髪染めよりも髪の毛を染める時間が長くなってしまう事があります。

また、強く染まるわけではない事から、定期的に染め直す必要が出てくる事もあるので注意しましょう。

カラートリートメント・ヘアマニキュアで染める

通常の白髪染めは、強い力を持つ化学成分によって髪の毛のキューティクルを強制的に開きます。
そして、そこから染めるための成分を浸透させるのです。

そのため、髪の毛を染めた後には強い臭いが残ります。
しかし、カラートリートメントやヘアマニキュアと呼ばれるタイプの白髪染めは浸透力の高い成分を使っています。

そのため、キューティクルを開くための強い化学成分を必要とせず、髪の毛の表面に塗るだけで髪の毛を染める事が出来るのです。
こういった理由があるため、白髪を染めた後の臭いを抑えたいならカラートリートメントやヘアマニキュアもおすすめだと言えます。

ちなみに、カラートリートメントはトリートメントという言葉からも分かる通り、髪の毛や頭皮へのダメージが大きくありません。
そのため、白髪を染める事による髪の毛へのダメージを気にする人にもカラートリートメントはおすすめです。

白髪染めの臭いが消えない場合は加齢臭の可能性も

白髪染めの臭いが消えない場合は加齢臭の可能性もある

通常どのような方法であれ、1週間から10日前後もあれば白髪染めの臭いはほとんどなくなります。
しかし、中にはそれ以上の日にちが経過したのにも関わらず臭いが消えないようなケースもあるのです。

そのような場合には、白髪染めではなく、頭皮から発生している加齢臭の可能性も考えられます。
もし加齢臭が原因の場合には、白髪染めの臭いとはまた違ったアプローチが必要なので注意が必要です。

また、加齢臭ではなく、白髪染めをした事で何らかの異常が頭皮や髪の毛に起きている可能性も考えられます。
そのため、もし臭いが消えずに心配であれば、美容室などで一度臭いの原因について専門家にチェックしてもらうと良いでしょう。

臭いの少ない白髪染め3選

臭いの少ない白髪染め3選

最後に臭いの少ない白髪染めの中で、特におすすめ出来る3つの白髪染めをご紹介していきます。
今回ご紹介するのは、以下の3つの白髪染めです。

1.利尻ヘアカラートリートメント
2.ルプルプヘアカラートリートメント
3.マイナチュレカラートリートメント

それでは、これからそれぞれの白髪染めについて、特徴などと合わせて解説していきます。
どの白髪染めを使えば良いのか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

最初にご紹介する臭いの少ない白髪染めは、利尻ヘアカラートリートメントです。
この利尻ヘアカラートリートメントには、代表的な特徴が2つあります。

1つ目の特徴は臭いの原因や髪の毛・頭皮へのダメージが大きいような化学成分が入っていない無添加の白髪染めである事です。
具体的には、ジアミンや酸化剤、シリコンなどはこの利尻ヘアカラートリートメントには使われていません。

そのため、無添加にこだわりがある方には、特にこの利尻ヘアカラートリートメントはおすすめです。
そして、もう1つの特徴は2011年から2017年まで連続して白髪用のヘアマニキュアブランドシャアで1位を獲得している実績がある事。

これだけの実績を誇る白髪染めはなかなかありませんので、信頼出来る白髪染めを選びたい人はぜひ一度チェックしてみてください。

ルプルプ ヘアカラートリートメント

ルプルプ ヘアカラートリートメント

2つ目のご紹介する臭いの少ない白髪染めは、ルプルプヘアカラートリートメントです。
このルプルプヘアカラートリートメントは、日本で古くから使用されている天然染料を採用していきます。

そのため、髪や頭皮にも優しく、さらに手に色が付いたとしても石鹸ですぐに落とせるようになっているのです。
また、独自の成分でもあるルプルプWフコダインが含まれているため、使う度に髪の毛が美しくなっていく特徴もあります。

以上の事をまとめると、このルプルプヘアカラートリートメントは髪の毛や頭皮などに対して優しい白髪染めが欲しい人に合っていると言えるでしょう。

マイナチュレ カラートリートメント

マイナチュレ白髪用カラートリートメント

3つ目にご紹介する臭いの少ない白髪染めは、マイナチュレカラートリートメントです。
この白髪染めは、他の2つと比べるとまだ登場して間もないのですが、既にアットコスメの2018年上半期の新作ランキングで1位を獲得した実績があります。

そんなマイナチュレカラートリートメントの最大の特徴は、業界で初となるオールインタイプのカラートリートメントである事。
具体的には、このマイナチュレカラートリートメントは、白髪ケア、ヘアケア、スカルプケア、そしてエイジングケアの4つのケア効果が期待出来るのです。

そのため、白髪染めと合わせて髪の毛や頭皮のケアも並行して行っていきたい人には、まさにうってつけの白髪染めだと言えます。

白髪染めと臭いのまとめ

白髪染めと臭いのまとめ

今回の記事の内容を簡単にまとめると、白髪染めをした後に強い臭いが残る原因は、白髪染めに含まれている化学成分、そして染め方にあります。
そのため、以下のような方法が臭いを消すためには有効です。

  • 化学成分を臭いの原因と効果のあるシャンプー液を使う
  • 成分をしっかりと落とせる正しい方法でのシャンプーを心がける

また、後半に解説しましたが、天然成分由来の白髪染めや臭いを出す化学成分が入っていないカラートリートメントなどを選ぶ事も臭いの対策として効果があります。
このように、白髪染めの臭いに対して行える事は多くあるので、臭いが気になる方は出来る事から取り組んでみてください。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。