ボタニカルカラーでの白髪

最近、ボタニカルカラーが注目を集めています。
ハーブカラーやオーガニックヘアカラーに続く、新しい白髪染めと興味を持つ方も多い事でしょう。

こちらでは、そんなボタニカルカラーについてお話ししたいと思います。
そもそもボタニカルカラーとはどんなものなのか、特徴やメリット・デメリットを詳しく解説していきます。

また、どんな人に向いているのか、ボタニカルカラーの選び方もご紹介しますので、参考にして下さい。

ボタニカルカラーでの白髪染め

「ボタニカルカラー」と聞くと、なんだかおしゃれなネーミングですよね。
髪にも良さそうなカラー剤という印象を受けます。

では、実際の所、使い勝手や仕上がりはどうなのでしょうか。
ボタニカルカラーでの白髪染めについてまとめます。

ボタニカルカラーとは?

ボタニカルとは「植物的な〜」あるいは「植物由来の」という意味の言葉です。
そして、ボタニカルカラーは、そうした天然の植物由来成分を配合したヘアカラーの事。

ウコンや藍など天然の草木やハーブを原料とした染料や、植物オイル・植物成分が使われています。
ボタニカルな力によって、白髪を染めるだけでなくダメージ補修や、髪質改善効果も期待出来るのが特徴です。

タンニンを始めとする植物成分が、髪に弾力やツヤ、まとまりを与えるとされています。
つまり、ボタニカルカラー(草木染め)は、髪や頭皮に優しいカラー剤なのです。

ただし、配合割合などに明確な基準があるわけではありません。
ボタニカルカラーと呼ばれているものの中には、100%植物性のものもあれば、そうでない場合もあるのです。

どんな人に向いているの?

ボタニカルカラーは、天然由来の成分が配合された穏やかなカラー剤。
ナチュラル志向の白髪染めを使いたいとお考えの方はもちろん、ヘアダメージや扱いにくい髪質でお悩みの方にもおすすめです。

特に、次のような悩みをお持ちの人に向いています。

  • 髪がパサつく
  • 柔らかい髪質
  • 髪がやせてしまった
  • くせ毛
  • 髪の褪色が気になる
  • ヘアカラーとパーマで髪が傷んでいる

100%植物性のボタニカルカラーであれば、敏感肌やジアミンアレルギーの方も使用出来ます。
また、デリケートな時期である妊娠中・授乳中の女性も安心して白髪が染められるでしょう。

ただし、植物アレルギーのある方の場合は、十分注意する必要があります。

ボタニカルカラーのメリット・デメリット

ボタニカルカラーのメリット・デメリット

髪や頭皮に優しく、ダメージヘアとも相性の良いボタニカルカラー。
とは言え、どんな白髪染め・カラー剤にもメリット・デメリットがあるもの。

残念ながら、「誰にとっても完璧なヘアカラー」というのは、今の所ないのが現状です。
もちろん、ボタニカルカラーも例外ではありません。

ボタニカルカラーのメリットとデメリットを整理してみましょう。

メリット

ボタニカルカラーのメリットは、植物成分の効果によるものがメインです。
天然由来の色素は髪を傷めず、優しく白髪を染め上げます。

また、植物由来のオイル、糖質、タンニンなどが頭皮や髪に潤いを与えコンディションを整えてくれます。

メリット

  • 髪や頭皮のダメージが少ない
  • 身体や環境に優しい
  • 髪にツヤやハリ、コシが出る
  • 髪と頭皮が潤う
  • 自然な発色で上品な仕上がり
  • 褪色が穏やか
  • ジアミンアレルギーや敏感肌でも使用出来る

なお、アレルギーに関しては、全てのボタニカルカラーが大丈夫とは限りません。
事前に成分表示等をよくご確認下さい。

デメリット

ボタニカルカラーには、基本的にブリーチ剤が含まれていません。
そのため、白髪染めカラーのように、明るい色に白髪をカラーリングする事は苦手です。

また、植物由来の染料の性質上、発色が安定せずコントロールがやや難しい面があります。

デメリット

  • その他のカラー剤と併用しないと明るく染められない
  • 放置時間が長め
  • 細かいカラーコントロールは難しい
  • パーマや縮毛矯正が掛かりにい場合がある
  • 黒染めが出来ない
  • 商品によって植物成分の割合がまちまち

ボタニカルカラーでの白髪染めの選び方

ボタニカルカラーでの白髪染めの選び方

ボタニカルカラーには、大きく分けて3つの種類があります。

1.ブリーチ剤+ジアミン系色素+ボタニカル成分

「黒髪も明るく出来るがダメージも大きい」カラー剤。
一般的なヘアカラー剤に、ボタニカル成分が配合されている染毛剤という事です。

2.ブリーチ剤+ボタニカル色素

「黒髪が明るくなりダメージもあるがジアミン無添加」のカラー剤です。

3.ブリーチ剤とジアミン無添加+ボタニカル色素

「白髪のみ染まり黒髪はそのままだがノンダメージ」のカラー剤です。
発色が穏やかなヘナやカラートリートメントがこれにあたります。

ボタニカルカラーでの白髪染めの選び方をまとめると次のようになります。

ジアミンアレルギーで髪を明るくしたい場合は「2.」。
ダメージレスで白髪を染めたい場合は「3.」。

また、根元の白髪が伸びている方は、まず普通のカラー剤で全体のトーンを揃えてから、ボタニカルカラーを使うとキレイに仕上がります。

ボタニカルカラーと白髪のまとめ

ボタニカルカラーと白髪のまとめ

ボタニカルカラーとは、「植物成分を含むカラー剤」というカテゴリのヘアカラーの事です。
新しい白髪染めというより、これまでなかった新しい分類の仕方をされたカラー剤と言えるかもしれません。

ボタニカルカラーは、植物成分の作用でダメージが少なく、髪を健康に美しくする効果も期待出来る魅力的なヘアカラーです。
しかし、ハッキリした基準などがないため、全てが100%植物性、低刺激・ノンダメージとは限りません。

一般的なヘアカラーに植物成分5%配合の場合でも、「ボタニカルカラー」と表示されている事もあり、見極めが大切。
その点、ボタニカル色素を配合した無添加白髪染め、利尻カラートリートメントやルプルプなら安心と言えるでしょう。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。