白髪と坊主

坊主頭はセットする時間の短縮など、メリットの多い髪型です。
アスリートや芸能人でも坊主頭にしている人は多く、最近ではおしゃれなヘアスタイルの1つとして認識されています。

坊主頭にする時、白髪が生えるとどう見えるのかが気になる人もいるでしょう。
白髪隠しに効果的な髪型のようにも思えますし、逆に短く刈る事で目立つようにも思えます。

また、白髪染めを使って染める事が出来るのかも気になる所です。
坊主と白髪の関係について確認していきましょう。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪隠しに坊主は効果的なのか?

白髪が出来てしまった時、無理やり抜くと頭皮トラブルの原因になるという事はよく知られています。
そのため、白髪を隠したい場合には、根元から短くカットするという対処法が推奨される事が多いのです。

元から髪の毛を短く刈る坊主頭なら、同じように白髪隠しが出来るのではないかと思うのは自然な流れと言えます。
実際、白髪隠しのために坊主頭にしてみたという人は珍しくありません。

本当に白髪隠しに坊主が効果的なのか、チェックしてみましょう。

毛を短めに刈った坊主なら白髪を染める必要がない

髪の毛を短めに刈った坊主頭なら、白髪を隠す効果が期待出来ます。
白髪の長さが短くなる事で、単純に目に入りづらくなるからです。

短ければ短いほど、白髪は目立たなくなります。
特に白髪の本数がまだそれほど多くない段階であれば、坊主にする事で白髪が存在しないという印象を与える事も不可能ではありません。

1mm程度の長さを維持するのであれば、わざわざ白髪を染める必要はないでしょう。
ただし、白髪が伸びてくると逆に目立ってしまうケースが出てくるので注意が必要です。

隠れていた白髪が坊主頭で目立つ事もある

坊主頭にすると、それまで他の髪の毛に隠れていた白髪が露出して目立ってしまう事もあります。
特に髪の毛の手入れを怠って中途半端な長さになっていると、意外と白髪が目についてしまうものです。

坊主頭にしたからと言って、必ずしも白髪を隠せるというわけではないという事です。
また、白髪の本数が多いと、光の反射具合で白髪の生えている部分に髪の毛がないように見えてしまう事もあります。

もし現在のヘアスタイルで白髪を隠す事が出来ているのであれば、髪型を無理に坊主へ変える必要はないでしょう。

坊主頭は白髪を染めにくい髪型

坊主頭は白髪を染めにくい髪型

坊主頭に白髪が目立つなら、白髪染めで染めてしまえば良いのではないかと思う方もいるでしょう。
髪の毛に近い色で染めてしまえば、多少毛が長くても白髪が目立ちにくくなるからです。

確かに白髪染めは白髪を隠す方法として便利なものと言えます。
しかし、坊主に関しては、白髪染めの力を借りる事はオススメしません。

坊主は、数あるヘアスタイルの中でも、特に白髪を染めにくい髪型だからです。
なぜ、坊主頭の白髪を染める事が難しいのか、その具体的な理由を見ていきましょう。

白髪染めが坊主頭の地肌についてしまう

坊主頭は髪の毛1本1本が短いため、白髪染めを使う際に地肌に付いてしまう可能性が高いのです。
地肌に白髪染めが付くと、黒く染まって見た目が悪くなってしまいます。

色を落とす事は出来ますが、意外と手間が掛かるものです。
また、白髪染めに直接触れる事で頭皮に負担をかける事にもなります。

頭皮環境の悪化は白髪を増やす原因にもなるので、出来るだけ避けたい所です。
つまり、ヘアカラーを使った白髪染めは坊主頭には適しません。

坊主頭には白髪染めトリートメントも使いにくい

髪の毛だけを染める白髪染めトリートメントなら、地肌を汚したり、頭皮に負担を掛けたりする事がないように思えます。
しかし、坊主頭には白髪染めトリートメントも使いにくいのです。

髪の毛1本1本が短いため、コームなどを使って均一に伸ばす事が難しくなります。
そのため、なかなか綺麗な仕上がりにならず、色ムラのある髪の毛になってしまうのです。

染めるのであれば、坊主頭以外のヘアスタイルにしてから白髪染めトリートメントを使いましょう。
そうすれば、地肌に優しいトリートメントタイプのメリットを存分に活かす事が出来ます。

白髪を染めても坊主にするために刈り取る事になる

白髪を染めたとしても、坊主を維持するためには定期的にバリカンなどで刈り取る必要があります。
仮に上手く染められたとしてもすぐ染めた部分をカットしてしまうので、作業のほとんどが無駄になってしまうわけです。

坊主は手入れの必要性が高い髪型ですから、カットせずに放置しておくわけにもいきません。
白髪を染めてからカットする事を繰り返していると、生え際はどうしても白髪のままになってしまいがちです。

つまり、坊主と白髪染めはそもそも相性が悪いものと言えます。
坊主にしたいなら白髪染めは使わず、白髪染めを使いたいなら坊主以外の髪型にするべきという事です。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪と坊主まとめ

白髪と坊主まとめ

全ての髪の毛を短くカットする坊主頭であれば、白髪を目立たない状態にする事が出来ます。
しかし、白髪の本数や手入れの状況によっては、逆に隠せていた白髪を目立たせてしまうケースもあるので注意が必要です。

白髪隠しの方法として白髪染めがありますが、坊主にはあまり向かない対処法と言えます。
白髪染めを使うのであれば、坊主以外のヘアスタイルを選びましょう。

その際は、トリートメントタイプの白髪染めを使うと頭皮への負担を軽減出来ます。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレのヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。