白髪染めと逆効果

白髪がちらちら見えるだけで一気に老けて見えてしまいます。
ご自分はもちろん、周りの人の髪に混じる白いものを見つけて、ドキッとされた事がある方も多いと思います。

それを簡単に解決してくれるのが白髪染めです。
多くの方が、美容院で又は市販の白髪染め剤を利用して、髪を染めていらっしゃる事と思います。

しかし、白髪がかえって目立つなど、白髪染めが逆効果になる事もあるのです。
こちらでは、白髪染めの逆効果についてお話ししたいと思います。

原因や対策の他、逆効果にならない白髪染めもご紹介しますので参考にして下さい。

白髪染めは逆効果って本当?

白髪を隠したくて白髪染めを使ったのに、それが逆効果になってしまう事があります。
ご存じなかった方にとっては、かなりショックな事だと思います。

「キレイに染めたはずなのに、白髪染めで白髪が増える?」
白髪が余計に目立ってしまうとは、一体どういう事なのでしょうか。

せっかく染めたのに、白髪染めが逆効果になってしまってはガッカリですね。
そうならないためには、逆効果になる原因を知り、白髪染め選びや染め方に注意する事が大切です。

白髪染めで老けて見える?原因は?

白髪染めで老けて見える原因

ダメージを気にしながら、長期間にわたって白髪染めを使用されている方も多いと思います。
個人差はありますが、生涯に白髪を染める回数は300回を超えるとも言われています。

髪は毎日少しずつ伸びています。
そのため、一月も経てば根元の白髪が目立ち始めるでしょう。

つまり、白髪染めで髪が傷むと知りながら、繰り返し染めざるを得ないのです。
若々しい髪には「ツヤ・潤い・まとまり」があります。

とある調査によれば、髪が傷んでパサついていると、見た目年齢が5歳以上もアップするそうです。
こう考えると、白髪染めによるヘアダメージは深刻と言えるでしょう。

また、色選びを間違うと白髪が浮いてしまい、かえって老けて見えて逆効果になる恐れがあります。

白髪染めのダメージで逆効果?

一般的な白髪染め剤に含まれる化学物質は、髪や頭皮に強い刺激を与えます。
もちろん、悪い事ばかりではありません。

白髪を一度でしっかり染める事が出来るのは、そうした成分の働きのおかげです。
その反面、薬剤でキューティクルを開いたり髪を脱色するため、髪や地肌にとっては大きな負担となります。

髪のダメージが老けて見える原因になる事は、先ほどお話しした通りです。
また、こうしたダメージの蓄積は、頭皮の老化させてしまいます。

大切な毛母細胞や、黒髪を作り出すメラノサイトの働きにも悪影響を与えるため、白髪が増える原因となるのです。
白髪染めのダメージによって、大きな逆効果を生む事がある点に注意する必要があるでしょう。

明るい色の白髪染めは逆効果?

これまでおしゃれ染めをされていた方は、明るいカラーで白髪染めがしたいと思われるようです。
しかし、明るい色の白髪染めは、残念ながら逆効果と言えます。

白髪をしっかり染めようとすればするほど、全体は暗いトーンになります。
白髪に濃い色を入れて、地毛の色に近づける事で、白髪と黒髪部分がよく馴染むのです。

一方、明るい色の白髪染の場合、黒髪は明るく、白髪は暗く染める必要があります。
これを同時に、そして完璧に行う事は難しい事です。

黒髪はうっすら明るく、白髪には少し色が入る程度と、仕上がりは中途半端になりやすいでしょう。
その結果、白髪と黒髪が馴染まず、キラキラ白髪が悪目立ちして逆効果になります。

また、明るい色の白髪染めほど刺激が強く、髪や頭皮が傷みます。

逆効果にならない白髪染めとは?

逆効果にならない白髪染め

白髪をカットすると伸びてきた時にさらに目立ちます。
また、抜けば毛根にダメージを与える可能性があります。

白髪の量がごく少ない方以外は、染めるのが現実的な方法と言えるでしょう。
ただ、白髪染めで白髪が増えたり、白浮したりするようでは困ります。

では、髪や頭皮の負担が少なく、逆効果にならない白髪染めはあるのでしょうか。
白髪染めにはいくつかのタイプがあります。

それぞれの特徴を知り、目的に合った白髪染め剤を選び、賢く利用する事が大切です。

不自然なカラーは逆効果?白髪染めの色選び

白髪染めの色は、なるべく地毛の色に近いカラーを選ぶようにしましょう。
先ほどもお話ししましたが、明るい色の白髪染めではかえって白髪が白浮して逆効果です。

地毛と同じ、もしくは1トーン明るめ程度が目安になります。
また、年齢を重ねる事で、次第に髪が痩せる、うねってまとまりがなくなるといった事が起こってきます。

そんな髪を明るく染めると、全体に色あせたように見え、疲れたような印象を与えがちです。
かと言って、真っ黒に染めてしまうのも考え物。

まるで海苔か黒い紙を貼り付けたようで不自然ですし、いかにも染めましたという感じになってしまいます。
つまり、明るすぎても黒すぎても逆効果。

自然でバランスよく染まるような色を選ぶのがポイントです。

2剤式の白髪染めは逆効果?

一般的な2剤式の白髪染めは、発色が良く価格も手頃です。
色落ちも少なく、キレイな状態が長持ちしますが、髪や頭皮に大きなダメージを与えます。

アルカリ剤でキューティクルを無理やり開き、髪をブリーチ。
さらに、酸化染料を毛髪内部にしっかり浸透させます。

2剤式の白髪染めを使えば、確かに白髪が一度でキレイに染まります。
しかし、そうした化学成分は髪の水分を奪い、ツヤを失わせてしまいます。

また、積み重なったダメージは、白髪を増やす原因になりますから逆効果と言えるでしょう。
特に、市販の白髪染め剤は、誰が使っても失敗がないように薬剤の配合が強めになっています。

手軽だからと、安易に繰り返し使うのは得策ではありません。

ヘアマニキュアで白髪染め

ヘアマニキュアは酸性のヘアカラーです。
キューティクルを開いたり脱色をせず、髪の表面をタール色素でコーティングして白髪を染め上げます。

2剤式のように、髪や頭皮を傷める心配はあまりありません。
髪にツヤが出て、サラサラと手触り良く仕上がります。

しかし、ヘアマニキュアは皮膚に付くと非常に落ちにくい性質を持っています。
そのため、地肌に付かないように塗布する必要があります。

つまり、根元や生え際の白髪を染める事ができないのです。
伸びてきた白髪がすぐに目立ち始めますし、リタッチにも向いていません。

こうした事から、ヘアマニキュアは白髪染めに適さず、逆効果になりやすいと言えるでしょう。
また、タール色素は発ガン性が疑われる物質で、安全性と言う点でも疑問が残ります。

トリートメントタイプは逆効果にならない白髪染め?

逆効果にならない白髪染めでオススメしたいのが、カラートリートメントです。
ルプルプや利尻カラートリートメントは、植物由来など天然成分で作られています。

刺激の強い化学物質などを含まず、安全で髪や頭皮に優しいヘアカラーです。
一般的な白髪染めと違い、髪や頭皮にノーダメージ。

むしろ、優れた補修効果によって使う度に髪がしっとりまとまります。
もちろん、髪が傷んで白髪が増える事もありません。

薄付きで少しずつ色が入るので、とてもナチュラルな仕上がりです。
白髪と黒髪が自然に馴染んで、白髪が浮く心配もないでしょう。

使い方も簡単で手間が掛からないため、女性だけでなく、男性も使いやすい万能な白髪染めと言えます。

白髪染めトリートメント選びのポイント

最近、大人気の白髪染めトリートメント。
店頭や通販でも数多くのカラートリートメントが市販されています。

しかし、「使ってみたいけれどどれが良いのか分からない」という方もいると思います。
白髪染めトリートメント選びのポイントをご紹介しますので参考にして下さい。

1.無添加

髪や頭皮にダメージを与える化学成分や、防腐剤などの添加物が含まれていない。

2.染料の原料

ジアミン等の酸化染料でなく、クチナシや紅花、ウコンなど植物由来の染料を使用している事。

3.保湿成分

髪がしっかり潤う成分が配合されている。
保湿力の高い成分は、昆布エキス(フコダイン)・スクワラン・ヒアルロン酸などが代表的。

白髪染めと逆効果のまとめ

白髪染めと逆効果のまとめ

いつまでもキレイでいたい!という思いで使う白髪染め。
しかし、白髪染めによるダメージが原因で、白髪が増えて逆効果になる事があります。

また、髪が傷む事で実年齢より老けて見えたり、色選びを間違うと不自然な仕上がりでより白髪が目立ってしまう事も。
かと言って、白髪を染めないわけにはいかないという方がほとんどでしょう。

そんなお悩みを全て解決してくれるのが、ルプルプや利尻カラートリートメントです。
トリートメントタイプの白髪染めは、髪をいたわりながら自然に白髪をカバーする事ができます。

全体染めだけでなくリタッチもOKです。
安全性が高く、安心して長く使い続けられる白髪染めと言えるでしょう。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  3. マイナチュレのヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。