白髪染めの副作用

白髪は老化現象とも言えるため、年齢を重ねるごとにどんどん増えていきます。
この白髪対策として多くの人が白髪染めを行っている人と思います。

増える白髪に対して何度も繰り返し染めていると、白髪染めが手軽で身近に感じその危険性なども軽視されがち。
しかし、白髪染めにも副作用が起こる可能性があるのです。

白髪染めで考えられる副作用について詳しく見ていきたいと思います。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪染めで副作用が起こる原因

白髪染めは大きく分けるとヘアカラー・ヘアマニキュア・カラートリートメントの3種類に分けられます。
この3種類の中でも、髪を保護しているキューティクルを開いて髪の内部に染料を入れて染めていくヘアカラーが、一番髪に与えるダメージが大きいと言われています。

また、髪へのダメージだけではなく、頭皮への負担も大きいため、ヘアカラーは副作用についても注意する必要があるのです。
白髪染めで副作用が起こるのは、白髪染めに含まれる化学成分が大きな原因となっています。

美容院での白髪染めは髪の状態をチェックしながら染めていき、髪のダメージが少なくなるよう行われています。
しかし、市販の白髪染めは誰が行っても。しっかり染まるよう化学成分も多く含まれていたり、強めの成分が使用されているのです。

よく美容院よりも市販の白髪染めの方が髪が傷むというのは、こういった理由からです。

覚えておきたい白髪染めの副作用とは?

白髪染めの副作用

白髪染めで強い薬剤が頭皮などの皮膚につき何かしらのトラブル・副作用が起こるというのは理解しやすいと思います。
白髪染めが皮膚トラブル以外の思いもよらない健康被害をもたらす事もあるのです。

覚えておきたい白髪染めの副作用について詳しくみていきましょう。

頭皮のトラブル

白髪染めで頭皮がピリピリするなどの経験をした事がある人は多くいます。
実際に、美容院でも白髪染めを塗っている時に痛みなどがないか確認の声かけをします。

それだけ白髪染めは頭皮に与える刺激が大きいという事になります。
この白髪染めの副作用として、刺激性接触皮膚炎とアレルギー性接触皮膚炎があります。

刺激性接触皮膚炎は敏感肌や皮膚の傷などバリア機能が弱っている人に起こりやすく、白髪染めを塗った部分にかゆみや痛み・赤みなどの症状が起こります。
一方、アレルギー性接触皮膚炎は白髪染めの成分に対するアレルギーが原因で、かゆみや腫れ・痛み・赤みなどの症状が起こります。

刺激性接触性皮膚炎は、白髪染めに限らずシャンプーなどでも起こる可能性があります。
しかし、治りも早く大事には至らない事がほとんどです。

ただし、アレルギー性接触皮膚炎は、白髪染め成分のアレルギーなので、白髪染めを繰り返すたび症状が重くなったり、ある日いきなり発症するという事も少なくありません。
市販の白髪染めには、必ず使用する前にパッチテストをするようにと記載してあります。

これは薬剤に対してアレルギーがないか確認するために必要なのです。

アナフィラキシー

白髪染めの副作用として頭皮のかゆみや痛みなどがあっても、症状が軽い場合はついつい放置してしまいがちです。
しかし、アレルギー性接触皮膚炎の場合は、白髪染めを繰り返していると症状も悪化し、頭皮だけではなく全身症状が現れる事があります。

そして、重篤なアレルギー反応でもあるアナフィラキシーを起こす危険性も考えられるのです。
アナフィラキシーを起こすと、蕁麻疹や呼吸困難・血圧低下などの症状がいきなり現れ、放置すると命に関わる事もあるため、早急な治療が必要になります。

長期的な使用で起こる事も

白髪染め成分として使用されている過酸化水素やジアミンは、発がん性があるとされています。
長期的に白髪染めを繰り返す事で癌の発症のリスクが高まったり、解毒機能を持つ肝臓・腎臓などの機能低下をもたらす危険性があると言われています。

また、再生不良性貧血のリスクも高まるなど、白髪染めの長期的な使用での副作用として、健康被害が起こる可能性があるという事を覚えておきましょう。

妊娠中は要注意

妊娠中は毛染めを控えた方が良いと聞いた事がある人もいると思います。
しかし、妊娠中は染めてはならないという医学的な根拠はなく、またお腹の赤ちゃんへの悪影響も立証されているわけではありません。

ただ、妊娠中は皮膚が過敏になっている事もあるため、白髪染めでトラブルが起こる可能性も考慮しておかなければいけません。
また、染めている間は長時間同じ姿勢でいるため、妊娠経過の様子によってはお腹の張りなど体調不良をもたらす可能性もあります。

上記の事などから妊娠中の白髪染めは注意が必要なのです。

副作用を引き起こす白髪染めの成分とは?

副作用を引き起こす白髪染めの成分

白髪染めの副作用の原因となる代表的な成分に、パラフェニレンジアミンという成分があります。
これが通称ジアミンと呼ばれている成分で、発色効果などがあり白髪染めによく使用されている成分になります。

発がん性がある事が知られるようになり、配合成分を確認しジアミンが入っていない白髪染めを選ぶ人もいます。
しかし、パラフェニレンジアミンと記載がなくても、パラアミノフェノールなどのように成分の名前にアミンやアミノという言葉が入っている時は、ジアミンと同じような構造を持つ成分なので注意が必要です。

この他、レゾルジンという防腐剤が成分として含まれていたり、ジアミンと同じく発がん性がある過酸化水素は、ジアミンなどの酸化染料を酸化させるための酸化剤としてよく使用されています。
これらの成分が白髪染めの副作用の原因となるのです。

ヘナの白髪染めにも副作用はあるの?

ヘナの白髪染めの副作用

ヘナは染料や香料として古くから使用されてきたハーブで、天然の白髪染めとしても人気があります。
この植物由来のヘナの白髪染めにも副作用はあるのかどうか気になる所だと思います。

実際にヘナで白髪を染めて体調が悪くなったという声もあるため、ヘナでも副作用があると思う人もいるかもしれません。
しかし、実はヘナに対する植物アレルギーは、ほとんどないと言われています。

ただ、ヘナに独特の匂いがあるため、その匂いが気持ち悪いなどの体調不良の原因になったのではないかと考えられています。
しかし、近年ヘナが注目を集め、中には100%純正のヘナではない不純物が混じったヘナも出回るようになっています。

つまり、ヘナ100%だと思い使用した白髪染めが、実は不純物が混じっている物だったという事も考えられるという事です。
また、髪の健康のために他のハーブを混ぜているものもあるので、それらのヘナ以外の原料に対してアレルギーなどの副作用を起こしてしまう可能性もあります。

ヘナ100%であれば副作用は、ほとんどないと言えます。
しかし、不純物などが加えられているものは、副作用の可能性も考えて使用する必要があるという事になります。

副作用のない白髪染めはある?

副作用のない白髪染め

ヘアカラー・ヘアマニキュア・カラートリートメントの3種類の白髪染めの中でヘアカラーが一番染まりやすく色も長持ちします。
しかし、その反面一番副作用が出やすいのもこのヘアカラーです。

逆に、カラートリートメントは染まるのに時間が掛かり、また即効性はなく色落ちもしやすいのですが、副作用が一番起こりにくいと言われています。
このトリートメントタイプの白髪染めは副作用の原因となるジアミンが入っていないものが多いため、副作用が起こりにくいと言われている理由です。

白髪染めの副作用がどうしても気になるという人は、ヘアカラーではなくトリートメントタイプの白髪染めを使った方が安全性が高いと言えるでしょう。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪染めと副作用のまとめ

白髪染めと副作用のまとめ

白髪を隠す方法として、白髪染めは一番効果がある方法です。
しかし、白髪に色をつけるためには化学成分の力が必要で、その成分に対するアレルギーなどが白髪染めの副作用の原因となります。

白髪染めを使用する際は配合されている成分などをしっかりと確認し、毎回必ずパッチテストを行うようにしましょう。
自宅での白髪染めは慣れてくると適当になりがちですので、説明書通りに正しく使用し白髪染めの副作用についての危険性なども把握しておく事が大切です。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. マイナチュレのヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。