白髪を40代で染めない

かつては、白髪が増えたら暗い色に染めてしまうという対処法が一般的でした。
しかし、白髪染めをせずグレイヘアを楽しむ人も増加傾向にあります。

グレイヘアには、おしゃれな雰囲気や知的な雰囲気などを出す事が期待でき、40代以降の人に似合う傾向が強いのです。
今回は、40代の人におすすめ出来る白髪を染めないスタイルの魅力について解説します。

白髪を染めないメリットやグレイヘアのスタイリングの仕方についても触れるので、白髪をよりおしゃれに見せる方法に関心のある人はぜひ参考にしてください。

白髪を染めない40代以上の人にグレイヘアが人気

40代は白髪が増えやすい時期なのですが、その年代の女性の多くは白髪は染めるもの、隠すものという認識を持っていました。
しかし、そういった認識に変化が出ており、白髪を染めないスタイルを楽しむ女性が増加傾向にあります。

「白髪を染めずにいると目立つのではないか」という不安を持つ女性もいる一方で、グレイヘアをおしゃれとして楽しむ女性もいるのです。
グレイヘアを楽しむ女性は、まず欧米で増え始め、彼女たちの影響でまもなく日本にもグレイヘアの波がやってきました。

実際、日本の女性でグレイヘアを楽しむ人は決して少なくなく、白髪を染めないスタイルにおけるネガティブなイメージは減少している傾向にあるのです。

白髪を染める人40代以上の人もいる

グレイヘアは40代以上の人にこそマッチする事が多いのですが、白髪を染める人もいます。
40代以上の女性でも中には、「若い時と変わらないヘアスタイルを楽しみたい」と考えている人もいるのです。

そういった人々は、白髪が増えてもグレイヘアにせず、暗い色に染め続ける傾向があります。
例えば、「美魔女」と呼ばれる、年を重ねても若々しい容姿をキープしている女性のほとんどは、白髪が増えてもダークカラーに染めているのです。

白髪を染めない自然なスタイルを楽しむ女性がいる一方で、白髪を染め続けるというアンチエイジングの姿勢も1つのスタイルとしてこれからも残る可能性があります。

白髪を染めない男性はモテる

女性のグレイヘアがメジャーになるには、まだまだ時間が掛かる可能性が高いでしょう。
しかし、男性の間では、女性より早い段階でグレイヘアが浸透しているのです。

男性においても、40代以降の人であれば白髪を染めないスタイルがマッチしやすい傾向にあります。
男性のグレイヘアには「ロマンスグレー」とたたえられる事が多く、白髪を染めずにいる事で知的な雰囲気を出す効果が期待出来るのです。

これにより、女性の目を引く可能性もあります。
一方、女性の間では知的な雰囲気より華やかさが重視される傾向が強かったため、男性と比べ白髪を染めない文化が浸透しづらい状態にありました。

しかし、40代以上の年代の内、60~70代の女性を中心にファッションとしてグレイヘアを楽しむ人が増加傾向にあります。

白髪を染めない40歳以上のかっこいいグレイヘアの作り方

白髪を染めない40歳以上のかっこいいグレイヘアの作り方

ここでは、白髪を染めない40代以上女性に向けて魅力的なグレイヘアの作り方をご紹介します。
グレイヘアにも色々スタイルがあり、どのようなスタイルが馴染むかは白髪の状態によって異なるのです。

自分に合ったスタイルを見つける事が出来れば、白髪をより美しく見せられる可能性があります。
そのため、これから白髪染めを止めて、グレイヘアにチェンジしたいという人には、グレイヘアの作り方の例を今の内に知っておくのがおすすめです。

また、30代まで白髪を染めるか抜くかして対処してきた人も、40歳を過ぎて白髪が増えてきたら白髪を染めずに過ごす事も視野に入れてみましょう。

白髪の状態に合ったスタイルを提案してもらう

自分にどのようなスタイルが合うかどうかは、美容師さんと相談しながら決めるのがおすすめです。
どのようなカットが似合うか、また部分的に染める場合どの部分の白髪を染めないでおくのがふさわしいかは、白髪の生え方によって変わってくる傾向があります。

多くの人は40代で白髪が増えてきますが、白髪の生え方は人によって異なるのです。
そのため、美容院に行って白髪が頭部全体に均等に生えているのか、また部分的に白髪が多く生えている場合は、どの部分の白髪が多いかをチェックしてもらいましょう。

その上で、どのようなスタイルがマッチするかを自分の好みも伝えながら決めてもらうと、白髪を美しく見せる事が出来る可能性があります。

白髪を染めないスタイリングの例

ここでは、白髪を染めない40代の人のためのスタイリングの具体例をご紹介します。
グレイヘアには、このようなアレンジのしかたがあるのです。

・ハイライト風の染めない白髪の束を作り、軽やかさを出す
・伸びてきた白髪がなじむよう、ヘアマニキュアで白髪をまばらに染める
・白髪の一部を染める事で、色の異なるまわりの毛も自然に見えるようにする
・黒髪の残った部分をこまめにカットし清潔感を出す

こうしたスタイリング例を参考にグレイヘアを楽しみましょう。
なお、今までダークカラーに染めている人で、いきなり白髪染めをやめるのに抵抗がある人は、白髪ぼかしをからスタートして徐々にグレイヘアにチェンジするのをおすすめします。

具体的には、白髪の部分を地毛よりワントーン明るい色に染めるのがおすすめです。
そうする事で、白髪の根元部分との色の差が気にならなくなり、白髪が伸びてきても染め残したように見えないという効果が期待出来ます。

白髪を染めない40代にはどんなメリットがある?

白髪を染めない40代のメリット

白髪が増える傾向にある40代以降の人が白髪を染めないで過ごしていると、職場などでまわりの人の視線が気になる事もあります。
しかし、白髪を染めない生活にはメリットがあるのです。

例えば、白髪を染めている人は根元を日々気にする傾向にあり、白髪が伸びてきたら早めに染める必要があります。
白髪染めを止めてしまえば、こうした白髪染めの煩わしさに悩む必要はないのです。

他にも、服のコーディネートなどの面で良い変化が出る可能性があります。

自然な雰囲気を演出出来る

もともと白髪を染めてきた人でも、いざ白髪を染めないという選択肢を選んでみると、「こういうスタイルもいいかも」と感じるケースがあります。
このように、思い切ってグレイヘアにした時、新しい自分のスタイルを発見出来る事もあるのです。

ずっと白髪をダークカラーに染めてきた人でも、グレイヘアにしてしばらく経つと白髪を染めないスタイルに気持ちがなじんでくる可能性があります。
そうなれば、「白髪染めをしないと印象が悪いのでは」という心理的負担からも解放される効果も望めるのです。

また、40代以降の人であれば、染めていない白髪自体もナチュラルな雰囲気に繋がる事が期待出来ます。

外見の変化に繋がる

白髪を染めない事で、白髪染めをした場合とはまた異なる外見の変化を楽しめる事があります。
例えば、このような変化が出る事があるのです。

  • 顔が明るく見える
  • 白髪染めをやめた事で髪の傷みが気にならなくなる
  • 華やかな色の服が似合うようになる

40代以降の人がグレイヘアにすると、こうしたプラス面の変化が生まれる傾向にあります。
こうした変化が生じる事で、白髪を染めていた頃より鮮やかな色のメイクや服装を楽しめるようになり、コーディネートの幅が広がる事が期待出来るのです。

白髪を染めない40代のまとめ

白髪を染めない40代のまとめ

日本において、グレイヘアは男性が楽しむものというイメージが持たれていました。
しか、し欧米のグレイヘア文化の影響で、女性にも白髪を染めないスタイルを楽しむ人が増加傾向にあります。

染めない白髪を楽しむ事で、白髪染めのわずらわしさや髪のダメージから解放されるというメリットが得られる事が多いです。
また、40代以降の人はグレイヘアがなじむ事が多く、ナチュラルな雰囲気が出る一方で華やかな色がマッチするようになる可能性も大いにあります。

なお、グレイヘアをどうスタイリングするのが良いかは、その人の白髪の生え方によって異なるのです。
そのため、美容院でカットやカラーリングの仕方について相談するのをおすすめします。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。