白髪と日光

昔から日光浴は体に良いものとして知られています。
しかし、その一方で日光の紫外線は肌など体に悪影響を及ぼす悪いものとして知られています。

そのため、紫外線から肌を守るための紫外線対策などのグッズなども数多く販売されています。
この日光は実は白髪と深い関係があると言われています。

白髪と日光・紫外線との関係性などについて詳しく見ていきましょう。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪と日光の関係性

日光を浴びると健康に良いと言われています。
しかし、その一方で日光に含まれている紫外線が肌にダメージを与え、日焼けや時には皮膚ガンの原因になるという事は誰もが知っている有名な話です。

子供の頃は日焼けを気にしなかったけれど、30・40代になって日焼けの影響からシミが増えてきたという声もよく聞きます。
また、紫外線は髪を透過し頭皮にも届いてしまうため、白髪の原因の一つとも言われています。

また、髪の乾燥やパサツキなどの症状を引き起こします。
そんな紫外線のメリットとデメリットについてみていきましょう。

日光の紫外線が与えるメリットとデメリット

日光に含まれる紫外線は、上記のようなデメリット部分のみに注目されがちですが、ちゃんとしたメリットもあります。
紫外線は、殺菌効果や気持ちのリフレッシュ・ストレス解消・自律神経を整えるなどのメリットがあるのです。

また、体内でビタミンDを作り出すためにも、日光は必要なものになります。
しかし、紫外線の浴び過ぎは、体内で細胞を錆びさせる活性酸素を大量に発生させてしまいます。

活性酸素によって肌や細胞は錆び付いて「老化」していく事で、シミやシワ、たるみなどの肌トラブルの原因となってしまうのです。
この紫外線から身を守るために、様々な紫外線対策が行われています。

しかし、日光の紫外線は、白髪対策の他、上記のようなメリットもあります。
そのため、完全に紫外線をシャットアウトするのではなく、適度に紫外線も浴びるという事も大切なのです。

日光浴で白髪対策!日光でメラニン色素を活性化

日光でメラニン色素を活性化

上記で述べたように、適度に日光を浴びる事は体に良い影響を与えます。
しかし、実は日光は白髪予防にも効果があると言われています。

紫外線は髪を透過するため、頭皮に直接的にダメージを与えます。
頭皮も体の他の皮膚部分と同じため、紫外線を浴び続ける事を繰り返していると、活性酸素が発生し頭皮の細胞もどんどん劣化していきます。

また、細胞の機能低下から皮膚の新陳代謝も低下し、頭皮は乾燥し弾力性を失ってしまい固くなっていきます。
そうなると、頭皮の血流も悪くなり髪に栄養を運べなくなるため、メラニン色素の生成にも影響を及ぼします。

髪が黒いのはメラニン色素によるものです。
メラニン色素が上手く作られなくなるという事は、髪に色を付ける事が出来ず白髪が出来てしまいます。

メラニン色素を作っているメラノサイトという細胞を活発にするためにはカルシウムが必要と言えます。
このカルシウムの吸収を高めてくれるのがビタミンDです。

紫外線を浴びると体内でこのビタミンDが作られるため、適度な日光浴はメラニン色素を作りだし白髪予防に効果を発揮するのです。

白髪予防に!効果的な日光浴の方法

白髪予防になるからと長時間日光浴を続けると、紫外線をたくさん浴びる事になります。
白髪予防効果がより高くなるのでは思う人もいるかもしれませんが、浴び続ければ良いという訳ではありません。

長時間日光浴を続けた事による紫外線の影響で、日焼けなど肌のダメージ、パサツキなど髪のダメージなど様々な悪影響についても考えなければならないのです。
日光浴の正しい効果的な方法としては、春や夏の場合は紫外線が強い日も多いため、日光浴をして顔や手などに15分ほど紫外線を浴びれば十分体内でビタミンDが作られます。

秋や冬の場合はどうしても紫外線の量が少なくなるので、もう少し長く日光浴をしても大丈夫です。
しかし、日光浴をしていても、日焼け止めを塗ってしまっていると紫外線がブロックされてしまいます。

そのため、せっかくの日光浴の効果も半減してしまいます。
日光浴を行う時は、日焼け止めを塗っていない状態で行うようにしましょう。

長時間の日光は白髪の原因に

長時間の日光は白髪の原因になる

日光浴は、ビタミンDを作りメラノサイトの働きを活発にします。
しかし、だからと言って、紫外線を浴び続ければ良いという訳ではありません。

紫外線がもたらす悪影響としてご存知のように、肌や髪のダメージがあります。
しかし、乾燥やパサツキだけではなく、過度な紫外線は白髪の原因にもなってしまうのです。

白髪予防で日光浴を行っていたはずなのに、逆に白髪を増やしてしまう結果になってしまったら元も子もありません。
毛根よりも表皮に近い所にバルジ領域と呼ばれる部分があります。

このバルジ領域には、色素幹細胞というメラノサイトを生成し髪に色を与える細胞が存在しています。
長時間紫外線に当たると、日焼けをするのと同じで、頭皮も紫外線を浴び続けると髪の傷みなどだけではなく、この色素幹細胞も損傷を受けてしまいます。

色素幹細胞が損傷を受け正常に機能しなくなってしまうと、メラノサイトが作られなくなります。
そのため、髪に色を付ける事が出来ず、白髪が出来てしまうのです。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪と日光のまとめ

白髪と日光のまとめ

肌だけではなく、髪へのダメージも大きいと悪者扱いされがちな日光の紫外線は、上記のように白髪と深い関係があるのという事が分かったと思います。
日光浴は白髪の予防になります。

しかし、一歩間違えれば白髪の原因ともなってしまうため、日光が白髪にもたらすメリット・デメリットをしっかりと理解しておくという事が大切です。
日常ですぐに出来る日光浴という簡単な行為が、白髪の改善・予防に繋がり、髪や頭皮の健康を保つ事にも繋がるという事を覚えておきましょう。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. マイナチュレのヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。