オーガニックの白髪染め

オーガニックの白髪染めとは、化学薬品や納品を使わずに、自然由来で作られた白髪染めを言います。
市販の白髪染めでは、頭皮がかぶれてしまったり、かゆみが起こしてアレルギー反応を起こしてしまった方は、オーガニック白髪染めは安心して使う事が出来るでしょう。

そこで今回は、一般的な白髪染めと比べてオーガニック白髪染めは、どのように頭皮に優しいのかを見ていきます。

⇒管理人も実際に利用したオーガニックの白髪染めトリートメントを見てみる。

オーガニックカラーの白髪染めとは?

オーガニックカラーの白髪染めは、植物由来で作られているので、科学的なものが入っていないという事です。
有害物質チアミンなど頭皮のかぶれやアレルギーを引き起こすような成分の入っていないため、安心して使う事が出来ます。

白髪染めは刺激が強いものを長期的に使い続けると、頭皮がかぶれたりしてしまうのです。
始めは何の問題がなくても、疲れていたり体調が悪い時に使うと、アレルギー反応を引き起こしてしまうリスクもあります。

しかし、オーガニック白髪染めの場合は そのリスクがほとんどありません。
オーガニック白髪染めの代表的なヘナは、自然由来の白髪染めです。

ヘナを白髪染めに使うと赤みのある色に着色されるので、青みのあるアッシュ系にはインディゴを調合させて使います。
ヘナの色のバリエーションは少ないのですが、自然派で頭皮と髪に優しいために、多くの人に愛用されている白髪染めです。

オーガニックの白髪染めのメリットは?

オーガニック白髪染めは、現状では美容院やサロンでの施術が主流となっています。
自分で染められる市販品もいくつかの種類が出始めました。

しかし、従来の白髪染めと比較するとまだまだ少なめです。
髪や頭皮へのダメージが避けられない従来の白髪染めとは異なり、オーガニックカラーは、染めながら傷んだ髪をいたわるトリートメント効果が期待出来ます。

含まれる天然成分が抗菌作用を持っている製品もあります。
そのため、その場合は頭皮を清潔に保ち、フケやかゆみの予防にもなります。

市販の白髪染めとオーガニック白髪染めの違いは?

普通の市販の白髪染めとオーガニック白髪染めの違い

オーガニックは市販の白髪と比べると髪に優しいですが、100%天然成分とは限りません。
オーガニック白髪染めは天然成分で作られてるとは言え、絶対にアレルギー反応が出ないとは言い切れません。

初めてヘナを使う方は腕の内側でパッチテストをすると良いでしょう。
オーガニック白髪染めは、アレルギー反応を引き起こしにくいとは言われています。

しかし、体調が悪い時や敏感肌になっている時は、アレルギー反応が引き起こされる事も考えられます。
敏感肌の方や生理中の方、妊娠中の方は基本的に白髪染めは控えた方が良いので、オーガニック白髪染めとはいえ使用を控えてください。

そして、オーガニック白髪染めは、一般的な白髪染めより放置時間が長くなります。
そのため、使用中に気分が悪くなったりしたら直ちに使用を中止しましょう。

オーガニック白髪染めのデメリットは?口コミ・評判は良いの?

オーガニック白髪染めのデメリット、口コミ・評判

オーガニック白髪染めのデメリットは下記のような事が挙げられます。

  • カラーの種類が選択できない
  • 市販であまり販売されていない

髪を明るくせずに、色もオレンジやナチュラル系でも良い方には、オーガニック白髪染めのヘナが口コミでも人気です。
ただし、髪を明るくしてオシャレを楽しみたいなら、一般のヘアカラー剤を使うしかありません。

一般のヘアカラー剤は、そのまま使い続けると、ジャンプーしてカラー剤を流しても、髪に残って髪や頭皮のトラブルの原因になります。
オーガニックの白髪染めならば、これらを髪と頭皮のダメージを防ぐ事が出来るので評判のようです。

しかしながら、全てのオーガニックの白髪染めが、頭皮・髪に優しい物かと言われればそうでもありません。
天然成分という事は確かですが、刺激・アレルギー反応のある商品もあるのです。

では、どういった商品がオススメなのでしょうか。

オーガニックカラーの白髪染めの利用上の注意点

オーガニックカラーの白髪染めの利用上の注意点

一般的な白髪染めの染力は強いので、大抵30分ぐらいで染める事が出来ます。
一方でオーガニック白髪染めは自然の染料なので、1時間から2時間ぐらい放置時間が必要になるのです。

美容院で白髪染めをするとさらにトリートメントやマッサージが入るため、半日がかりになる事があります。
白髪染めを早く済ませたい場合は、自宅でオーガニック白髪染めのヘナを使うという方法もあります。

アレルギー体質の方はオーガニック白髪染めがだめ?

多くの白髪染めにはジアミンという成分が含まれており、アレルギー反応を引き起こす可能性があります。
ドラッグストア・薬局などの白髪染めにジアミンを含んだ商品が多くあるのですが、アレルギー反応があるという方は使用をしないようにしましょう。

そのため、長時間使い続けると頭皮や髪に非常に大きなダメージを与えてしまいます。
始めの内は使っていて何ともなくても、体調が悪い時や皮膚が敏感になっている時に使うと、アレルギー反応を引き起こす事もあり得るのです。

また、有害物質であるジアミンは、発がん性作用もあるというも認められているほど強い成分になります。
ですから、アレルギー体質お持ちの方や敏感肌の方は、始めから一般的な白髪染めではなく、肌に優しい白髪染めを使うと良いでしょう。

前述した通り、オーガニックの白髪染めだからと言って確実に良いというわけではありません。
当サイトではトリートメントタイプの白髪染めをオススメしています。

髪はもちろん、地肌にも優しいため、アレルギー反応が出る心配もありません。
敏感肌の方でも安心して使用する事が出来ます。

⇒管理人も実際に利用したオーガニックの白髪染めトリートメントを見てみる。

オーガニックの白髪染めのまとめ

オーガニックの白髪染めのまとめ

オーガニックは成分にこだわりがあるため、通常の白髪染めに比べて高くなりがちです。
しかし、肌に優しくアレルギーの方でも使用する事が出来るため、一般の白髪染めで悩んでいるという方はオーガニックを利用してみると良いでしょう。

美容院でのコストは余計に高くなりがちです。
当サイトでオススメしているルプルプや利尻と言った商品に関しては、頭皮に優しい成分を使用しています。

また、毎日のトリートメントの変わりに使う事が出来ますので、染め忘れ・プリンになるというデメリットもありません。
管理人も実際に利用したトリートメントなので、参考にしてください。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. マイナチュレのヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。