右の白髪

年齢と共に気になり始める白髪・
なぜか右側だけに白髪が生えて、不思議に思っている方はいませんか?

右のこめかみから耳の上辺りにかけて集中的に生えている白髪。
特に顔周りは目立つので気になりますよね。

そもそも白髪の原因は、医学的には未だに完全には解明されていません。
しかし、白髪のメカニズムについては分かっています。

何らかの原因で、黒髪の着色料メラニンを生成するメラノサイトの働きが停止されています。
しかし、なぜ止まってしまっているのでしょうか?

今回は、右側だけに集中して白髪が出来る原因について、検証していきたいと思います。

白髪が右前頭部に集中している原因はストレス

ストレスが原因で白髪が生える事はよくあります。
私たちの体はストレスを受けると、血管が収縮する事で、血行が悪くなると言われています。

すると、健康な髪に必要な栄養が行き渡らなくなり、白髪になりやすくなるのです。
血液は、全身に栄養を運ぶ働きがあります。

そのため、血行が悪いと健康な髪が生えなくなり、白髪が増えていきます。
一説には左側よりも右側の側頭部の方が、白髪になりやすいとも言われています。

しかし、ストレスを感じたからと言って、すぐに白髪は生えません。
ストレスが原因で白髪が生えたとしても、その白髪が伸びて目立ってくるのは、しばらく経ってからになります。

髪は、平均的に1日に0.3~0.5mm、1カ月に1~1.5cm伸びます。
一気に白髪が増えたように感じた場合は、多大なストレスを受けた時に作られた髪が、同時期に伸びてきたからと言えます。

白髪が生え際やこめかみの右に集中している原因は?

白髪が生え際やこめかみの右に集中している原因

白髪が生え際やこめかみに集中しているのは、胃や肛門の不調や病気の可能性が考えられます。
胃腸系の機能が上手く働かないと、消化不良を起こし体内が腐敗して、便秘や口臭、嘔吐などを引き起こすと考えられています。

そして、胃腸に不調が起こると、同じ経絡状にある右側の前頭部の白髪が増える事があるのです。
胃腸や肛門の不調により、血便や肛門の不調症状が起こりやすくなります。

胃腸や肛門の不調は、頭痛やめまい、顔面神経痛、脱毛、白髪などの症状に関係があるとされているので、要注意です。
そのままにしておくと、胃腸の調子が悪いので食物が栄養にならず、排出されてしまいます。

栄養が少ないと、心臓を始めとする生命維持の臓器に送られてしまいます。
そのため、末端組織である髪の元には栄養は届かなくなり、白髪の原因となるのです。

白髪が右側に多い人は左脳を酷使している

白髪が右側に多い人は左脳を酷使している

頭脳労働系の人、クリエイティブ系の想像力を駆使する職業柄の人は、白髪が右側に集中して出来やすいと言われています。
視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の五感などを認識して知覚や感性を司る右脳は、仕事において左脳よりも労働量が多いと言われています。

そして、想像力が命の作家やクリエイタータイプの人は、右脳を酷使する仕事です。
本来は頭皮に行くはずの栄養が、右脳に奪われがちになり、余計に右耳周辺の髪の毛が栄養不足になってしまうのです。

右脳の労働量が多い人は、頭皮に行くはずの栄養まで脳の活動に取られてしまうと言えます。

これは医学的な証明はありませんが、そういった傾向にあります。
鏡で右側頭部の髪をかきあげて、左側と白髪の量を比べてみると、右側に集中しているかもしれません。

そういった場合は、とにかくストレスを少しでも解消しましょう。
週末に趣味に打ち込んだり、スポーツクラブで全身を思い切り動かすなどの方法がオススメです。

アロマを焚いたり、バスタイムを長めに取ったりしてリラックスするのも良いでしょう。

白髪が右側に多い場合の対処法

白髪が右側に多い場合の対処法

白髪が右側に増え始めたら、地肌に優しいトリートメントタイプの白髪染めを使うと良いでしょう。
最近ネットで評判の「ルプルプ(lplp)」は、低刺激のナチュラル系白髪染めトリートメントです。

ルプルプは、成分的に刺激性が少なめで染色がしっかり出来て、トリートメント成分が豊富な事が人気の秘訣です。
染色成分は、植物性由来のベニバナ赤、クチナシ果実エキス、アイ葉/茎エキスを中心に、刺激性の低い化学染料を加えています。

市販の白髪染めとルプルプの違いは、 刺激性界面活性剤、シリコン、刺激的な防腐剤・酸化防止剤などは配合されてない点です。
ですから、ルプルプは長く使い続けても、地肌をいたわりながらケア出来て、白髪を目立たなくさせてくれます。

保湿力重視の白髪染めは利尻ヘアトリートメント

髪が保湿されている優しい白髪染めなら、利尻ヘアトリートメント。
白髪染めとは思えない髪のケア商品のような感覚の白髪染めです。

トリートメントタイプなので、素手で触っても手を洗えばすぐに落ちるので、気軽に使えます。
染まり具合は個人差がありますが、5回目くらいで白髪がだいぶ消えたように見えてくるでしょう。

利尻ヘアトリートメントはヘアカラーのように、一度でしっかり色が付かない方も時々います。
しかし、髪へのダメージはほとんどなく、むしろ利尻トリートメントを使った方が髪が、しっとり柔らかくなるほどです。

白髪と右側のまとめ

白髪と右側のまとめ

右側に集中して出来る白髪は、ストレスや胃腸系などの問題がある可能性があると分かりました。
特に前頭部とはおでこの生え際あたりは、前髪を下ろしているとなかなか気づきません。

しかし、いざ見付けると、結構な白髪を発見するかもしれません。
特に仕事でデスクワークや目を酷使して、肩こりや腰のこりがある方は、健康状態を見直してみてください。

当サイトでは、管理人も実際に利用した白髪染めのトリートメントを紹介しています。
白髪に悩んでいる方は、ぜひ試してみてください。


【白髪染めのオススメ2選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。