白髪が痒い

頭皮が痒みいという事に耐えて生活している人は多くいます。

  • 何で白髪が生え始めると頭皮が痒くなるんだろう
  • シャンプーや白髪染めがいけないのかしら!?
  • どうやったら痒みがおさまるのか知りたい

その影響で頭を掻きむしる事が増えて、頭皮に傷が付き炎症を起こしてしまうのも困ってしまいますよね。
今回は、そんなお悩みを抱えている人のために、痒みの正体や正しい対策の方法をご紹介します。

白髪が痒い原因や対処法について記載していきます。

白髪が痒い原因は乾燥や毛穴への刺激!?

白髪が生えたのと痒みが出始めた時期が被ると、「白髪=痒い原因」と考えがちですが、本当のところはどうなのでしょうか?
白髪の発症と痒みの関係性が強いと考えられている要素を、以下の2つにまとめてみました。

1.老化で頭皮が乾燥して痒い

歳を重ねると白髪が生え始めるように、頭皮も老化すれば保湿力が低下して乾燥し代謝も落ちます。
そのため、頭皮の保護機能が若い頃に比べて衰えるのです。

ちょうど白髪が生え始めるのと同時に、外的刺激への対抗力がなくなった頭皮が痒み発生させる場合もあるでしょう。

2.毛穴への刺激からくる痒み

白髪は2004年の資生堂と北見大学の共同白髪研究の解析結果から、黒髪に比べて以下のような特徴があると言われています。(一部抜粋)

  • 白髪の伸びる速度は黒髪よりも速い
  • 白髪の直径は黒髪よりも太い

そのため、痒いという事と白髪を関連付ける科学的な根拠はありません。
ただ、髪質の違いから生える時に、毛穴を刺激して痒みを引き起こしている可能性もあると考えられるでしょう。

痒いからといって白髪を抜くのはNG

先程ご説明した原因とは別に、中には痒みを無くすために白髪を抜いてしまったが故に、頭皮の環境を悪化させてしまっている人もいるようです。

白髪を抜く行為は埋もれ毛や頭皮ニキビなどの頭皮トラブルを引き起こして、痒いという事に繋がります。
そのため、絶対に安易に抜くのはやめましょう。

また、どうしても白髪が目立つのが気になって抜きたい場合には、切るか染めるかの対処が一番です。
それでは次に、白髪が痒い時に抜かずに済むオススメの対策について、具体的にご紹介していきます。

白髪が痒い時にオススメの対策

白髪が痒い時にオススメの対策

白髪が痒い時には、「保湿」「頭皮へのダメージを軽減」をメインに対策を考えると良いでしょう。
そうする事で、老化による頭皮の乾燥を緩和したり、刺激によって敏感になっている毛穴に余計な負担をかけずに済みます。

ただし、頭皮の環境を良好に保つためには、適度な睡眠や運動・バランスの良い食生活も重要です。
これからご紹介するのは、あくまでも痒みを軽減する1つの方法にすぎません。

そのため、同時に健康的な生活習慣を整える事も忘れないようにしましょう。

白髪が痒い時は頭皮用のローションで保湿

白髪が痒いという方は、お風呂の後にお肌のスキンケアでも化粧水を使うように、頭もシャンプー後には頭皮用ローションを使用して保湿してあげましょう。
乾燥から守ってくれるだけではなく、フケ・かゆみを減らしてくれたり、育毛・血行促進効果、雑菌予防が期待出来るものもあります。

ちなみに、選ぶ時のポイントとしては、液垂れしにくくベタつきの少ないタイプや、香料などの添加物が含まれていないものが普段使いしやすく安心して使用出来るでしょう。
頭の乾燥が気になるという人は、紫外線やドライヤーによる影響も防ぎつつ頭皮用ローションで健やかな頭髪を保ってください。

白髪が痒い時は頭皮に優しいシャンプーに変える

10代~20代の頃と同じようなシャンプーを使っていると、洗浄成分が強過ぎて必要な油分も洗い流してしまっている可能性があります。
冒頭でもお伝えした通り、加齢と共に頭皮も乾燥しやすくなる傾向にあるのです。

そのため、白髪が痒いという方は、年齢に合わせたシャンプーを選ぶようにした方が良いでしょう。
1番オススメなのは、頭皮に優しく洗浄力が弱めのアミノ酸系シャンプーです。

逆に、ラウリル硫酸やラウレス硫酸という成分が含まれている高級アルコール系シャンプーは安価で手に入りやすいと言えます。
しかし、頭皮への刺激も強いので、乾燥が気になる時には控えるようにしましょう。

白髪が痒い時は染める方法を変える

白髪染めは通常のおしゃれ染めに比べて、目立つ白髪を隠すために染める頻度が増えるので、頭皮への負担が大きいものです。
また、酸化染料(パラフェニレンジアミンなど)の中には、アレルギー症状として痒み・水ぶくれ・発疹を起こすものがあります。

症状が軽いからと言って、気にせずに使用し続けると重症化してしまうケースもあるでしょう。
ですから、そういった重度なアレルギー症状が出やすい成分が含まれている通常の白髪染めは、避けた方が安全に白髪を染められます。

特に、天然成分を使用しているルプルプや利尻のヘアカラートリートメントは、染め上がりもよく地肌に優しい成分がメインなので白髪染めを変える時の候補にオススメです。

どうしても白髪が痒いのが止まらない場合は皮膚科へ

ここまでご紹介した通り、頭皮の痒みはセルフケアによって軽減出来る場合もあります。
ただし、中にはシラミ・水虫・アトピー・乾癬(かんせん)などの病気によって、肌が痒いという場合もあるのです。

そのため、痒みが強過ぎたり止まらない場合には、皮膚科で一度診てもらうようにしましょう。
抗炎症作用や抗真菌作用のある塗り薬、ステロイド剤などを地肌の状態にあわせて処方してもらえます。

不安な場合には自己判断せず、酷くなる前に早めに受診をするようにしてください。

白髪が痒い場合のまとめ

白髪が痒い場合のまとめ

白髪が痒いという原因は、老化による頭皮の乾燥や生え変わる時の毛穴への刺激の影響が考えられます。
これらは健康的な生活の元、頭皮用ローションで保湿をしたり、シャンプーや白髪染めを地肌への負担が少ないものに変えてセルフケアをする事で、痒みを軽減出来る可能性が高いでしょう。

ただし、あまりに痒みが強く止まらない場合は何らかの病気を発症しているケースもあります。
悩んだ時には、早めに病院で診察を受けて悪化させないように対処しましょう。

当サイトでは、管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを紹介しています。
白髪に悩んでいる方は、参考にしてください。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  3. マイナチュレのヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。