白髪と紫シャンプー

白髪を綺麗に保ちたい時に便利なのが紫シャンプーです。
生えてきた白髪をそのままの状態にしておく場合でも、ケアを怠ってはいけません。

黒い髪の毛の中で目立つ白髪が黄ばんで、見た目の印象が悪くなってしまう事があるからです。
紫シャンプーを使えば、生えてきた白髪を美しい白色に保ちやすくなります。

また、白髪染めを使った後の色落ち対策としても紫シャンプーは優秀です。
紫シャンプーを使って白髪を綺麗に保つ方法と実践する際の注意点を見ていきましょう。

白髪を美しく見せる紫シャンプーとは?

これまで紫シャンプーを使った経験がない場合、どんな製品なのかイメージ出来ないかもしれません。
紫シャンプーは、カラーシャンプーのカラーバリエーションの1つです。

カラーシャンプーは髪を洗う時に使う事で、徐々に髪の毛を染めていく事が出来ます。
脱色した髪の毛を染めるために使う事も出来ますが、白髪対策としてもよく使われる製品です。

紫シャンプーは原液が紫色なので、使うと年配女性に見られるパープルヘアになってしまうように感じるかもしれません。
しかし、適量の紫シャンプーを使えば、白髪を美しく見せる事が出来ます。

紫シャンプーは白髪の黄ばみを抑えるカラーシャンプー

紫シャンプーは紫色の色素を配合したカラーシャンプーです。
白髪の黄ばみを抑えて、綺麗な髪色を保つ効果を持っています。

日本人の白髪は真っ白ではなく黄色がかった色合いになる事が多いですから、黄ばみ対策は重要です。
紫色は黄色の補色なので、白髪の黄ばみを抑えるには最適な色と言えます。

補色は混ぜ合わせる事で色味が無いように見せる事が出来るからです。
また、紫シャンプーは白髪染めで使った後の髪の色をキープする働きも持ちます。

紫シャンプーとシルバーシャンプーの白髪への効果の違い

紫シャンプーと同じく白髪に使えるカラーシャンプーとして、シルバーシャンプーが挙げられます。
シルバーシャンプーはその名前の通り、銀色のカラーシャンプーです。

どちらも白髪の黄ばみを抑える効果を持ちますが、シルバーシャンプーならではの効果もあります。
それは、アッシュ系の色を維持するという効果です。

アッシュ系の白髪染めで白髪ぼかしをする場合などは、シルバーシャンプーを使うと良いでしょう。
白髪をそのまま残しておく場合やアッシュ系以外の白髪染めを使う場合は、紫シャンプーを使えばOKです。

白髪頭への紫シャンプーの使い方

白髪頭への紫シャンプーの使い方

紫シャンプーの使い方は簡単なので、初心者でも戸惑う事はないでしょう。
いつも使っているシャンプーを、1~3日に1回の割合で紫シャンプーに変えるだけです。

白髪頭を通常のシャンプーを使う感覚で洗えば、それだけで白髪の黄ばみを抑えられます。
きちんとすすいで泡を洗い流す必要がある点もいつものシャンプーと同じです。

ただし、紫シャンプーは泡立ちが若干悪いため、シャンプー前は髪の毛をブラッシングをした後でしっかり濡らしておきましょう。
より白髪への効果を実感したいのであれば、紫シャンプーの泡がついた状態で数分放置するという使い方を試してみてください。

紫シャンプーの原液を付けて簡易なヘアパックをする方法もあります。

紫シャンプーを白髪に使う時の注意点

紫シャンプーを白髪に使う時の注意点

紫シャンプーの使い方は、一般的なシャンプーとあまり変わりません。
しかし、気を付けておかなければならない点も存在します。

普段と全く同じ感覚で髪の毛を洗っていると、思わぬトラブルに遭遇しがちです。
また、紫シャンプーの効果を長続きさせるためにも、覚えておくべきコツがあります。

紫シャンプーを白髪に使う時、あるいは使った後に注意すべき点についてチェックしていきましょう。
以下で紹介する注意点は、一度覚えてしまえばそれほど難しい事ではありません。

白髪頭に紫シャンプーを使う時はアレルギーに注意

白髪頭に紫シャンプーを使う時は、アレルギーに注意しましょう。
紫シャンプーに配合されている成分は、基本的に副作用のリスクの少ない物が中心です。

しかし、人によっては配合成分に対するアレルギーが起きる事があります。
使う時に違和感を覚えたのであれば、すぐに使用を中止して頭皮の様子を見てください。

かゆみやかぶれ、炎症といった頭皮トラブルの悪化を避けるためにも、アレルギーの可能性を考慮する事は大切です。
これまでアレルギー症状が起きた事のない人も油断してはいけません。

傷んだ白髪を紫シャンプーでケアする事は出来ない

紫シャンプーは白髪の黄ばみに対策出来る製品ですが、傷んだ髪の毛をケア出来る訳ではありません。
そのため、ヘアカラーで白髪にダメージが入った状態で何度も使うと、さらに白髪を傷めてしまう可能性があります。

髪の毛がパサついていると感じる場合、紫シャンプーの使用は避けた方が無難です。
白髪が傷んでいる時には、補修効果のあるシャンプーと併用するトリートメントで保護するといった工夫をしましょう。

髪の毛への負担が少ない白髪染めトリートメントで染めてから使う事もオススメです。

紫シャンプーで洗った後は白髪を丁寧に乾かす

紫シャンプーの紫色の色素はキューティクルの隙間から髪の毛に入るため、色を付けやすい特徴を持ちます。
しかし、ケアが不十分だと色が抜けてしまうのも早いです。

髪の毛が濡れたままで放置していると、キューティクルが開いた状態のままになってしまいます。
そのため、紫シャンプーで洗った後は、白髪を丁寧に乾かす事が大切です。

タオルドライをした後でドライヤーを使い、白髪をしっかりと乾かしましょう。
ドライヤーを使う前に椿油などのヘアオイルを塗れば、熱によるダメージも軽減する事が出来ます。

白髪に紫シャンプーを使った後は壁や床をしっかり洗い流す

白髪に紫シャンプーを使った後は、浴室の壁や床をしっかりと洗い流しましょう。
紫シャンプーの原液や泡が飛び散ったまま放置していると、紫色が残ってしまう可能性があります。

色が着く前に洗い流せば問題ないので、早めの洗浄が肝心です。
思わぬ場所に紫シャンプーの汚れが飛んでいる事も多いので、使用後は注意深く浴室をチェックしてください。

また、紫シャンプーが爪の間に入って紫色が着く場合もあるため、洗った後は爪の間を丁寧に洗う事も大切になります。

白髪と紫シャンプーのまとめ

白髪と紫シャンプーのまとめ

紫シャンプーは白髪の黄ばみを抑えたり、色落ちをカバーしたりする効果が期待出来るカラーシャンプーです。
黄色と補色関係にある紫色を使う事で、白色に近い見た目を実現する事が出来ます。

紫シャンプーの使い方は、いつものシャンプーの代わりとして使うだけで大丈夫です。
ただし、アレルギー症状に注意したり、傷んだ白髪をケアしたりする必要があります。

壁や床に紫シャンプーが残ったままだと色が付いてしまうので、使用後に浴室をよく洗浄する事も大切です。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. マイナチュレのヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。