白髪とプラチナブロンド

プラチナブロンドは明るく輝く綺麗な髪色なので、昔から憧れている人も多いでしょう。
海外のセレブやアーティストにも美しいプラチナブロンドを持つ女性が数多くいます。

そのため、白髪が生えた事をプラチナブロンドに近づいたとポジティブに考える方もいますが、実は白髪とプラチナブロンドは別のものです。
プラチナブロンドの髪を目指したいなら、白髪染めを使うなどの工夫が必要になります。

白髪とプラチナブロンドの違いやプラチナブロンドに染める際のポイントについてチェックしていきましょう。

白髪とプラチナブロンドの違い

プラチナブロンドは白っぽい色をしており、白髪は文字通り白色なので、一見すると同じような色の髪の毛に見えます。
白髪とプラチナブロンドを同じものとして扱っている人も結構多いですね。

しかし、髪の毛の色をよく比較してみると、両者の色は異なるものです。
プラチナブロンドには、薄いながらも、金色あるいはレモン色と表現される色合いが含まれています。

また、白髪染めなどの製品でも1つの色として認識されています。
白髪とプラチナブロンドを同一視していると、染め方の情報などを勘違いをするケースも増えてくるので、両者の差をしっかりと把握しましょう。

白髪はプラチナブロンドと違ってメラニン色素不足で生える

白髪は、メラニン色素不足で髪が黒くならないまま成長した髪の毛です。
メラニン色素を作る役割を持つメラノサイト細胞がうまく働かなかったり、メラニン色素の材料となるチロシンなどが不足する事で白髪は生えてきます。

つまり、白髪は髪の毛に白い色素が付いている状態というわけではないのです。
一方、プラチナブロンドは白っぽく薄い色ではあるものの、完全に色素がなくなっているわけではありません。

色素の有無が白髪とプラチナブロンドを分けるポイントとなります。

日本人のプラチナブロンドは白髪を染めた銀髪の色

生まれつきの髪の毛の色がプラチナブロンドである外国人は珍しくありません。
髪の毛の色が全て同じでなくても、全体的にはプラチナブロンドに見える人が大勢います。

しかし、日本人で自然にプラチナブロンドの髪の毛が生えてくる人は稀です。
そのため、日本人のプラチナブロンドは、白髪を染めた銀髪の色、もしくは脱色して銀髪に染めた色と言えます。

日本人がプラチナブロンドの髪色にしたいと考えるのであれば、いかに綺麗な染め方をするかを考える必要があるでしょう。

白髪をプラチナブロンドに染めるなら

白髪をプラチナブロンドに染めるなら

白髪をプラチナブロンドに染めるなら、しっかりと染め方を考える必要があります。
どんな染め方だろうと、プラチナブロンドの白髪染めを選べば大丈夫だろうと思っていると、染めた後の仕上がりに後悔する結果になりかねません。

また、無理にプラチナブロンドで染める事で、白髪が生えやすい頭皮環境を作ってしまう可能性もあります。
将来の髪の毛の事も考えて、プラチナブロンドの白髪染めを使う時に注意すべき点などを見ていきましょう。

プラチナブロンドの外国人は白髪になっても目立たない

外国人の髪の毛も、白髪が生えてくる事はあります。
しかし、プラチナブロンドの外国人の場合、白髪になっても周囲の髪の毛と色の差が少ないのであまり目立ちません。

そのため、白髪が生えてきたとしても、染める事なくそのまま放置している人も多いようです。
一方、日本人は黒い髪の中で白い色が目立ってしまうため、白髪を隠す必要があります。

白髪染めを使う場合も、不自然な感じを与えないように注意しながら染めなければなりません。
プラチナブロンドが理想の色だとしても、無理に染めると違和感を覚える見た目になってしまうでしょう。

白髪をプラチナブロンドで染めて外国人風の銀髪に

日本人の黒い髪をそのままの状態で染めても、髪の毛の色がプラチナブロンドになる事はありません。
しかし、色素の抜けている白髪なら綺麗に染められるチャンスがあります。

最近はブラックやブラウンだけでなく、グレー系に染められる白髪染めも数多く販売されています。
そのため、自宅でプラチナブロンドに染める事も難しくないでしょう。

プラチナブロンドに染めて他の髪の毛の色と馴染ませれば、白髪をぼかして自然な仕上がりにする事も可能です。
プラチナブロンドのハイライトを入れる事で、外国人風の銀髪に見せる事も出来ます。

白髪以外を脱色してプラチナブロンドに染めてはいけない

既に述べた通り、黒い髪をそのままプラチナブロンドに染める事は出来ません。
もし白髪の本数がまだ少ない状態でプラチナブロンドに染めたいなら、あらかじめ黒い髪の毛の脱色を行ってから染めなければならないでしょう。

しかし、色が薄めのプラチナブロンドに染める事を前提にすると、複数回の脱色が必要になるケースがほとんどです。
何度も脱色を繰り返す事は髪の毛へのダメージが大きく、頭皮にも負担を掛けてしまいます。

その結果、白髪の本数が増えてしまうリスクもあるので、脱色してからプラチナブロンドのヘアカラーで染める事はオススメ出来ません。
頭皮・毛髪の健康を考えるのであれば、白髪の本数が増えてきてからトリートメントタイプの白髪染めでプラチナブロンドに染めましょう。

白髪とプラチナブロンドまとめ

白髪とプラチナブロンドまとめ

白髪とプラチナブロンドは似た色合いの髪の毛ですが、色素の有無という大きな違いがあります。
日本人が自然にプラチナブロンドの髪の毛になる事は少ないので、基本的には銀髪に染めた結果と考えましょう。

白髪をプラチナブロンドで染めれば外国人風の銀髪を目指す事も出来ますが、生えている本数によっては問題が生じる事もあります。
黒い髪の毛を脱色してから染めると白髪を増やす結果になりかねません。

プラチナブロンドに染めるなら、白髪の本数が増えてきてからにした方が無難です。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. マイナチュレのヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。