パープルの白髪染め

白髪染めをしている女性の中には、黒色や茶色ではなくパープルに染めている人がいます。
ただ白髪をパープルに染めているのには、実はいくつかの理由があるのです。

そこで今回の記事では、なぜ白髪染めで黒色や茶色ではなくパープル色などにするのか、その理由について詳しく解説していきます。
綺麗なパープルに染められる白髪染めの種類やおすすめの白髪染め剤などもご紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

白髪染めで髪色をパープルにする理由

それでは初めに、なぜ白髪染めで髪色をあえてパープルにしているのか、その理由について解説していきましょう。
白髪染めでパープルにする理由は、大きく分けると以下の3つのものがあります。

  • アジア人特有の白髪の黄ばみを無くして綺麗な艶を出せるから
  • 美容師にパープルが似合う、もしくはオシャレな色だと勧められたから
  • ヘナの調合ミスや複数の白髪染めの使用で不本意ながらパープルになったから

では早速、これからそれぞれの理由について、1つ1つ詳しく解説していきます。

白髪の黄ばみをカバー

日本人を含むアジア人の白髪は、純粋な白色をしているわけではありません。
正確には少しだけ黄ばみがかかった白色をしています。

そして、パープル系の色はその黄ばみ、つまり黄色の補色でもあるのです。
補色とはある色に組み合わせると、白色などの無彩色になる色の事。

つまり、黄色の補色でもあるパープル系で髪を染めると、髪全体が無彩色でもある綺麗な白色になるのです。
このように、パープル系の色はアジア人特有の黄ばみがかった白髪の黄色をカバーして、綺麗な艶のある白にする特徴があります。

だからこそ、白髪染めではあえてパープル系に染めている人がいるのです。

美容師に勧められた

白髪染めで髪色をパープルにしている2つ目の理由は、単純に美容師などにオシャレな色だと勧められたからというもの。
美容師の中には、上記で解説したようにパープル系で白髪染めをすると、綺麗な艶のある白髪になる事を目的として勧めているケースが多いのです。

ただ、それ以外にもその人のイメージなどにパープル系の色が合う場合にも、パープルで染めるように勧める事もあります。
このように、綺麗な白色にするためではなく、単純にオシャレだと美容師に勧められてパープルに染めているケースもあるのです。

ちなみに、オシャレ目的でパープルに染める場合には、パープルを強調するためにより濃く染める事が多く、それが1つの大きな違いでもあります。

失敗でパープルヘアになった

ここまで解説してきたように、白髪染めでパープルにする理由は綺麗な白色にするため、もしくはオシャレのためといったものがあります。
そしてそういった理由では、あくまで自分が望んでパープルにするわけです。

しかし、中には自分では望んでいないにも関わらず、髪色がパープルになってしまうケースもあります。
例えば、ヘナと呼ばれる植物から作られた染料を使って茶色に染める時、ヘナの調合に失敗してしまうケースです。

ヘナには、インディゴと呼ばれる藍色に近い色素が含まれています。
そして、そのインディゴが多いヘナを使ってしまうと、茶色ではなく藍色が強調されてしまって、パープルのような色になる事があるのです。

また、違う種類の白髪染めを混ぜて使ったりしてしまうと、お互いの白髪染め剤の成分の化学反応によって髪色がパープルになる事もあります。
このように、不本意ながらパープルヘアになってしまう事もあるので、パープルにしたくない人は注意が必要です。

綺麗なパープルに染められる白髪染めの種類

綺麗なパープルに染められる白髪染めの種類

では次に、綺麗なパープルに染められるおすすめの白髪染めの種類についてご紹介しましょう。
白髪染めには色々な種類のものがありますが、特別な理由がなければ以下の2つの種類のいずれかがおすすめです。

  • ヘアマニキュア
  • ヘアカラートリートメント

それでは早速、これからなぜこの2種類の白髪染めが綺麗なパープルを染めるためにおすすめ出来るのか、その理由について解説していきます。
この2つの種類にはそれぞれ違う特徴があるので、自分にはどちらが合うか考えながら読み進めてみてください。

ヘアマニキュア

綺麗なパープルに染められるおすすめの白髪染めの種類の1つ、それはヘアマニキュアと呼ばれるものです。
ヘアマニキュアとは、爪の表面に色を付けるマニキュアと同じように、髪の表面に色を付ける事で染める白髪染めの方法の事を意味します。

このヘアマニキュアと呼ばれる方法は、通常のカラーとは違って髪の毛の色を抜く必要がありません。
そのため、髪の毛に無駄なダメージを与える事なく、髪の毛を染められるメリットがあるのです。

また、髪の毛の内部に色を染み込ませて染めるわけではないため、違和感のないナチュラルな色合いに染まる特徴もあります。
ですので、このヘアマニキュアは髪のダメージを気にしている人や、自然な色合いに染めたい人にはオススメの白髪染めの種類だと言えるでしょう。

ヘアカラートリートメント

綺麗なパープルに染められるおすすめの白髪染めの2つ目の種類は、ヘアカラートリートメントです。
ヘアカラートリートメントもヘアマニキュアと同様に、髪の毛の表面に色を付ける事で髪色を変えます。

しかし、ヘアマニキュアと大きな違いがあるのです。
その違いとは、名前からも分かる通り、ヘアカラートリートメントでは色を付けるだけでなくトリートメントも出来る事。

そのため、このヘアカラートリートメントについては、現在の髪のダメージをケアしたい人には特におすすめの白髪染めの種類なのです。
ただし、ブリーチしてある髪の毛用に作られているヘアカラートリートメントでは上手く染まらないケースもあります。

そのため、ヘアカラートリートメントで染めたいのであれば、ブリーチ毛用のものは選ばないように気を付けましょう。

パープルに染める事が出来る白髪染め剤

パープルに染める事が出来る白髪染め剤

それでは次に、実際にパープルに染める事が出来る白髪染め剤をご紹介しましょう。
今回ご紹介する白髪染め剤は、以下の3つの製品です。

  • アンナドンナ エブリ カラートリートメント
  • フラガール カラートリートメント
  • ナプラ HB ジュエライズ

では早速、これら3つの白髪染め剤をそれぞれの特徴と合わせてご紹介していきます。
パープルに染める事が出来る白髪染め剤をお探しの方や知らない方は、ぜひ一通りチェックしてみてください。

アンナドンナ エブリ カラートリートメント

アンナドンナ エブリ カラートリートメント

最初にご紹介するパープルに染める事が出来る白髪染め剤は、アンナドンナ エブリ カラートリートメントです。
このアンナドンナ エブリ カラートリートメントには、2つの特徴があります。

1つ目の特徴は、パープルと他の色を混ぜて自分の好きな色合いのパープルに染められる事です。
例えば、このシリーズのパープルとブルーを混ぜると艶のある紫色になります。

また、パープルとレッドを混ぜると、白髪を明るめのパープルに染める事が出来るのです。
そして、2つ目の特徴は安心アドバイス保証がある事。

実は、このアンナドンナ エブリ カラートリートメントは、メーカーがヘアカラーに関するアドバイスをするサービスを用意しています。
そのサービスを利用すれば、仕上がりの色にするにはどの色を選べば良いのか、また効果的な使い方などをアドバイスしてもらえるのです。

このような特徴がありますので、この白髪染め剤は特にオシャレに白髪を染めたい方や初心者の方にはおすすめ出来ると言えるでしょう。

フラガール カラートリートメント

フラガール カラートリートメント

次にご紹介するパープルに染める事が出来る白髪染め剤は、フラガール カラートリートメントです。
このフラガール カラートリートメントには、2つの特徴があります。

1つ目の特徴は、オーガニック成分が豊富で髪や頭皮に優しい事です。
例えば、高い保湿力を持つ事で有名なマカデミアナッツオイルやココヤシ果実エキス、また髪ツヤを出す効果がある黒真珠由来成分などが配合されています。

2つ目の特徴は、大容量でありながらリーズナブルな価格設定となっている事にあります。
一般的にオーガニックな成分が多く配合されている白髪染めは価格が高くなりがちです。

しかし、このフラガール カラートリートメントは、250gと大容量なのにも関わらず、価格は2,000円と安く抑えられています。
そのため、この白髪染め剤は特に多くの量を使う必要があるロングヘアの人などには、おすすめの製品だと言えるでしょう。

ただし、このフラガール カラートリートメントには、パープル色があるわけではありません。
その代わり、ディープアッシュというパープルとグレーを混ぜたような色があります。

ですので、パープルに染めたいのであれば、このディープアッシュを選ぶようにしてください。

ナプラ HB ジュエライズ

ナプラ HB ジュエライズ

最後にご紹介するパープルに染められる白髪染め剤は、ナプラ HB ジュエライズです。
ここまでご紹介してきた2つの白髪染め剤はカラートリートメントでしたが、このナプラ HB ジュエライズはヘアマニキュアに該当します。

そんなナプラ HB ジュエライズには、2つの特徴があります。
1つ目の特徴は決して硬過ぎず、また反対に液体に近いような柔らか過ぎる訳ではない、ちょうど良いテクスチャになっている事。

この特徴がある事で、髪の毛にしっかりと白髪染めを伸ばせるだけでなく、頭皮への液垂れも防ぐ事が出来るのです。
2つ目の特徴は、白髪染め特有の鼻にツンとくる臭いが少ない事にあります。

というのも、このナプラ HB ジュエライズには、髪の毛の保湿や保護効果のあるハーブエキスを6種使っているため、ナチュラルハーブの匂いがするのです。
このように、ナプラ HB ジュエライズも他の2つと同様に、綺麗なパープルに染めるにはおすすめの白髪染め製品なので、合わせてチェックしてみてください。

白髪染めでパープルにする時の注意点

白髪染めでパープルにする時の注意点

それでは最後に、実際に白髪染め剤を使って、髪をパープルにする時の注意点についてご紹介します。
白髪染めでパープルにする時の注意点は以下の2つです。

  • 初めて白髪染めでパープルに染める時はパープルアッシュなどにはしない事
  • 黒髪部分はパープルにはならない事

では早速、それぞれの注意点について、1つずつ詳しく解説していきます。
白髪染めで失敗しないためにも、これらの注意点についてはここでしっかりと確認しておきましょう。

最初はパープルアッシュなどにはしない

白髪染めでパープルにする時の1つ目の注意点は、初めての場合、パープルアッシュなどの暗めのパープルにしないという事です。
白髪染めで初めてパープルに染める時、多くの人はあまり目立たないようにと暗めのパープルを選ぶ傾向があります。

しかし、それは決して正しい選択だとは言えません。
なぜなら、一度暗めのパープルにしてしまうと、その後に明るめのパープルに直す事は難しいから。

しかし、反対に明るめのパープルであれば、後からグレーなどを混ぜてアッシュ系にするなどの調整が可能です。
そのため、初めて白髪染めでパープルにする時は、特別な理由がない限り調整可能な明るめのパープルにする事をおすすめします。

黒髪部分はパープルにはならない

白髪染めでパープルにする時の2つ目の注意点は、黒髪部分はパープルにならないという事です。
黒髪部分を他の色に変えるには、パープルであろうと他の色であろうと黒色の色素を脱色してから染める必要があります。

なぜなら、黒色には何色を混ぜたとしても、黒色になってしまう特徴があるからです。
これは、つまり表面に色を付けるだけの白髪染めだけでは、黒髪をパープルに変える事は出来ない事も意味します。

そのため、黒髪が多い人が白髪染めをする際には、髪色がまだらにならないように美容院などで、しっかりと脱色してから染めるようにすると良いでしょう。

パープルの白髪染めのまとめ

パープルの白髪染めのまとめ

今回の記事で解説しましたように、白髪染めでパープルにするには、実は綺麗な白にするためやオシャレのためなど様々な理由があります
ただし、実際に白髪をパープルに染めるためには、正しい白髪染めの種類を選んだり、注意点を理解した上で髪の毛を染める必要があるのです。

ですので、これから白髪染めでパープルにしようと考えている人は、今回の記事を参考に自分に合う白髪染めを選び、綺麗に髪の毛を染めてもらいたいと思います。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。