白髪染めのリスク

白髪染めは体に有害な成分が入っているとよく聞きますよね。
そうは言っても、白髪染めを使わないと老けて見えるし、周りの視線も気になるものです。

白髪染めを使い続けると、体にどんなリスクがあるのでしょうか?
これから長く白髪染めと付き合って行く中で、白髪染めのリスクも知っておきましょう。

白髪染めは髪と頭皮を痛めるリスクがある

白髪染めを使うと、気になる白髪が綺麗に染まってくれるのは嬉しいものですよね。
しかし、それが髪と頭皮にどれだけの悪影響を与えるのでしょうか。

白髪染めは髪の毛にしっかり色を付けてくれるのですが、頭皮と髪の毛に与えるダメージは大きいのです。
髪に色を付ける時にキューティクルを無理に開いて、髪に染料を浸透させていきます。

しかし、一度開いたキューティクルはそう簡単に元には戻りません。
キューティクルが開いてしまうと、中に閉じ込められている髪のたんぱく質などの成分が流れ出やすくなってしまうのです。

その結果、髪が細くなったりパサつきやすくなります。

白髪染めはジアミンアレルギーを招くリスクがある

白髪染めは、1剤と2剤の2種類のクリームもしくは液体がセットになっていて、それを使用直前に混ぜ合わせて使用するタイプが一般的。
酸化染料は、トルエンやパラフェニレジアミンといった成分が使われており、アルカリ剤はアンモニアやエタノールアミンがよく使われています。

酸化剤は、アンモニアによって分解されると酵素を発生させて、それが発色を良くしてくれるのです。
ジアミンはアレルギーを引き起こす可能性があるので、使い続けるとリスクがあります。

そして、混合液に含まれている成分が髪の表面を覆っているキューティクルを開き、髪の内部まで染料が浸透するのです。
色が定着発色した染料が髪の内部に定着して、髪色が落ち着きます。

白髪染めは、髪の内部からしっかりと色を付けてくれるため、その色が半永久的に続くと言われているのです。

白髪染めは白髪を増やすリスクがある

白髪染めは白髪を増やすリスクがある

白髪染めを使い続けると、ジアミンにより白髪が増えたり、抜け毛、薄毛、が増えるとされています。
白髪染めは、使用前に混合液を作るときに活性酸素が発生してしまうのです。

活性酸素は老化を進める原因になりますので、それが細胞に大きなダメージを与えてしまいます。
その結果、薄毛や脱毛、白髪の増加といた髪の老化が急速に進むのです。

実際に若い女性でも、白髪染めが原因で抜け毛や薄毛、白髪のトラブルが増えていると言われています。

白髪染めは抜け毛を増やすリスクがある

白髪染めは抜け毛を増やすリスクがある

白髪染めは、抜け毛の直接的な原因にはなりませんが、頭皮や髪に影響を与えるのは事実です。
白髪染めには、毛根に作用して抜け毛を引き起こす成分は入っていません。

ただし、白髪染めの方法を間違えたり染料が肌に合わない場合、間接的に抜け毛の症状につながる可能性があるのです。
頭皮や髪への影響をみてみると、まれに起こる可能性がある脱毛の症状や、ダメージによる切れ毛・ボリュームダウンする事も。

対策としては、美容室に相談して頭皮への刺激に不安があると伝えれば、頭皮を守るオイルを使ってくれるところもあります。
美容室によって異なるので、抜け毛が気になる方は問い合わせてみると良いでしょう。

白髪染めでリスクを減らすためには?

白髪染めでリスクを減らす

白髪染めで抜け毛やダメージのリスクを減らすためには、2か月から3か月に1度の利用頻度がオススメです。
白髪染めを使用すると、髪と頭皮の回復までにかなりの時間がかかります。

白髪染めを使って髪の毛を綺麗に染めてもまた、根元の白髪が気になってくるでしょう。
そういう時は、白髪が目立ってきた部分だけを染める部分染め・リタッチをオススメします。

髪の毛全体を染める全体染めよりも、髪と頭皮にかかる負担を軽減出来るからです。
部分染めをする頻度も1か月に1度位にとどめると良いでしょう。

白髪染めの頻度は、2か月から3ヶ月開けてから使用するとダメージのリスクを減らす事が出来ます。

低刺激のトリートメントタイプの白髪染めはリスクが少ない

通常の白髪染めは、髪の内部からしっかりと色を付けてくれます。
しかし、それだけ頭皮と髪に与えるダメージも大きくなるのです。

トリートメントタイプは、髪と頭皮を傷めない白髪染めとして人気があります。
通常のトリートメントのようにシャンプー後に塗布して時間を置く事で、徐々に白髪に色を付けてくれる便利なものです。

トリートメントタイプは髪の表面にだけ色を付けるため、髪と頭皮へのダメージを抑えられるメリットがあります。
人気のルプルプは、美髪成分配合トリートメントタイプの白髪染めです。

髪と頭皮を元気にしてくれる美髪成分が配合されていますので、使うたびに髪と頭皮を元気にしてくれます。
トリートメントタイプの白髪染めは髪と頭皮に優しいですから、白髪染めで傷んだ部分を美髪成分が補修してくれるのです。

自然派の白髪染め・ヘナはリスクが少ない

ヘナは植物を使った天然染料なので、地肌や髪の毛には一切ダメージがありません。
化学染料入りの白髪染めで荒れた経験がある場合も、安心して染める事が出来ます。

ただし、ヘナには脱色効果がないので、黒髪は地毛の色味のままです。
白髪と化学染料の部分だけに色味がつきます。

暗めのヘナカラーで染めれば、毛先の化学染料の部分はダークブラウン色になり、根元から毛先へとキレイなグラデーションに仕上がるでしょう。
どうしても心配な場合は、初めてのヘナカラーの時だけ美容院で染めてもらう事をオススメします。

また、天然のヘナは脱色効果もなく色素も薄付きなので、髪の毛をコーティングする事でサラサラツヤツヤになるのです。
自宅で染めてもムラになる心配がありません。

セルフのヘナカラーでも安心して染める事が出来ます。

白髪染めのリスクのまとめ

白髪染めのリスクのまとめ

一度で白髪を綺麗に染め上げる事が出来る白髪染めはとても便利です。
しかし、白髪染めを使い続けるとアレルギーや白髪の増加、薄毛などのリスクがあります。

頭皮や髪にダメージの少ない白髪染めを使う事が大事なのです。
白髪染めを使って白髪が増えると、それをさらに白髪染めで隠そうとするという悪循環にも陥りやすいので気をつけましょう。

白髪染めは、上手く利用すればリスクを避ける事が出来ます。
傷みを軽減する染め方をマスターして、白髪と上手く付き合っていきましょう。


【白髪染めのオススメ2選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。