白髪染めのリスク

白髪染めは体に有害な成分が入っているとよく聞きますよね。
そうは言っても、白髪染めを使わないと老けて見えるし、周りの視線も気になるものです。

白髪染めを使い続けると、体にどんなリスクがあるのでしょうか?
これから長く白髪染めと付き合って行く中で、白髪染めのリスクも知っておきましょう。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪染めは髪と頭皮を痛めるリスクがある

白髪染めを使う事で綺麗な黒髪に戻るので、若々しい印象になりますよね。
しかし、白髪染めはとても強力な化学物質が含まれているため、長期間使う事で髪と頭皮を痛めるというリスクがあります。

白髪染めを使うと白髪にしっかり黒く染料が付着されますが、その時に髪表面のキューティクルが剥がされるのです。
その液剤は、頭皮と髪へ大きなダメージを与えます。

一度キューティクルが剥がされると、髪の中にある水分や脂質タンパク質が流れ出てしまうのです。
そして、白髪染めを使い続けるとキューティクルが何度も剥がされるために、髪が痛めて傷んでしまうというわけです。

そのため、髪がパサついたり頭皮がかぶれたりといったダメージを受けます。

白髪染めはジアミンアレルギーを招くリスクがある

基本的に白髪染めはジアミンという化学物質が入っているために、アレルギーを引き起こすリスクがあります。
一般的な白髪染めには、ジアミンという強力な染料が配合されているため、長期的に使うとアレルギーを引き起こしてしまう可能性があります。

特に、風邪を引いていたり体が弱っている時、生理中、妊娠中に使うとジアミンが強力に反応して、頭皮がかぶれたり、吐き気、頭痛と言った アレルギーを引き起こす事があるのです。
重症のアレルギーになると、アナフラキシーショックと言う全身に湿疹が出来たり、呼吸困難という症状を引き起こす事もあります。

ジアミンはアレルギー反応を引き起こすだけでなく、発がん性物質の一つである事も認められているのです。
白髪染めをする事で、綺麗な黒髪にする事が出来ます。

しかし、長時間使う事で髪が傷んでしまうリスクも考えなければなりません。

白髪染めは白髪を増やすリスクがある

白髪染めは白髪を増やすリスクがある

白髪染めを使うと綺麗な黒髪を演出する事が出来て、若々しい印象になります。
しかし、使い続けると、逆に白髪を増やしてしまうという事にもなります。

白髪染めを使う事で頭皮や髪を痛ませるため、白髪が増えたり薄毛の原因にもなってしまうのです。
また、白髪染めには過酸化水素という物質が含まれており、これは健康的な黒髪を作るメラノサイトの働きを弱めてしまいます。

ですから、白髪染めを使い続ける事によって、白髪が増えてしまうというリスクがあるのです。
20代、30代の若い時から白髪染めを使い続けていると、40代になった時に白髪だけでなく、抜け毛が増えてしまうリスクがあります。

白髪染めは抜け毛を増やすリスクがある

白髪染めは抜け毛を増やすリスクがある

白髪染めを使い続ける事で、すぐに抜け毛が増えるリスクはありません。
しかし、白髪染めを長い間使い続けると、ジアミンや過酸化水素と言った有害物質が体内に皮膚を通して蓄積される事があります。

そのため、健康的な髪を生成するメラノサイトの働きが弱まり、抜け毛が増えてしまうという事があるのです。
間違った白髪染めを行った場合、抜け毛の原因に繋がる事もあるため注意しなければなりません。

そして、白髪が気になり始める年齢は、同時に抜け毛も気になり始める時期です。
どちらも予防するためには、健康的な髪に必要な栄養素をしっかり摂ったり、生活習慣を見直すなどして、白髪と抜け毛の両方を予防をしていく必要があります。

白髪染めでリスクを減らすためには?

白髪染めでリスクを減らす

白髪が気になってくると、どうしても白髪染めを使う事は必須となります。
白髪染めを使うのは、悪い事ではありません。

しかし、あまりに頻繁に使うと頭皮と髪へのダメージがあるので、気を付けなければなりません。
どんなに白髪染めが気になっても、なるべく1ヶ月に1回のペースで使用すると良いでしょう。

1ヶ月の間に何度も使用してしまうと、頭皮や髪にダメージを受けやすくなります。
根元に新しい白髪が生えて来た場合は、全体染めをしてしまうと頭皮や髪へのダメージのリスクが大きくなるので、部分染めやりタッチをすると良いでしょう。

部分染めをすれば、白髪の部分だけを止める事が出来るので、髪のダメージリスクを抑える事が出来ます。
また、部分染めとリタッチも、なるべく1ヶ月に1回に押さえると良いでしょう。

低刺激のトリートメントタイプの白髪染めはリスクが少ない

最近は、化学物質を一切使用してない天然由来のトリートメントタイプの白髪染めがあります。
天然素材の白髪染めトリートメントは、お風呂で気軽に使う事が出来て、毎日使っても頭皮や髪へのダメージリスクが少なくて済むのです。

そして、無香料・無着色・ジアミンや過酸化水素といった化学物質が一切含まれてないため、素手で使う事も出来ます。
長い間使い続けても、頭皮や髪へのダメージが少なくて済むでしょう。

そして、毎日徐々に染めるという使い方になるので、根元に新しい白髪が生えてもリタッチする必要が無いのも嬉しいですね。
使うほど髪が髪に栄養が行き渡るので、ツヤとハリやコシが戻ってくるでしょう。

人気のルプルプは、美髪成分配合トリートメントタイプの白髪染めです。
一般的な白髪染めは、有害物質が多く体内に化学物質が残ってしまうというリスクがあります。

その一方で、白髪染めトリートメントは、使えば使うほど髪や頭皮を元気にしてくれるのは嬉しいですね。

自然派の白髪染め・ヘナはリスクが少ない

自然派の白髪染めで有名なのはヘナです。
ヘナは100%植物で作られているので、頭皮や髪にダメージを受けるリスクがありません。

100%アレルギーが起きないということはありません。
しかし、敏感肌の方やかぶれやすい方でも、比較的安心して使う事が出来ます。

初めて使う方は、必ず腕の内側でパッチテストなどをしてあげると良いでしょう。
そして、ヘナは白髪の部分だけに反応するので、黒い部分はそのままで、白髪だけ着色できると言う作用があります。

ですから、髪全体が黒髪よりも白髪の方が多い場合は、比較的明るい色に染まるでしょう。
しかし、白髪の量は少なく黒髪の方が分量が多い場合は、暗く染まってしまう事が多いのです。

最近は、通販でもセルフ用のヘナ染料が販売されています。
しかし、中には化学物質が含まれているものもありますので、なるべく100%ヘナ染料というものを選ぶようにしましょう。

天然のヘナは脱色効果もなく色素も薄付きなので、髪の毛をコーティングする事でサラサラになります。
ヘナは頭皮が髪の毛のダメージが少なく、綺麗な黒髪を染める事が出来るので、オススメの白髪染めです。

⇒【売上日本1位】管理人も利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪染めのリスクのまとめ

白髪染めのリスクのまとめ

一度で白髪を綺麗に染め上げる事が出来る白髪染めはとても便利です。
しかし、白髪染めを使い続けるとアレルギーや白髪の増加、薄毛などのリスクがあります。

頭皮や髪にダメージの少ない白髪染めを使う事が大事なのです。
白髪染めを使って白髪が増えると、それをさらに白髪染めで隠そうとするという悪循環にも陥りやすいので気をつけましょう。

白髪染めは、上手く利用すればリスクを避ける事が出来ます。
傷みを軽減する染め方をマスターして、白髪と上手く付き合っていきましょう。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。