白髪と年齢

あなたは大体いつ位から、自分の白髪が生え始めるのかを知っていますか?
白髪が生えてくると、お手入れや白髪染めの関係で、出来るヘアスタイルの幅が狭まってしまいます。

ですから、白髪が生えるまでの髪型をいつまで楽しめるか知っておくのは、非常に重要です。
また、これからご紹介する白髪が生え始める年齢に合わせた原因や対処法を知っておく事で、事前に白髪の予防や対策が出来ます。

白髪が増えてしまいそうで不安だなと感じている人は、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪が生える原因に年齢は関係ない?関係ある?

では、そもそも白髪と年齢に因果関係はあるのでしょうか?
答えは、YESです。

なぜなら、白髪の大きな原因の1つに、「老化(加齢)」が関係していると言われているからです。
髪はもともとメラノサイト(色素細胞)の生成しているメラニン(色素)の影響を受けて黒髪になります。

しかし、年齢を重ねるとメラノサイトの機能が低下して、白髪が増加してしまうのです。
ただ、白髪の原因は多数あり、科学的に解明されていない部分も多いと言えます。

そのため、年齢以外の要素で白髪が増えている可能性も大いにあります。

白髪が増えてくる年齢の平均は男性も女性も30代後半

30代になり肌や体質に変化が出てくると、「白髪が生え始めるのは何歳くらいなのかな?」と気になりだす人は多い傾向にあります。
一般的な日本人の白髪の発症年齢の平均は35歳くらいとされています。

若干ですが、男性の方が1年~2年ほど早く白髪になる人が多いようです。
ただし、白髪の生え始めた年齢・生え方・割合にはかなり個人差があります。

ですから、「年齢」「環境」「体質」など、その人の白髪の原因や現状に合わせた対処方法を実践して、白髪をしっかりと予防・対策していきましょう。

ひげやアンダーヘアに白髪が出始める年齢もほぼ同じ、眉毛はやや遅め

髪の毛以外の体毛の白髪の発症年齢は、ひげやアンダーヘアであれば、ほぼ同じだと言われています。
また、眉毛は一般的に、50代前後に白髪が生え始める人が多いようです。

ただし、髪の毛より先に眉毛やアンダーヘアに白髪が出る場合もあれば、髪に白髪が増えてもひげは中々白髪が生えなかったという場合もあります。
生える順序には、個人差があるので、そこまで神経質にならなくても大丈夫でしょう。

ちなみに、アンダーヘアの白髪は、不妊や性感染症などの病気の前兆だというウワサも流れています。
しかし、そういった科学的根拠はないので、心配しなくて良いと言えます。

10代~20代の若白髪は年齢以外の原因がある

10代~20代の頃に若白髪が生える人は年齢以外の原因がある

ここまで、年齢は白髪と関係しているというお話をしてきました。
しかし、10代~20代の頃に若白髪が生え始めて、見た目のコンプレックスに悩んでしまう人もいますよね?

そういった場合には、やはり年齢以外の原因によって白髪が増えてしまっています。
まず、考えられるのは病気による若白髪です。

実は、貧血や胃腸疾患、甲状腺機能の低下は白髪の原因となります。
病気のサインとして、小学生ぐらいのお子さんでも白髪が生え始める場合があります。

ただし、基本的には病気とは別の要因で、若白髪が生え始めている人の方が多いでしょう。

遺伝・ストレス・生活習慣の乱れは年齢関係なく白髪を増加

病気や年齢以外で若白髪の原因になり得る要素は、大きく分けて以下の3つが考えられます。

【遺伝】

遺伝といっても、直接的に遺伝と白髪を結び付ける科学的根拠は発見されていません。
しかし、親の白髪になりやすい体質は、遺伝する可能性があります。

ただし、これからご紹介する他の2つの原因に気を配る事で、白髪を予防・改善できる場合もあります。
そのため、「遺伝だから・・・」と悲観し過ぎて諦らめないようにしましょう。

【ストレス】

ストレスの増加による自律神経の乱れは、血管の収縮と関係します。
そのため、頭皮の血行不良を引き起こして、若白髪の原因になる場合があります。

10代~20代の多感な時期は、些細な事でもストレスがたまりやすいと言えます。
悩みがある時は友人や親に相談したり、汗を流すなどしてストレスをこまめに解消しましょう。

【生活習慣の乱れ】

白髪の原因には、夜更かしやダイエットによる食生活の乱れが深く関係している可能性もあります。
不規則な生活は、栄養不足や成長ホルモンの分泌の減少を引き起こして、メラノサイトの機能を低下させてしまう事があるので注意をしましょう。

女の人が白髪を初めて発見する年齢は出産後が多い

産後は以下の原因が重なり、産前までは無かった白髪に悩まされる人が多いのです。

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 授乳による栄養不足
  • 育児疲れ(睡眠不足、食事を食べる暇がない、ストレスなど)

ちなみに、厚生労働省の平成28年のデータによると、初産の平均年齢は30.7歳だと言われています。
そのため、30代になってから初めて白髪を発見する女性が多い傾向にあります。

ただし、産後の白髪は一時的な場合が多く、育児が落ち着いて栄養や睡眠が安定して取れるようになれば、黒髪に戻る人も多いと言えます。
過度に心配し過ぎる必要はないでしょう。

全年齢に共通する白髪の対処法は染めるか切る!

全年齢に共通する白髪の対処法は染めるか切る

あなたは、白髪が気になる時に、どのような対応をしていますか?
ベストの対処法としては年齢に関係なく、白髪の量に合わせて染めたり切ったりする方法です。
頭皮に余計な負担を掛けないのでオススメです。

逆に、白髪が気になって見つける度に抜いてしまっているという人は、その習慣を改めた方が良いでしょう。
なぜなら、白髪を抜く時に掛かる頭皮へのダメージで、頭皮ニキビや埋もれ毛などの頭皮トラブルを引き起こしてしまう可能性があるからです。

ちなみに、白髪染めによるダメージが気になる人は、ルプルプや利尻などのヘアカラートリートメントを取り入れる事で、ダメージを抑えつつ手軽に白髪を染める事が出来ます。

白髪の量が多い年齢はファッションとして白髪を楽しもう

一般的に、髪全体が白髪に生え変わるのは、70代くらいだと言われています。
この場合には、白髪染めを辞めて、白髪を活かした髪型をファッションとして楽しんでみても良いかもしれません。

ヘアスタイルやパーマなど上手く工夫すれば、上品で清潔な印象を与えられます。
ただし、オシャレな白髪のヘアスタイルを楽しむためには、毎日髪をセットして、だらしない印象を持たれないように努力する必要性が高いと言えます。

自分の性格的に、「面倒くさくて毎日はやらなそうだな~」と感じている人は、無理せず白髪染めで対応した方が、老けた印象を与えずに済むでしょう。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪と年齢のまとめ

白髪と年齢のまとめ

白髪が生え始める年齢は、個人差があります。
ただ、30代を過ぎたら誰でも白髪の予防や対策は、意識をして行った方が良いと言えるでしょう。

早い内から健康的な生活を送る習慣を身に付けておくだけで、白髪の増加を抑えられます。
また、白髪が気になるという時には、抜くのではなく切るか染めるかして対処していけば、頭皮に余計な負担を掛けずにケア出来ます。

一度生え始めたら、長い付き合いになる白髪に上手く対応して、年齢が重ねられるように正しい知識をこの機会に深めておいてください。

当サイトでは、管理人も実際に利用した白髪染めを紹介しています。
頭皮のダメージなども少ないので、試してみる事をオススメします。


【白髪染めのオススメ2選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。