妊娠中の白髪

妊娠中になぜか白髪が増えたと感じる方は多いかと思います。
実は、妊娠によって白髪が増えてしまうという事は事実なのです。

妊娠中には多くの血液が使われ、貧血状態になってしまう妊婦さんが多く見られます。
そのため、全身に必要な栄養素が行き渡らず、メラノサイトがの機能が低下してしまい、白髪が増えてしまうのです。

そこで今回は、妊娠中に白髪が増えてしまう原因とその対処法について解説していきます。

⇒妊娠中にも安全な白髪染めトリートメントを見てみる。

妊娠中・産後に白髪が増える原因は?

妊娠中はお腹の胎児のために多くの栄養素が必要とされるため、栄養素のほとんどがお腹の胎児に渡ります。
すると、髪の毛が健康的に入るための栄養素が、なかなか行き渡らなくなるのです。

血液中に栄養素が含まれていても、ほとんどが胎児にまわされてしまうため、髪の毛の栄養素まで上手く行き渡りにくいと言えます。
そして、妊娠中や出産時には、大量の血液が使われるために貧血になりやすくなってしまうのです。

血液が少なくなると身体全体に栄養素が十分に回らず、頭皮へ栄養素が行き渡りにくくなります。
血液の量が不足してしまうと、頭皮に必要な栄養素が運ばれなくなってしまうために、健康的な髪を生成するメラノサイトの活動が低下してしまうでしょう。

つまり、妊娠中・産後に白髪が増える原因は、血液が不足してしまうため、貧血気味になり健康的な黒髪が入るための栄養素が不十分になってしまうのが理由です。

妊娠中は下の毛・陰毛・アンダーヘアも白髪になりやすい

妊娠中の栄養素は、ほとんど胎児に回されます。
陰毛に必要な栄養素はなかなか行き渡らないため、白髪になりやすいのです。

ですから、陰毛の白髪予防には、決して栄養不足にならないように食事の栄養バランスを気を付けるようにしましょう。
また、サプリを摂取して必要な栄養素を行き渡らせる必要があるのです。

必要な栄養素を運び込むために、血液中に酸素や鉄分が必要となります。
ですから、生の野菜をしっかり摂って酵素を取り入れたり、鉄分を多めに摂って全身に血液と共に栄養素がしっかり行き渡るように工夫をしましょう。

つまり、妊娠中に栄養不足になってしまうと、陰毛も黒髪ではなく白髪になって入ってきてしまうのです。
妊娠中は通常よりも多めに栄養素を取る必要があると言えます。

白髪が多い人は妊娠しにくいって本当?

白髪が多い人は妊娠しにくい

白髪が増えたからと言って妊娠しにくいという根拠はありません。
白髪が多いという事は、ホルモンバランスが崩れている可能性があります。

そのため、そういった意味では妊娠しにくくなるという事はあり得ます。
特に、生理不順などでホルモンバランスが崩れていると、栄養素が全身に行き渡らずにメラノサイトの働きが低下してしまうのです。

それにより、メラニン色素が上手く生成されずに、白髪が増えてしまいます。
特に、女性ホルモンは健康的な髪の生成に関係しているため、分泌量が減ってしまうと白髪の原因となってしまうのです。

白髪が多いからと言って、決して妊娠しにくいという事はありません。
ホルモンバランスが崩れている可能性が高いので、生活習慣を見直して女性ホルモンが分泌されるように改善する必要があるでしょう。

妊娠中の白髪を改善・減るための対策法は?

妊娠中の白髪を改善・減るための対策法

妊娠中の白髪を改善・減るための対策法について記載していきます。

食べ物から摂取された栄養素は、酸素と共に血管を通して全身に運ばれます。
ところが、血液不足になると栄養素がしっかり運ばれないために、健康な髪を生成するメラノサイトという工場の機能が低下してしまうのです。

ですから、特に妊娠中は白髪予防のために、血液を運ぶ原料となる鉄分を多めに摂取する必要があります。
鉄分は肉や魚といった動物性食品、野菜や海藻と言った植物性の食品にも多く含まれています。

鉄分の1日の摂取目安は、成人男性が10mg、成人女性は12mg、妊婦は18mgです。
妊娠中の鉄分は白髪予防のために、食品やサプリメントから積極的に多く取るようにしましょう。

妊娠中の白髪のカラー・毛染めはヘアマニキュア・トリートメントを使おう

妊娠中の白髪染めは、商品選びには非常に気を付けなければなりません。
特に、一般的にドラッグストアや薬局で販売されている白髪染めは、有害物質であるジアミンが配合されています。

このような強い化学物質は、妊娠中また生理中の時に使うと、頭皮がかぶれたりかゆみや痛みと言った症状が引き起こされる事があるのです。
これらの有害物質は、皮膚を通して体内に蓄積されてしまいます。

そのため、胎児に何らかの影響を与えるかもしれません。
このような有害物質が入った白髪染めは、妊娠中に使うのを控えた方が良いでしょう。

実際に白髪染めの使用上の注意を見ても、妊娠中は生理痛には使わない方が良いという注意書きがあります。
それは、そのような化学物質がアレルギー反応起こしたり、頭皮のかぶれや頭痛といった症状を引き起こす可能性があるからです。

⇒妊娠中にも安全な白髪染めトリートメントを見てみる。

妊娠中の白髪のまとめ

妊娠中の白髪のまとめ

女性にとって妊娠は嬉しい事ですが、白髪になりやすく、体の変化は多いのです。
妊娠中に白髪になると、さらにストレスになる可能性があります。

しかし、ストレスはお腹の赤ちゃんにも影響してしまいます。
妊娠中の白髪がストレスになるという方は、ヘアカラートリートメントなどで安全な方法です。
自分に合った白髪染めをしましょう。

当サイトでは、管理人も実際に利用した白髪染めを紹介しています。
白髪染めを検討している方は、参考にしてください。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。