6トーンの白髪染め

せっかく白髪染めをしたのに、白髪がキラキラ…。
セルフカラーに限らず、美容院で染めたてなのに白髪が浮いてしまう事もありますよね。

白髪を隠そうとしたのに、かえって目立つなんて本当にガッカリです。
こちらでは、白髪が浮かないと言われている、6トーン以下の白髪染めについてお話ししたいと思います。

白髪が浮く原因や、なぜ6トーン以下なら大丈夫なのかを詳しく解説していきます。
また、メリットだけでなく、6トーン以下の白髪染めのデメリットについてもご紹介しますので、参考にしてください。

白髪染めで浮かないのは6トーン以下

白髪染めは髪色が暗くなるもの。
多くの方はそんなイメージをお持ちの事でしょう。

しかし、最近は明るい色の白髪染めも販売されています。
実際、人気があるのは地毛より、やや明るめのトーンの白髪染め。

そんな中、「白髪がキラキラと浮いてしまう!」という不満の声が増えています。
実は、日本人の髪色や髪質を考えると、白髪をしっかり染めたいなら6トーン以下の白髪染めが望ましいのです。

本来、黒髪も白髪もきちんと染められるはずの白髪染め。
それがなぜ、白髪が浮いてしまうのか、その原因と対策は次の通りです。

白髪が浮いてしまう原因

髪に黒い色を付けているのはメラニン色素です。
そして、メラニン色素が失われてしまったのが白髪。

メラニン色素が無くなると、毛髪内部の隙間に空気が入り込みます。
その空気が光に反射する事が、白髪がキラキラ光る直接的な原因です。

白髪染めで白髪が浮いてしまう原因は主に3つあります。

1.しっかり染まっていない

メラニン色素が失われたスペースを、きちんと染料で埋められれば白髪は浮きません。
色の選択や染め方を間違うと白髪がしっかり染まらず、反射しやすくなります。

2.トーンが明る過ぎる

白髪染めは、明るくなるほど染毛力が弱いのが特徴。
日本人の地毛より明るい6トーン以上の白髪染めでは、発色が悪くなり白髪がキラキラします。

3.ダメージヘア

傷んだ髪は、内部がスカスカで空気が入りやすい状態です。
また、色素が定着しにくいため白髪がよく染まらず、浮いてしまいます。

キラキラが気になるなら6トーン以下の白髪染め

一般的な日本人の地毛の明るさは、4~5トーンだと言われています。
これに対して、最近人気の明るいカラーの白髪染めは7~8トーンが中心です。

そして、このトーンの差こそがキラキラと浮く白髪の主な原因と言えるでしょう。
明るいトーンの白髪染めの場合は、ブリーチ力が強く染料は少なめの配合になります。

すると、白髪にはうっすら色が入る程度の仕上がりで、白髪が浮いてしまうのです。
つまり、白髪をしっかり染めるためには、ブリーチ剤と染料のバランスが重要になります。

白髪のキラキラが気になるなら、地毛の色と近く、明る過ぎない6トーン以下の白髪染めを選びましょう。
6トーン以下の白髪染めは、比較的退色がゆっくりです。

また、伸びてきた白髪も目立ちにくいため、キレイな状態が長持ちします。

6トーン以下の白髪染めのデメリット

6トーン以下の白髪染めのデメリット

6トーン以下の白髪染めのメリットは、白髪が浮かず色持ちが良い事です。
しかし、デメリットがないわけではありません。

暗くなり過ぎる事もある

白髪がキラキラと浮くのを避けるには、6トーン以下の白髪染めを使うのがおすすめです。
ただし、全ての方に当てはまるわけではありません。

というのも、染まり方は髪質や白髪の量、髪の状態などに左右されるのです。
特に、白髪が多い・細く柔らかい髪質・傷んだ髪は色が入りやすくなります。

先ほどもお話しした通り、白髪染めは染料(色素)が濃いカラー剤です。
そのため、染まりやすい髪質の場合、6トーンで染めると暗くなり過ぎる事もあります。

多くの白髪染め剤は、白髪の割合が30%の状態を基準に作られています。
全体の半分以上が白髪の方は、思った以上に真っ黒になり白髪が沈みがちです。

また、毛先にハイダメージがある方も要注意です。
白髪染めを繰り返す内、毛先だけがどんどん暗くなり、不自然な仕上がりになる事があります。

一度暗くした髪を明るくするのは難しい

もう一つのデメリットは、「一度暗くした髪を明るくするのはプロでも難しい」事です。
白髪染めの濃い色素で6トーン以下にしっかり染まった髪は、上から明るく染めてもトーンアップ出来ません。

しかも、根元の白髪(新生毛)だけは明るく染まりますから、見苦しいムラ染めになります。
脱染剤で一度色を抜き、染め直す事も出来ますが、美容院でもキレイに仕上がる保証はありません。

脱染剤を使えば髪は傷みますし、赤みが出てしまいムラになりやすいのです。
その他の方法としては、暗い色のカラー剤が抜けるのを我慢して待つ、あるいはカットする事くらいでしょう。

どちらにしろ、かなりの時間と忍耐が必要です。

白髪染めと6トーンのまとめ

白髪染めと6トーンのまとめ

白髪染めで白髪が浮かないようにするポイントは、6トーン以下のやや暗めの色を選ぶ事です。
白髪にしっかり色が入る事で、キラキラ光って悪目立ちしにくくなります。

ただし、髪質や髪の状態によっては、逆に白髪が沈む場合もあるため注意が必要です。
暗く染まった髪を明るく染め直すのは至難の業。

後で後悔しないように、自分の地毛に近いカラーとトーンの白髪染めを慎重に見極めましょう。
髪のダメージが気になる方には、トリートメントタイプの白髪染めがおすすめです。

利尻ヘアカラートリートメントやルプルプなら、傷むどころか使う度に髪を補修していきます。
薄付きのため、白髪の浮きや沈みも目立ちにくく、自然な感じで白髪をカバーが出来ます。

部分染めも全体染めもOK!使う回数を加減する事で、トーンの調整も可能です。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. 利尻ヘアカラートリートメント

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。

  2. マイナチュレ ヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。