白髪染めをやめる

年齢を重ねるごとに増えていく白髪。
一般的に、白髪は一度染め始めると、繰り返し染め続ける必要があります。

しかし、いつまで白髪染めをすれば良いの?やめ時はいつ?といった疑問をお持ちの方も少なくありません。
そんな中、実際に白髪染めをやめる方もいると思います。

一方で、様々な理由から決心が付つかないという声も聞かれます。
こちらでは、白髪染めをやめる時に起こりうる問題と、対処法についてお話ししたいと思います。

また、無理なく白髪染めをやめる方法もご紹介しますので参考にしてください。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪染めをやめる人が増えている?

最近、白髪染めをやめるという選択をされる方が増えています。
それを後押ししているのが、グレイヘアのブームでしょう。

以前は白髪イコール老化現象、そのまま放置するとだらしない人に見られがちでした。
しかし、パリのマダムの自然体で、おしゃれな白髪スタイルに注目が集まっています。

また、日本の著名人の中にも、男女を問わず素敵にグレイヘアを楽しむ方が増えてきました。
白髪を自然な事と受け入れる雰囲気が、徐々に高まっているのではないでしょうか。

こうした背景から、以前と比べると白髪染めを卒業しやすい状況にあると言えます。

白髪染めをやめるタイミング

白髪染めをやめるタイミング

白髪染めをやめる理由やタイミングは人それぞれです。
もちろん決まりはありません。

極端な話、自分が白髪染めをやめたい!と思った時がやめ時というわけです。
一般論になりますが、白髪染めをやめたくなる理由に多いのは次の3つと言われています。

1.ヘアダメージやアレルギー

白髪染め剤含まれる化学成分は、頭皮や髪を傷めたり、アレルギーの原因となります。
こうした髪への悪影響や皮膚の刺激症状に不安を感じる方も少なくありません。

2.面倒になった

繰り返し行う手間や時間・金銭面を考えると、白髪染めが負担に感じてしまうという意見です。

3.自然にまかせたい

年相応のおしゃれを楽しみたい、白髪を染めないグレイヘアに憧れる方が増えています。

40代でも?白髪染めをやめる平均年齢

ある調査によると、8割以上の方がいつか白髪染めをやめたいと考えているそうです。
とは言え、いざとなると迷いもあって決断が難しいという声も聞かれます。

では、実際に白髪染めをやめる平均年齢はいくつなのでしょうか。
白髪の割合が増えてくるけれど、黒髪もある50代は一番悩ましい世代と言えるかもしれません。

これに対して、70代半ばを過ぎると多くの方が、ほぼ白髪になってきます。
この辺りで白髪染めを卒業される方が、最も多いのではないでしょうか。

しかし、中には40代でも白髪染めをやめる方もいるわけです。
白髪染めをやめる年齢も人それぞれという事になります。

つまり、「似合うようになった」と白髪を前向きにとらえられた時が、その方にとってベストなやめ時なのです。

白髪染めをやめる途中の問題点

では、やめたいのに白髪染めをやめる勇気が出ない、あるいは途中で諦める方が多いのは何故なのでしょうか。
それは、白髪染めをやめる過程で起こる、いくつかの問題が原因と考えられます。

当然ですが、白髪染めをやめれば、伸びてきた白髪がよく目立つようになります。
しばらくすると、こめかみや分け目が白髪で真っ白。

頭頂部だけに白髪が集中しているように見える、いわゆる「逆プリン」です。
白髪の量が少ない場合は、髪がまだらになり色ムラが非常に目立ちます。

また、白髪染めが退色すると、茶色や緑がかった色になりがちです。
光が当たると色の違いがハッキリ分かるため、見た目はかなり悪くなるでしょう。

それだけでなく、周りに「急に老けた」、「体調不良では?」という印象を与えてしまう恐れもあるのです。

白髪染めをやめる方法と対処法

白髪染めをやめる方法と対処法

「本当は白髪染めをやめたい、でもやめられない…」
そんなお悩みを解消して、上手に白髪染めを卒業するにはどうしたら良いのでしょうか。

先ほどもお話しした通り、突然白髪染めをやめると逆プリンと呼ばれる状態になります。
髪の長さやヘアスタイルにもよりますが、伸びてきた白髪が不自然でなくなるまでには、かなりの時間が必要です。

その間、そうした状況に耐えられるという方は、あまり多くないのではないでしょうか。
実際、途中で我慢出来ず、また白髪染めを使ってしまったという方も少なくありません。

ひたすら我慢する以外の白髪染めをやめる方法、また、その過程の対処法についてもお話しします。

白髪染めをやめる1・毛先のブリーチ

一番早く白髪染めをやめられるのは、髪をブリーチする方法です。
脱色剤を使って、白髪染めで染まった毛先部分をブリーチすれば、一気にグレイヘアにする事が出来ます。

しかし、ブリーチ剤は非常に刺激が強いため、髪や頭皮は大きなダメージを受けます。
また、ほぼ全体が白髪の方はともかく、黒髪まじりの場合はムラになりやすいというデメリットがあります。

こうした事から、よほど緊急なケースを除いて、白髪染めをやめるためのブリーチはオススメ出来ません。

白髪染めをやめる2・明るい色に染める

徐々に髪色を明るくしていく事で、白髪染めをやめる方法もあります。
ポイントは、これまでよりも少し明るいトーンに髪を染める事です。

これにより白髪と黒髪の境目が馴染み、伸びてきた白髪が目立ちにくくなります。
さらに、染めるたびに少しずつ髪のトーンを上げていきましょう。

毛先から根元に向かってグラデーションになり、全体の髪色を徐々に白髪に近づける事が出来ます。
この方法の難点は、こまめに染める事によるヘアダメージです。

また、場合によっては、最終的に髪を染めるのをやめるタイミングが難しくなる事でしょう。
毛染めをやめると、白髪以外の部分には黒髪が伸びてきます。

黒髪の割合が多い場合、まだらのまま放置するわけにもいかず、やめ時の判断が難しくなります。

白髪染めをやめる3・髪型などの工夫

白髪染めをやめるにあたり、簡単なのは白髪をある程度まで伸ばした上で、染まっている部分をカットする事です。
しかし、その過程で逆プリンの状態に耐える事は、なかなか難しくもあります。

そこで、オススメなのが髪を短くカットする事です。
白髪と染まった髪の割合が少ないほど、差が目立たず違和感がなくなります。

また、髪色が揃うまでの時間が短くて済むのもメリットと言えるでしょう。
ロングヘアの女性は、思い切ってショートヘアに挑戦してみるのも良い方法です。

白髪をのばしている間は、帽子やウィッグなどを利用する事で根元の白髪をカバー出来ます。
他にも、分け目を変えたり、整髪料で髪をウェットにして黒髪と馴染ませると、白髪が目立ちにくくなるでしょう。

白髪染めをやめる4・男性にも!カラートリートメント

白髪染めを自然にやめるのにオススメなのが、ルプルプや利尻カラートリートメントを使う事です。
トリートメントタイプは、髪の表面をコーティングするように色が入るのが特徴です。

繰り返し使う事で少しずつ、白髪のみが染まっていきます。
つまり、今まで染めていた部分と伸びてきた白髪の境目を、違和感なくカバーする事が出来るのです。

白髪をぼかしながら、カット出来る長さまで伸ばせるのは大きなメリットと言えるでしょう。
違和感なく白髪染めをやめられる上に、使い方も簡単なので男性にもおススメです。

また、素手で使えるほど穏やかな成分で作られているため、髪や頭皮のダメージを心配する必要がありません。
むしろ、優れたトリートメント効果によって、ツヤのある美しい仕上がりが期待出来ます。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪染めをやめるのまとめ

白髪染めをやめるのまとめ

白髪染めをやめるには少しの勇気と我慢が必要です。
やめる途中で起こる、いくつかの問題をクリアしなければなりません。

白髪染めをやめる方法はいくつかありますが、カラートリートメントの使用をおススメします。
境目を自然にぼかしながら、無理なくグレイヘアに移行する事が出来るでしょう。

また、綺麗なグレイヘアとだらしなさは紙一重でもあります。
手入れの行き届いた美しい白髪だからこそ、魅力的なのです。

そうした意味でも、ルプルプや利尻カラートリートメントは優秀と言えるでしょう。
髪や頭皮に優しく、美髪効果も期待出来るため、白髪染めをやめても髪を美しく保つ事が出来ます。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. マイナチュレのヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。