老化と白髪

35歳を過ぎて、白髪を発見してしまった時のショックな気持ちって何とも言えないですよね。
「やっぱり、年には勝てないものか」と落ち込んでしまう人も多いはずです。

しかし、老化による白髪の原因をしっかりと知っておくで、今からでも年齢に対抗して白髪が生えるスピードを遅らせるは出来ます。
東京医科歯科大学難治疾患研究所の西村栄美教授らの研究成果を元に、老化と白髪の関係についての情報や白髪の予防法をまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

老化現象で白髪が増える原因は色素幹細胞の減少

白髪の原因は、様々な要因が重なってハッキリしていない部分が多いのです。
しかし、西村教授の研究内容から、白髪と老化の因果関係は以下のように解明されています。

1.黒髪の色を作り出す色素幹細胞(しきそかんさいぼう)は加齢と共に減少する
2.加齢によって色素幹細胞が減少する理由は細胞へのダメージが関係している

要するに、髪の色を作り出す細胞は、生活をする中で何らかの刺激を受け続けており、年を重ねてダメージが蓄積すると、髪の色を作り出す力がなくなってしまうという事です。

では次に、白髪が増える原因になっているダメージの元や細胞の修復機能などについて、詳しくご説明します。

老化によって細胞へのダメージが蓄積して白髪が増加

細胞にダメージを与える原因としては、大きく分けて以下の2つが研究内容から分かっています。

外的ダメージ 放射線(紫外線)などによる頭皮への刺激(細胞の損傷)
内的ダメージ 体内への活性酵素(過酸化水素)の蓄積による身体の老化

紫外線によって最も太陽光の刺激を受けやすい頭皮は、そのストレスを受ける期間が長くなればなるほど、細胞を傷つけ破壊します。

また、酸素と一緒に取り込まれる活性酵素は、年齢と共に量が増え過ぎて健康な細胞まで傷付けてしまいます。
そのため、体の老化を促進して、結果的に白髪を増やしてしまうのです。

では、なぜ若い内はそういった刺激を受けても、白髪が生えてこないのか気になりますよね。
それは、次にご紹介する細胞の修復機能が関係していたのです。

細胞の修復機能も老化の影響で衰えて白髪が増える

10代~20代の頃は、増え過ぎた内外のダメージを分解して修復する身体の機能が活発です。
そのため、どんなに細胞がダメージを受けても、細胞分裂をしながら元気な黒髪の状態を保てます。

しかし、いくら若いうちに体が復旧を重ねても、完全に受けたダメージを無かった事に出来るわけではありません。
ですから、年を重ねてコップ一杯までダメージがたまり、とうとうそれがこぼれてしまった時に、人体の修復機能もストップしてしまうのです。

老化による白髪の増加を予防する2つの方法

老化による白髪の増加を予防する2つの方法

ここまでご紹介したように、生きていく中で身体は様々な内外のストレスと戦っています。
そのため、年齢と共に白髪が生えてしまうのは、仕方のない事だと言えるでしょう。

ただし、先ほどご説明した細胞へのダメージ・活性酵素の蓄積は、無くす事は出来なくても、気を付ければ減らす事が可能です。
ですから、諦めずに次にご紹介する老化対策やダメージの予防法を実践して、出来るだけ白髪が生える期間を遅らせられるように努めましょう。

老化対策をして白髪に対抗する

先述した通り、活性酵素が蓄積すると体は老化します。
ですから、活性酵素を減少させられるように心がけて生活すれば、結果的に老化の速度を遅らせられるでしょう。

具体的には、以下の方法がオススメです。

【活性酵素から身体を守ってくれる抗酸化物質をとる】

活性酵素は、量が増え過ぎると体を酸化させて細胞を老化させます。
ですから、そういった酸化作用と戦ってくれる抗酸化物質を意識的に摂取すれば、活性酵素が増加し過ぎるのを防げるでしょう。

ちなみに、抗酸化物質を摂れる食材は以下の通りです。

  • ブルーベリー
  • 大豆
  • ゴマ
  • そば
  • 緑茶、紅茶、ウーロン茶
  • β‐カロテンやリコピンを含む緑黄色野菜(モロヘイヤ、人参、トマトなど)
  • さけ、ます、えび、かになどの海鮮類

参考サイト:厚生労働省―生活習慣病予防のための健康情報サイト
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/food/ye-009.html

ただし、どんなに抗酸化物質を摂取しても、体を酸化させる食べ物や(スナック菓子、カップラーメンなど)タバコなどを辞めないと、活性酵素を減らすのは難しいでしょう。

ダメージから守って老化による白髪を減少させる

細胞を外的なダメージである紫外線から守るためには、以下の方法を実践しましょう。

・紫外線の強い10;00~14:00は、屋外に出るのを控える。(外出時は、日陰を利用する)
・日傘や帽子を使って、頭皮に太陽光が当たらないようにする。
・サングラスをかけて、目からの紫外線も防ぐ。
・日焼け止めを活用する(頭には日焼け止めスプレーがオススメです。)

参考サイト:環境省―紫外線環境保健マニュアル2008
http://www.env.go.jp/chemi/uv/uv_manual.html

早いうちから、紫外線対策をして細胞が損傷しないように気を付けるだけで、白髪の増加率を減らせるはずです。
他にも頭皮への余計なダメージを減らすために、ルプルプや利尻などのヘアカラートリートメントで白髪を染めるのも有効でしょう。

ただし、こういった予防法を試しても、劇的に白髪を減らして黒髪を蘇らせるのは難しいのが現実だと言えます。
それでは次に、白髪と老化の最新の研究の進捗情報をご紹介します。

老化現象と白髪の研究は今後に期待

西村教授の最新の研究では、加齢による細胞の減少・機能の低下を防ぐためには、「17型コラーゲン」と呼ばれるたんぱく質が必要である事が分かっています。

ただし、コラーゲンを食べ物から摂取したり、直接肌に塗っても効果はありません。
そのため、現在も17型コラーゲンを人為的に摂るための研究が続けられているようです。

もしこの研究が成功すれば、将来的に白髪の増加を食い止める実用的な方法が確立されるのも夢ではないかもしれません。
未来の科学に期待をかけつつ、白髪の予防を続けてみてください。

老化現象と白髪のまとめ

老化現象と白髪のまとめ

老化減少による、白髪の原因は色素幹細胞の減少や機能の低下です。

ですから、白髪を予防するためには、細胞を維持出来るように、頭皮を始めとした身体を紫外線などのダメージや、活性酵素による老化から守れるように意識して生活すると良いでしょう。

ただし、残念ながら、これはあくまでも白髪を根治する方法ではなく対処療法です。
白髪と老化の研究が実用化される事を願って、今自分に出来る事をコツコツと地道に続けてみてください。

当サイトでは、管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを紹介しています。
白髪に悩んでいる方は、ぜひ試してみてください。


【白髪染めのオススメ2選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。