白髪染めで傷まない

髪がパサつく・チリチリしている・ツヤがない・枝毛や切れ毛が多いなどという時は髪が傷んでいる証拠です。
髪が傷む原因には色々ありますが、白髪染めも髪を傷ませる大きな原因の一つとなっています。

「白髪染め=髪が傷む」と諦めている人もいるかもしれませんが、白髪染めで傷まない方法もあります。
大切な髪を守るためにも、これ以上髪のダメージを増やさないためにも、白髪染めで髪が傷まない方法について詳しく見ていきましょう。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪染めで髪が傷まない方法はあるの?

白髪染めは分かりやすく言えば薬剤で白髪を染めるため、染めないよりは染めた方が髪にダメージが掛かります。
白髪染めに限らずヘアカラーと呼ばれているものは、アルカリ薬剤で髪の表面にあるキューティクルを開かせて髪の内部に色素を浸透させ髪を染めていきます。

髪の内部には、水分やタンパク質・脂質などのいわば髪の栄養が閉じ込められています。
そのため、キューティクルが開いてしまう事で、この髪の栄養も外へと流れ出てしまう事がパサつきや枝毛など髪の傷みの原因となります。

しかし、白髪染めの種類をトリートメントタイプに変えてみる・白髪染めの間隔を長くする・白髪のみをピンポイントに染めるなどにする事で髪の傷みを最低限に抑える事は出来ます。
髪が傷むというイメージが強い白髪染めですが、白髪染めの方法や内容に気を付ける事が、キューティクルを守り傷まない白髪染めを実現する事が出来るという事を覚えておきましょう。

美容院と市販の白髪染めどちらが傷まない?

美容院と市販の白髪染めどちらが傷まない

白髪染めの方法としては、美容院で染める方法と市販の白髪染めを購入して染める方法の2種類があります。
どちらも髪を染める基本的なメカニズムに変わりはありませんが、市販品を使用して自宅で染める方が髪は傷みやすいと言われています。

美容院と市販の白髪染めの違いとしては使用する薬剤が挙げられます。
市販の白髪染めは、誰が使用してもしっかりと染められるように基本的に強めの薬剤が使用されています。

また、塗布後の放置時間も美容院では美容師が時間を測り、髪が染まっているかしっかりとチェックしてから洗い流します。
しかし、市販の白髪染めはよく染まるようにと、決められた時間をオーバーして使う人が実は案外多くいます。

強い薬剤を長時間髪にとどまっている状態を作る、これも髪が傷む原因となります。
1人1人髪の状態は違います。

美容院ではその違いをしっかりとチェックして、その人にあった方法で髪を染めていくので、薬剤の配合なども変え髪の傷みを抑えていきます。
このプロの技が美容院の白髪染めが、市販よりも傷まないと言われている理由になります。

市販の白髪染めは選び方で傷まないように出来る

市販の白髪染めは選び方で傷まないように出来る

白髪染めには種類があり、大きく分けるとヘアカラータイプ・ヘアマニキュアタイプ・カラートリートメントタイプの3種類に分けられます。
ヘアカラーは永久染毛剤とも呼ばれ、髪の内部をしっかり染めるので色が長持ちするのが特徴で、一般的な白髪染めはこのヘアカラーになります。

ヘアマニキュアは半永久染毛剤とも呼ばれ、キューティクルをコーティングし、さらにその隙間から表面近くの内部に入り込み染めていきます。
カラートリートメントも半永久染毛剤になりますが、トリートメントとして使用を繰り返す事で、少しずつキューティクルをコーティングし内部へと浸透していきます。

ヘアカラーは、内部まで染めるため薬剤も強く髪へのダメージが大きいと言えます。
しかし、ヘアマニキュアやカラートリートメントタイプは、髪をコーティングしながら染めていくのでダメージが少ないという特徴があります。

このように一言で白髪染めと言っても、その種類によって髪の傷み具合が異なってくるのです。

傷まない白髪染めはトリートメントタイプ

カラートリートメントは普通のトリートメントと同じで、髪のダメージを補修し潤いを与えるという効果に加えて白髪染めの成分も含まれています。
そのため、洗髪時にいつものトリートメントと同じように使用するだけで、髪をケアしながらいつの間にか白髪が染まっていきます。

ヘアカラーのように一度の使用でしっかりと染まるという即効性はありません。
しかし、白髪染めの中でも髪が最も傷まないのは、このカラートリートメントタイプになります。

また、髪だけではなく頭皮への刺激が少ないのもトリートメントタイプの特徴です。
「利尻ヘアカラートリートメント」や「LPLP(ルプルプ)」は傷まない白髪染めとして代表的なトリートメントタイプの商品になります。

白髪染めで傷まないポイントはリタッチ

白髪染めで傷まないポイントはリタッチ

白髪染めとして一般的なヘアカラーは髪へのダメージが大きいので、染めるたびに髪のダメージが強くなっていきます。
特に毛先などはもともと痛みやすい部分になるため、毎回髪全体を染めていると毛先はボロボロ・チリチリになってしまいます。

髪の色を変えるのが目的ではなく白髪を染めるのが目的なので、白髪ではない健康な髪にまで薬剤を付けて傷めてしまっている事になるのです。
そのため、少しでも髪のダメージを減らすのならば、白髪染めは部分染めの「リタッチ」が傷まない方法としてオススメと言えます。

白髪染めは髪の伸びるサイクルなどを考えると、2か月に1度のペースが理想的と言われています。
しかし、2か月となると白髪がかなり目立ってしまうため、その間は自宅でリタッチを行うようにします。

リタッチを繰り返すとどうしてもムラが出てしまうので、2か月ごとに美容院で全体を綺麗に染めてもらうのも髪の傷みを少なく出来る方法の一つです。

⇒管理人も実際に利用した白髪染めトリートメントを見てみる。

白髪染めが傷まないのまとめ

白髪染めが傷まないのまとめ

ツヤがない髪・毛先がボサボサの髪などは見た目も老けて見えてしまいます。
しっかりと染めるヘアカラーは白髪染めの効果としては高いと言えます。

しかし、髪へのダメージを考えると、髪を労り保護しながら少しずつ染めていくトリートメントタイプの白髪染めがオススメです。
白髪染め=髪が傷むというイメージですが、実は髪が傷まない白髪染めもあるという事を覚えておきましょう。


【白髪染めのオススメ3選】

当サイトでオススメしている白髪染めです。 成分などを総合して安全に使用する事が出来る商品を厳選しています。
  1. ルプルプ

    ルプルプのランキングルプルプ

    トリートメントなので、白髪染めでもダメージがゼロとなっており、アレルギーがある方でも安心と言えます。弱アルカリ性でしっかりと染まる事も、人気の理由です。手も汚れない、いつものトリートメントの代わりに使える、染めのムラが無くなると行ったメリットもあります。

  2. マイナチュレのヘアカラートリートメント

    マイナチュレのヘアカラートリートメントのランキング

    他のトリートメントタイプと比べて「染める」力に拘っており、染まり力が魅力です。また、無添加で美容成分なども含まれているため、アレルギーの方でも利用する事が出来ます。全額返金保証の制度もありますので、利用しやすいという点も魅力と言えるでしょう。

  3. 利尻

    利尻のランキング

    無添加、無香料、ノンシリコンで、髪・頭皮へのダメージが少ない白髪染めです。使った後のヒリヒリがない、臭い匂いがないというのも魅力です。1,700万本以上の販売実績があり、多くの方に愛用されています。4色から選べるので、オシャレも演出する事が出来ます。